くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第004回国会 議院運営委員会 第2号
昭和二十三年十二月二日(木曜日)
    午後一時二十四分開議
 出席委員
   委員長 山口喜久一郎君
   理事 細川 隆元君 理事 椎熊 三郎君
   理事 田中 久雄君
      東  舜英君    今村 忠助君
      木村 公平君    倉石 忠雄君
      淺沼稻次郎君    笹口  晃君
      櫻内 義雄君    内藤 友明君
      成重 光眞君    堀江 實藏君
      榊原  亨君
 委員外の出席者
        議     長 松岡 駒吉君
        副  議  長 田中 萬逸君
        議     員 中村 寅太君
        議     員 徳田 球一君
        事 務 総 長 大池  眞君
        法 制 局 長 入江 俊郎君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 小委員の選任に関する件
 議員芦田均君、同北浦圭太郎君及び同川橋豊治
 郎君の逮捕について許諾を求める件
 内閣総理大臣の施政方針演説の日取及び大藏大
 臣の財政演説に関する件
 選挙法改正に関する特別委員会設置に関する件
 人事官の任命について同意を求める件
 調査員の任命承認に関する件
 法案を付託すべき委員会に関する件
 本会議の議事に関する件
 公聽会開会承認要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○山口委員長 これより会議を開きます。
 この際お諮りいたすことがあります。國会法第五十五條の二による小委員は、毎会期の初めに選挙することになつておりますが、この小委員は第三回國会の通り選任されたものと認めることに御異議はありませんか。
#3
○山口委員長 御異議はないようでありますから、さように決定いたします。
 次に内閣総理大臣の施政方針演説の日取りに関することでありますが、きのうの委員会における申合せによりまして、議長と私とが内閣と折衝した顛末等について、議長さんの方から御報告を願いたいと思います。
#4
○松岡議長 昨日の運営委員会で、熱心に論議されました強い意向に基きまして、総理と官房長官に交渉いたしました。何とか御希望に沿うように、一生懸命努力してみましようということでございました。なお熱心な御希望のあつたことを傳えました上で、ただ努力してみるということのみではちよつと困るから、希望通り三日におやりになることが困難であるとするならば、せめて四日には確実にやれるという、何とか的確な御返事をいただけるように、ぜひお願いしたいということを、懇々と話して帰つたようなわけでありました。ところが今から一時間ほど前に官房長官と運輸大臣がお見えになりまして、けさの閣議でいよいよ施政方針の大綱を決定いたしました。今からこれを文書にしてすぐその筋の方のオーケーをとることにしたいと思うので、あすは事実上そんな事情でお許しを願いたい、四日には必ずやるという回答でありました。なおそれにつけ加えて四日は今までの例にならつて、総理の施政方針の演説並びに安本長官の演説を午前中に衆議院でいたしまして、午後は参議院でその通りのことを繰返したい、こういう大体の意向をつけ加えておりました。
#5
○笹口委員 社会党としまして、施政方針演説の日取りも非常に重要でありますが、大藏大臣の財政演説を私の方はいつときも早く伺いたい。しかもこれはできれば本会議においてやつていただきたいと思いますが、大藏大臣の財政演説は全然おやりにならないつもりでありますか、ちよつとお伺いしたい。
#6
○山口委員長 それは大藏大臣としてのは予算委員会においてやられたので、本会議では安本長官というようなことになるのではないですか。
#7
○木村(公)委員 安本長官の演説のあとに、大藏大臣として予算の説明を行つてもいいというような話です。
#8
○笹口委員 私の方は一應そういう主張をいたしますが、皆さんの意向がそれでよろしいということであれば、あえて固執いたしません。
#9
○山口委員長 それでは四日は午前中に本会議を開きますか。
#10
○淺沼委員 一時にやつて質問も先に延ばすことにしてはどうですか。
#11
○山口委員長 それでは四日は定刻より会議を開くということで、総理大臣の施政方針演説に引続き、安本長官としての演説及び大藏大臣としての予算に対する説明、こういうことに了承したいと思うのですが、これについて皆さん御異議はありませんか。
#12
○山口委員長 御異議はないようでありますから、さように決定いたします。
 そこで明日は本会議を休んで、運営委員会だけ、例の逮捕要求の件で午後一時からでも開くというようなことでいかがですか。
#13
○徳田球一君 あれは投票してはつきりさせるつもりか。それとも保留してもつと明らかになつてからやるつもりか。決選するつもりならあしたやつた方がいいと思う。決選するつもりがなければやつたつてしようがない。
#14
○山口委員長 決選するつもりはないというわけにいかぬと思う。要求が出てきたのでありますから、これを決選するつもりがないとかいうことは、採決するつもりがないという意味ですから、これはなんとか結論をつけなくてはいけません。
#15
○成重委員 運営委員会で逮捕許諾に関する問題は、中野君提案による法制局の方の一應の御説明を聞くということが三日になつておる。私どもの主張はなるべく早くやつた方がよかろうということでしたが、法制局の方の諸般の調査を了して、三日ぐらいがよかろうということであつたが、法制局の方で今日そのお話ができるのかどうか確めて、それができれば今からでも聞けばいい。明日の本会議を休むのでは、ここばかりに決選しても、本会議にそれは上程できない。
#16
○入江法制局長 私の方ではまだ今日報告を申し上げる段階に達しておりません。もうしばらく御猶予を願いまして、各種の方面の資料を集めたいと思ております。明日晝という予定でございましたので、それに間に合うように今努力しております。
#17
○山口委員長 それでは明日午後一時から運営委員会を開くことに御異議はありませんか。
#18
○榊原(亨)委員 法制局のお話を承ると同時に、原侑君のこの前勾引されたときのお話も同時に承りたいという御希望が、ほかの党にあつたように思いますから、私どもも一應原君に來ていただいて、その様子を承りたいと思います。
#19
○笹口委員 これはこの前私が発言いたしたのでありますが、原侑君のときにわれわれ運営委員会で非常に深刻な体驗を経ました。またその後におきまして、われわれはあの事件から受けた教訓も非常に大きいし、また反省すべき点もあるように自分らは考えておるのであります、できますれば本委員会に原君を証人として呼ぶことに願いたいと思います。
#20
○山口委員長 どうでしようか。原君の身分が現在議員でないわけです。議員であればあなたのおつしやるのが樂に聞えますが、議員でなくなつた原君を呼ぶというのが、ちよつと手続はどうですか。
#21
○大池事務総長 手続は証人に呼ぶということ以外にないのです。
#22
○中村寅太君 原君を呼ぶことは、この問題と別個に考えべきではないかと思います。そうしなければ、あのときの実情によつて今度また決せられるという感じが起つてはまずいと思う。どこまでも今度の問題は今度の問題として片づけ、原君の場合は原君の問題として参考にすべきではないかと思います。一緒にやるということになると、どうも違うものができはしないかと思います。
#23
○笹口委員 もちろん事実関係は非常に違いがあるのでありますが、これは直接伺つたわけではありませんので、確かなこととは申し上げませんが、聞くところによりますと、原君が逮捕せられてから、相当期間取調べをしないで、そのままの状態におき、やがてしばらく時たつてから取調べに入つたというような事実もあるやに承つておるのであります。議員が逮捕せられる場合の一つの要求である、緊急やむを得ない事態というようなことが、あの当時はたして実情はどうであつたかということを私どもが承ることは、やはり本件の場合にも大いに関係があるのではないか、こういうふうに私どもは考えます。
#24
○倉石委員 今の笹口君のおつしやることもごもつともなことでありますけれども、どうも私はこの議案に原君をここへ証人に出ていただくことは、少し筋違いのように思います。そういうことをおやりにならない方がいいと思います。
#25
○笹口委員 ただいまの御意見を承つてみましたが、私の方は一應そういう考え方を持つておるのでありますけれども、その点は今日は留保いたします。
    ―――――――――――――
#26
○山口委員長 選挙法改正の特別委員会を置くか置かないかということはどうでしようか。
#27
○内藤委員 私の方は党で相談いたしましたが、地方行政委員会でやつたらいいではないかということに、話がまとまりました。その結論だけ申し上げます。
#28
○笹口委員 同じでございます。
#29
○成重委員 私の方も同じような意見であります。
#30
○山口委員長 それではこの置く置かぬということは、これを強く主張せられた中野君が、今日は欠席されておるようですから、本運営委員会の円満を期するために、明日これが決定をいたすことにしたいと思います。さようにとりはからうことに御異議はございませんか。
#31
○山口委員長 ではさようにとりはからいます。
    ―――――――――――――
#32
○大池事務総長 ちよつと御参考までに申し上げまして、当委員会の御意見を承りたいと思います。昨日御報告申し上げておきました國家公務員法の第五條による人事官の任命承認の件でありますが、これは現在の淺井、山下、上野三君を人事官に任命したいということの、本院の同意を求めて参つておるわけであります。これが同意をするかしないかということは、当然本会議において御決定になるわけでありますが、事前に各党でそのよし惡しをおきめ願つて、ただちに本会議に上程して決定という方法もあり、適当な委員会に付託をして、これがしかるべきか否かということを御決定願うという方法もあるわけであります。参議院においては本件は人事委員会に付託をいたしまして、人事委員会に調査をさせることに相なつておるそうであります。衆議院では小委員会あるいは当委員会において、各派の態度を御決定になつて、直接本議場に持つて行くか、人事委員会に事前審査として付託をするかということを御決定願いまして、もし人事委員会に参議院同様付託をすることになれば、一刻も早く付託をした方がよくはないかと思いますので、御意見を伺います。
#33
○椎熊委員 これは重大な案件ですし、参議院と形式が違つて行くのもよくないから、こつちも人事委員会に付託した方がいいと思います。
#34
○山口委員長 それではただいま事務総長から御報告の件は、これを人事委員会に付託することに御異議はありませんか。
#35
○山口委員長 御異議はないようでありますから、さように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#36
○大池事務総長 他にもう一件御承認を得たいと思う事件があります。これは今度新たにできました常任委員会の調査員任用の試驗をいたしたのでありまして、先日試驗合格者について各常任委員長から推薦をして参りまして、試驗に通つた者の中で七名が御承認を得て、調査員に任用する手続中でございます。その際にやはり同試驗に合格をいたしておりました現在の予算委員会の書記である黒田能行さんも、優秀な成績でパスをいたしておるわけでありまして、これが予算委員長から他の候補者同様、ぜひ調査員に昇格をしてもらいたいという推薦があるのであります。御承認方お願いをいたしたいと思つております。
#37
○山口委員長 ただいま事務総長より報告の点は、これを承認することに御異議ありませんか。
#38
○山口委員長 御異議はないようでありますから、さように決定いたします。
    ―――――――――――――
#39
○細川(隆)委員 近く提出を予定されております給與法案、これは大藏委員か、人事委員か、どつちへ付託されようと思つておられますか。
#40
○大池事務総長 今度の給與法案自体が、人事委員会の方で法案をつくつて出せば、人事委員会へ参ります。今度の國会法で各省別に分けた建前から参りまして、大藏省でこれが起案をして出てくれば大藏省の方に行きますが、私どもが内部的に聞いておるところでは、人事委員会で初めに起案をして出しておるらしゆうございますから、当然人事委員会の方へ参りまして、必要があれば大藏委員会と合同審査なり、連合審査なりをすることになると思います。
#41
○細川(隆)委員 これは非常に重要な問題ですから、できるならば議長が付託される前に、ここにちよつとお諮り願えればけつこうと思います。
#42
○大池事務総長 それはどちらから出て來ておりますか、その法案の経緯を承りまして、その上で当委員会にお諮り申し上げます。
#43
○笹口委員 なお新給與法はいつごろ上程される見込みであるか。これは運営委員長を通じまして政府の方で聞いていただき、人事委員会なら人事委員会の意向を聞いていただきたい。と申しますのは予算審議に非常に関連をもつておりますので、これが出て参りませんと、予算審議上さしつかえがございますから、この点お願いをいたします。
#44
○山口委員長 承知しました。
#45
○椎熊委員 今度の予算に災害対策費六十億というものが出ておるのですが、災害対策については特別委員会があるので、ぜひこの予算の審議に加わりたいのですが、災害対策の部分だけをわけて、政府が災害対策を説明してくれるか。あるいは予算委員会に災害対策の方から代表者を出して審議に加わり得るか。いずれにしても便宜な方法によつてこの予算の災害対策の問題については審議に参加させてもらいたい。こういう熱望でございますが、どういうふうにしたらよろしゆうございましようか。
#46
○大池事務総長 それは國会法並びに規則の上で、各委員長はどこの委員会へ行つても、自由に発言ができる規定になつておりますから、災害対策の方でその予算の面だけを研究して、もし必要があればその部分は政府なら政府の当事者に伺つて意見をこしらえておいて、予算委員会へ出て意見を述べることにした方がスムースに行くのじやございませんか。
    ―――――――――――――
#47
○山口委員長 それから本会議のこれらの取扱い方ですが、今からちよつとわくをきめておかなければならぬと私感じておるのですが、正式に総理大臣が施政方針の演説を行い、安本長官、大藏大臣の演説も伺つて行くのでありますから、本会議では第三國会のときのように緊急質問、決議案というようなことを少し整理をするようなわくを運営委員会で、今から大体お話合いできめておくというようなことはいかがなものでしようか。
#48
○笹口委員 その前に、わくをきめていただくのでしたら、施政方針演説及び財政演説についての質問も大体わくをきめたらどうですか。
#49
○山口委員長 それは四日の運営委員会で大体きめるわけですが、これは大事なことですから、本会議の使命として十分質疑應答を重ねるようにするためには、決議案にしても全会一致の決議案とか、緊急質問にしても全員がこれはよろしいというようなことであつて、その趣旨弁明者がだれであろうともさしつかえないというような、重要なものというような何かわくをきめておきませんと、みんなややもすれば選挙間近しと見て、おみやげ案みたように世間から見られるのがたくさん並ぶということもどうかと私は思うのです。
#50
○椎熊委員 旧來の慣例のように、本会議における緊急質問は各派一致のものだけ、そういうふうにしたらどうです。
#51
○山口委員長 そうして前回も問題となりました、その趣旨弁明はおれがやるのだというようなことでなくして、だれがやつてもさしつかえないというような大乗的な見地から、どうしても緊急やむを得ざるものというような性質を持つたものを、本委員会において取上げる。しかし局部的な、おみやげ的に見えるようなものは御遠慮願う、こういうことでいかがでしようか。
#52
○椎熊委員 この間のように、緊急質問が十二件も残ることは醜態だ。緊急質問なんて残されるものでない。
    ―――――――――――――
#53
○山口委員長 予算委員会の公聽会開会承認要求の件について、議長から諮問されております。これを議題といたします。
#54
○大池事務総長 予算委員長からただいま提出されております二十三年度追加予算第二号、特第二号について、公聽会を開きたいという御要求がありますので、御承認をお願いしたいということであります。
#55
○山口委員長 何か御意見はありませんか。――それではただいまの公聽会開会承認要求の件は、議長においてこれを承認すべきものと答申することに御異議はありませんか。
#56
○山口委員長 御異議はないようでありますから、さように決定いたします。何かほかに御発言はございませんか。
    ―――――――――――――
#57
○成重委員 運営委員長に御相談したものかどうかと思いますが、なるべく早く福利小委員会を開いてもらいたい。
#58
○山口委員長 それではお諮りをいたします。福利小委員会のメンバーは、前回通りとすることに御異議はありませんか。
#59
○山口委員長 御異議はないようでありますから、前回通りといたします。しこうしてこの運営委員会終了直後、第一回の福利委員会を開くことに御異議はありませんか。
#60
○山口委員長 御異議はないようでありますから、さように決定いたします。
 それでは運営委員会はこれにて閉会いたします。
    午後二時六分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト