くにさくロゴ
1948/11/09 第3回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第003回国会 水産委員会 第1号
姉妹サイト
 
1948/11/09 第3回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第003回国会 水産委員会 第1号

#1
第003回国会 水産委員会 第1号
本委員は昭和二十三年十月二十三日(土曜日)議
長の指名で次の通り選任された。
      石原 圓吉君    川村善八郎君
      關内 正一君    冨永格五郎君
      仲内 憲治君    夏堀源三郎君
      西村 久之君    平井 義一君
      山本 猛夫君    加藤 靜雄君
      佐竹 新市君    庄司 彦男君
      藤原繁太郎君    野上 健次君
      矢後 嘉藏君    馬越  晃君
      小松 勇次君    園田  直君
      田中  豊君    三好 竹勇君
      岡田 勢一君    坪井 亀藏君
      鈴木 善幸君    外崎千代吉君
      宇都宮則綱君
同日
 西村久之君が議長の指名で委員長に選任された。
十一月八日
 委員園田直君辞任につき、その補欠として椎熊
 三郎君が議長の指名で委員に選任された。
    ━━━━━━━━━━━━━
会 議
昭和二十三年十一月九日(火曜日)
    午前十一時二十五分開議
 出席委員
   委員長 西村 久之君
      石原 圓吉君    川村善八郎君
      關内 正一君    冨永格五郎君
      仲内 憲治君    夏堀源三郎君
      庄司 彦男君    藤原繁太郎君
      馬越  晃君    三好 竹勇君
      坪井 亀藏君    鈴木 善幸君
 委員外の出席者
        專  門  員 小安 正三君
十一月九日
      冨永格五郎君    藤原繁太郎君
      馬越  晃君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 理事の互選
    ―――――――――――――
#2
○西村委員長 これより会議を開きます。
 会議に入るに先だちまして一言ごあいさつを申し上げます。今回の水産常任委員長の選挙にあたりまして、不肖はからずもその職につかなければならなくなつたのでありまするが、御承知の通り至つて不敏な者でありまして、その器ではないと考えまするけれども、皆さん方の絶大なる御指導と御鞭撻によつてその職責を果したいと考えているわけであります。何分よろしくお願い申し上げます。簡單でございますが、これをもつてごあいさつとします。
    ―――――――――――――
#3
○西村委員長 この際おはかりいたしますが、ただいま皆さん方のおつきになりました席は、委員長においてかりに定めたものでございますが、このように決定いたしてよろしうございますか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○西村委員長 御異議ないようですからさよう決定いたします。
 引続いて理事の互選を行います。
#5
○藤原委員 理事はその数を三名とし、委員長において御指名あらんことを望みます。
#6
○西村委員長 藤原君の動議に御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○西村委員長 御異議ないと認めます。それでは
   冨永格五郎君  藤原繁太郎君
   馬越  晃君
の三名を理事に指名いたします。御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○西村委員長 御異議ないものと認めましてその通り決定いたします。
#9
○石原(圓)委員 水産関係者におきましては、漁業協同組合法案、漁業法案等の提出を期待しているのであります。しかるにこの会期には出るか出ないか、わからないということでありまして、もしそれが延びる場合には、全國の漁村がそれによつてこうむるところの影響は莫大であると思うのであります。ゆえに委員長は早急にさらにこの委員会を開くこととして、その委員会では農林大臣並びに水産廳長官の出席を求めて、所信をわれわれ委員に明らかに示してもらうという方法を講じたいのであります。この点を委員諸君の御賛成を得て適当におとりはからいあらんことをここに希望いたします。
#10
○西村委員長 石原君の御意見はごもつともと思います。実は私も休会中に関係方面について相当努力をいたしまして、でき得べくんばこの会議の再開にあたりまして提案のできるように運んだのでありまするけれども、残念ながらそのところまで達し得ずに今日に及んだわけであります。石原君の御意見の通り今後とも努力をいたしてまいりたいと存じます。この件につきましては、一應政府当局の意見を徴したいと思いまするから、一應会をとじまして今日までの経過を皆さん方に御話を願いたいと存じます。委員会はこれをもつてとじることにいたします。
    午前十一時二十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト