くにさくロゴ
1948/11/13 第3回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第003回国会 議院運営委員会 第15号
姉妹サイト
 
1948/11/13 第3回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第003回国会 議院運営委員会 第15号

#1
第003回国会 議院運営委員会 第15号
昭和二十三年十一月十三日(土曜日)
    午前十一時四十七分開議
 出席委員
   委員長 山口喜久一郎君
   理事 石田 博英君 理事 吉川 兼光君
   理事 椎熊 三郎君 理事 田中 久雄君
      東  舜英君    今村 忠助君
      木村 公平君    倉石 忠雄君
      笹口  晃君    細川 隆元君
      安平 鹿一君    櫻内 義雄君
      坪川 信三君    多賀 安郎君
      内藤 友明君    成重 光眞君
      岡田 春夫君    榊原  亨君
      中野 四郎君
 委員外の出席者
        議     長 松岡 駒吉君
        副  議  長 田中 萬逸君
        議     員 赤松  勇君
        議     員 田中織之進君
        議     員 中村 寅太君
        議     員 木村  榮君
        議     員 林  百郎君
        事 務 総 長 大池  眞君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 公聽会開会承認要求に関する件
 本日の本会議の議事に関する件
 常任委員会の專門員並びに調査員の任命承認に
 関する件
    ―――――――――――――
#2
○山口委員長 これより会議を開きます。
 人事委員会の公務員法の一部を改正する法律案に関する公聽会開会承認要求の件について、議長より諮問があります。これを議題といたします。事務総長から説明を願います。
#3
○大池事務総長 委員長の角田さんから、公務員法の改正案に対しまして公聽会を開きたいという御要望があります。この公聽会を開くについては、衆議院規則第七十七條によりまして、あらかじめ議長の承認を得ないと開かれませんので、本運営委員会の承認を求めて來られたのであります。從つて本運営委員会でこの承認を與えるか否かということを御協議願いたいと思います。
#4
○椎熊委員 公務員法は重要法案でありますから、この公聽会の開会は当然許していただきたいと思います。
#5
○石田(博)委員 椎熊君の御意見に賛成ではありますが、公務員法の審議は非常に急速を要することでありますから、なるべく時間をとらないように、能率的に開会していただきたいという希望條件を付したいと思います。
#6
○山口委員長 別に御発議はありませんか――それでは人事委員会の公聽会開会承認要求の件については、議長において承認さるべきものと答申することに御異議ありませんか。
#7
○山口委員長 御異議がないようでありますから、さように決定いたします。
#8
○大池事務総長 もう一点本委員会の御承認を得たいと思いますことは、地方行政委員長の山口好一さんから專門員と調査員との御推薦がありまして、至急にこれをお願いしたいということでございます。專門員の方は長橋茂男という方でありまして、この方は勅任待遇までいつておる方でありますから、有資格者であると存じます。もう一人の調査員は丸山稻という男子の方でありまして、この方も有資格者として御推薦がありますので、いずれも当委員会で御承認があり、議長の御同意さえあれば、採用し得る條件になつております。
#9
○山口委員長 承認するに御異議ありませんか。
#10
○山口委員長 それでは御異議がないようでありますから、承認することに決定いたします。
    ―――――――――――――
#11
○大池事務総長 次に本日の日程について一應御説明を申し上げます。お手もとにあります日程の裏に刷つてありますが、昨日の質疑の残りが、野老さん、相馬さん、木村(榮)さんと三人でございます。これをなるべく早く御終了を願いまして、なお昨日お話になりました内閣総理大臣の施政方針の演説に関する決議案、これは細川さんが趣旨弁明をされて、賛成者として圖司さん、石田(一)さん、林(百)さんのお申込みがあります。反対の方はまだ別にございません。
#12
○成重委員 社会革新党は、賛成として一應私にしておきます。
#13
○岡田(春)委員 労働者農民党は松谷天光光君であります。
#14
○木村(公)委員 私の方は本間俊一君が反対演説をやります。
#15
○大池事務総長 本日の日程はそれだけであります。
#16
○笹口委員 まだ何か赤松勇君等から決議案が出ているようですが……。
#17
○大池事務総長 政府職員の新給與に関する決議案が出ております。
#18
○笹口委員 そうです。その政府職員の新給與に関する決議案を、本日緊急上程していただきたいと思います。たしか椎熊さんも提出者になつておられると思います。
#19
○内藤委員 災害対策の決議案は出ておりませんか。
#20
○大池事務総長 災害対策の決議案は、十三日の御提出ですからまだ刷つてございませんが、「災害対策に関する補正予算の本國会提出に関する決議案」というのでありまして、内客は災害対策に関する補正予算を計上して、本國会に提出せよという意味合いのものであります。
#21
○椎熊委員 政府職員の新給與に関する決議案はきようやりますか。そうして災害対策のは月曜にやりますか。
#22
○大池事務総長 災害対策の方もオーケーが参りましたから、さつそく印刷にとりかかつております。
#23
○内藤委員 議場の空氣で月曜に延ばしてもいいと思いますが、もし時間がありましたら災害対策の方も、きようやつていただきたい。
#24
○山口委員長 それでは日程に載せておきます。
#25
○大池事務総長 もし刷りものができませんければ三行ですから、提出者の方で朗読されればいいと思います。これを一應読んでみます。
 「各地に頻発せる災害の対策に関
 し、その緊急性に鑑み、政府は速か
 にこれが補正予算を計上し、本國会
 に提出せられんことを要望する。」
 というのであります。
#26
○椎熊委員 これにちよつと関連しておるからお願いしておくことがあります。
 災害対策の特別委員会がございますが、きのう委員会を開きまして委員長の互選、理事の選任をいたしましたが、不肖私が委員長に選任されました。この災害地対策特別委員会は超党派的の委員会でありまして、当運営委員会との連絡も特別に密接にしなければならぬと思いますし、また今後特段なるおせわになると思いますから、何分よろしくお願いいたします。
    ―――――――――――――
#27
○大池事務総長 ちよつと御報告申し上げておきます。もう一つ政局混乱原因調査特別委員会設置に関する決議案というのが只野直三郎君から出ております。
#28
○田中(久)委員 この説明を簡單にいたします。これは憲法にいろいろ不備の点があるので、改正とまでは行かなくても、具体的に何らかお互いに研究して、そうして政局があまり混乱して行かないようにしたいということであります。
#29
○石田(博)委員 政変のときにいろいろの問題があつたことですか。
#30
○田中(久)委員 いろいろ混乱があつて、憲法に書いていないことがいろいろあるから、それを調査する特別委員会をつくつていただきたいということであります。
#31
○大池事務総長 そうしますと政府職員の新給與に関する決議案を、時間の関係で上程した場合の説明者はどなたになりますか。
#32
○笹口委員 この説明者は島上善五郎君であります。できますればこの上程の順序を第一の決議案が終つたあとにお願いいたします。
#33
○成重委員 社会革新党はこの政府職員の新給與に関する決議案に対して、賛成意見を述べますから、これを申し上げておきます。
#34
○岡田(春)委員 労働者農民党も賛成演説をいたします。
#35
○田中(久)委員 第一議員倶樂部の私の方も同様であります。
#36
○石田(博)委員 私の方も賛成するか反対するかは別にいたしまして、発言を保留しておきます。
#37
○山口委員長 結局野党各派は皆やられるということですね。
#38
○石田(博)委員 國家公務員法の審議は議会独自の立場において、この会期一ぱいにやられるということを御決定になつたことについては、今日もう異議はありませんが、それにいたしましても、なるべく早く審議を終了するということにおいては、やはり各位とも御同感であろうと思うのであります。しかも会期を延ばされた理由は、愼重に審議をするという建前に立つてやられたのであるから、できるだけ日にちを多く費してやられるという建前から申しましても、明日曜日も休まずに通常通り会議を進められんことを希望する次第であります。
#39
○坪川委員 今の石田君の発言ごもつともだと思いますが、どうですか、あしたは休んだら。
#40
○石田(博)委員 いや、どうかやつていただきたい。
#41
○笹口委員 会期の終りごろなら日曜を休んではいかぬと思いますが、あすは最初の日曜日ですから休んでもらいたい。
#42
○細川(隆)委員 本会議は休むことが適当だと思います。委員会が休むかどうかは委員長の方できめて、明日の本会議は休むということをここできめるだけでいいと思います。
#43
○山口委員長 明日の日曜は休むという御意見が多いようでありますが、御異議ありませんか。
#44
○山口委員長 それでは明日は休みます。月曜日は定例日ではありませんが、本会議を開くことに御異議ありませんか。
#45
○山口委員長 それでは月曜日に本会議を開くことにいたします。
 なお運営委員会を月曜日に開くか開かぬかは、今のところ別に予定はありません。もしやらなければならぬようでありましたら、至急に開くことを御承知願います。
 それから本日の本会議は何時から開きますか。
#46
○坪川委員 一時半でいい。
#47
○山口委員長 それでは本日は一時半から開くことに御承知を願います。
    ―――――――――――――
#48
○石田(博)委員 先ほど参議院の福利小委員長の大隅君がお見えになりまして、政務調査費として参議院では議員一名、一箇月五千円程度の費用を支出するようにはからうことを決定したのですが、衆議院の方もひとつお考えをいただきたいというお申し出がありました。これを御報告いたします。同時にそれに対しましては、衆議院の運営委員会におきましても、先般各党の政務調査会長の要望に基いて、同様費目の支出について研究を要するということを申し合せたので、御趣旨には異議はないが、ただ、金額の点については各位の御意見を伺つた上で、正式に連絡するという返事をいたしておきました。
#49
○笹口委員 今の御趣旨には賛成であります。私の方もいろいろ党内で相談いたしましたが、どうも参議院の五千円というのはちよつと少な過ぎるかと思います。それで、出していただくならば、月額一万円ぐらい出していただきたい。これが私の方の意見です。
#50
○山口委員長 これは福利小委員会の方で研究し、また参議院にも連絡した上で、あらためて本委員会において審議することにいたしたいと思います。
#51
○大池事務総長 その点でちよつと申し上げますが、この間の各党の政務調査会長、その他の代表者がお集まりのときにも金額の問題が出まして、一万円ぐらいという説も相当多かつたと思いますが、それは今の場合一万円はとうてい困難であろうから、一應五千円くらいでよくはないかというお話がありまして、金額の点まで交渉されているかどうかは知りませんが、民自党の方では大臣も出していられることであるから、まず第一段に、民自党の方で大藏省の方へ一應了解を求めてもらいたいという点と、それが了解がつけば各政務調査会の代表者がE・Sの方へその了解を求めに行こうというお話になつておりましたが、もし今の一万円ということになりますれば、食い違いができますから、その点は各政務調査会の方と十分お打合せを願いたいと思います。御注意までに申し上げておきます。
#52
○中村寅太君 この間の内閣総理大臣の施政方針の演説に関する決議案に対して農民党も賛成演説をしたいという希望がありますから、これを留保しておきます。
#53
○内藤委員 議長にちよつとお願いしたいんですが、実は議場内で私どもの方の両翼はよく声が聞えないのですが、何とか拡声機でも使つて、両翼の方にも聞えるように、ひとつ御配慮を願いたいと思います。
#54
○松岡議長 これは事務当局に研究してもらいます。
    ―――――――――――――
#55
○大池事務総長 なお一点、これは今まで正式の申し込みがなかつたものですからお話しなかつたのですが、連合軍総司令部民間情報部から教育映画として「よりよき生活へ」という映画製作の下命を大映会社が受けているそうであります。從つて目下ローラという監督のもとに、いろいろの方面でそういう場面をとつているそうでありますが、その一場面として議場内の場面をとりたいという申し出があるのであります。今私どもの方へ言つて参りました書面の中身を見ますと、民自党は男八名、女二名、民主党は男八名、女二名、社会党は男九名、女四名、國協党は男三名、社革が男二名、それだけのものを衆議院の議場内に――これはもちろん代議士でございますが――入つていただいて、その場面をとりたいというのであります。その際に議長または副議長も、おそらく議長席について、こういう方々が前におられるところをとるんじやないかと思うんですが、そういう状態で議場をとらしてくれ、明十四日午前九時にとりたいからお願いしたいというお申し込みがあるのであります。その申し込みを受けた各議員が出られるか出られないかはその議員御自身の御意思によることと思いますが、問題は運営委員会で、議員を入れて本議場でとるということを御承認になつていただけるかどうかという事柄であります。その際にエキストラか何かのものも議場に入れたいということを、この間から申しておつたのでありますが、これは事務当局としては極力断つて、そういうことは、議員が議席に着くことは、場合によつていいと思うが、一般の者をエキストラとして入れられるか、私どもにはわからないからそれは困るということを言つておつたのであります。但し議場の中で映画をとるんですから、撮映者が議場内に入るのはやむを得ぬとしても、映画をとるためにエキストラを議場内に入れるということは、当然できないということで断つておりましたが、それ以外に今の緊急問題として、そういうことを言つて來ましたので、お諮りする次第です。
#56
○山口委員長 しばらく速記をやめてください。
#57
○山口委員長 ただいまの申し出に対しては、さらに当運営委員会で協議をして運営委員会の意見をまとめたいと思いますので、あるいはまた本日運営委員会を開くことに相なるかもしれませんから、一應これで休憩いたします。
    午後零時二十八分休憩
     ━━━━◇━━━━━
    午後三時三十二分開議
#58
○山口委員長 これより運営委員会を開きます。
 実は政府から、総理大臣が急に胃痙攣を起したために、本日の本会議に出席ができない旨の申し入れがありましたが、総理が出席をせずして、昨日以來の質問を続行するかどうかという皆さんの御意思を承りたいために、急に本運営委員会を開いたような次第であります。各位からひとつ御意見を伺いたいと思います。
#59
○細川(隆)委員 きのうの余りの議事を続けるか、続けないかの審議に入る前に、社会党としましては、一應本日の情勢にかんがみて、議事の円満を期するために、議事進行の発言をお許し願いたいと思う。その時間は、從來の慣例に從つて五分ないし十分ということで皆さんの御了解を願いたいと思います。
#60
○山口委員長 どなたがやるんですか。
#61
○細川(隆)委員 まだ人選はいたしておりません。
#62
○山口委員長 政府の答弁を要求しますか。
#63
○細川(隆)委員 議長を通じて一應要求いたしますから、議長から、どなたか政府の適当な方に御出席を御通知願います。
#64
○山口委員長 それではこの程度でいかがですか。
#65
○山口委員長 別に御異議もないようでありますから、開会劈頭に、議事進行についての発言を許すことといたします。
#66
○林百郎君 月曜日はどうでしようか。総理は出て來られそうですか。
#67
○山口委員長 月曜のことはあとにしてください。
#68
○林百郎君 ただわれわれの方では質問があるのです。できるならば、われわれとしても、やはり首相に出てもらいたいと思います。
#69
○山口委員長 それは病氣のことですからちよつとわかりません。
#70
○椎熊委員 それに関連してきようの質疑のことを話したいと思います。私は実にお氣の毒な次第だが、病氣と称するのだから仕方がありません。しかし総理がいなくても内閣には副総理もおるし、國家公務員法に対する担当閣僚もおられることだから、総理の答弁は出席した人によつてやつてもらうことにして、きようはきのうの残余の質疑を続けるようにしていただきたい。
#71
○山口委員長 椎熊君の御発言のごとく運んでさしつかえありませんか。
#72
○山口委員長 それではいわゆる國家公務員法案に関する答弁を聽取する議案だけを本日中に解決して、決議案は月曜日に上程することにいたします。本会議の開会は何時にしますか。
#73
○山口委員長 それでは本会議は即刻開会ということにいたします。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後三時三十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト