くにさくロゴ
1947/10/01 第1回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第001回国会 水害地対策特別委員会 第8号
姉妹サイト
 
1947/10/01 第1回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第001回国会 水害地対策特別委員会 第8号

#1
第001回国会 水害地対策特別委員会 第8号
昭和二十二年十月一日(水曜日)
    午後一時三十八分開議
 出席委員
   委員長 本間 俊一君
   理事 竹谷源太郎君 理事 内海 安吉君
   理事 小澤佐重喜君
      石川金次郎君    上林與市郎君
      佐々木更三君    鈴木 善幸君
      田中 健吉君    田中織之進君
      細野三千雄君    小野  孝君
      工藤 鐵男君    鈴木彌五郎君
      根本龍太郎君    原  孝吉君
      平澤 長吉君    山本 猛夫君
      石田 博英君    泉山 三六君
     小笠原八十美君    大石 倫治君
      角田 幸吉君    夏堀源三郎君
      葉梨新五郎君    松浦 東介君
      村上 清治君    早川  崇君
      飯田 義茂君    只野直三郎君
      外崎千代吉君
 出席政府委員
        農林事務官   平川  守君
        運輸事務官   加賀山之雄君
        運輸技官    岡田 信次君
 委員外の出席者
        總理廳技官   雨森 常夫君
        内務事務官   三島 利美君
        厚生技官    石橋 卯吉君
    ―――――――――――――
本日の會議に付した事件
 水害地の被害状況及び對策に關する質疑
    ―――――――――――――
#2
○本間委員長 それでは、これより會議を開さます。
 まず最初農林省からこんどの東北、關東を襲いました水害の被害状況と、その對策について説明を聽取することにいたします。平川總務局長
#3
○平川政府委員 今囘の關東及び東北の宮城、岩手等襲いました颱風による水害は、目下詳細調査中でございまして、正確にはまだ判明しない部分がかなり多いのでありますが、殊に農林省の關係といたしての山林方面等の奧地の部分につきましては、なかなか情報が迅速に集まらない状況でございます。ただいままでに判明いたしましたごく概略の状況を申し上げますると、耕地の關係におきまして流出、埋沒が約一萬六千町歩の見込でございます。また新冠水の面積は大體二十四萬町歩ほど算しておるのであります。なおこれらの數字につきまして報告の末濟の地方もございますし、またその他におきましても隨時報告をいたしてまいりまするが、逐次その損害の瞬積等は増加するような状況であります。それから作物に關する被害状況はなお一層不明でございまして、それが計數は算出が困難でございますが、流出殊に埋沒いたした田畑におきましては、收穫皆滅に近いものが多いのでございます。また新冠水面積の方におきましては、おおむね二、三割ないし五、六割くならいまでの減收を見ておる。これは場所によつて違いますけれども、そういうところか相當にあるようでございます。それから林野關係の方面につきましては、林道の損壞が百四十一萬メートルほどに及んでおります。また林野の崩壞地が六千六百町歩ほどに及んでおります。そのほか木材の流失あるいは薪炭の流失等の損害は相當に上つておることは申すまでもないのであります。そのほかあるいは畜産關係あるいは水産關係等におきましても、それ相當の被害があるわけであります。
 これらの復舊に對しましては、目下内閣の方に設けられました災害復舊委員會の方におきまして、關係各省の案をとりまとめまして、必要なる豫算計畫上の措置その他をとることにいたしております。農林省といたしましては、豫算の組まれますまでの間、應急にこれを引當にいたしました金融的な措置を、先般の東北の災害の例にならいまして、とるべく手配をいたしておるのであります。まど計數が正確に集まりませんために具體的な通牒まで至つておりませんが、速急にこれを實現いたしたいと考えております。なお農機具肥料等の損耗に至りましては、その數字がはなはだ曖昧でございまして、提出しておる縣もありますし、しておりません縣もありますので、全體的な數字が明確を缺いております。しかしながらこれもある程度の推定を加えまして、これに對しましては先般と同樣農林中央金庫方面から所要の金融をつける方法をとりたい、かように考えておるのであります。全體の復舊費といたしましては、まださような状況でございますので、正確な數字が出ないわけでございますけれども、大まかに考えますと、各種の畜産、水産あるいは養蠶という方面まで全部ひつくるめて、復舊に要する費用を考えますと、五十億以上に達する見込みでございます。耕地關係だけといたしましても、大體二十數億を要する見込みでございます。
 なお農林省といたしましては、災害地に對しましては應急の措置といたしまして、食糧の緊急なる配給の措置、カン詰あるいは乾パンのようなものを臨時配給いたしますとか、あるいは食糧の不足しておる地帶に對して主食の加配をいたしますとか、あるいは配給米の輸送に關して鐵道方面と連絡をいたしまして、これに支障のないようにいたしますとか、そういう緊急の措置はすでに講じてまいつたのであります。今後はただいま申しました復舊方面に對しまして速急に計畫を具體化いたしたい、かように考えておる次第でございます。概略御説明申し上げます。
#4
○本間委員長 今の御説明について何か御質問がありましたらどうぞ……。
#5
○根本委員 ただいまの御説明によりますと、關東竝びに東北の第二次というか第三次かの水害に對して、政府のとられた措置を述べられておりますが、聞くところによりますと山梨が相當被害か甚大であるという報告を聞いておるのであります。しかるところこの山梨の水害に對して、やはり同樣に東北竝びに關東と同じ基準方策をもつて、これが復舊竝びに援助に對する政府、特に農林省においてその用意ありや否や、この點を明確にしていただきたいと思います。
#6
○平川政府委員 今囘の颱風によりまして被害をこうむりました地方に對しましては、全部これを含めて對策を考えております。山梨縣も相當の被害をこうむつておりますが、これに對しましても同樣に取扱いたいと考えております。
#7
○原(孝)委員 各省別の水害對策の問題は概括的に聽いたのでありますが、でき得るならば各縣別の資料をいただきたいと思うのであります。來たところも來ないところもあるのでありますが、この次の委員會までに、どこそこの縣は倒壞家屋が何ぼで、全然役に立たなくなつた畑地がどれくらいあるかというような資料をいただけますよう、希望を申しておきます。
#8
○本間委員長 承知しました。私からちよつと政府委員に伺いますが、食糧關係で、緊急措置として大體乾パン、それからカン詰その他どれくらい出しておるか、それはわかつておりますか。
#9
○平川政府委員 それはわかつておりますが、その數字を資料にして差上げましよう。
#10
○鈴木(彌)委員 これは政府に對してではなく、委員長に對してのお願いなんです。この委員會としてどうしても取上げてもらわなければならぬことがあるのでありまして、それは御承知のように、東北の水害が起きた場合には政府はこれを議會に對して本會議で報告していない。今度關東の水害に對しては、いち早く各省大臣が懇切丁寧に報告しておる。こういうことはどういうお考えから出るものであるか。これは根本問題だと私は思うのです。今の局長の話でも關東に對しては政府から積極的にすべてやつておる。東北はこれを陳情の形でくる。こういう豫算をきめる際に、あるいは補助金をきめる際に、從來の差別待遇の下に立たれては非常に困る結果になると思う。そこで私はいかなる理由のもとに、東北の水害に對しては傍觀して、本會議で議會に報告しないか。關東の場合はこれを報告しておる。こういうことの考えを徹底的に各省大臣に承つて、理由がなければこれは陳謝をしてもらわなければならぬ。しかも關東の場合と東北の場合とは經濟的にも非常に違う。むしろ逆であつてもいい。私は今度政府が關東水害に對してとつた態度は正しくないと言うのではない。これが正しいのだ。なぜ關東に正しい態度をもつて臨んで、東北水害に對しては差別待遇をするか。こういう重大な問題をこの委員會でまとめて、政府にこの理由を追及したい、こう思うのであります。これを各委員の方々にお諮りを願つて、適當な處置を講じてもらいたいと思うのであります。
    〔「贊成」と呼ぶ者あり〕
#11
○田中(健)委員 鈴木委員の發言に關連して―私もただいまの鈴木委員の發言はごもつともと思いますが、つきましては次の委員會にわれわれとして一應政府からその問題に關連して所見を質したいと思いますから、片山總理、安本長官、それから内務、農林、運輸、大藏、その他關係各大臣全部に一應出てもらつて、そうしてそれらのことに關連して尋ねてみたいと思いますから、これをひとつ取計らつてもらいたいと思います。それから今鈴木委員の發言に關連して國會としては一應態度を決定してもらう、こういうことをお願いしたいと思います。
#12
○上林委員 ただいま鈴木委員竝びに田中委員から話がありましたことにつきまして、關連して一言申し上げますが、今囘の關東の水害が起きて以來、私ども東北水害地帶を行脚いたしますと、關東の水害のために東北の從來對策の決定になつたものすら變更を來たしはしないかという地元民の非常な心配がある。ただいま農林省から農林省管轄の御報告がありましたが、農林省におきまして、從來の決定になりました對策につきましては、變更するかしないかということを確認する意味におきまして、一應御答辯を願いたいと思います。
#13
○田中(織)委員 私ただいまの鈴木、田中、上林君の意見に贊成するのでありますが、私の和歌山縣のごときも、これは東北水害の先だちまして深刻なる損害を受けた地帶であります。こうした問題がより被害の規模竝びに地域の廣い災害が起りました場合に、古い災害地帶がともすれば閉却きれるということは一面むりもないところもあるかもしれないのでありますが、そういう考え方でいきますならば、絶えず最近のあらゆる傾向として現われているブロツク意識が強く出てきて、全般としての國の行政が困難になるのではないかと考えるのであります。そういう意味におきまして、この問題については、特に政府當局としましては、全國のどの地域のどの災害に對しましても、もちろん程度の差その他によるいろいろの對策における輕重の度合はおのずから出ることは當然の結果であると思うのでありますが、問題の取上げ方において、その對策を講ずる熱意におきましては、その基底においては決して差別待遇があつてはならないと考えるのであります。殊に和歌山縣の災害であるとか、東北の前の災害というものは、水害地は特に水が引いてしまつた後は現に關東の水害のようになお水浸りしているというようなところから見るならば、その慘状を視察された眼に映ずる度合においても異なるのであります。災害を受けた當事者といたしまして、その點は何ら異ならないことを思いますので、この點については政府として決してわけへだてのない態度をもつて臨むべきが當然の處置であると思いますので、先ほどの鈴木委員の意見に贊成いたします。本委員會として政府に對してこの點を強く要求することを、委員長において取計らわれんことをお願いいたします。
#14
○山本(猛)委員 大體各委員の發言された通り希望申し上げるのでありますが、特にお願いしておきたいと思いますことは、東京都内と、私は熱海に住宅をもつておりますが、熱海の水害義捐金の募集されております状況を見ますと、特に東京及び靜岡附近がそうなのかしりませんが、關東水害に對して義金をお願いしたい、こういうようなことを街頭でやつておりますが、あれはもちろん官廳がやらしているのではないかもしれぬが、そういうようなことで東北の水害というようなものはともすれば等閑に附され勝ちな印象を與える。もう一つは新聞社で勝手にお書きになることでありますから、やむを得ないにいたしましても、政府及び事務當局のお取扱いになることが反映しているものと思われる憾みがあると思うのでありますが、どうも東北の方は等閑に附されているようなかつこうに見受けられる。少くともそういう印象け與えられる新聞論調であります。御承知のように、殊に私の出身縣であります岩手縣は、今度で大きな災害を三度も受けております。しかも三度目の災害というものは、まつたくその慘状が想像以上である。しかるにもかかわらずさような印象を國民に與えつつあるということでは、東北の災害というものの救濟の全きを期し得ないと思うのであります。ですからさような不公平な措置を印象づけることのないように、強く關係方面に働きかけていただきたいと思うのであります。
 もう一つは東北はもの凄く雪が降ります。それでありますから毛布等の救濟品を賜るにいたしましても、關東に一人當り一枚救濟として毛布を賜るということであれば、特殊地域のことを考慮されてこれには三枚を賜るというような建前で、當局はひとつおやりを願いたい、かようにつけ加えてお願いいたしておきます。
#15
○本間委員長 鈴木委員の御發言はきわめてごもつともな御發言でありまして、この次の委員會にはぜひ總理以下政府の方に、災害復舊委員會も新しく設置されているのでありますから、關係の大臣に御出席を願いまして、そうして次の委員會におきまして、十分皆さまの御發言を願うことにいたしたいと思いますから、さようどうか御了承を願いたいと思います。
#16
○山本(猛)委員 農林省の總務局長にお尋ねをいたします。今度の災害で非常に耕地が荒廢をいたしておりますが、これに對する具體的な對策をおもちでございましたら伺わせていただきたいと思います。
#17
○平川政府委員 先ほどお尋ねがございました今囘の水害のために、先般すでに決定をいたしました東北方面に對する災害對策が變更になりはしないかという問題につきましては、すでに決定をいたしたものは變更いたす意思はございません。その通り實施いたしまして、さらに今囘のものは今囘の分として附け加える。耕地の荒廢いたしましたものに對する復舊の問題でございますが、先ほども申し上げましたように相當多額の費用がかかるわけでございますが、これにつきましては從來各水害においてとりましたと同樣に相當高率なる國庫補助をもつて復舊事業を進めていかなければならないだろう、なお應急の措置といたしまして、國庫補助が出るまでの間金融という途も考慮しなければならないであろう、なおこれに對應する資材の問題についても別途安本の方で計畫を立ててもらつておる。この點につきましては相當大きな事業になりますけれども何をおきましても復舊事業は優先的にやつていかなければならぬ、かように考えております。
#18
○山本(猛)委員 ただいまの御説明で大體了承いたしますが、次は荒廢しきりました耕地がたくさんできました關係からいつて、農作物の生産量に對する影響が相當あると思うのであります。今年の場合は、農林省の御計算によりますと、一一〇%の供出が完了いたしますと、三千百萬石の米が集められる。麥の供出量を四百三萬石、馬鈴薯が百萬石、さつまいもが八十五萬石と計算されまして、さらに早場米を二百五十萬石と計算される。そのトータルした計算を供出量から差引きまして二百十三萬四千三百トン足らなかつたというような御計算のように承つておりますが、今度の大きな災害を各地域が受けておりますことになつてきますところの食糧の生産面と、來年度に對する問題とをにらみ合わせまして、大體でも結構でございますが、その對策の方向を伺わしていただけば仕合せでございます。
#19
○平川政府委員 食糧關係の詳細につきましては、私、擔當いたしておりませんから、專門の政府委員から詳細に御説明申し上げました方が誤りがなくてよろしいかと思います。その方の政府委員を適當の機會に呼びまして、御説明申し上げたいと思います。
#20
○本間委員長 それでよろしゆうございますか。
#21
○山本(猛)委員 結構です。
#22
○本間委員長 根本委員。
#23
○根本委員 東北水害につきまして、特に公共土木その他に關して、甚大なる好意を政府が積極的に示されたことは感謝にたえません。しかるに農村對策費、これがほとんど盛られていない、こう見えるのであります。たとえば炭がまた復舊の問題とか、あるいは稻がけが流失したという問題、その他いろいろの農村振興の對策費、これがほとんど盛られていないということは、現在の農村の經濟の實情と、それからその事業の實體から見て、はなはだ困難であると存じます。これに對しまして、農林省は、いかなる考えをもつておられるか。また助成その他の方法を考えておるか。その點をひとつ明らかにしておきたいと思います。
#24
○平川政府委員 かなり前の時代におきましては、かような災害に對しまして、ある程度ただいまお話のような個個の農家の、あるいは炭がまどでありますとか、そのほかの施設に對しまして助成をした例もあるのでありますけれども、最近は御承知のごとく、全體の財政が非常に逼迫しておる。そこへもつてまいりまして、災害の方は非常に大きなものが續出してまいりましたような關係からいたしまして、純公共と申しますか、個人の力でなし得ないような大きな事業というようなものに非常に多額の經費を要しまする關係上、個人の力でなし得るものにつきましては、國庫の助成ということがなかなか困難になつてきておるという状況であります。しかしながらそれらのものにつきましても、御指摘の炭かまどその他につきましても、これは供出その他との關係もございまして、われわれといたしましては、でき得る限りこれに對する援助も考えたいと存じておるのでありまするが、なおこれにつきましては部内いろいろ折衝の問題もございます。大體の感じといたしましては、こういう個人の力をもつてなし得るものについては、非常に助成が困難である。公共的は、個人の力でなし得ない施設に對する助成に重點がおかれるであろうということが大體の見透しかと思います。
#25
○根本委員 全般的な問題については了承いたしまするが、特に炭がまの問題については、さらに愼重なる檢討を加えていただきたいと思います。というのは、なるほどこれを生産する人間は確かに私企業として實施しております。しかしながら政府がいわゆる供出命令にひとしいところの割當を決定し、しかもそれが現在のわが國の國民生活、特に都市におけるところの燃料對策上重大なる影響があるのであります。して見ますれば、これは單純なる企業と見ることはなくして、むしろ非常に公共的意味をもつておる。しかるところ、この製炭に從事しておる人々はほとんど原則的にその日暮しの人々であります。それらの人々がせつかく築いたかまどを、全部流されてしまつた。自力ではどうしてもこれは不可能である、これが現状であります。しかもこれらの人々は、金融を受ける途もほとんどない。こういう状況におきまして、いわゆる一般的な考え方からして、これを放置するということになりまと、少くとも東北における本年度の製炭は、ほとんど政府が期待するほどの――あるいは一%ないし二%に下るというような惡い現象で、とんでもないことであります。從つて從來非常に苦難に苦難を重ねて從事したこれらの人人を救うということももちろん必要でありますが、それ以上に國家放策として、燃料對策として何らかそこに、個人の企業を援助するという問題を超えたところの問題が含まれておる。特に燃料對策に對しましては、農林省は重大なる責任をもつておるはずであります。現在國家において石炭の國家管理までやろうとして、そうしてやつておるのも燃料對策の一部である。しかもそれが見透しがつかない。さらに電力におきましては、非常な電力制限を加えられておる。こういうような現状において、ただいまの總務局長の一般的な説明だけでは、どうしても承服できない點がある。これに對しては強力なる措置を講ずる必要があるということを前提といたしまして、どうか政府のさらに一段の努力を要請するのでありますが、それについて、いま少しく腹を割つた施策の一端でもお示しいただけないか。こう考える次第であります。
#26
○平川政府委員 御指摘の通りに、炭かまどの問題につきましては、個人企業とは申せ、一面非常に公共的な色彩をもつておるということは事實でございます。これについては一面價格政策等の問題もあるわけでございますが、災害に對する問題にいたしましても、少くともわれわれといたしましては、でき得る限り善處をいたしたい。かように考えております。財政全體の問題もございますので、ただいまそれでは確かにこれに對する助成を出すとかいうことを申し上げかねますけれども、少くともわれわれといたしましては、できるだけ善處いたしたい。かように考えます。
#27
○根本委員 そのできるだけということは、たいへん含みのある言葉でありますが、農林省としては助成すべきであると信ずるのか、助成しなくてもいいかということであります。政府全體の豫算の關係上は、それは大藏省その他の方面で査定すべきだと思います。ただ農林省としては、燃料對策と製炭業の今後の進展の助成というが、それの振興の意味において、この問題にどういう態度をもつて臨んでおるか。その態度を聽きたいというのが私の質問の要旨であります。
#28
○平川政府委員 燃料對策の重要なことはもとよりでございます。また災害を速急に復舊しなければ、ほんとうの燃料問題にも大きな影響があるということは、まつたく御指摘の通りであります。農林省といたしましては、何らかの形において、でき得る限りの援助をすべきであるということは當然と考えております。
#29
○上林委員 特に農林省に關係ある點だけをお伺いするのでありますが、私、東北の今囘の水害の全般を詳らかにすることができませんが、一つの例を申し上げますと、山形縣の酒田港の場合でありますが、今囘陳情にもまいつておりますが、早場米の供出が今どんどん出ております。しかし鐵道が破壊され、その代りの方法といたしまして港から運び出そうとする場合にも、港が二度の水害で壊れておるために、事實上運ぶことができないという事態になつておるのであります。こういうような方面に對する農林省の對策はどんな對策がなされておるかという點を實はお伺いしたいと思います。
#30
○平川政府委員 輸送の問題につきましては、運輸省方面と緊密な連絡をいたしまして、ほかの線路にまわすとか、あるいは海運の便をつけてもらうとかいろいろ具體的の場所々々、場合々々を考えておりますけれども、運輸省の方といたしましても、今期の輸送計畫におきまして、食糧關係は百パーセントの輸送をするということの御計畫を願つておりますから、これについては運輸省から十分の御協力をいただくことになつております。
#31
○上林委員 ただいまの答辯で大略わかりましたが、一言お願いしておきたいことは、この早場米の供出は差迫つている食糧問題解決のためにも非常に重大な問題であるし、さらに農民が辛苦して供出したものも、實際には役に立たないという結果になりましては、農民の眞心も死んでしまう。さらに政府におきましては、早場米に對しまして奨勵金を出しておるということもありますので、これを兩面から生かす意味において、早速かような對策につきましては、十分なる對策を立てられんことを希望いたしまして、私の質問を終りたいと存じます。
#32
○佐々木(更)委員 先の質問を聽かないであるいは重複しておるかもしれませんが、今度の關東東北の災害はその及ぶところきわめて廣範圍でありましてその被害も深刻であります。農林省のこれに對する調査には萬全の對策を講じておることと思いますが、その中で特に私が農林省の意向を質したいことは、主として畑作地のことでございますが、宮城縣一縣を調べましても、冠水が約全耕地の四割を占めているのです。從つて現在の作物、たとえば豆とか、甘藷とか白菜とか、そういうものはほとんど全滅でございます。從つて現在農村に對する野菜飢饉が來ている。都會の消費場ばかりでなく野菜をつくる農民が今日野菜飢饉に襲われておりまして、これが對策は消費地とともにきわめて重要と思いますので、これに對しては十分な對策が立てられなければならないと思いますが、どういうふうに考えておられますか、具體的な策があれば伺いたい。
 もう一つこれを解決するには、どうしても現在災害に見舞われたところの耕地の跡作の問題がきわめて緊急を要しますので、當局は種子、肥料その他のものに對し、具體的にどういうような準備がございますか、まずこの點についてお伺いいたします。
#33
○平川政府委員 蔬菜地が非常に被害を受けていることは御指摘の通りでございまして、各地方々々の蔬菜供給の問題については大體各縣に任せておるのでございますが、殊に大都市等に對する蔬菜の供給につきましては相當に心配をいたしまして、從來の、たとえば東京都に對する蔬菜供給地であつて急に今囘の水害で輸送できない、あるいは災害をこうむつたことに對處して他の地方の蔬菜地帶からある程度入れるというようなことも考えており、現在考えておるのは、北海道方面から海上運送で相當の蔬菜を供給する、あるいは群馬縣の奥の方、長野縣方面から供給していただく。それも今囘災害をこうむつていない路線を使つて緊急輸送をするということを考えております。
 それから跡作の問題としては、種子、肥料等の關係は、具體的な、數字はまだ集つておりませんけれども、大體においては各縣々々それぞれの土地に對する種子を集めております。なお中央からどうしてももらわなれればならぬというものについては逐次申し出ております。大體は各縣、地方々々で賄いをつける。しかしながら中央に依存するものにつきましては、こちらで斡旋するという考えでございます。
 なお肥料につきましては大分流されたりいたしております。改めて補給の手配をいたしたい、かように考えております。
#34
○佐々木(更)委員 災害が深刻で當局におかれましては、もつと具體的につき進んだ對策を講じておられるだろうと期待しておつたのでありますが、實は答辯を承りましてがつかりしたのでございます。大體今まででさえも、たとえば今囘の水害がない場合でも、當局は野菜の配給に實際上ほとんど責任を果しておらないということが言えるのじやないか。今日都合はもとより農村における消費部面でさえも、はたして當局の計畫による配給だけで野菜を賄つている者はほとんどなかろう。きわめてそのパーセンテージは少い。しかるに今囘關東、東北、北陸、これが實におびただしい水害を受けまして全滅に瀕している。そのほかに部分的には早魃がある。こういうような野菜飢饉のときにおきまして、單にその近縣に任せておくとか、あるいは北海道から海上輸送でもつてくるとかいうような、言葉を極めて言うならば、無責任にもひとしい蔬菜對策では間に合わぬ。私はもつと農林當局が腰をすえて強力な集荷配給の方法を確立しなければ、これから冬の野菜飢饉をしのげるものではないと考えるのであります。それから跡作の問題でありますが、當局は一體どういうものを跡作として農民に耕作させていくつもりであるか。こういうものに對してもつと具體的方策を立てなければいけません。殊に東北では霜が降ります。この災害をこうむつてほとんど全滅した跡作に何をつくればよいか。それに對してどれだけの肥料が必要であるかということを今考えておらなければ、とうてい東北農民のこの秋から冬にかけての蔬菜というものはほとんど絶望だということになるのであります。私は農林當局がもつと腰をすえて十分な對策を立てられんことを要望いたします。これ以上別に詳しい答辯はできないでありましようから要請はいたしません。
 次にお伺いいたしたいことは、關東ももとよりでございますが、東北は大小五囘の水害に見舞われておる、しかもその大きな水害というものは二囘であります。特に今囘の被害は、關東はもとより東北におきましては、その中心地である岩手、宮城のごときは實にその程度がおびただしい。從來ややもすれば日本の經濟の中から置去りにされ、あるいは犠牲にされてきた東北の農村におきましては、自力で立ち上つてこれが囘復をなす能力はきわめて低いのであります。言い換えますれば、ここで特に東北の農民に對しまして復興方策を講じなければ、東北の農民というものは立ち上るところの能力を失うのであります。たとえばおびただしい土砂に埋まつている畑の復舊、田の復舊、こういうものに對しまして、當局は早速豫算を組んで、特に畑のごときものはそのかぶつたところの土砂を取除いて至急麥を栽培するとか、早速これにとりかからなければならないのでございますが、こういう豫算、そういうものに對しまして當局はどういうことを考えておられるか、もつと具體的にどの程度のそういうような豫算を組んで、これが耕地の復舊を考えておられるか、この點についてひとつお伺いいたします。
 それからもう一つは、農業保險法が改正されて、農民にもかかる災害の場合には當然保險制度のもとに、ある程度の保障の途は講じられることになつておつたのでございますがいまだこの問題は法律案として出ておりません。從つて今囘の災害の損失というものは、現在のままで言いまするならば、農民がほとんどこれを負擔しなければなりません。從つてこういう状態のもとにおきましては、とうてい今囘の水害の農村は起ち上ることはできないのであります。現在そういうような農業保險制度が改正されてはおりませんが、當局は何か具體的にこの水害によつてこうむつたる損害というものを、農民個人の負擔に負わせることなく、國家全體の責任においてこれをいわゆる均分に負擔してやる。そうして農民の復舊を援けてやるということを考えなければなりません。これらのことにつきまして、當局は特に豫算關係その他においてお考えがありますかどうか、この點についてお伺いいたしたいと思います。
#35
○平川政府委員 東北方面に限りません、今囘の水害の復舊に對しましては、相當高率なる國庫補助をもつてその復舊に當りたいとかように考えまして、目下政府部内においてこれが豫算に關して打合せ中でございます。但し現在まだ復舊費の總額につきましても必ずしも正確な資料が集まつておりませんので、先ほど申しましたようにごく大ざつぱに計算いたしましても、復興費總額が二十億かかるというような状況でございます。しかしながらこれに對しまして相當高率なる助成をもつて復舊に當りたい、かように考えて現在豫算の折衝をいたしておる次第でございますが、數字についてはまだ申し上げかねます。
 それからなお保險の問題につきましては、早急に制度を改正いたすべく準備をいたしております。今囘の水害罹災者等に對しましては、何らかの方法をもつてできる限り負擔を輕減する方法を講じたい、かように考えております。なおこれにつきましても目下部内で折衝中でございまして、具體的の數字等について申し上げかねるのでございます。
#36
○佐々木(更)委員 實はもつとつつこんで、高額の補助をするというような漠然たることでなしに、たとえば農作物でいいますならば、全滅の場合にはどのくらい、五割減の場合にはどういうふうにと、もつと具體的なことをお伺いいたしたいのでございますが、御答辯の樣子ではその用意がないようでございますから、きようはその點までつつこんで質問しないことにいたします。
 次には現在問題になつております供出のことでございますが、むろん供出制度は日本の制度としては連合國の關係もあるのでございまして、自分の考え通りいかないのでございましようが、大體においてこのごろの供出の割当をいうものは、いわゆる農林省が特に天降りと言いますか、一方できめた案を押しつけるというようなふうが見えるのであります。そのことはしばらくおきまして、この災害地の滅收というものは相當正確な調査の上に、少くとも特にこの災害から起ち上るところの農民の飯米につきましては十分に考えて、いわゆる復興に精進できるような供出の割當をしなければならないと思うのでございます。これは要望でございますが、特にこの點を農林當局としては深く考えられまして、この水害地の供出問題を解決されることを要求いたします。大體この點で私の質問を終ります。
#37
○本間委員長 そうすると總務局長は農業保險法はいつ議會の方へ提案になるか見透しがつきませんか。
#38
○平川政府委員 それはちよつと私の方でまだはつきりいたしません。見透しはついておりません。
#39
○本間委員長 この次でもよろしゆうございますから、ひとつできるだけ早く提案されるように御努力を願います。
#40
○石田(博)委員 きようは食糧管理局の人はみえておりませんか。
#41
○本間委員長 みえておりません。
#42
○石田(博)委員 それではもし今御答辯ができなければ、食糧管理局長の方に連絡の上次會に御答辯を願います。第一は先般來の水害對策委員會で、日にちは後ほど調べてみればわかりますが、農林大臣が單作地帶の農家飯米の割當に對して、特別の考慮をするという言明をされたのでありますが、その言明が今囘の供出割當に對して前に具體的に決定されていない。今度關東地方にも水害が及んだのでありますが、その前は單作地帶が水害が非常に多かつた。從つて水害がなくても單作地帶に對する供米の問題、あるいは農家の飯米の問題、あるいは米價の問題等について特別の取計らいを願わなければならないのでありますけれども、特に水害地が單作地帶に多かつたということから、この點を私から質問をいたしたのに對して、農林大臣からこのような言明を私は聽取いたしました。從つて現在供出の問題が大きな問題になつておりますときに、その前に當然この單作地帶に對する特別の措置についての御決定がなければならぬと思うのですが、何らその決定がない。これはどういうわけか、その點を伺いたい。
 それから第二點は、今度の水害によつて本年度の農作物はほとんど犠牲に供してしまつて、完全に一年中を通じて轉落農家になる戸數が相當に多い。その場合に、この種類の農家に對して、主食の配給量はどういう取扱いになるか、二合五勺の配給を行うつもりであるか、あるいは農業勞働者にふさわしい配給を行うつもりであるか。今度の供出を各縣に割當てられたときの事情を仄聞ずるところによると、二合五勺の配給を行つて、復舊工事その他に出た場合にはそれに對して加配米を行う。そういう建前で各縣の供出割當量が決定されたということを承つておりますけれども、農家に特別に飯米の割當を多くするという、農業勞働の現状からみれば、決して多い量ではないが、一般の消費者より多くするというゆえんは、農民をして再生産に必要な食糧を提供するという建前に立脚しておる以上、水害によつて自己の田畑を失つた人たち、自分の手でつくつた手持の食糧を手持できない人たちの對する食糧配給は、やはり勞働量にふさわしい配給を考えてもらわなければならぬ。この點についての食糧管理局、農林省の考え方を承りたい。
 それから第三點は、現在まで肥料その他の報奬物資が、供出量にほぼ比例して報奬金の形において配給されておつた。ところがこのたび水害によつて農民の勤惰にかかわらず、供出しようと思つてもできなくなつた人たちが相當多い。そうすると現在肥料その他必需物資の配給の基準が、從來のような方向で行われたならば、水害のために多くの被害を受けた農家は、それだけよけいにさらに復歸する機會を遲らしてしまつて、いよいよ他の農家との差ができる。水害を受けた田畑はいよいよほかの田畑に比べて生産力が弱つてくることが明らかでありますので、この點について現在ではまだそこまでお考えになつていらつしやらないかもわかりませんけれども、供米問題、特に供米完遂を奬勵せられる立場からとられる諸施策の實施にあたりまして、この水害を受けた土地と受けない土地とについての特別のお考えをお願いしたいし、また現在どうお考えになつていらつしやるか。最後の點は總務局長でもお答えが願えると思いますから、その點をお答え願いたいと思います。
#43
○平川政府委員 ただいまの最後の肥料配給の點につきましては、實は御推察のごとくにまだ水害地に對してどうするかという報奬の關係までは、具體的數字について檢討いたしておりません、しかしながら御指摘の點はまことにごもつともでございますので、そういう御趣旨に副うように配給方法を考えたいと思つております。
 他の二點につきましては、やはり食糧管理局長官から御説明申し上げました方がよろしいと思います。
#44
○石田(博)委員 報奬物資に肥料を使う問題につきましては、水害がなくても、つまり現在のように報奬物資に肥料を使う方法をとられることに對しては、農村全般に非常に反對意見が強いことを併せて申し上げて、御參考に供したいと思います。
#45
○本間委員長 肥料を報奨品として扱うかどうかの題題は、今年からは大體報奬品として扱わないということに、農林省として方針がきまつておるのではありませんか。
#46
○平川政府委員 今年からということはきまつておりません。
#47
○本間委員長 麥だけには大體報奬物資として肥料を出すけれども、米には今度は報奬物資として肥料を扱わないということに、大臣もこの間答えられておるように記憶しておりますが、この次でよろしうございますからお願いいたします。
 それでは農林省關係を一應打切りまして、運輸省の方が見えておりますから、運輸省の方から被害の復舊状況を一應聽取いたすことにいたします。岡田施設局長。
#48
○岡田(信)政府委員 先般の本委員會におきまして、今囘の水害に伴います國有鐵道の被害竝びに復舊状況等を概略御報告申し上げたのでありますが、その後の經過につきまして今囘御報告を申し上げます。
 國有鐵道の受けました被害は、先日の御報告では、當時判明いたしたものといたしまして、總計八百七十八件と申し上げたのでございますが、最近の調査こより、その後實は北海道におきましても、ある程度の被害を受けたことが順次わかりまして、それらを通計いたしますと、總計千四百三十八件という數に上つたのでございます。そのうち築堤の崩れましたものが三百四十三件、切取土砂の崩壊が四百件、線路の流されたものが二百三十八件、橋梁の倒壊損傷を受けたものが六十一件というのがおもなものであります。從つてこれらの被害に對する應急復舊用の資材といたしましても、先般の御報告に比べましてある程度増加いたしておるのであります。すなわちレール關係におきましては約千四百トン、まくら木が七萬五千本、橋梁その他の復舊に要する鋼材數が八百六十トン、木材が十四萬石、セメント一萬二千八百トンというような資材が必要であると今日見込まれております。
 次に鐵道の不通となりました線といたしましては、當時八十一線に達したのでございまするが、その後鋭意復舊に努力いたしました結果、そのうち七十二線が今日開通いたしておりまして、未だ不通の箇所が九線になつておるのであります。これは東京鐵道局管内におきまして東北本線、上越線、兩毛線、足尾線の四線、名古屋鐵道局におきまして中央線、身延線、仙臺鐵道局におきまして山田線、陸羽東線、花輪線、この九線が目下不通になつております。東北本線につきましては、久喜、栗橋間が利根川の出水のために線路が洗われておる關係でございますが、目下鋭意復舊に從事いたしておりまして、おそらく今月の半ば前には開通し得ると考えておりましす、常磐線につきましては、すでに去る二十七日に單線開通いたしたのでありますが、復線につきましても、明二日には復線が開通いたすはずであります。從つて常磐線につきましては、明日からは全能力が發揮し得る状態になるわけであります。上越線は相當の被害を受けましたので、敷島、岩本間が今月一ぱい、その先の岩本、沼田間がどうも來月半ばごろまでかかるように見込まれておるのであります。これらにつきましてはできるだけ努力いたしまして、一日も速やかに復舊いたしたいと考えております。兩毛線は諸々方々で被害を受けたのでありますが、大體、十二月二十日までには全線が復舊なる見込みであります足尾線は、これまた相當の被害を受けまして、これが最も長くかかりまして、大體十一月一ぱいまで復舊に要するというような状況でございます。中央線では大月、初狩間が被害を受けておるのでありますが、これは大體今月の十日までには一應の復舊がなりまして、列車の運輸が可能に相なる見込でございます。身延線も一區間相當被害を受けておるのでございますが、これも目下鋭意復舊工事中で、大體十一月一日まで、すなわち今日中には開通し得る見込みでございます。
 仙臺鐵道局におきましては、山田線が二箇所相當の被害を受けております關係上、茂市、蟇目間におきましては、十一月二十日まで、平津戸、茂市間は十一月十一日まで、從つて十一月二十日ごろになりませんと、山田線は全部開通しない見込みであります。それから陸羽東線の岩手山、池月間、これは目下進捗いたしておりまして、十月七、八日までには開通する見込みでございます。花輪線につきましては大體十月五日には復舊成りまして開通の見込みと相なつております。
 以上九線が目下不通で、これらの線についてはいずれも最大の努力を盡して、ただいま申しました豫定の期日よの一日も速やかに囘復するように努めたいと、せつかく努力中であります。以上申したように八十二線にわたる不通區間があつたのでありますが、各方面の御協力もあつて、比較的早く開通を見て、輸送に對する影響を最小限度に食い止め得たと考えておる次第でございます。なおこの通區間、さらに今後における輸送の措置については業務局長から報告申し上げます。
#49
○加賀山政府委員 ただいまお聽きのような状態でございまして、まだ九箇所の不通區間を殘しておりまして、特に東北、上越の兩幹線がまだ開通が遠い状態でありますので、われわれとしては輸送上實に苦しい立場に立つております。しかしさいわいなことには、常磐の單線が割合に思つたより早く開通し、明日からはこれが復線になるということでありますので、對東北地方の輸送に對しては、常磐線を極度に利用してこれに當る、かような計畫を立てております。それともう一つ、秩父鐵道、東武鐵道を經由して佐野に出、佐野から兩毛の一部を經由して東北線と結ぶ、こういう迂囘構成も現に實施中であります。そういうことによりまして、この急な輸送、特に常磐炭の輸送、東北方面からする薪炭その他の輸送に當つているわけであります。
 私どもとして現在最も意を用いなければなりませんのは、先ほどからもお話に出た新米の輸送でございますが、これに對しましては道路の修復の事情とにらみ合わせて、非常手段として一部トラツクによる中繼輸送も目下計畫中でございます。しかしながらこの道路を使う澁川、沼田間の中繼輸送は非常な困難を伴いますし、トラツクの中繼は非常に大きな輸送力を望み得ないので、ほとんど大部のものといたしましては、一部は信越線經由、一部は常磐線を經由して關東地區へ入れる、かような計画を立てております。また阪神方面はもちろんのことでございますが、一部はこの静岡以東に行く新米についても、北陸線を經由して輸送する手はずをすでに立てまして、北陸線としては、すでに八本ばかりの臨時列車の筋を計畫いたしました。そういうことでまず今のどころ新米の輸送には十分な手を打つているということを御報告申し上げたいと存じます。ただ從來この東北方面との輸送は水害がなくても輸送力が足りない地點でございまして、特に薪炭、亞炭、硫化鐵鑛、木材というものがすべて競合いたしますので、これに對して、特に最近の事情としては家庭用燃料の需要を考慮いたしまして、薪炭輸送については特に意を用いておるわけでございます。たとえば東北線の不通で、東京方面へ薪炭をただちに入れることができないということからいたしまして、これは埼玉縣等からの申し出もあつて、古河まで東北本線も利用して薪炭を毎日四十車ずつ福島縣下から送る。かような臨時の計畫を立てて、古河からトラツク輸送で埼玉縣下へ入れていただく、東京都の分としては常磐線が開通すれば、この常磐線をできるだけ通してやつてまいりたいと存じておりますが、これは先ほど言いました常磐炭等ともぶつつかり合いますので、もしトラツクの能力があれば二山方面からのトラツクの中繼も計畫しようということで、東京都との關係部局とも協議をいたしております。かような状態でございまして、ただいまの入荷の状況を見ますと、やはり鮮魚蔬菜類の入荷の減少が非常に目立つておるわけでございます。新米は今申したような迂囘ルート等によつて、東京都方面には、もちろん需要を滿たすまではまいつておりませんけれども、相當の入荷を見ております。これが最盛期にはいりますのは十月の、中旬以降でございますので、われわれとしては常磐線の復舊に全力を費ぎますと同時に、今申しました迂囘經路の利用によりまして、新米の輸送に全力をあげて當りたいと存じておる次第であります。
#50
○本間委員長 運輸省關係で何か御質問はありませんか。
#51
○細野委員 第一にお尋ねいたしたいのでありますが、鐵道の復舊に一番支障を來しますのは、何といつても橋梁の破損だと思います。そのうちで今度の水害によつて橋梁のビヤが流失したというような、大きな故障の起きたところがだいぶんあるようでありますが、これはどうも工事が普通に正當に行われておりますれば、かようなビヤが流れるというようなことはあり得ないことのように思います。これについては何か工事に手が拔いてあるとか、あるいは不正工事があつたとかいうようなことが想像されるのではないか。この點を第一にお伺いしたいと思います。
 第二點として、これは被害者としての鐵道ではなくて、今度の水害で鐵道はある場合に加害者ではなかつたかという點であります。私の知つておるある村では、そこを流れておる川が、鐵道の橋梁のかかつておるところに來ますと川幅が狹くなり、それがために水が十分はけないのみか、そこに橋梁があるために上から流れて來る木材を止めて、そうして起らぬでもいい水害を起し、あるいは起つた水害でも、もう少しその被害を少くすることができたであろうのに、この橋梁のために水害が非常に大きくなつて、ある村では鐵道省に對して損害賠償の請求をしなければならぬ。これはたしかに民主的に見ましても、工作物の施設保存に鐵道省に過失があつたと思いますので、場合によつては損害賠償の請求權は成り立つと思います。これに對して當局の所見をお伺いしたいと思います。
#52
○岡田(信)政府委員 第一の御質問は橋梁の工事を手ぬかりがあつたか、ないしは不正があつために完全なことがやられていないではないかというのでありますが、私はこういう點はまつたくないと申し上げるのであります。ただここで私が申し上げたいのは、實は水に關する學理というか、技術がまだ完全の域に達しておりません關係上、橋脚の形なり、あるいはそれが河川を横斷する位置等につきまして、實際水が出た場合に適合しなかつたというような根本的の原因等によりまして、橋脚が倒壞あるいは破損したというような事態もあるのであります。
 それから第二番目のお尋ねでございまするが、實はこの橋梁をつくります場合には關係各省竝びに地元の方々と十分協議をいたしまして、鐵道自體といたしましても安全であると同時に、その附近の耕地その他につきまして何ら被害のないようにやつておるのでございますが、何分鐵道の工作物が、すでに築造されましてから相當の年月を經ております關係上、その築造當時には大體そういう關係でできておりましたのが、今日の情勢に合わないというのもなきにしもあらず。從つてそれらにつきましては、年々相當の費用を支出いたしました改善に努めておるのでありまするが、今日のような情勢でございますので、これが全部に行きわたらぬというような點がございますので、あるいはただいまお話のありましたようなことがあるかとも考えられるのであります。今後におきましても十分いろいろ橋梁の徑間の形なり、あるいは高さを上げるなり、いろいろな問題が今囘の水害復舊に關して起きてまいると思いまするが、これらはいずれも關係各省竝びに地元の方々と十分協議を遂げまして、鐵道自體も安全であると同時に、附近一帶にそれがために災害を與えないように努めていきたい。こう考えております。
#53
○鈴木(彌)委員 こういうようなことは秋田縣ばかりでなく他の災害の縣にもあると思います。秋田縣の子吉、これがこのたび非常に大きな災害を受けております。そこで子吉川全體は内務省の管轄の河川になつておりまするが、港は運輸省の管轄になつております。この河川が特に上流あるいは中流、この港のすぐそばが非常に大きな被害を受けておる。この原因としては港が不完全であつて、非常に淺いということが大きな原因であります。そこでこのたびの復舊工事も相當多額の豫算をかけて上流を完全に改修しましても、この運輸省所管の港が今までのままであれば、この改修工事は何ら意味をなさない。こういうことになるであろうと思うのであります。おそらく河川あるいは港の復舊というようなことは、總合的に改修されなければ目的の達成はできないと本員はそう信じております。具體的に子吉川のこの問題に關して、運輸省ではどういうふうな現在のお考えと計畫をもつておられるか、これを承つておきたいと思います。
#54
○岡田(信)政府委員 ただいまのお話、まことにごもつてもなのでございます。實は港灣の關係につきましては私の所管でないのでございまするが、同じ省におります者といたしまして、河川の維持のために、一番もとでございます港灣の浚渫と申しますか、維持が非常に大事であるということを常に關係の局長にも申しておりますので、秋田縣の子吉川に關しましては、私歸りましてからもなおよく港灣局長その他にも申し傳え、場合によりましては、次の委員會におきましてお答え申し上げたいと思つております。
#55
○石田(博)委員 業務局長にお伺いというまでのことではありませんけれども、水害の最中における故障あるいは不通箇所を生じた場合にとられるダイヤの處置、それがちようど私は第一囘目の水害の最中に被害地におりましたので痛切に感じたのでありますが、一例を申し上げますと、秋田縣の能代市に私が丁度おりますときに、水害に出遭いました、そうして被害個所はそれから五停留所ばかり離れた大久保、追分という區間が被害をこうむつている。當然そこまで行けるはずであるし、列車の切返しの運轉ができる設備もあるところであります。その場合に全部が東能代が切返されてしまうというような、いわば不親切というか何というか、便宜主義と言うか、そういう處置が非常に見られた。それからいよいよ通れるというときになつて、これはダイヤの組み方上技術的には私どもにはわからん點があると思いますけれども、通れるということがわかつてからもなお數時間旅客を待たせる、つまりその後に出て來る通常の運轉の列車が來るまで待たしておくというような状態がたまたま見られた。私ども素人から見ますと、今まで不通であつたのであるから前の線路はあいているはずである。そうしてまた停つている車も現にある。そうすると當然行けるはずだ。親切心があれば少しでも早く――遠くまでの旅客は別としても、近距離のお客は送れるはずだということを痛感したわけです。つまり非常の場合に處せられるにあたつて、少し親切心さえあれば旅客にかける不便不満を非常に緩和できる。それが怠られておつたように感じた場合が多かつた。それからもう一つは先般までは東北線、奧羽線、常磐線全部不通で、一ノ關以北の人たちが、あるいは奧羽地方、裏日本の人たちが東京へ來ようと思うと信越一本で來なければならぬという事態が生じましたときに、北海道の旅客も全部その線一本にかかつてくる、そうすると客車の車輛自身にも當然不通になつたから餘裕が生じておるはずであるし、また現在の運行状況というものを私ども素人で差出がましいかもしらぬけれども、餘裕があるように思う。そうするとそれだけ旅客量が殖えた場合に當然何らかのこれもまた親切な處置をとられたならば混雜が相當避けられる。たとえて申しますならば、青森から東京へ直行する客というものは相當多い、あるいはほとんど表日本の者は青森へ集中して、青森から出ますので、そうすると直江津乘替あるいは新津で乘替える。こういう場合に上越線に從來通つておつた急行がある、その上越線の急行は通らなくなつたために、私どもの常識から考えますならば、それを信越經由にそのまま時間を變更されてもよいから、どこかへはめこむような努力をされたならばそれでも緩和される。ところが信越線にはほんとど列車が増發された例を見なかつたのであります。從つてそうでなくても非常に混雜しているところへ一度に奧羽地方、北海道、それから從來の北陸の客が殺到して來るというような状況になつてくる。さらにその連絡時間が四時間も、五時間もあるような現在のダイヤでいくと、そういう時間が生じてくる。その場合にとられる驛の諸君の處置というものは努力は非常に多としますけれども、そういう非常事態に對処する圓滑な處置というものを見られなかつた。こういう點に私どもはいわゆる親切心の缺如というものを今度の水害を通じて非常に感じたわけであります。この點さえあれば被害によつて生ずる國民の不便というものを相當緩和もし、また人々をなごやかにし得たのではないか。こういう點について特段の御努力、具體的のお取計いをお願いします。
#56
○加賀山政府委員 まことにごもつともな御意見と承りました。實はいつもこういう事故がございます場合は、われわれとしては從事員にお客の身になつて考えなければいかぬ。まず第一にできるだけ早く對策を立てて、お客樣に状態をできるだけ早くお知らせする。そしてお客樣に御判斷を願つて、歸るとかあるいは迂囘をするとかいう御計畫もあることだからそれが第一だということをいろいろ話しております。
 第二は、今申されましたように、まず故障があるならばいたし方がないからできるだけ通える先まで列車をもつていく。それはもちろん原則でございます。驛に折返す設備がないとか、そこにもつて行つて非常に小さな中間の驛であるために、多くの乘客を降ろすとあとのお客の救護に困るというようなことは別として、できるだけ進み得るところまで進むということは根本原則になつております。
 もう一つ開通した場合にはときを移さずそこをただちに通す。これも複線がだめならば單線でも開けて、通り次第そこに置いてある最初の列車から通すということが原則でございます。御指摘の事情につきましては、よく當時の地方の事情もよく調査して、また機會を見て御説明申し上げたいと存じます。
 最後の信越線をもう少し通してはどうだというお話でございますが、この點に關しましては、私どももああいつた幹線は信越線だけでありまして、新潟、秋田方面のお客、北海道方面のお客、さらにぐるつとまわつて盛岡方面に行くお客も、これによらなければ輸送路がないということになりましたので、できるだけ東北、上越の代りの列車を入れたいということでくふういたしましたが、遺憾ながらあそこは横川、輕井澤間に非常な隘路がございまして、現在動いておる列車のほかに五本より餘力がない状態であります。そこでこれを旅客と貨物とにどう配分するかということが大問題であつたわけであります。私としては旅客を擔當する者、貨物を擔當する者の兩側から裁斷を迫られたのでございますが、私は旅客は二本、貨物は三本という裁斷をいたしました。これは先ほど申しました新米がそろそろ出てまいりますし、貨物は重要な貨物がまだ東京にはいるべくして途中に止まつている。そのときにはどうしても貨物を主にいたしませんといけません。ただ貨物だけではいけないのでございますが、とにかくそのときには貨物を第一にはくということも、われわれの一つの原則にいたしておりますので、貨物に三本を與え、旅客に二本を與えたわけでございます。その二本のうち一本は上越を經由して金澤に行つておりました急行でございます。他の一本は上越を通りまして秋田までのもの、七〇四、七〇五という二本の列車を通すことにいたしたのであります。これに對しましては、この前の委員會で御報告申し上げましたように、非常に心もとない輸送でございますけれども、船を入れてやる。こういうときには各線に行かれるお客は忍び合つてもらうよりほかない。かように考えましてそういう措置をとつたのでありまして、遺憾ながら信越の隘路のためにそういう措置しかなかつたということを申し上げます。
#57
○山本(猛)委員 最前の施設局長のお話によりますと、山田線の場合は十一月二十日ころでなければ開通の見込が立たないというお話でございましたが、そういたしますと、この山田線に頼つた食糧關係を運搬しておりました三陸沿岸というものは、私の記憶いたしておりますところでは、食糧の自給自足が同地方のみではできない。その十一月二十日までの間の食糧の輸送をどういうふうになさつておられるかという問題を、運輸當局と農林當局に承りたいということが一つ。
 それからもう一つは施設局長さんにお尋ねをいたしたい。たとえば鐵道の營業所であります驛舎のことであります。驛舎が水害その他災害にかかつて流れたりつぶれたりいたしました場合、もう一つにはそういう災害にかかりませんでも、もうすでに大體使いものにならなくて、豪雨がやつて來たり雪が多量に降つたりすると、それにやられてしまいはしないかというような古くて腐りかけている驛もあります。たとえば私の出身縣の沼宮内の驛舎は、明治三十三年に日本鐵道株式會社が施設した驛舎であります。しかもそれが狭隘であつて、まつたく現状といたしましては犬小屋に馬を繋がなければならないような状況であります。犬小屋に馬を繋ぐのに非常な技術をおもちになつておる運輸當局は、上手に犬小屋に馬をお入れになるかどうか存じませんが、とにかくさような状況で野放しにされておるのであります。これをまた運輸省がお殘しになるというのであれば、これを東京驛前の廣場なりにもつておいでになつてこれを建直すことも結構でございましようが、これについては運輸省當局に再三お願いも出ておるわけであります。ところが本年は、六億の驛舎の施設豫算が三億に削られたからだめだということで、本年の豫算の中から除外されたのであります。もう一つには戰災をこうむつて驛舎の燒けておりますところもありましよう。同じく東北本線の北福岡の驛舎などは火災によつて燒失をいたしております。そういう驛舎もあります。豪雨のあとが雪に變りました場合東北では相當量の雪になります。明治二十三年につくられました沼宮内の驛舎のごときはつぶれてしまうかもしれない。現にささいの雨でも、驛舎の中で驛の職員が傘をささなければ仕事ができないという状況であります。こういう状況に對しましてどういう措置を講じようとしておいでになるのか承りたいと思います。
#58
○加賀山政府委員 第一の問題に對しましてお答え申し上げます。先ほど施設局長から御説明申し上げましたように、山田線の開通見込は相當長く、目下のところ不明となつておりますが、どうしても來月の中旬以降になるという見透しでございますので、仙臺鐵道局等と相談をいたしまして緊急な必要の生じたものに對しましては、道路の修復の状況を見合わせまして、先ほど上越線について申し上げましたように、省營トラツクによります中繼輸送も考えなくてはならない、かように考えております。ただあの地區は省營トラツクといたしましては相當の力をもつておる地區でありまして、非常に便利なのでございますが、道路の修築のぐあいがいかに相なつておりますか、この點につきまして十分調査をいたさなければならぬと存ずるのでありまして、目下仙臺鐵道局において鋭意その對策について苦心をいたしておる次第であります。
#59
○平川政府委員 三陸沿岸方面に對しましては、輸入食糧を船舶をもつて輸送するという計畫を立てまして、岩手、宮城方面に對しまして、大麥千五百トン、それから青森、福島方面に對する割當といたしまして、とうもろこし千九百トンを船舶をもつて輸送いたしております。
#60
○岡田(信)政府委員 實は國有鐵道も今年をもつて七十五周年を迎えるわけでございます。從つて主要幹線のあらゆる建造物が相當の老齢に達しておるということは御了解願えることと思いますが、戰時中いろいろな關係上、これに對する手入ができなかつた關係で、はなはだ荒廢に歸しておるものも少くないのであります。またその後の情勢の變化によりまして狭隘かついろいろと御不便を與えておることも少くないわけでございます。これにつきましては、鋭意改築擴張等をいたしておるのでございますが、何分にも御承知のように、全國におきまして百五十近くの驛舎が爆撃によつて被害を受けまして、その中のまだほんの少數がある程度復舊できただけで、他はほとんど假小屋程度のものにしかならないというような状況でございます。お話にございます東北の驛につきまして、ぜひ最近の機會にやりたいと思うのでございますが、資材あるいは財政の面におきましても、まだその實施にいたらないということははなはだ申譯ないのでございますが、できるだけ最近の機會におきまして、御希望に副うようにいたしたいと努力いたしておる次第であります。
#61
○山本(猛)委員 なるほど御答辯のように、相當豫算面、資材面等で御事情がおありになることはわかるのでありますが災害を受けてしまわなければやらないとか、やれないとかいつたような建前ではいけないと思うのでありまして、殊に明治二十三年當時の状況と、乘客數、運輸する貨物の數等を、今日に比較いたしましては、問題にもならないほど増量しておるわけでありますから、これはできるできぬといつたようなことをお考えにならず、なんでもかんでもしやにむにやるということで即時斷行するの建前で一つ御研究を願いたいと思います。
 もう一つは運輸當局の御名署に關する問題でありますから、ここで詳らかにするつもりはありませんけれども、たとえばわれわれが沼宮内の驛舎の改築問題を請願しましたあとで出て來ました驛舎で、十二月幾日ということを伺いましたが、さきにその驛舎が改築ではなく新築されてしまつた。これはまつたく野原に驛舎ができて、そうしてその驛の營業が開始せられるというようなことを聞及んでおります。眞偽のほどはわかりませんが、それによりますと、某鐵道局の局員を某温泉によんでごちそうをして、話合いをつけたというような風聞も聞いておるのであります。これらは單なる風聞と存じますので、運輸當局の名譽に關する問題は、私も信ずるものではありませんけれども、そういうような風聞が傳えられるなどというようなことがありましては、なおさらわれわれといたしましては、諸般の懸案になつております古い驛舎、しかも災害を豫知いたしまして、すぐにでもつぶれてしまいそうな驛舎あるいは乘客數の多量になつて、明治二十二、三年當時のそれに相應する驛舎が、必ずしも今日妥當な驛舎でないということも當局はよくおわかりのはずであります。どうかこの點も災害を受ける前に一つ何らかの必要なる處置を講じていただきたい、この點を強くお願いしておきます。
#62
○本間委員長 佐々木委員。
#63
○佐々木(更)委員 今囘の水害で鐵橋が排水を阻害して、そのために被害を甚大ならしめたということは、先ほど御指摘があつたようでありますが、そのことはひとり鐵橋のみならず一般の耕地の場合でも、鐵道が堤防の役目をなして耕地に冠水の期間を長くして、そのために被害を多く受けている現状でございます。これは至るところに見られる現象であらうと思います。それから鐵道が堤防の役目をしたために、洪水がオーバーをして、そのために鐵道自體の被害も大きかつたという事實、これもまた例をあげて指摘するまでもないところであつて、すでに鐵道當局では御調査なさつたことと思うのであります。それで日本の現在の状態からみまして、このような水害というものは將來決してないとは言い切れません。從つてそれに對處するために現在鐵道が川、堀、その他の通水路あるいは農道というもので、辛うじてかかる水害の排水路を代用いたさせるのでございますが、こういうような現状に鑑みまして、かかる方害の場合におきまして、鐵道が堤防の役目をしないで、速やかに排水ができて、そのために耕地の被害も少くし、かつ鐵道自體の被害も少くするというような新たなる構想が必要であろうと思いますが、この點についてどうお考えであるかお伺いいたします。
 それからもう一つは、現在水害地が井戸及び湿地帶の排水に苦しんでおります。この井戸竝びに濕地帶の排水は、これはガソリンをもつてするいわゆる發動機ポンプでなければできないのであります。しかるに現地におきましては、このガソリンの配給は出先の鐵道管の所管に屬しているのであります。從つてこの出先鐵道當局と縣當局との間があまり有機的な連絡がないために、私が上京いたします先月の二十日現在におきましては、その一つの例として、宮城縣におきましては、はなはだしく飲料水の井戸の排水竝びに濕地帶の排水に困り切つている状態であります。その後どう解決されたかしれませんが、今なおかくのごとき状態が現地においては續いているのではないかと思うのでありまして、この際鐵道當局におきましては、速やかに地方の市町村あるいは縣當局と有機的な連絡を遂げまして、速やかにこういうような、状態を排除いたしまして、ガソリンその他の配給について特別の御考慮をお願いしたいと思うのでありますが、この點どうなつておりますか、一つ御答辯を願いたいと思います。
 それからけさの新聞を見ますと、東京都と運輸當局との間に、何か罹災民の運送についてごたごたがあるという報道が載つておるようでございます。何か船橋かどこかに罹災民を疎開させようとするに際して、無賃乘車を一度確約したのに對して、鐵道當局の收支上の關係からこれを取消したというので、都當局と運輸當局がごたごだをしておるということが記事に載つておりますが、なるほど現在の運輸當局の採算の關係からいたしますならば、これらの無賃乘車もしくは減額乘車というものは、少からざる影響をもつとは思うのでございますが、現在すでに災害にかかつて、その日の生活にさえ困つておる罹災民が、一日も早く知人を頼つて農村に疎開しようとする者に對しましては、むしろこれらの採算というものを度外視しても、運輸當局はこの罹災民の疎開に對して協力するのが至當であろう。單に運輸當局のこの採算だけを考える、いわゆる官廳のなわ張り根性というものは、この際捨てまして、政治的な觀點からこういう問題は解決すべきものという印象を私は受けたのでございますが、この點どうなつておつて、なお運輸當局はどう處置するつもりでありますか。この三点についてお伺いいたしたいと思います。
#64
○岡田(信)政府委員 鐵道線路が耕地を通過いたしますために、水が出た場合に、水の流通を阻害する。そのために非常に冠水期間が長くなつて、災害を大にするという御意見でございますが、そういう事實が方々にあることはまことに遺憾な事實でございます。殊に東北本線の石越附近、あるいは一關、寄居附近は、今囘再度の災害によりましても、その事實を證明いたしたのでありますが、それにつきましては目下改善の設計をやつておりまして、一應今囘、災害の當面の處置がつきましたならば、ただちに改善いたしたいと考えております。ただこの際に鐵道線路の兩側と申しますか。上流側との關係の利害が相反しております關係上、いろいろとむずかしい点があるのでございますが、これらの點につきましては、十分地元の方の御協力を得て、鐵道も完全であり、かつ附近の耕地その他にも災害のないというふうに、ぜひいたしたいと考えております。それからガソリンの點については、御質問の御趣旨がちよつとわかりかねましたので、恐れ入りますが、もう一度お願いします。
#65
○佐々木(更)委員 水が減水するに從つて、飲料水のための井戸を至急排水しなければならない必要があるわけでございます。このものはガソリンを使用するポンプをもつて、排水しておる状態でございます。それから特殊の電動機による排水のない濕地帶に、これをまだガソリンを使用するポンプをもつて排水しておるのであります。そのガソリンの配給權は、これは運輸省にあるのでございます。これは間違いありません。あなた方が知らないのがとんでもない話で、これは運輸省が握つておる、從つて運輸省におきましては現地において、井戸の排水を開始する必要がある。あるいは濕地帶を排水して、稻を實らせようとしても、運輸當局の出先である鐵道局がその配給權を握つておるものでございますから、この兩官廳の有機的關係がうまくいつてないために、ガソリン配給が十分でない。だんだん遅れると災害が大きくなつていく。これらのものに對して實情を調査しておるかどうか。そうして調査しようとするならば、將來こういうものをどう改善しようとするか、こういうことについてお尋ねしたのであります。
#66
○加賀山政府委員 御説の通り陸運監理局が現在、陸上運送機關についての燃料は、全部配給權をもつておるのでありまして、これについては實は私專門外でございますので、ただいま即答申し上げることは避けまして、陸運監理局の意見を質しまして、お答え申し上げた方が適當であろうと、かように考えます。
 第二の東京都との運賃の問題に關しましては、事實東京都から今囘の罹災者について、無賃の取扱いの申出を受けたのでございますが、それに關しまして、實は十分なる折衡を遂げないで、われわれとしてはその交渉の經過におきまして、問題は東京都のみではない。東北にもあり、また關東諸縣のすべて、非常に廣い範圍が罹災しておるのであるから、國有鐵路としては單に東京都だけを相手にきめるわけにはいかないということが一つ、それから東京都との話は、全額無賃もむりであろうから、六割引くらいにしたらどうかという申出を受けたのでありますが、御承知の通り最近の運賃の立て方が、五十錢刻みに相なつておるのであります。これを六割引といたしますと、現場各驛において十錢の札がないとかいうことで、取扱いが非常に混亂をいたすのでございまして、そのためにかえつて一般のお客の支障になる。またその罹災者の各位にも御迷惑をかけるようになりはしないか。われわれとしては全部無賃にするかしないか。この二つよりあるまいという見解で、交渉中だつたわけであります。その途中において東京都は、これはもう當然運輸省としては六割引をすべきだという見地から、そういう手配をされたようでありますが、私どもとしては今申しましたような見地から、御承知のたいへん御同情ある言葉をいただいたのでありますが、獨立採算制といわれて、本來であればこれはたとえば戰災の場合でございましても、關東大震災の場合でございましても、罹災者は市區町村長の證明によつて無賃の扱いをする。但しその人數と乘車距離、人數は證明書によつてわかるのでありますが、乘車距離はわかりませんので、平均の乘車距離を出しまして、その分の運賃はぜひ國鐵にいただかしていただきたい、從來そういうやり方をしておつたのであります。罹災者に對しては無賃であるが、そういう罹災者救恤のための費用は、これはむしろ一般會計の負擔すべきところではないかというのが、われわれの見解であつたわけでありますが、そういうことを言つておりましてもなかなか解決がつきませんので、私どもとしては、ただ東京都だけをそういう取扱を認めることは、ちよつと川一つ隔てれば、すぐそこに埼玉縣、千葉縣、茨城縣、群馬縣があり、東北もある。そういうことから全部の問題としようということで、今囘に限りましては、罹災地の市區町村長の證明書を所持される方に對しては、これは家が流失あるいは倒壞して、家を去らねばなりぬというような氣の毒な方もあるわけだから、一囘片道の無賃乘車も認めようということで、取極めをいたしまして、早速手配をした次第であります。
#67
○本間委員長 それでは運輸省關係は大體これで打切りまして經濟安定本部から見えておりますが、雨森さん、安定本部の大體のお考えせ承つておきましようか。
#68
○雨森説明員 日本建設局長がまいりまして、今までの豫算處置、復舊資材の手當竝びに將來の見透しというような點につきまして、概略お話を申し上げるはずでありましたが、G・H・Qの方に呼ばれましてやむなく缺席をいたしましたので、私次長でありますが、大體今申し上げましたようなことにつきまして申し上げたいと思います。
 安定本部におきまして、あらゆる建設的の應急復舊事業に關してとりました方策といたしましては、御承知のように、内閣に災害復舊對策委員會を設けまして、これは各省の次官、局長が委員であります。それによつて各省で施策いたしましたものを、綜合的に檢討いたしまして、いささかも矛盾がないような仕組にいたしたいという目的であります。これは九月二十三日にできました。なおこの委員會の中に幹事會をつくりまして、具體的の方策を立てていくことにいたしております。幹事には各省の課長方のお集まりを願つておるわけであります。これは二十五日にできました。以上のような方法によりまして、各省の立てました方策をそこに持ちよりまして、動かしていくことにいたしておるのでありますが、一方豫算的處置の方を申し上げますと、八月二十二日の東北地方の水害は、主として土木、農林省の耕地關係、あるいは山林關係に非常に大きい被害がありましたので、二十二日の閣議でもつて、内務省關係の應急復舊處理に對しまして、とりあえず二億二千萬圓、農林省の耕地關係と山林關係の應急復舊費に對しまして一億二千五百萬圓強の費用を、公共事業費の豫備費から割きまして、とりあえず第二・四半期の分として組んだのであります。なおその後關東竝びに東北の水害が非常に大きいのに鑑みまして、これらはとりあえず第二次の追加といたしまして、内務省の直轄河川の應急復舊のために、九千萬圓を第二・四半期の目標といたしまして立てました。なおこの間府縣土木災害、あるいは耕地災害等の復舊に對します負擔分については、どうしても融資をしていかなければ、補助がだんだん遲れていくということで、大藏當局と交渉をいたしまして融資の途を開きました。その後内務省の河川の直轄事業の第三・四半期分の事業費をみなければなりませんので、約三億三千萬圓の復舊工事費を、閣議にはかりまして決定いたしておるのであります。もちろん今まで申し上げました措置をいたしましたのは、内務省、竝びに農林省の各縣からの報告がなかなかまとまりませんので、應急的な措置をとつたのでありますか、現在におきましては大體の見透しがつきました。安定本部におきまして承知いたしております県在の程度は、内務省の國土局關係におきましては、大まかな數字でありますが、約百五十億程度、農林省關係といたしましては約五十億程度の復舊費を要する災害であるというような、大體見透しがつきましたので、そのうちここにさしあたり今年度分、すなわち來年三月末までの費用としてどれくらい國において負擔をしなければならぬかということにつきまして、目下とりまとめ中であります。ここ數日中に大體決定いたすことに相なると思うのであります。安定本部におきましては、現在の見透しとしまして、資金の關係と資材の關係とをにらみ合わせまして、大體二十億ないし二十五億くらいの國費を當てる見當で今計畫をいたしております。何を申しましても資金ももちろんのことでありますが、復舊に要しまする重要資材がまことに窮屈でございまして、われわれといたしましては、先般來から連合軍の方に、見持ちの資材を何とかしてこの際分けて出してもらうことに交渉を進めておるのでありますが、はたして今申し上げましたような、計畫が資材の方でやれるかどうかは、まだ一、二疑問の點がございますが、以上申し上げたような大體の見透しをもつて今計畫をとりまとめ中でございます。
 以上非常に簡單でございますが、現在までの經過を申し上げます。
#69
○本間委員長 それでは引續き厚生省から水害地におきまする衞生防疫關係の概況をあらまし御聽取したいと思います。石橋防疫課長。
#70
○石橋説明員 私から今囘とりました水害地の防疫對策についてあらましを申し上げたいと思います。防疫の目的として一番考えましたのは、赤痢と腸チブスの豫防に重點をおきまして、そのためにとりました處置としましては、一番先に水の消毒、それから乾きましたときの家屋、便所等の消毒竝びに下痢の豫防――今下痢をただちに治す優秀な藥がありますので、その藥を特配するというような方法で、腸内細菌による傳染病の豫防をいたしております。そのために厚生省から配給しましたさらし粉四十トン、それから淨水錠は五百萬錠、それから先ほど下痢の特効藥と申しましたズルフアチアゾールないしはズルフアダイヤシン錠百萬錠を各地の水害地に配給いたしました。これは縣の要請は待たずに、厚生省として適當に災害の程度に割振つて至急送りましたので、すでに現地の末梢の部分まで著いて、今用に立つておると存じます。今後この水害がかわきましたあとで、赤痢、腸チブスが相當に出てくるものと心配されておりますが、現在の状況でありますと、赤痢が東京で四十六名、埼玉で三十八名、茨城三名。栃木十一名、宮城二名、岩手二十二名、千葉縣で七名、計日二十九名、腸チブスが東京で十名、埼玉三名、群馬なし、茨城一名、栃木一名、宮城一名、岩手なし、千葉縣二名、計十八名となつておりまして、傳染病の發生はまだ少いのであります。しかも腸チブスにいたしましても、かりに水害後ばい菌を口に入れたといたしましても、二週間ないし三週間の濳伏期間がありますので、今後の發生が心配されるのであります。それで今後の防疫處置といたしましては、水害のあとの家屋の消毒、それから病人に對しては、早く救護の醫師によつて診察を受けられるように、そういう處置をとつております。東京地區における水道の金町淨水場の被害は、東京都の異常なる努力によりまして、一昨日から復舊してすでに送水をしておりますので、われわれはその點において東京の一番危險な部分の給水が一應水道によつてできるというめやすがついたので、非常に幸いなことだと思つております。傳染病の發生の見透しについては今後十分心配されるので、今後ともよく府縣と連絡をとりまして、十分この點について今後の對策に遺憾なきを期したいと思つております。
#71
○本間委員長 厚生省關係、それから安本に特に今日御質問がなければ、説明だけを聽取することにしておきたいと思います。
 次に内務省の岩澤國土局長は、今日別な委員會がありまして、そこへ今出席しておりますから、三島河川課長から概略御説明を伺うことにいたします。
#72
○三島説明員 大臣がG・H・Qの方に用がありまして、そちらへまいつておりますし、國土局長はこちらへぜひまいると申しておりましたけれども、他の用事でひまどるようでありますから、私から説明させていただきます。
 先ほどお手もとに、九月の災害の概況調べを差し上げてありますので、これにつきまして御説明申し上げます。これは災害直後内務省の方から各縣へ調査員を派遣いたしましたし、その後各縣から報告がまいりましたものを收録いたしたのでありますが、御承知の通りの大災害でありますので、縣といたしましてもしさいの點まで調査が行き届いておらない點がありますので、今後まだこれは若干變ると思いますが、ごく最近現在でとりまとめた表でございます。
 一番最初の表は、これは内務省で所管いたしておりますところの土木關係の災害を受けました箇所數とその金額であります。項目にわけまして道路、橋梁、河川、海岸堤防、砂防、これらが縣でもつて管理いたしております土木施設であります。その下に市町村でもつて管理いたしております以上のごとき土木施設があります。それらを一々調べてみますと、全國におきまして九月の災害で、道路におきまして九千二百八十八箇所の被害を受けておりまして、金額にいたしますと、十億五千三百萬圓からの巨額に達します。中でも岩手縣のごとき、一縣でもちまして道路の破損決壞箇所が千四百二十八箇所に及んでおります。群馬縣も同様千四百二十九箇所というような非常な大災害であつたのであります。
 次に橋梁でありますが、これも全國で申しますと二千六百九十六箇所破損いたしておりまして、これが復舊に要します經費が八億三千五百萬圓を要することになつております。
 次に、河川でありますが、全國で一萬六百四十四箇所でありまして、これが復舊に要します經費が、實に四十七億八千萬圓からに及ぶのであります。殊にその破損箇所に多いのは、岩手縣の千二百九十二箇所、あるいは栃木縣、群馬縣のおのおの千二百箇所、千百九十箇所というような大災害に相なつております。
 海岸堤防などでありますが、これは全國で二百二十六箇所、復舊費が一億五百萬圓ほどになります。砂防施設で損害を受けましたものが全國で七百三十箇所、復舊費用が三億六千百萬円、以上でもちまして府縣費支辨に屬する土木施設が、箇所數にいたしまして二萬三千五百八十四箇所、これが復舊に要します經費が七十一億三千九百萬圓に相なるのであります。
 次に、市町村費負擔に屬する土木施設が、災害箇所にいたしまして六千八百二十二箇所、復舊に要します經費が十億六千六百萬圓、府縣費支辨及び町村費支辨を合計いたしますと、土木施設の破壞箇所が三萬四百六箇所、これが復舊に要します經費は八十二億五百九十六萬圓からに及んでいるのであります。これを現在報告が寄つております各縣の數字につきまして、概略次に取りまとめておりますのて、ごらんいただければわかると思うのでありますが、ごくかいつまんで申し上げてみますと、岩手縣におきましては、十四日の午後二時ごろから雨が降り出しまして、十六日の午前二時二十八分に止んでおりまして、その間實に一畫夜半にわたりまして雨が降り續いているのであります。最盛期は十五日の午後四時から五時にかけて一時間でありますが、かように一畫夜半も降り續きます雨のために、先ほど申しましたように、道路におきまして千四百箇所、橋梁の流失破損が二百八箇所、河川の堤防決壞あるいは護岸などの破損が千二百九十二箇所、砂防施設におきまして二十五箇所、市町村工事の箇所におきまして百二十三箇所、合計が三千七十六箇所、金額にいたしまして實に十二億になんなんとする災害を受けているのであります。
 その裏のページに出水位という水位の觀測を示しておりますが、これはごらんになつてもわかります通り、今囘の水位はことごとく從前における最高水位を突破いたしているのであります。かような大被害でありますが、殊に被害の激甚でありましたのは、北上川の支流の堤防決壞によりまして一ノ關町がほとんど全滅的な打撃を受けているのを初めといたしまして、主として北上川流域の岩手縣の南部地方が被害の中心地であります。しかもこの被害の中心地と申しますところは、御承知の通りの去る七月ないし八月の水害におきましても、やはり岩手縣における最も被害の激甚な箇所でありましたので、引續きまして被害激甚地が同一地點に集中いたしましたことは、罹災の方々に對しまして何ともお言葉がないほど、私ども氣の毒に存じ上げておる次第でございます。
 次に宮城縣でありますが、宮城縣におきましても最初に書いてあります通り、道路が三百八十四箇所、橋架が八十箇所、河川が五百六十六箇所、海岸が十六箇所、破防が五十七箇所、市町村工事九十七箇所、合計千百六十四箇所の土木施設の損害であります。これに要する復舊費用が七億四十萬圓餘に上つておるのであります。この宮城縣の出水状況は、縣南地方の名取川附近が相當の被害を受けたのでありますが、やはり中心地は縣北地方でありまして、北上川の岩手縣と宮城縣の縣境に近い地點が決壞いたしましたのを初めといたしまして、迫川、江合川、鳴瀬川、この諸河川が隨所に決壞いたしまして、縣北地方の古川町、若柳町、佐沼町、あの附近を中心として、これまた非常に深刻な被害であつたのでありますが、これも岩手縣同様でありまして、去る七月の水害におきまして、宮城縣においてはこの縣北地方一箇所に被害が集中いたしたのであります。岩手縣同様、引續いて同一箇所が徹底的な打撃を受けられて、何ともお氣の毒に存じておるような次第であります。
 次に福島縣でありますが、土木施設の被害箇所は、ごらんいただくことにいたしまして、合計して千四百四十九箇所、復舊費の總額は三億三千萬圓に及ぶのであります。この福島縣における被害の激甚地は、主として會津地方でありまして、ほとんどこの過半が會津地方に偏在しておる、かように私ども報告を受けておるのであります。福島縣における出水の状況は、その裏のページに書いてある通りであります。
 次に茨城縣でありますが、茨城縣は……。
#73
○本間委員長 詳しいことはその程度で……。
#74
○三島説明員 かような状況になつておりまして、今囘の被害總額は八十二億からに相なつております。先ほど安定本部からも御説明がありました通り、安定本部と十分緊密に連絡いたしまして、先ほど直轄工事についての復舊費用の點についてお話がありましたが、府縣のこれらの土木災害に關しましても、でき得る限り速やかに補助の措置を講じたいと思いまして、目下せつかく安定本部と折衝中でありまして、安定本部においても十分この點に御理解をいただいで、緊急の措置を打つていただくということになつておるのであります。なおまたその補助金が現地に到達いたしますまでの間は、この前の東北地方の七月の水害に對しましてとりましたと同樣に、一時融資の途をも大藏省と連繋して講ずる手はずを整えておる次第であります。以上簡單に概要を御報告申し上げます。
#75
○上林委員 本日は大臣竝びに局長缺席のために、具體的な質問は次の委員會に讓りたいと思います。こまかいことを申し上げてはなはだ恐縮とは存じますが、この概況調べのうち、山形縣か前の方だけしか載つておりませんが、ミスプリントであるか、あるいは山形縣からまだ資料が提出になつていないのか、お尋ねいたします。
#76
○三島説明員 お答えいたします。これは先週の金曜日に取りまとめたのでありますが、そのときまでに東北關係で秋田、山形、青森の三縣だけまいつておりませんけれども、被害の總額だけは一應連絡を受けておりますので、詳報が届きませんでも、補助その他の點について片手落ちと申しますが、見落しなどのことは全然ないように處理しておるつもりであります。この點は御安心いただきたいと思います。
#77
○上林委員 ただいまの點はよく了解いたしましたが、もう一つ國土局の關係だけを申します。先ほど來私ども新米の輸送その他重要物資の輸送について憂えておりますので、さまざまの對策について質問いたしました。大體當局竝びに現場の方々の努力に對しては十分了解いたしましたが、運輸省の新米の輸送竝びに重要物資の輸送について、迂囘ルートを通じて相當自信をもつておられるようにお伺いいたしましたが、山形縣の場合、酒田港が主として――酒田港は山形縣の陸上輸送を除いては眼と言われる重要なところでございます。今囘も向う側から心配してまいりましたが、新米の輸送を計畫して、再三の水害のために實現できなかつたという實例もありまして、今囘關係者が上京してさまざま陳情いたしております。運輸省からもお伺いいたしたいと思いましたが、今課長さんでわかる程度で結構ですから、酒田港に對する今の復舊對策の状況の説明を、ごく簡單にお願いいたしたい。
 それからこれは地元の話でありますするが、運輸省竝びに内務省の關係の仕事が地元では同時に行われているそうであります。管轄爭いというと語弊があるかもしれませんが、それが圓滑に行かないために、仕事が遅れているという聲も聞えております。私どもは決してさようなことはないとは存じまするが、かような聲が出ないように、今後は萬全の對策を立ててもらいたいということをお願いしておきたいと思います。
#78
○三島説明員 ただいま酒田港の復舊のことについてお話がありましたが、これについては御承知の通り、この前の災害の際に酒田港の背割堤防が破損して、非常に地元に迷惑をかけておるのであります。これの復舊についてはその直後、私ども内務省の東北土木出張所の出先の者と運輸省の港灣關係の出先の方が地元の酒田に集まり、よく連繋してこの復舊に當らなければならぬという趣旨のもとに、復舊工事についての連絡その他分擔をよく相談して現にやつておるのであります。現在との程度進捗しておるかということについて、私ここで今責任あることをお答えいたしかねますので、この次の機會までに調べまして、お答えいたしたいと思います。さようにあの災害の直後兩者の出先關係が連絡の意味で相談して始めましたので、なわ張り爭いというか、いろいろないきさつは萬々なかろうと私は承知しておつたのでありますけれども、今現地の方のお話を伺いますと、多少そういうことがないとも限らないとも思われますので、よくまた眞相を確めました上で、もしさようなことがありましたならば、今後さようなことが絶對にないよう、そんなつまらないことのために復舊工事が阻害されることがないように十分注意いたしたいと思います。
#79
○山本(猛)委員 北上川の治水關係に關する限り多年の懸案でありまして、この問題が解決せざるにおきましては、いくら復舊々々と言つても、あるいは救濟々々と言つても、次から次にと起り來る問題であります。よつて岩手、宮城兩縣の場合における北上川の諸問題をどういうふうに解決されるか、當局がおもちになつておるお考えを、概括的で結構でありますから承つておきたいと思います。
#80
○三島説明員 北上川の問題につきましては、御承知の通り岩手縣と宮城縣の境界附近が非常な狹窄部になつておりまして、このために非常に扱いにくいわけであります。そのために根本策といたしましては、やはり上流の適當な地點に堰堤を設けまして、ここで洪水の調節を行わなければならぬという點は間違いない點でありまして、その線に沿いまして、北上川の岩手縣地内におきます各支川の要所々々五箇所の地點を選定いたしまして、堰堤計畫を進めておつたわけであります。膽澤堰堤、猿ケ石堰堤など戰時中から著手しておりましたところ、その後資材の點などにおきまして遅々として進捗せず、現在では細々ながら膽澤堰堤を繼續しておるという次第でありまして、非常に申譯なく思つております。しかしながら堰堤は何と申しましても現在のところ非常に資材を必要といたしますので、今一擧に五箇所の堰堤に著手するということはここ一、二年の間はどう考えてみましても私ども成算をもち得ないのであります。從いまして來年度におきましてはやはり堤防工事と申しますか、低水工事と申しますか、河状を整理いたしまして、同時に北上川を通じまして、また下流におきましては貞山運河と北上運河と連絡いたして船運の便も兼ねるという意味で十分脆弱點の穿鑿をやりまして、いろいろ低水工事をいたしまして、河状で整理するというようなことにも十分力をいたしたい、かように思つております。なおまた今度の災害復舊の點につきまして、非常に徹底的に打撃を受けておるような點もありますので、これは單なる災害復舊というような意味でなくして、根本的な改修計畫とにらみ合わせて十分改修の線に沿うた積極的な災害複舊というような點をも考慮いたしたい、かように存じております。なおまたごく技術的な點になりますと、今ただちに申上げかねる點もありますので、この次の機會に十分御説明申上げたいと思います。
#81
○山本(猛)委員 資材の面、豫算の面でも非常に窮屈になつておりますことは知り過ぎるほど知つておりますが、さいぜん河川課長から御説明になりました岩手の土木關係の被害だけでも十二億に達するというような被害、そうしてまた幾多の被害物資の被害を計上いたしますと、岩手一縣だけでも百億になんなんとする、おそらく個人損害を入れたら百億でも勘定し切れないほどの損害であると思うのであります。そういうことをにらみ合わせて考えてみると、是が非でも豫算がないとかいうようなことでなしに、また資材があるとかないとかいつたことでなしに、なければ、たとえばアメリカに懇請するとか、あるいはその他の餘裕のあるところに懇請するとか、資材を借りるとか、あるいは豫算の面では緊急な方法を講じてそれを取るとかいうような緊急措置をもつてしてでも、この北上川の問題を考える。ひとり北上川だけの問題でなく、全國河川の關係の問題を處理するということでなければ、おそらく今年ばかりでなしに、來年も再來年も、治山の關係が成就しないうちは全國的な問題として起りくることをわれわれ豫想するのであります。この點につきまして、當面われわれが普通今まで考え得られたような程度の方策ではなく、まつたくどうしてもやらなければならないというような建前で、前述いたしましたような方途をもつて、この對應策をお考えになるという御意思があるかどうかということをさらに承りたい。
#82
○三島説明員 ただいまおつしやつたことは一々ごもつともでありまして、私どももできないうちにも極力その線に沿つて努力いたしておるつもりでありますので、今後ともよろしくお願いいたしたいと存じます。堰堤は五箇地點でありますが、そのうち現在手をそめておりますのは、先ほど申しました膽澤堰堤で、極力短期間に完成いたしますように努めています。一度に五堰堤とも著手いたしますと、いずれもの完成が遲れますので、ともかくこの際は膽澤堰堤に集中いたしまして、これを極力短期間に完成いたしまして洪水調節に役立つよういたしたいと考えております。
#83
○山本(猛)委員 しからばその五堰堤が全部完了いたします時期の御見透しを承つておきたいということと、もう一つはこの問題につきましては、河川課長御承知の通り、私は再々國土局長、河川課長をお訪ねしてお願いしてあつたはずでありますが、われわれはお訪ねいたしますたびにごもつともの御説明を伺つて引下つておりますうちにこの災害であります。どうかこの問題をできるだけ速やかに、というような抽象的な言葉ではなしに、いつ頃までには五堰堤全部を完成し得るかという御見透しがございましたら承りたい。
#84
○三島説明員 その點につきましては、私今のところはつきりいつまでということまではちよつと申上げかねるのであります。まことに御決定がいかぬと思うのでありますが、やはり資材資金の點とにらみ合わせまして、できる限り早い機會に御期待に副うよう極力努力するというよりほかに、私といたしましては今ただちにお答えいたしかねるのであります。
#85
○山本(猛)委員 資材の面はG・H・Qに懇請をするという御用意がございますかどうか承りたい。
#86
○三島説明員 この度の水害につきましては、GHQの方からも協力いただいております。しかしながらそれもとうてい全體を賄い得るだけのものではないのであります。連絡をとりましてできる限りはセメントその他の重要資材につきましても、G・H・Qの好意にもあずかつております。
#87
○山本(猛)委員 御誠意のあるところはよくわかりますので、なお今後特段の御努力をお願いいたしまして質問を打切ります。
#88
○上林委員 私最後に、委員長にお願いになるかもしれませんが、本日の會議の最初に關東水害と關連して、東北水害の問題が問題になりましたが、私ども東北出身であるけれども關東水害に對しましては非常な關心をもつておるし、今後もこれに對する萬全の對策を立てねばならぬというふうに確信しております。しかしながら最近の政府の動きにつきまして、何か地元民の間では、關東水害が大きいから東北地方の水害が等閑に付されておる、あるいは言葉は惡いかしれませんが、特別扱いされるという印象が與えられるような行為も見受けられるのであります。この影響は地元民の復舊意欲ないしは供米の今後の關係に大きな影響があるということを私ども痛切に感じさせられております。こういうことにつきまして、前に問題になりました點を委員長におきまして萬遺憾ないような處置を講じてもらいたいということを最後にお願いしておきたいと思います。なお議事進行に關連して發言することがこの機會に許されるならば、出席者の數も少いことでありますし、この邊で散會してはどうかという動議を提出いたしたいと思います。
#89
○本間委員長 上林委員にお答えいたしますが、先ほど鈴木委員から發議がありましたとき申上げたように、この問題はごもつともな御發議でありますから、次の委員會で總理以下御出席を願いまして、そこで取上げたいと思いますから、その際十分御用意をお願いいたしたいと思います。
#90
○山本(猛)委員 先刻來委員長を通じてお願いしております今度の災害の中で、最もひどかつた一關を中心とする西磐井郡の各郡、各町村の代表者が、この際出席いたしまして傍聽することを特にお許しをいただいておるのでありますが、この際その代表者から簡單でありましても、實情を御聽取を願うよう、この委員會でそれを取上げていただくようにお願いいたしたいと思います。
#91
○本間委員長 本日は大體この程度で散會いたしまして、宮城縣と岩手縣から陳情の方が見えておりますから、それをできるだけ要領よく一應御聽取することにいたしたいと思います。
 この程度で本日の會議は閉ずることにいたします。
   午後四時十一分散會
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト