くにさくロゴ
1959/07/02 第32回国会 参議院 参議院会議録情報 第032回国会 商工委員会 第1号
姉妹サイト
 
1959/07/02 第32回国会 参議院

参議院会議録情報 第032回国会 商工委員会 第1号

#1
第032回国会 商工委員会 第1号
昭和三十四年七月二日(木曜日)
   午前十時四十七分開会
  ―――――――――――――
 委員氏名
   理事      上原 正吉君
   理事      島   清君
   理事      大竹平八郎君
           大谷藤之助君
           小幡 治和君
           鈴木 万平君
           高橋進太郎君
           清澤 俊英君
           栗山 良夫君
           横川 正市君
昭和三十四年七月一日議長において委
員を左の通り指名した。
           井川 伊平君
           川上 為治君
           小林 英三君
           鳥畠徳次郎君
           宮澤 喜一君
           吉武 恵市君
           岡  三郎君
           近藤 信一君
           田畑 金光君
           奥 むめお君
同日議院において左の者を委員長に選
任した。
           山本 利壽君
  ―――――――――――――
  委員の異動
七月一日委員小幡治和君及び横川正市
君辞任につき、その補欠として山本利
壽君及び阿部竹松君を議長において指
名した。
本日委員大谷藤之助君、吉武恵市君、
鳥畠徳次郎君及び清澤俊英君辞任につ
き、その補欠として鮎川金次郎君、斎
藤昇君、泉山三六君及び吉田法晴君を
議長において指名した。
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     山本 利壽君
   理事
           上原 正吉君
           川上 為治君
           栗山 良夫君
           大竹平八郎君
   委員
           鮎川金次郎君
           井川 伊平君
           鈴木 万平君
           高橋進太郎君
           阿部 竹松君
           岡  三郎君
           近藤 信一君
           島   清君
           田畑 金光君
           吉田 法晴君
           奥 むめお君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       小田橋貞寿君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事の辞任の件
○理事の互選
○調査承認要求の件
○競輪従事員の処遇改善に関する請願
 (第七号)
○国土調査事業の推進に関する請願
 (第二六号)
○石炭鉱業の振興等に関する請願(第
 二九号)
○九州地方開発促進のための事業金融
 関係の立法化促進に関する請願(第
 三二号)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(山本利壽君) これより商工委員会を開会いたします。
 ちょっと、ごあいさつ申し上げます。
 このたび、はからずも私が委員長に就任することになりましたが、商工方面に関しましては、全く無経験でございまして、今後皆様方の驥尾に付して勉強していきたいと存じます。
 なお会の運営につきましても、まことに不なれでございますので、一に皆様方の御指導と御協力によりまして、当委員会の運営に当っていきたいと存じます。どうかよろしくお願いいたします。
  ―――――――――――――
#3
○委員長(山本利壽君) まず最初に、理事の辞任についてお諮りいたします。
 本日、理事島清君より理事辞任の申し出がございました。この際、辞任の申し出を許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(山本利壽君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
  ―――――――――――――
#5
○委員長(山本利壽君) 次に、理事の互選についてお諮りいたします。
 本委員会の理事は、各会派の申し合せにより、四名でございますが、現在二名の理事がおられますので、欠員となっている二名の理事をこの際、互選いたしたいと存じます。
 互選は、委員長において指名することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(山本利壽君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 それでは理事は、川上為治君及び栗山良夫君を指名いたします。
  ―――――――――――――
#7
○委員長(山本利壽君) 次に、調査の件についてお諮りいたします。
 本委員会は、前国会同様、経済の自立と発展に関する調査を行うため調査承認要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(山本利壽君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。なお、要求書の案文の作成、手続等については、委員長に御一任願いたいと存じます。
 ちょっと速記をやめて。
   〔速記中止〕
#9
○委員長(山本利壽君) 速記を起して。
 それでは、暫時休憩いたします。
   午前十時五十二分休憩
   ―――――・―――――
   午前十一時十五分開会
#10
○委員長(山本利壽君) それでは、ただいまより委員会を再開いたします。ちょっと速記をとめて。
   午前十一時十六分速記中止
   ―――――・―――――
   午後零時六分速記開始
#11
○委員長(山本利壽君) それでは、速記を始めて下さい。
 これより請願四件を一括して、議題といたします。
 ほかに御発言はございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(山本利壽君) ないようでございますから、これより四件の採決を行います。
 第七号、競輪従事員の処遇改善に関する請願、第二十六号、国土調査事業の推進に関する請願、第二十九号、石炭鉱業の振興等に関する請願、第三十二号、九州地方開発促進のための事業金融関係の立法化促進に関する請願、以上四件は、いずれも会議に付し、内閣に送付することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(山本利壽君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。なお、報告書については、委員長に御一任願います。本日は、これをもって散会いたします。
   午後零時八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト