くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第004回国会 本会議 第2号
昭和二十三年十二月二日(木曜日)
    開 会 式
午前十時五十分、参議院議長、衆議院参議院の副議長、議員、内閣総理大臣その他の国務大臣、最高裁判所長官代理及び会計検査院長は、式場である参議院議場に入り、所定の位置に着いた。
午前十一時、天皇陛下は、衆議院議長の前行で式場に出御され、王座に着かれた。
衆議院議長は、左の式辞を述べた。
    ―――――――――――――
親しく、天皇陛下の隔幸を仰ぎ、本日ここに第四回国会の開会式を挙げるにあたり、衆議院および参議院を代表して、所有を表明いたします。
 新憲法成立以来、わが国民は、困難な事情のもとに、一意民主的文化国家の建設に力をいたして来たのでありますが、真の民主政治の確立はいまだ十分ではなく、なお今後の努力にまつものがすくなくないのであります。
 すなわち国民は主権がみずからのものであることを深く認識し、われわれもまた、民意がつねに国会のうえにあることを思い、その責務を自覚し、議会政治の権威を高めもつて眞を内外につなぐべきであります。
 ここに、国会は国民の委託にそい最善をつくしてその使命を全うし、日本國永遠の理想を達成しようとするものであります。
    ―――――――――――――
次いで、左の勅語を賜つた。
    ―――――――――――――
 本日、第四回国会の開会式において、全国民を代表する諸君と親しく一堂に会することは、私の深く喜びとするところであります。
 日本国民は、新憲法の精神に基き、その理想とする民主的文化国家の建設に向かつてたゆみない努力を続けてきました。しかしわが国が、真に、自由を愛する民主国家として、国際社会において名誉ある地位を占めるのには、今後も、私立ちは、ますます努力を続け、その成果を明確な事実として、全世界に示さなければならないと思います。
 わたくしは、国会が、国権の最高機関としての責務を自覚し、その権威を高め、日本国永遠の理想を達成するために、その最善を盡されることを切に望むものであります。
    ―――――――――――――
衆議院議長は、御前に参進して、勅語書を拜受した。午前十一時六分、天皇陛下は、参議院議長の前行で入御された。次いで、諸員は式場を出た。
    午前十一時八分式を終る。
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト