くにさくロゴ
1959/07/02 第32回国会 参議院 参議院会議録情報 第032回国会 内閣委員会 第1号
姉妹サイト
 
1959/07/02 第32回国会 参議院

参議院会議録情報 第032回国会 内閣委員会 第1号

#1
第032回国会 内閣委員会 第1号
昭和三十四年七月二日(木曜日)
   午前十時四十八分開会
  ―――――――――――――
 委員氏名
           小柳 牧衞君
           後藤 義隆君
           下條 康麿君
           平井 太郎君
           堀木 鎌三君
           松村 秀逸君
           阿部 竹松君
           伊藤 顕道君
           椿  繁夫君
           杉山 昌作君
昭和三十四年七月一日議長において委
員を左の通り指名した。
           青木 一男君
           木村篤太郎君
           下村  定君
           増原 恵吉君
           村山 道雄君
           鶴園 哲夫君
           永岡 光治君
           松本治一郎君
           山本伊三郎君
           辻  政信君
同日議院において左の者を委員長に選
任した。
           中野 文門君
  ―――――――――――――
  委員の異動
七月一日委員後藤義隆君、阿部竹松君
及び椿繁夫君辞任につき、その補欠と
して中野文門君、矢嶋三義君及び平林
剛君を議長において指名した。
本日委員杉山昌作君、堀木鎌三君、平
井太郎君、青木一男君及び平林剛君辞
任につき、その補欠として高瀬荘太郎
君、大谷瑩潤君、伊能繁次郎君、一松
定吉君及び横川正市君を議長において
指名した。
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     中野 文門君
   理事
           増原 恵吉君
           村山 道雄君
           伊藤 顕道君
           横川 正市君
   委員
           伊能繁次郎君
           大谷 瑩潤君
           木村篤太郎君
           小柳 牧衞君
           下條 康麿君
           下村  定君
           鶴園 哲夫君
           永岡 光治君
           矢嶋 三義君
           辻  政信君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       杉田正三郎君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事の互選
○調査承認要求の件
○継続調査要求の件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(中野文門君) これより内閣委員会を閉会いたします。
 議事に入るに先だちまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 私はこのたび内閣委員会の、常任委員会の委員長に就任をいたしたのでございますが、未熟者でございます、どうぞ皆様方のこの上ながら御指導御鞭撻を賜わりまして、委員長の職責を全ういたしたい念願を抱いております。どうぞ、よろしくお願いを申し上げます。
 以上、簡単でございますが一言ごあいさつにかえます。(拍手)
  ―――――――――――――
#3
○委員長(中野文門君) それでは、これより議事に入ります。
 まず、理事の互選を行います。本委員会の理事の数は四名でございます。互選の方法につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(中野文門君) 御異議ないと認めます。
 それでは理事に増原恵吉君、村山道雄君、伊藤顕道君及び横川正市君を指名いたします。
 ちょっと速記をやめて下さい。
   午前十時四十九分速記中止
   ―――――・―――――
   午前十一時分速記開始
#5
○委員長(中野文門君) それでは速記をつけて下さい。
 次に、調査承認要求の件についてお諮りいたします。
 本委員会におきましては、従来国家行政組織に関する調査、国家公務員制度及び恩給に関する調査並びに国の防衛に関する調査、以上三件の調査を行なって参っておりますが、引き続き、これら諸般の事項について調査のため、以上三件につきまして、従前の要領により、調査承認要求書を議長あて提出することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(中野文門君) 御異議ないと認め、さよう決定いたしました。
 なお、すでに今国会も、会期末を迎えておりますので、この際、以上三件の調査につきましては、閉会中継続調査を行うことにいたしまして、その手続を慣例により、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(中野文門君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
#8
○辻政信君 委員貝長、ちょっと希望があります。
 それは先ほど、理事の若干の人に言っておきましたが、防衛に関する調査ということがあるんですが、具体的に李承晩ラインの調査をぜひ休会中の調査にお加え願いたい。国民の関心が集まっておりますが、きわめて重大な用件が予想されるというときに、当委員会として、防衛の観点からそれを調査するのは当然だと思いますので、具体的に案をお出しになりますときに、李ラインの調査ということを一項加えていただきたいということを申し上げておきます。
#9
○矢嶋三義君 ただいまの辻委員の発言は非常に大事な問題でありますので、後刻開かれるであろう委員長、理事打合会で十分御協議いただきたいと思います。要望いたしておきます。
#10
○委員長(中野文門君) お諮りをいたします。ただいまの辻委員の御発言に対しまして矢嶋委員から御発言がお聞きのようにございましたが、その事柄につきましては、後刻開かれます理事会で検討いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(中野文門君) さよう決定いたしました。
 他に御発言もなければ、本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト