くにさくロゴ
1959/07/02 第32回国会 参議院 参議院会議録情報 第032回国会 決算委員会 第1号
姉妹サイト
 
1959/07/02 第32回国会 参議院

参議院会議録情報 第032回国会 決算委員会 第1号

#1
第032回国会 決算委員会 第1号
昭和三十四年七月二日(木曜日)
   午前十一時三十五分開会
  ―――――――――――――
 委員氏名
   委員長     西川甚五郎君
   理事      仲原 善一君
   理事      平島 敏夫君
   理事      小柳  勇君
   理事      棚橋 小虎君
           稲浦 鹿藏君
           大谷 瑩潤君
           勝俣  稔君
           小柳 牧衞君
           松村 秀逸君
           吉江 勝保君
           相澤 重明君
           大河原一次君
           大矢  正君
           佐多 忠隆君
           島   清君
           椿  繁夫君
           森中 守義君
           竹中 恒夫君
           天坊 裕彦君
           岩間 正男君
昭和三十四年七月一日議長において委
員を左の通り指名した。
           青柳 秀夫君
           大谷 贇雄君
           上林 忠次君
           木内 四郎君
           高野 一夫君
           谷口 慶吉君
           野本 品吉君
           増原 恵吉君
           武内 五郎君
           基  政七君
           前田 久吉君
           市川 房枝君
  ―――――――――――――
  委員の異動
六月二十四日委員勝俣稔君辞任につ
き、その補欠として大沢雄一君を議長
において指名した。
七月一日委員大河原一次君、大矢正
君、佐多忠隆君、棚橋小虎君、椿繁夫
君、天坊裕彦君及び岩間正男君辞任に
つき、その補欠として東隆君、北村暢
君、坂本昭君及び矢嶋三義君を議長に
おいて指名した。
本日委員平島敏夫君、稲浦鹿藏君、大
沢雄一君、小柳牧衞君、松村秀逸君、
吉江勝保君、大谷贇雄君及び竹中恒夫
君辞任につき、その補欠として岡村文
四郎君、川上為治君、小山邦太郎君、
紅露みつ君、金丸冨夫君、谷村貞治
君、鳥畠徳次郎君及び石田次男君を議
長において指名した。
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     西川甚五郎君
   理事
           仲原 善一君
           野本 品吉君
           小柳  勇君
           矢嶋 三義君
   委員
           青柳 秀夫君
           稲浦 鹿藏君
           大谷 贇雄君
           岡村文四郎君
           上林 忠次君
           紅露 みつ君
           高野 一夫君
           谷村 貞治君
           東   隆君
           北村  暢君
           坂本  昭君
           武内 五郎君
           森中 守義君
           石田 次男君
           前田 久吉君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       池田 修蔵君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事の辞任の件
○理事の互選
○調査承認要求の件
○継続審査要求の件
○継続調査要求の件
○委員派遣承認要求の件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(西川甚五郎君) これより決算委員会を開会いたします。
 平島敏夫君から都合により理事を辞任いたしたい旨申し出がありました。これを許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(西川甚五郎君) 御異議ないと認めます。
  ―――――――――――――
#4
○委員長(西川甚五郎君) これより理事の互選を行います。
 決算委員会の理事の定数は六名とし、現在の理事仲原善一君、小柳勇君を除き四名の理事の互選を行うこととし、理事互選の方法は成規の手続を省略して、便宜その指名を委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(西川甚五郎君) 御異議ないと認めます。
 矢嶋三義君と野本品吉君を理事に指名いたします。あとの二名は追ってすみやかに指名いたしたいと存じます。
  ―――――――――――――
#6
○委員長(西川甚五郎君) 次に、調査承認要求に関する件においてお諮りいたしまするが、国家財政の経理及び国有財産の管理に関する調査承認要求書を、本院規則第七十四条の三によりまして議長に提出いたしたいと存じまするが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(西川甚五郎君) 御異議ないと認めてさよう決定いたします。
 なお、要求書の作成及び手続は、委員長に御一任願いたいと存じまするが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(西川甚五郎君) 御異議ないと認めます。
  ―――――――――――――
#9
○委員長(西川甚五郎君) 継続審査及び継続調査の要求に関する件について、お諮りいたします。
 昭和三十二年度一般会計歳入歳出決算、昭和三十二年度特別会計歳入歳出決算 昭和三十二年度国税収納金整理資金受払計算書、昭和三十二年度政府関係機関決算書、昭和三十二年度国有財産増減及び現在額総計算書、昭和三十二年度国有財産無償貸付状況総計算書、昭和三十二年度物品増減及び現在額総計算書、並びに国家財政の経理及び国有財産の管理に関する調査を審議調査することにつきましては、今期国会はきわめて短期間でありまするので、閉会中も審査、調査を行うこととし、本院規則第五十三条によりまして、継続審査要求書並びに継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じまするが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(西川甚五郎君) 御異議ないと認めてさよう決定いたします。
 要求書の作成は委員長に御一任願いたいと存じまするが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(西川甚五郎君) 御異議ないと認めてさよう決定いたします。
 なお、ただいまの調査事件については、いまだ承認要求手続中でありまするので、その承認を得た後に継続の要求をすることといたしまするから、念のため申し上げておきます。
  ―――――――――――――
#12
○委員長(西川甚五郎君) 次に、委員派遣要求に関する件についてお諮りいたします。
 昭和三十二年度決算の審査及び国家財政の経理及び国有財産の管理に関する調査のため、委員派遣を行いたいと存じまするが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(西川甚五郎君) 御異議ないと認めます。
 つきましては、本院規則第百八十条の二によりまして、委員派遣承認要求書を議長に提出しなければならないことになっておりまするが、その内容及び手続等につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じまするが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(西川甚五郎君) 御異議ないと存じます。
  ―――――――――――――
#15
○委員長(西川甚五郎君) 以上をもちまして本日の審議は終了いたしたいと存じます。御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○委員長(西川甚五郎君) これをもちまして散会いたします。
   午前十一時三十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト