くにさくロゴ
1948/11/12 第3回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第003回国会 人事委員会 第4号
姉妹サイト
 
1948/11/12 第3回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第003回国会 人事委員会 第4号

#1
第003回国会 人事委員会 第4号
昭和二十三年十一月十二日(金曜日)
    午後三時七分開議
 出席委員
   委員長 角田 幸吉君
  理事 赤松  勇君 理事 長野重右ヱ門君
   理事 玉井 祐吉君
      淺利 三朗君    山村新治郎君
      中野 武雄君    根本龍太郎君
      島上善五郎君    前田 種男君
      松澤 兼人君    米窪 滿亮君
     生悦住貞太郎君    高橋 禎一君
      最上 英子君    吉田  安君
      船田 享二君    水野 實郎君
      相馬 助治君    徳田 球一君
十一月十二日
 理事松澤兼人君の補欠として赤松勇君が理事に
 当選した。
    ―――――――――――――
十一月十一日
 國家公務員法改正に関する請願外六件(川野芳
 滿君紹介)(第七四号)
 國家公務員法改正に関する請願(若松虎雄君紹
 介)(第八九号)
 同(松原一彦君紹介)(第九七号)
の審査を本委員会に付託された。
同日
 観音寺町を勤務手当支給地域に指定の陳情書(
 香川縣三豊地方事務所長社塚巖外二十四名)(
 第四号)
 癩療養所職員の待遇改善に関する陳情書(全日
 本國立療養所職員組合癩協議会議長義江義雄)
 (第二七号)
 延岡市の勤務手当の地域給を甲地域に引上の陳
 情書(延岡地区全官公癩労働組合連絡協議会延
 岡市長代理助役長谷川啓外五十名)(第三四号
 )
 國家公務員法改正に関する陳情書外百四十件(
 宮城縣西諸縣那眞幸村大字水流三百十二番地三
 輪景文外五百名)(第一〇四号)
 國家公務員法改正並びに教育公務員法案に関す
 る陳情書外六十一件(岩手縣東磐井郡長坂村字
 柴宿三十二番地星富治外九十名)(第一五一号
 )
を本委員会に送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 公聽会開会承認要求に関する件
 連合審査会開会に関する件
    ―――――――――――――
#2
○角田委員長 これより開会いたします。
 この際お諮りいたしたいことがあります。理事松澤兼人君より理事辞任の申出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○角田委員長 御異議なしと認めます。よつて同君の理事辞任の申出は許可することに決しました。つきましてはこれより理事補欠選挙を行わねばなりませんが、これは先例によりまして委員長において指名したいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○角田委員長 御異議なしと認めます。赤松勇君を理事に指名いたします。
    ―――――――――――――
#5
○角田委員長 引続いて國家公務員法の一部を改正する法律案の審査のための公聽会の件についてお諮りいたします。
#6
○前田(種)委員 委員長の申出によりますところの公聽会の件でありますが、ただいま本委員会に提案されております國家公務員法改正につきましては、事重要な問題であります。各方面から非常な関心を持たれておる問題でありまして、本委員会の審議の資料にするために、廣く各方面の識者の代表的な人々にお出でを願いまして、いろいろな角度から意見を聞きまして、われわれの笠議の資料にしたいと思いますので、ぜひ公聽会を開催して、國家公務員法改正全体にわたる問題について、十分檢討したいと思いますので、そういうおとりはからいをされるように動議を提出いたします。
#7
○角田委員長 前田君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○角田委員長 異議なしと認めます。よつて公聽会を開くことにいたします。公聽会を開くことにいたしますと、衆議院規則第七十七條によりまして、あらかじめ議長の承認を得なければならぬことになつております。つきまして理事会の決定通り、議長に公聽会開会承認要求を出すことにいたしますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○角田委員長 異議なしと認めます。後刻書面をもつて議長に開会承認要求をいたすことにいたします。
 なお國家公務員法の一部を改正する法律案の審査のために、労働委員会と連合審査会を開くことについておはかりいたします。
#10
○前田(種)委員 委員長の御説のように、労働委員会からはすでに正式の手続をもつて連合審査の申出がありますので、国家公務員法の改正の審議にあたりましては、連合審査をもつて進めて行きたいと考えます。この日時、方法等につきましては、委員長において適当なとりはからいをしてもらうことは結構だと思いますので、連合審査をもつて審査を進めていくという方針に賛成をいたし、そういう案を提案いたします。
#11
○角田委員長 前田委員の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○角田委員長 異議なしと認めます。よつて労働委員会と本案について連合審査会を開くことにいたします。
#13
○相馬委員 私はこの際特に委員長にお願いしておきたいことがあります。それはこの前の國家公務員法が成立した経緯を見ましても、きわめて短時間の間に仕上げたからやむを得なかつたと思うのでありますけれども、最後のところへ行つて、委員会で成立した。同時にその日本会議にかけるというようなありさまで、私は本会議において、委員以外の他の諸君は本案の内容を知らないのじやないか、こういうことを言つてやじられて、あやまつた経驗を持つのでありますが、どうぞひとつこの委員会が実質的に早く審議に入り、十分審議できるように、委員長としてその期間の問題については、おとりはからいを願うように、特にお願いしたいと思います。
#14
○根本委員 ただいま同僚委員からの御発言もありましたが、政府も第三國会の至上命令として、國家公務員法並びにその関連法規の審議を先決するようにと要望しているわけでありますから、いろいろ政府においても政治関係の運営上多忙でありましようが、この委員会ではあらゆる障害を突破して、必ず政府委員が大臣とともに出席されて、この審議がすみやかにできるように、委員長から特に申入れをしていただきたい。
#15
○米窪委員 私も一言委員長にお願いしたい。われわれ委員が総理大臣の出席を要求したときには、総理大臣は何を措いても出席されるようにしていただきたい。とかく吉田さんはわがままだから、そこはひとつ委員長が政治力を発揮して交渉に当つていただきたい。
#16
○角田委員長 ただいまの相馬委員、根本委員、米窪委員の申出につきましては、十分委員長は責任を持つて善処いたします。
#17
○前田(種)委員 私はこの際資料の提出を求めます。イギリス連邦とアメリカの公務員法の現行法があると思いますから、至急にわれわれ委員に配付していただきたいと思います。
#18
○角田委員長 前田委員の申し出承知いたしました。
 それでは本日はこれにて散会いたします。明日は午前十時から開会いたします。
    午後三時二十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト