くにさくロゴ
1948/10/15 第3回国会 参議院 参議院会議録情報 第003回国会 文部委員会 第1号
姉妹サイト
 
1948/10/15 第3回国会 参議院

参議院会議録情報 第003回国会 文部委員会 第1号

#1
第003回国会 文部委員会 第1号
昭和二十三年十月十五日(金曜日)
  ―――――――――――――
昭和二十三年十月十二日(火曜日)議
長において本委員を左の通り指名し
た。
           梅津 錦一君
           河崎 ナツ君
           若木 勝藏君
           小野 光洋君
           左藤 義詮君
           松野 喜内君
           大隈 信幸君
           木内キヤウ君
           高良 とみ君
           梅原 眞隆君
           河野 正夫君
           田中耕太郎君
           堀越 儀郎君
           三島 通陽君
           山本 勇造君
           中野 重治君
           岩間 正男君
           鈴木 憲一君
           西田 天香君
同日議長は左の者を委員長に指名し
た。
           田中耕太郎君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○理事の互選
○座席に関する件
  ―――――――――――――
   午前十一時三分開会
#2
○委員長(田中耕太郎君) 開会に先立ちまして御挨拶を申上げたいと存じます。
 この度私図らずも文部委員会の委員長の御推薦を受けまして、甚だ恐縮いたしておる次第でございます。非常な微力な者でございまして、又いろいろ氣がつかないところも多々ございますので、皆様方の御援助、御鞭撻がなければ到底この重大なる責任を果して行くことはできないと存じておる次第でございます。併し誠心、誠意この我々の委員会を民主的に、又和氣靄々たる家族的の気持で以て運営いたしたいと努力いたします所存でございますから、何卒、先輩の方々、又同僚の方々におかれましては、この私自身の氣持をお察し下さいまして、心からなる御援助御鞭撻をお願いいたします次第でございます。
 それでは委員会を開会いたします。今日の議題は理事互選の件でございます。参議院規則第三十條に従う互選でございます。本委員会に割当てられました理事の数は四名になつております。で互選は如何ようにいたしますか。
#3
○大隈信幸君 理事の互選は投票を用いませんで、委員長にその指名を一任するという右の動議を提出いたします。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(田中耕太郎君) 大隈君の動議に御異議はございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(田中耕太郎君) 御異議ないものと認めます。
 それでは御指名を申上げます。小野光洋君、高良とみ君、梅津錦一君、岩間正男君の四名の方に理事をお願いすることにいたしまして御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(田中耕太郎君) それでは理事互選の件はこれを以て終了いたしました。他に何か御発言はございませんか。が
#7
○松野喜内君 座席はどうしたものでしようか、自由に委員が座席に著くがよろしいか、それとも予め決めて置くか、或いはこの名簿順にでもいたしますか、一應お諮りお願いたいと思います。
#8
○委員長(田中耕太郎君) 只今松野君からの御提案がありました件は如何でございますか。つまり委員会場における各委員の座席を決める方がいいかどうかという問題でございます。
#9
○河野正夫君 部屋が何時も決まつておるとすればそれもいいけれども、部屋の構造によつては座席がはつきり決まらんような場合もあるんじやないですか。又人数が二十人で大したことはないから、座席を決めなくてもよいかと思います。予算委員会のように多勢であれば別ですが、何か便宜なことがあれば決めたつで強ち悪かないんですが……。
#10
○委員長(田中耕太郎君) 予算委員会以外はどうですか、外の委員会は私案はよく存じませんが……他の委員会の方では殆んど決めていないというお話でございます。
#11
○堀越儀郎君 從前のように決めないでやつた方がいいんじやないですか。決めると各政党、各会派が又重なるようになるし、從前のように家族的に誰でも自由に坐つて自由に発言するようにした方が却つて運営がうまく行くんじやないですか。
#12
○委員長(田中耕太郎君) 如何でございますか。
#13
○河崎ナツ君 決めるというのはどういう必要があるんですか。
#14
○松野喜内君 決めんならんということはない。例えば衆議院においてもだんだん御意見があつて座が決まつて……そうでないと速記の方で座席を毎回調べるということになりますから、それで例えば右廻りとか左廻りとかの順になればこの表を見ても分る、或いはその部屋の連絡、代表というようなことについても一目してすぐ分るようなこともあるかと考られます。是非決めたいという私はつもりはありません、いずれが便利があるかというのであります。強い主張はありません。
#15
○山本勇造君 決めますと、例えば社会党なら社会党の人はここの席というので三人なら三人一緒におられると、或る問題のときに社会党はどういう態度を取ればよいとか、民自党はどういう相談ができるというような便利は僕はあると思います。文化委員会でもそうするかということで前のときに話が出たことがございます。併し余程各党が対立して問題がむずかしくなるときはその方が便宜かと思いますが、前に文化委員会ではそういう必要がなくて、実は非常になごやかに行つておりまして、今度文化と文教合わさつて文部委員会ができたわけですが、これは一つなごやかにやつて党派的な対立というよりもおよそ文教、文化というものは、そういうようなのが比較的少いだろうと思いますし、党派的あれがないように先程堀越さんが言われたように自由にされたんでよかないでしようか。
#16
○河崎ナツ君 山本さんの御意見に賛成です。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○松野喜内君 山本さんの御意向ですが、從來のままで私も結構だと思います。
#18
○委員長(田中耕太郎君) それでは從來通りに。議席を決めないでやつて行く。又必要がありましたら決めるというような、そのときにお考え願うというようにいたして、この問題はそれだけにいたしたいと思います。外になにか……。
#19
○梅原眞隆君 これは一つ皆さんにお考え願いたいと思うのですが、この委員会が十六の委員会の中における唯一の精神面に関する委員会であつて、これが余程力強く陣営も構成され、活動も展開されねばならんとこう思うのでありますが、前のと較べて見ますというと、文教と文化が同じことに人つてきたので、文教と文化というものが、渾然一致して行くという一つのいい体形をとつたということは非常にいいことなんですが。両方の機能を十分に出して行くという、こういうようなことに先程からもお話がありました。著作権の問題とか、いろいろな問題を繞つて、今まで取扱つてこられた文化部の仕事で、多少連続的にお考え願つたり、又必要な問題を取上げて貰うのに、なにか一つの小委員会のようなものでもお作り願つたら、一層文部の活動が行届いたものにならないか、こう思いますので、文化の面に関するなにかの小委員会をお考え願つたらどうかというようなことを感じておるのでありますが、一つ皆さん方の打ちくつろいだ御懇談をお願いして頂きたいと思うのであります。ことによれば懇談会にお入り下さいまして、十分に一つお考えをお伺いしたいと思います。
#20
○委員長(田中耕太郎君) 若し御異議ございませんければ、外の委員会で速記が足りなくで困つているそうでございますから、この問題につきましては、委員会を閉じまして懇談会に移つてもよろしうございますか。
   〔「異議なし、賛成」と呼ぶ者あり〕
#21
○委員長(田中耕太郎君) それでは委員会を閉会いたします。
   午前十一時十五分散会
 出席者は左の通り。
  委員長      田中耕太郎君
  理事
           高良 とみ君
           岩間 正男君
  委員
           梅津 錦一君
           河崎 ナツ君
           松野 喜内君
           大隈 信幸君
           梅原 眞隆君
           河野 正夫君
           堀越 儀郎君
           山本 勇造君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト