くにさくロゴ
1947/11/17 第1回国会 参議院 参議院会議録情報 第001回国会 議院運営委員会 第46号
姉妹サイト
 
1947/11/17 第1回国会 参議院

参議院会議録情報 第001回国会 議院運営委員会 第46号

#1
第001回国会 議院運営委員会 第46号
  付託事件
○新憲法の活用に関する陳情(第二十
 七号)
○戰爭犠牲者の負担公平を自由討議の
 問題とすることに関する請願(第百
 三十二号)
○國会法第三十九條第二項の議決に関
 する件(労働委員会委員、斡旋員)
○政党法制定反対に関する陳情(第四
 百三十九号)
○衆議院議員選挙法中船員不在投票制
 度改正に関する陳情(第四百八十九
 号)
○政党法制定反対に関する陳情(第五
 百九号)
○自由討議に関する件
○議案の付託に関する件
  ―――――――――――――
昭和二十二年十一月十七日(月曜日)
   午前十時二十分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○自由討議に関する件
○議案の付託に関する件
○速記に関する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(木内四郎君) それではこれより委員会を開会いたします。
 先ず自由討議の日時、議題及び発言の人数、時間等についてお諮りいたします。速記を止めて……。
   〔速記中止〕
#3
○委員長(木内四郎君) 速記を始めて……では次回の自由討議は二十四日の月曜に行い、議題は中小商工業振興策とし、発言の人数、時間等は從來通りと決定することに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(木内四郎君) 御異議ないものと認めます。
 次に議案の付託に関してお諮りいたそうと思つておりましたが、法務廳に関する法律案は内閣が撤回しました故御了承願います。
#5
○事務総長(小林次郎君) 速記の件について、職員組合代表者から土曜日に「速記を付して同時に開く会議の数は、原則として三個、必要のときは、四個とする」旨の回答がありましたがこれに関する議院運営委員会の意向につきお諮りを願います。
#6
○委員長(木内四郎君) 恒久的問題は別とし、本問題に対する当面の解決として、只今事務総長の言はれた通りの職員組合の同答に同意することに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(木内四郎君) 御異議ないものと認めます。本日はこれにて散会いたします。
   午前十時四十二分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     木内 四郎君
   理事
           藤井 新一君
   委員
           塚本 重藏君
           松本治一郎君
           淺岡 信夫君
           左藤 義詮君
           伊東 隆治君
           稻垣平太郎君
           佐藤 尚武君
           高橋龍太郎君
           竹下 豐次君
           野田 俊作君
           板野 勝次君
  委員外議員
           藤田 芳雄君
   議長      松平 恒雄君
  事務局側
   事 務 総 長 小林 次郎君
   参     事
   (事務次長)  近藤 英明君
   参     事
   (記録部長)  小野寺五一君
   参     事
   (議事部長)  寺光  忠君
   参     事
   (委員部長)  河野 義克君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト