くにさくロゴ
1959/06/25 第32回国会 参議院 参議院会議録情報 第032回国会 本会議 第3号
姉妹サイト
 
1959/06/25 第32回国会 参議院

参議院会議録情報 第032回国会 本会議 第3号

#1
第032回国会 本会議 第3号
昭和三十四年六月二十五日(木曜日)
   ○開 会 式
 午前十時五十七分 参議院議長、衆議院参議院の副議長、常任委員長及び議員、内閣総理大臣その他の国務大臣、最高裁判所長官及び会計検査院長は、式場に入り、所定の位置に着いた。
 午前十一時 天皇陛下は衆議院議長の前行で式場に出御、玉座に着かせられた。
   〔諸員敬礼〕
 午前十一時一分 衆議院議長加藤鐐五郎君は式場の中央に進み、次の式辞を述べた。
   式 辞
  天皇陛下の御臨席を仰ぎ、第三十二回国会の開会式をあげるにあたり、衆議院及び参議院を代表して、式辞を申し述べます。
  去る六月二日参議院議員の通常選挙が行われ、六月二十二日をもって臨時国会が召集されたのでありますが、われわれは新たなる構成のもとに、現下内外の諸情勢に対処し、当面する諸問題を慎重に審議する態勢を整うべきであります。
  ここに、開会式を行うにあたり、われわれに負荷された使命達成のために最善を尽し、もって国民の委託に応えようとするものであります。
 次いで侍従長は御言葉書を天皇陛下に奉り、天皇陛下は次の御言葉を賜わった。
   御 言 葉
  本日、第三十二回国会の開会式に臨み、参議院通常選挙による新議員を迎え、全国民を代表する諸君と親しく一堂に会することは、わたくしの深く喜びとするところであります。
  ここに、国会が、国権の最高機関として、決意を新たにし、国運のいつそうの発展を期するとともに、世界平和の達成に寄与するため、その使命を遺憾なく果し、国民の信託にこたえることを切に望みます。
   〔諸員敬礼〕
 衆議院議長は御前に参進して、御言葉書を拝受した。
 天皇陛下は参議院議長の前行で入御。
 次いで諸員は式場を出た。
   午前十一時六分式終る
     ─────・─────
昭和三十四年六月二十五日(木曜日)
   午後二時三十五分開議
    ―――――――――――――
 議事日程 第三号
  昭和三十四年六月二十五日
   午後二時開議
 第一 常任委員の選任
 第二 常任委員長の選挙
 第三 国務大臣の演説に関する件
    ―――――――――――――
#2
○議長(松野鶴平君) 諸般の報告は、朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#3
○議長(松野鶴平君) これより本日の会議を開きます。
 この際、お諮りいたします。赤間文三君から、病気のため、会期中請暇の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(松野鶴平君) 御異議ないと認めます。よって許可することに決しました。
     ―――――・―――――
#5
○議長(松野鶴平君) この際、日程第一、常任委員の選任及び日程第二、常任委員長の選挙をあとに回したいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○議長(松野鶴平君) 御異議ないと認めます。
     ―――――・―――――
#7
○議長(松野鶴平君) 日程第三、大臣の演説に関する件。
 内閣総理大臣から所信について発言を求められております。これより発言を許します。岸内閣総理大臣。
   〔国務大臣岸信介君登壇、拍手]
#8
○国務大臣(岸信介君) このたびの参議院議員通常選挙と、それに先だつ地方選挙の結果、政府並びに与党の政策が国民多数の深い理解と力強い支持を得ましたことは、私の大きな喜びとするところであります。
 私は、国民諸君の信頼と期待とにこたえ、さらに国運の隆昌と民生の安定向上とをはかるため、この際、内閣の改造と与党人事の一新をはかり、相携えて内外にわたる重要政策を強力に推し進めることといたしたのであります。
 最近の国際情勢において最も注目すべき東西外相会議は、過般来ジュネーヴにおいて開催され、一カ月余にわたる討議を嘱ね、このほど休会に入りました。この会議におきましては、東西双方の主張は依然として根本的に対立し、果して本会議が巨頭会談への橋渡しとしての役割を果し得るかいなか、いまだ断じ得ない現状であります。政府は、深い関心をもってその成り行きを注目するとともに、東西間の緊張が緩和されることを切に望むものであります。
 このような国際情勢裏にあって、政府は、世界平和の維持達成とわが国を含む自由陣営の結束を一そう強固にするための現実的な施策を進めることによってわが国外交の立場を着実に強化してゆきたいと考えております。
 安保条約は、講和後の不安定な世界情勢において、わが国の安全を守るため重要な寄与をなし、われわれは、現在まで平和のうちに国家の再建をはかってきたのであります。しかし、その間、わが国の国力と国際的地位は著しく回復いたしましたことにもかんがみ、安保条約改定の問題は、日米間の最も重要な懸案として国民多数がその解決を望んできたところであります。政府は、かねてこの問題に対する世論の動きを十分尊重しつつ、いわゆる中立主義が真にわが国の平和を守るゆえんでないことを信じ、昨年秋以来交渉を重ね、また、機会あるごとに、その方針と交渉のいきさつを国民の前に明らかにして参ったのであります。ここに条約改定の基本方針を重ねて要約いたしますと、国連憲章との関係を明確にすること、日米両国間の経済上の協力を促進すること、米国の日本防衛の義務を明らかにすること、条約の運営におけるわが国の発言権を確立することなどを主たる眼目とするものであります。また、新条約においては、わが国の負うべき義務は、憲法の認める範囲内にとどまるものであることは当然であります。
 幸いにして、日米間の交渉は、この基本線に沿い、順調に推移いたしているのであります。このことは、将来に向ってわが国の安全を確保し、日米両国の友好関係をさらに強化する上に貢献すること大なるものがあると確信いたします。
 ヴェトナムとの賠償問題につきましては、先般サイゴンにおいて協定の調印を終えたのであります。この結果、両国間の経済協力関係は一段と深められ、ヴェトナムの経済的復興が促進されることが期待されるのであります。
 私は、このたび、招きを受けてイギリス、ドイツ、オーストリア、イタリア、ヴァチカン、フランスの欧州諸国並びにブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルー、メキシコの中南米諸国を約一カ月の旅程をもって訪問することとなり、来たる七月十一日出発する予定であります。私は、親しくこれら諸国の要路と会見し、率直な意見の交換を行う考えでありますが、特に欧州におきましては、変転する国際情勢の今後の見通し、欧州の政治・経済の実情等を把握することに努め、もって今後のわが国外交の進路を定める上の参考といたしたいと思います。また、中南米諸国におきましては、特にこれら諸国の洋々たる将来性に注目し、わが国との通商貿易や経済協力の可能性等を考えますとともに、あわせて本邦移住者の活躍の現状を視察いたしたいと考えます。私は、今回の訪問が、これら諸国とわが国との相互理解と友好関係とをさらに一段と促進することをかたく信ずるのであります。
 わが国経済の体質を改善して安定成長の基調を長期にわたって確保し、もって国民生活の向上と雇用の増大とを着実に実現していくことは、つとに政府が施策の重点としてきたところであります。このため、最近におけるわが国経済の新しい発展段階に対処し、内にあってはさらに企業の合理化、近代化をはかり、金融正常化を推進するほか、外に対しては為替貿易の自由化傾向等に対応しつつ、輸出の振興と経済協力の推進に一そう力を注ぐ考えであります。
 政府は、昭和三十三年度から五年間にわたる経済計画を策定し、目標の達成に努力して参りましたが、今後の長期にわたる経済の発展方向を考えますと、目ざましい科学技術の進歩や、これに伴う産業や消費の面におけるさまざまの変化などが予想されますので、このような新しい要素を織り込んだ長期計画を樹立し、経済の適切な発展と国民福祉の向上とをはかっていきたい所存であります。
 最後に、過般行われた中央、地方の両選挙を通じて得られた経験にもかんがみ、真に公明にして合理的な選挙の実があがるようにすべきものと信じ、広く各界の意見を聞き、現行選挙法の検討を行いたい所存であります。
 以上、所信の一端を申し述べたのでありますが、国民諸君の力強い支援を切に期待してやみません。(拍手)
#9
○議長(松野鶴平君) ただいまの演説に対し、質疑の通告がございますが、これを次会に譲り、本日はこれにて延会いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○議長(松野鶴平君) 御異議ないと認めます。
 次会は明日午前十時より開会いたします。議事日程は、決定次第、公報をもって御通知いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後二時四十二分散会
     ―――――・―――――
○本日の会議に付した案件
 一、請暇の件
 一、日程第三 国務大臣の演説に関する件
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト