くにさくロゴ
1948/11/30 第3回国会 参議院 参議院会議録情報 第003回国会 議院運営委員会 第19号
姉妹サイト
 
1948/11/30 第3回国会 参議院

参議院会議録情報 第003回国会 議院運営委員会 第19号

#1
第003回国会 議院運営委員会 第19号
昭和二十三年十一月三十日(火曜日)
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○第四回國会の開会式に関する件
○議案の審査状況に関する件
  ―――――――――――――
   午前十一時二十四分開会
#2
○委員長(村上義一君) これより委員会を開きます。第四回國会開会式の日取りについてお諮りいたします。事務総長より御説明願います。
#3
○事務総長(小林次郎君) 昨日の委員会において、第四回國会開会式の日取りについて御協議願つたのでありますが、その後衆議院側と話合いの結果、十二月二日午前十一時より行うことに変更いたしましたのでお諮り願いたいと存じます。
#4
○委員長(村上義一君) 本件については、只今の事務総長の説明通り御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(村上義一君) 御異議ないものと認めます。
#6
○事務総長(小林次郎君) 尚、本日の本会議においては、時間の関係上参事の朗読はこれを省略し、又議案及び審査報告書等は印刷できませんので御了承願います。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(村上義一君) 次に昨夜の衆議院の本会議の状況について、議事部長より報告願います。
#8
○参事(寺光忠君) 昨夜の衆議院本会議は午後十一時五十七分再開直ちに散会、今朝午前零時五分開議直ちに休憩、午前六時二十五再開、郵政省設置法案、電気通信省設置法案、日本國有鉄道法案及び日本專賣公社法案について委員長報告があつて後一括討論に付し、委員長報告通り日本国有鉄道法案は修正議決、その他は可決し、次いで國家公務員法の一部を改正する法律案について人事委員長報告討論の後、これを報告通り修正議決し午前八時六分再び休憩に入りました。
#9
○委員長(村上義一君) 本院における目下の議案審議状況について、委員部長から説明願います。
#10
○参事(河野義克君) 今早朝衆議院において議決されました五法案のうち、国家公務員法の一部を改正する法律案については、昨夜中井人事委員長及び山田労働委員長が総司令部のフーヴアー氏と会談の結果、若干の修正点が認められましたので本日修正議決される見込が大であります。又日本国有鉄道法案を除く他の三法律案は無修正の見込でありますが、日本國有鉄道法案については、修正を加える空氣が強い模様であります。
#11
○委員長(村上義一君) 只今の説明にありましたように、衆議院の送付案に対して本院が修正を加える場合、両院協議会を求められる可能性がありますので、この点一應御討議願つて置きたいと存じます。憲法第五十九條によりまして本院が衆議院送付案を修正し、衆議院に回付した場合、衆議院は先ずこれに同意するかしないかを決定し、同意しない場合は、三合の二の多数を以て送付案を再議決、参議院に対して両院協議会を開くことを求めるか、二者いずれかの手段にでることになります。
#12
○矢野酉雄君 できればさような方法に持つて行く前に、話合いによつて回付案に同意して貰うよう円満に取計らうことにできませんか。
#13
○門屋盛一君 衆議院の現下の状況から見てさようなことは困難であるように思われます。
#14
○委員長(村上義一君) 本件については、関係委員長にお話して衆議院側にも然るべく連絡をとつて頂くようにいたします。
#15
○矢野酉雄君 先日來私の主張して参りました参議院の審議権確立ということについては、今も尚氣持は変りませんが、目下の情勢からして昨日の提案は一應撤回いたします。
#16
○門屋盛一君 私は先日來主張もあり、できれば本会議において大藏大臣に補正予算の提案理由の説明を求めたいと思います。
#17
○石坂豊一君 予算委員会において大藏大臣が説明されることになつておるのでありますから、更に本会議において説明を求める必要はないのではないでしようか。
#18
○矢野酉雄君 本院が衆議院に先んじて本会議において、大蔵大臣の説明を求めることは、衆議院の予算先議権の建前上どうかと思います。
#19
○中村正雄君 私は参議院は先日の決議もあることでありますから大藏大臣に説明を求めることは妥当だと思います。
#20
○梅原眞隆君 いろいろ御意見もあるようでありますが、本件については本委員会の空氣を政府側に傳えて、政府の都合を確かめるごとにしては如何でしようか。
   「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○委員長(村上義一君) 本件については、只今の梅原君の御発言に御異議ないようでありますからさよう取計らうことにいたします。本委員会はこれを以て一旦休憩いたします。
   午後零時四分休憩
   ―――――・―――――
   午後六時三十八分開会
#22
○委員長(村上義一君) 休憩前に引続いて委員会を再開いたします。ちよつと速記を止めて。
   午後六時三十九分速記中止
   ―――――・―――――
   午後七時四分速記開始
#23
○委員長(村上義一君) 速記を始めて。委員会はこれを以て散会いたします。
   午後七時三分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     村上 義一君
   理事
           梅津 錦一君
           川村 松助君
           大隈 信幸君
           梅原 眞隆君
           高田  寛君
   委員
           中村 正雄君
           原口忠次郎君
           松本治一郎君
           石坂 豊一君
           城  義臣君
           堀  末治君
           鈴木 順一君
           奥 むめお君
           岡部  常君
           岡元 義人君
           河野 正夫君
           矢野 酉雄君
           板野 勝次君
           佐々木良作君
           小川 久義君
  事務局側
   事 務 総 長 小林 次郎君
   参     事
   (事務次長)  近藤 英明君
   参     事
   (記録部長)  小野寺五一君
   参     事
   (議事部長)  寺光  忠君
   参     事
   (委員部長)  河野 義克君
   参     事
   (警務部長)  青木  茂君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト