くにさくロゴ
1959/07/02 第32回国会 参議院 参議院会議録情報 第032回国会 建設委員会 第1号
姉妹サイト
 
1959/07/02 第32回国会 参議院

参議院会議録情報 第032回国会 建設委員会 第1号

#1
第032回国会 建設委員会 第1号
昭和三十四年七月二日(木曜日)
   午前十時五十三分開会
  ―――――――――――――
 委員氏名
   理事      稲浦 鹿藏君
   理事      岩沢 忠恭君
   理事      田中  一君
           安部 清美君
           小山邦太郎君
           前田佳都男君
           小柳  勇君
           重盛 壽治君
           森 八三一君
昭和三十四年七月一日議長において委
員を左の通り指名した。
           小沢久太郎君
           櫻井 三郎君
           田中 清一君
           武藤 常介君
           米田 正文君
           久保  等君
           田上 松衞君
           武内 五郎君
           向井 長年君
           安田 敏雄君
           小平 芳平君
同日議院において左の者を委員長に選
任した。
           岩沢 忠恭君
  ―――――――――――――
  委員の異動
七月一日委員小柳勇君及び重盛壽治君
辞任につき、その補欠として内村清次
君及び野坂參三君を議長において指名
した。
本日委員安部清美君及び森八三一君辞
任につき、その補欠として松野孝一君
及び前田久吉君を議長において指名し
た。
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     岩沢 忠恭君
   理事
           稲浦 鹿藏君
           松野 孝一君
           武藤 常介君
           田中  一君
   委員
           小沢久太郎君
           小山邦太郎君
           櫻井 三郎君
           田中 清一君
           米田 正文君
           内村 清次君
           久保  等君
           田上 松衞君
           武内 五郎君
           向井 長年君
           安田 敏雄君
           前田 久吉君
  国務大臣
   建 設 大 臣 村上  勇君
  政府委員
   建設政務次官  大沢 雄一君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       武井  篤君
  説明員
   建設大臣官房長 鬼丸 勝之君
   建設省計画局長 関盛 吉雄君
   建設省道路局次
   長       前田 光嘉君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事の互選
○調査承認要求の件
○国道福岡有田線完全舗装実現に関す
 る請願(第二十七号)
○継続調査要求の件
○委員派遣承認要求の件
○建設事業並びに建設諸計画に関する
 調査の件(建設行政に関する件)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(岩沢忠恭君) それではただいまから建設委員会を開会いたします。
 まず理事の互選の件を議題といたします。本委員会の理事の数は四名でありますが、現在の理事は稲浦鹿藏君、田中一君でありますので、残りの二名についてこの際互選をいたしますが、その方法は成規の手続を省略して、便宜その指名を委員長に御一任願うこととして御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(岩沢忠恭君) 御異議ないと認めます。
 それでは理事に武藤常介君及び松野孝一君を指名いたします。(拍手)
  ―――――――――――――
#4
○委員長(岩沢忠恭君) この際調査事件についてお諮りいたします。
 建計事業並びに建設諸計画に関する調査承認要求書を、本院規則第七十四条の三により議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(岩沢忠恭君) 御異議ないと認めさよう決定いたします。
 なお要求書の作成及び手続等は委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(岩沢忠恭君) 御異議ないと認めさよう決定いたしました。
  ―――――――――――――
#7
○委員長(岩沢忠恭君) 次に請願の審査を行いたいと思います。
 第二十七号国道福岡有田線完全舗装実現に関する請願を議題といたします。まず武井専門員より本請願の趣旨について説明があります。
#8
○専門員(武井篤君) ただいまの請願を御説明申し上げます。
 国道福岡有田線は福岡市から佐賀県唐津市を経て同県有田町に至り、さらに長崎県西海橋に通ずる重要路線であるが、現在舗装されているのは全延長二十八キロのうち三五%の十キロで、残り六五%が砂利道であるため、晴天の際は目口も開けられぬほど砂塵が立ちのぼり、降雨時に際しては泥土をはね上げ、沿道住民の困惑はその極に達し、産業と文化の発展を阻害することが甚大であるから、本路線の完全舗装を実現せられたいとの請願であります。
#9
○委員長(岩沢忠恭君) 本件について政府側の所見を述べていただきます。
#10
○説明員(前田光嘉君) 本路線のうち福岡の分に関する昭和三十三年度以降の全体計画といたしましては、延長約二十キロでございますが、五カ年計画におきましてはそのうち延長二・五キロの事業を計画しております。本路線は昭和三十三年度には四百四十メートル、三十四年度には六百メートルを完成するように計画いたしております。
#11
○委員長(岩沢忠恭君) 本件について御質疑のおありの方は御発言願います。
#12
○田中一君 それは前田君、全部で二十何キロ……。
#13
○説明員(前田光嘉君) 全部で約二十キロ。
#14
○田中一君 そのうちの……。
#15
○説明員(前田光嘉君) 五カ年計画で一応内定しておりますのが二・五キロでございます。
#16
○田中一君 その部分はどこがどうなっているのか、地点をちょっと言って下さい。
#17
○説明員(前田光嘉君) 前原町から深江に至る間でございます。
#18
○田中一君 それを図面でここへ出してほしいと思う。そうして五カ年計画でもって二割程度のものしかできないなんていうことはあり得ないと思うのです。ことに私はあそこの道路通ったことがあるけれども、これはとてもひどいものです。五カ年計画でそうきまっているということならば、五カ年計画の改定をしなければならない。重要幹線がその程度でもって道路整備五カ年計画なんていううたい方は、これはもう国民を全く欺瞞するものです。
#19
○説明員(前田光嘉君) 五カ年計画におきまして、福岡県内における道路整備が相当重点がございますので、計画の全体のワクの中におきましても、この路線につきましては二・五キロが一応現在において舗装を完了する計画になっております。
#20
○田中一君 ちょっとこんなもので不十分ではしようがない。当然これは採択すべきものだと思いますけれども、しかし問題はあとに残っております。とりあえず本請願に対しては採択するということを決定して、あと調査案件の問題を審議したいと思います。
#21
○委員長(岩沢忠恭君) それでは本件をいかがとりはからいましょうか。(「採択」と呼ぶ者あり)
#22
○田上松衞君 私ども実際これは初めてでして、この審議の方法に驚いているわけなんですが、ただこの場に臨んで件名だけをこう出されて、それで一応何か説明があって、それで審議すると言ったって審議の方法はないと思うのです。だから内容は一体どういうことなのか、お手数でも一応示してもらわなければ、これはどうも今までどういう慣習になっておるかしりませんけれども、そういうことを意見で、願いといいますか、そういう……。
#23
○委員長(岩沢忠恭君) ちょっと速記とめて。
   〔速記中止〕
#24
○委員長(岩沢忠恭君) 速記をつけて。
 それでは本請願は、委員会の会議に付するを要するものといたしまして、内閣に送付をするように決定しまして御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#25
○委員長(岩沢忠恭君) 御異議ないと認めます。よってさよう決定いたしました。
 なお報告書につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#26
○委員長(岩沢忠恭君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
  速記をとめて。
   〔速記中止〕
#27
○委員長(岩沢忠恭君) 速記をとつて。
  ―――――――――――――
#28
○委員長(岩沢忠恭君) それでは、村上建設大臣及び大沢建設政務次官から発言を求められております。
#29
○国務大臣(村上勇君) 私、今回はからずも建設行政の担当を命ぜられました村上勇でございます。もとより浅学非才であるばかりでなく、ほんとうにこの業務には不なれでありまして、その責任の重かつ大なるをおそれておるものであります。幸いにして練達堪能な委員皆さま方の御支援によりまして、何とかこの責任を果したいという念願であります。何とぞこの上ともよろしく御指導、御鞭撻のほどを切にお願い申し上げる次第でございます。はなはだ簡単でありますが一言ごあいさつさしていただく次第であります。(拍手)
#30
○政府委員(大沢雄一君) 私、このたび全く思いがけなく建設政務次官の重責に任命されました大沢でございます。ずぶのしろうとで私にとりましてはまことに荷が重過ぎる職責でございまするが、幸いに練達堪能の大家ぞろいの、委員長さん初め委員の皆様方に同僚議員のよしみをもちまして何とぞ御同情、御協同いただきまして、何とか職責を果さしていただきたいとひとえにお願いを申し上げる次第でございます。きわめて簡単でございますが、重ねてお願いを申し上げまして私のごあいさつといたしたいと存じます。(拍手)
#31
○委員長(岩沢忠恭君) 最後に、新たに計画局長になられました関盛君からのごあいさつがございます。
#32
○説明員(関盛吉雄君) 私、ただいま御紹介にあずかりました計画局長の関盛でございます。先月の下旬の異動で計画局長を拝命いたしましたが、何分不なれでありますので、よろしく今後とも御指導を願いたいと思います。(拍手)
  ―――――――――――――
#33
○委員長(岩沢忠恭君) この際、継続調査要求についてお諮りをいたしたいと思います。
 今期国会の会期も切迫し、会期中に建設事業並びに建設諸計画に関する調査を完了することは困難でありますので、さきに御決定願った調査承認要求書が承認になった場合は、継続調査要求書を議長に提出したいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#34
○委員長(岩沢忠恭君) 御異議ないと認めさよう決定いたします。
 なお要求書の作成は委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#35
○委員長(岩沢忠恭君) 御異議ないと認めます。さよう決定いたしました。
  ―――――――――――――
#36
○委員長(岩沢忠恭君) 次に委員派遣承認要求に関する件についてお諮りをいたします。
 建設事業並びに建設諸計画に関する調査のため委員派遣を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#37
○委員長(岩沢忠恭君) 御異議ないと認めます。つきましては本院規則第百八十条の二により委員派遣承認要求書を議長に提出しなければならないことになっておりまするので、この内容及び手続等につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#38
○委員長(岩沢忠恭君) 御異議ないと認めさよう決定いたしました。
 なお委員派遣につきましては従来のいろいろの経過なり、あるいはどういう方面を調査したかということを、新しく当選なすった皆さん方に、御参考のために今調査員から一応御報告させて、皆さんの御参考に供したいと思います。
 速記をとめて。
   午前十一時十七分速記中止
   ―――――・―――――
   午前十一時三十二分速記開始
#39
○委員長(岩沢忠恭君) 速記つけて。
 それでは、建設事業並びに建設諸計画に関する調査を行いたいと思います。
 御質疑のおありの方は順次御発言を願います。
#40
○田中一君 この際、村上さん、建設行政には不なれだという……、あなた一番詳しい方なんだから、そこで、三十五年度予算の編成も、いよいよこの特別国会が済みますと各部局で手がけると思うのです。まあ手がける前に、構想としてお持ちなはずなんです。朝日新聞の切り抜きを見ましても、他の業界新聞等の切り抜きを見ましても、なかなかわれわれがびっくりするような新しい構想を持ってらっしゃるように見受けますので、一つそれをまず個条書きというか、一項、三項という工合に続けてもかまいませんから、一つ、時間は十分ございますからゆっくり御説明願いたいと思います。
#41
○国務大臣(村上勇君) 新米早々でまだ構想とか、あるいは抱負経綸というようなところまでは私は頭ができ上っておりません。がしかし建設省として幾つかの柱があるはずでございます。これは従来各大臣が取り来たったこと、また国の非常な強い要望でありまする道路の五カ年計画を、これが完璧を期すとか、あるいはまた住宅の隘路を打開するための五カ年計画と、これらのすでに従来計画されておりますことにつきましては、私もこれが完璧を期すために十分熱意をささげて参りたいと思っております。
 なお御案内の通り、日本は災害の常襲地帯といっていいほど、年々歳々どこかへ災害による大きな被害を受けておりまするので、これはもう襲来する災害をとむべくもないのでありますから、国土の守りを固くして、たとえわずかでもこの狭い国土を台風によって侵されないようにしたい、これにはどうしても治山治水の対策を重点的に取り上げて、私の今日の考えといたしましては、少くとも治水事業については、今の一般予算だけでなく、特別な何らかの措置を講じて参らなければ、その所期の目的を達成することができないのじゃないか、こういうような考えを持っておるのであります。もとより治山治水については、比較的一般の人に忘れられておる砂防事業の強化ということについては、私自身相当従来からこの砂防の完璧のために関心を持っておりましたので、これらもあわせていわゆる国土を自然の猛威によって侵されないようにしたい。これがこれからどの程度にその目的が達成するかわかりませんが、私の津身の力を注いで参りたいところであります。もとより国権の最高機関である衆参両院の、特にこれに対して御心配願っておりまする皆様方の御支援と相待って、それが幾らかずつでも実現できることを期待いたしておるのであります。詳細にわたる構想と申しましても、まだ私にはまとまった具体的な問題についての御回答を発表できないのでございますが、この程度で一つお許しを願いたいと思います。
#42
○田中一君 九日に参議院建設委員会を持つことになっておるのですが、これから現場等も十分御視察になると思いますけれども、まず第一に、今お話になりましたところの治山治水の根本問題は砂防であると思います。これは忘れては困る。それから第二の問題として国土開発縦貫自動車道の建設の問題は、どういう構想をお持ちかという点。それから事業の合理化という問題についてどういう考え方を持っておるか。これはむろんあなたの行政機関の末端には直営工事をやっておる職員が数万おるわけです。合理化問題とこういう方々に対する関係とか、あるいは機械化の問題に対してはどういう構想を持っておるかなど。まあ何か衆議院の予算委員会でお呼びだそうですから、私はくどく聞きませんけれども、少くとも九日に持たれる委員会では大体の構想、これはむろん具体的に三十五年度の予算に計上しようという一つの構想ですね、実行しようという構想を御勉強といってはおかしいけれども、各部局を督励して大臣の構想をまとめて、そうして披露願いたいのです。今お話にありましたような問題は抽象的であってどなたもおっしゃることなんです。村上さんでなくちゃできないということを一つお考えになって九日の委員会に持ってきていただきたい。これだけ申し上げて、何か御用があるそうですから私はやめますが、そういうつもりで一つきてもらいたい。
#43
○委員長(岩沢忠恭君) ほかに御質疑ありませんか。
#44
○小山邦太郎君 今、大臣からも治山治水、砂防問題等に重点的に力を入れたいというお考えはきわめてけっこうと思います。従ってわれわれも視察、調査をするような場合には、そういうような点を一つ十分理事において御勘案をお願いしたいと思います。
#45
○久保等君 今、田中委員から大臣の一応抱負といったようなもののお尋ねがあったのですが、大臣から簡単なごあいさつ的なお話があったのですが、多少まとまったような形で、九日あたりにでも建設省の当面しておる問題、それから来年度予算あたりに対して大づかみなところ、どういう方向でいろいろ諸懸案を片付けていこうといったような問題、多少まとまったような形で成文化したようなもの、何か資料のようなものでもいただければ幸いだと思うのですが、特に私の場合はずぶのしろうとで全然どっちに向いておるのか、建設行政といったようなものについてもわかりませんが、そういう意味で多少現状における内容等についても、あるいは従来の委員会の運営から考えると、ダブるような問題であるのかもしれませんけれども、何といっても、参議院の選挙の改選直後の特別国会が開かれたのですが、御承知のような状態で委員会での十分な審議あるいは調査ができなかったのですが、そういう点をお考え合せいただいて、資料的なものもあわせて少し、一つせひ説明的なものもあるいは当面の問題に対するお考え等をまとめて、一つ必ずしも建設大臣からばかりというのではないのですが、当局の方から一応御説明をいただきたいと思うのですが、そのためには当然準備をきょうお願いして、一つよろしく願いたいと思うのですが。
#46
○国務大臣(村上勇君) 九日までにはできる限りの資料を整えまして、それぞれの担当の職員から、あるいはまた私に対するところは私からお答えいたしたいと思います。建設白書ももうすぐ出ますから、それについても一つ御検討を願えれば非常に仕合せだと思います。
#47
○田中一君 ちょっと一つ忘れたのですが、定員法の改正の法案を出そうというような意向があるというように新聞に報道されておりますけれども、その点はどういうことになっておりますか、これは建設大臣もむろん重大な関連があるのですから。
#48
○国務大臣(村上勇君) これは一昨日の閣議で、前回成立を見ておりませんので、この機会に出したいということにきまっております。
#49
○田中一君 そうすると、衆議院で修正した五千六百でしたかな……、それは八千名の、衆参両院で修正しようという八千名の増というものは、これは政府提案で出すつもりですか。それともこれはやはり同じように衆議院、参議院の修正で出そうというつもりなんですか。
#50
○国務大臣(村上勇君) これは私の承知しておりますところでは、参議院の修正で、政府提案で出そうということのように聞いております。
#51
○田中一君 そうすると、先議は衆議院ですか、参議院ですか。
#52
○国務大臣(村上勇君) 参議院です……。
#53
○田中一君 先議は参議院で……。あれはしかし審議未了になっているはずですよ、新提出しなければならぬはずになっているわけですよ。継続審議になっておらぬはずですよ。
#54
○説明員(鬼丸勝之君) ただいま大臣からお答えがございましたように、政府提案で、参議院で修正の案でまとまりました八千名をプラスしたもので出したいということを聞いております。先議の問題は、おそらく衆議院が先議になるかと思います。
#55
○田中一君 そうすると、三十一国会で出した政府提案のものにプラス八千名というものが加わって、これが政府原案として提案されるということですね。そういたしますと、この八千名の内容です。この八千名の内容というものは、御承知のように、衆議院では時間的に間に合わぬから、次の国会でその配合はきめて国会の承認を求めるということになっておったのです。これはむろん定員法は、御承知のように各部局に対する詳細な配分というものがきまらなければ、定員法の改正にはならないわけですよ。それでその点はどういう形になっているのか。これは政府の提案は、政府の方でそういう配分ができておるという前提で理解していいのかどうか。
#56
○説明員(鬼丸勝之君) 定員法改正の全体の増加職員の各省別の配分につきましては、前国会の会期末に序野党で御修正になりましたものにつきまして、最後には各省別に明確にして出すべきであるということで、行政管理庁を中心に、一つの合理的な基準で各省庁別の配分をまとめましたその結論がございますので、今回の提案を伝えられておりますものも、各省別に明確に定数をきめて出すというふうに伺っております。
#57
○田中一君 それでは建設関係の定員を、きょうここでちょっとお示し願いたいのです。
#58
○説明員(鬼丸勝之君) 予算上当初認められておりましたものは、御承知のように二百九十四名でございます。それに追加して八千名をふやす、その内訳といたしまして、千三百六名というものがプラスされるというふうに承知しております。
#59
○田中一君 御承知のように、定員法上、定員法外の職員の一番多いのは建設省なんです。従って、八千名のうちのプラスアルファの千三百名程度とはどういう計算をしているか。これは不均衡だと思うのです。少くとも衆議院における修正も、参議院において約束された修正というものも、公平に名をかって不公平な配分をしてほしいという考え方じゃないのです。ただ時間的に間に合わぬから、一応一括してこれを八千名のプラスアルファにして、そうしてあとは次期の国会までに政府が一応の原案を出すという形になって、衆議院で議決されたはずなんですよ。そこで八千名のうち一千三百六名という増だけでは、私は不均衡だと思うのですよ。それで不十分な、未熟な法案をお出しになっても、あすしかない国会ですから、なかなか議論があると思うのです。私はこれから委員長に向って、内閣委員会との合同審査も要求しようと思っているのです。この問題が提案されるならばですよ。少くとも現業的立場に立っているところの職員が、非常な不遇にあるということは、村上さん、これは御承知だと思うのです。大臣としても、八千名プラスの中の千三百六名というものは承認なさったのですか。むろん要求するのは所管の大臣なんです。行管が押しつけるものじゃないのです。われわれの意思、国会の意思というものはそういうものじゃないのです。要求する大臣が、これは数字というものを主張しなければならぬのです。
#60
○国務大臣(村上勇君) これはもうすでに各省公平に話し合いがついた問題でありますので、私としても千三百六名、必ずしも満足はできないのでありますけれども、一応各省の問で話し合いのついたことでありますから、承認せざるを得ないのであります。
#61
○久保等君 私、きょう聞いた話では、参議院で、ほぼ与野党で一致した八千名程度という増員の問題は、計算をしてみたところ約一万名前後になったんだというような話を聞かされているわけなのですが、その数そのものが動いてきているのじゃないかということと、それからまあ国会といってもきょうあすしかないのですが、きょう衆議院に出されてきょう衆議院で上げる、あす従って参議院で一日で上げる、今明日中に衆参両院でこの法案を通してしまうのだということに話がなっておるということを聞かされているのですが、そういった運びの問題についてもこれは建設当局の方は特に今言った人員の面において、非常に大きなウエートを占めておるのですからご存じだと思うのですが、特に人員の問題についても、八千名というのは一万名程度にふえておるとかという話を聞いておるのですが、そういう数字の点なんかについてもう少し正確にお示しを願いたいと思うんですが。
#62
○国務大臣(村上勇君) 私の了解しておる範囲では八千名ということであります。それからこの問題はわずか二、三日になっておる国会で無理やりにこれを扱っていこう、というような考え方ではないのでありまして、与野党ともにその党として了解ができた上でその手続をとっていく、というふうに私は承わっております。でありますから、了解できない、非常にめんどうな審議を願わなければならないのを、このわずかな期間に無理に押していくというようなことはないのじゃないか、こう思っております。
#63
○田中一君 この問題は政府に向って言うことじゃなくて国会の問題ですから、これはこれ以上聞きませんけれども、ただ官房長に言いますが、そういうことになっておるならば、内容をはっきり示してほしいんです。建設委員会としても当然これは関連ございますから、内閣委員会にかかるならば合同審査を要求しなきゃならぬと思うんです。この点は委員長も十分にわれわれの意思を聞きとめていただきたいと思うんです。で、提案されたんですか、されようとするんですか。
#64
○国務大臣(村上勇君) まだされようとする段階であって、提案をしたということは聞いておりませんが、ともかく社会党と、あるいは参議院では緑風会その他の与野党の間で、一切了解がついた上でやるということに私は承わっております。了解ができないでここでまた激しい審議が行われるようなことでしたら、二日や三日で解決する問題でないと思っております。
#65
○田中一君 私、委員長に要求したいのは、これが提案されましたら、参議院では連合審査をするようにお聞きとめを願いたいと思うんです。
#66
○米田正文君 連合審査といってもたいへんでしょう。各省関係がありますよ。
#67
○田中一君 たいへんだからしないのじゃなくて、たいへんだからするんだよ。
#68
○委員長(岩沢忠恭君) それでは、本日の委員会はこれをもって散会いたします。
   午前十一時五十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト