くにさくロゴ
1947/08/30 第1回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第001回国会 隠退蔵物資等に関する特別委員会 第15号
姉妹サイト
 
1947/08/30 第1回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第001回国会 隠退蔵物資等に関する特別委員会 第15号

#1
第001回国会 隠退蔵物資等に関する特別委員会 第15号
昭和二十二年八月三十日(土曜日)
    午後二時開議
 出席委員
   委員長 加藤 勘十君
   理事 梶川 靜雄君 理事 武藤運十郎君
   理事 吉田  安君 理事 辻  寛一君
   理事 本多 市郎君 理事 石田 一松君
      池谷 信一君    小島 徹三君
      山本 猛夫君    鍛冶 良作君
      水田三喜男君    明禮輝三郎君
      中野 四郎君    徳田 球一君
    ―――――――――――――
本日の會議に付した事件
 隱退藏物資等に關する問題
 委員會中間報告書起草小委員選定の件
    ―――――――――――――
#2
○加藤委員長 これより會議を開きます。昨日の委員會で決定いたしました中間報告の起草小委員の選任を行いますが、小委員は各派から一名づつということになつております。委員長において指名することに御異議ございませんか。
#3
○加藤委員長 御異議ございませんければ武藤運十郎君、小島徹三君、水田三喜男君、石田一松君、小西寅松君、中野四郎君、徳田球一君、これに委員長が加わりまして起草委員會を構成することにいたします。このうちから靜岡に現地調査に行かれる方を選ぶわけでありますが、實は社會黨の方から御提議がありまして、いろいろの關係で靜岡に派遣される調査委員は起草委員外でありますが、池谷信一君をということでありますから、この點御承認を願いたいと思います。自由黨も起草委員外でありますが、辻寛一君が行かれることになりましたからこの點を御了承願います。それでは池谷君、小島君、辻君、中野四郎君の四名にお願いいたします。お出かけになります時間等は皆さんでお打合せの上お願いします。さらに報告書起草のことについて申し上げますが、大體議會が休會になりますものと豫想いたしまして、この休會期間中に起草委員になられました方々は、各黨の委員の間において御意見があればその意見を取りまとめておいていただきまして、休會明け後の委員會に早速起草に取りかかれるように御準備を願いたいと思います。なお他の一般の委員の方々にも申し上げたいと存じますが、休會期間中にできれば先般來政府から提出されました資料を御檢討願いまして、どの資料はどのように處理して行くかということについて、あらかじめお調べおきを願いたいと思います。たびたび申し上げますように、あの資料はわれわれとしてはあたかも索引あるいは目録の程度にしか考えておりませんので、實際にはあの資料に基いてさらにどういう資料を次に要求すべきであるか、さらにどのような證人を出頭してもらうべきであるかということがあの資料によつて決定されてくるわけであります。おそらく今後はたとえば陸軍の被服關係について調べようとすれば、陸軍被服厰の責任者を證人として出頭してもらわなければならぬことになりましようし、他の軍需物資については、あるいは陸軍ならば整備局であるとか、海軍なら軍需局であるとか、軍政局であるとか、軍務局というようなそれぞれの責任者の出頭を求めるようになるかと思いますが、それはすべて資料に基いて、この資料を追究していく場合に誰を、何をということになりますから、そういう點についてもあらかじめ御檢討おきを願いたいと存じます。
#4
○鍛冶委員 その點についてこの間ほかの者が言つておつたが、資料を出された責任者、今まで處分したことなどよく知つている人に一つ一つ出てもらつて、資料に基いて説明を聽いた方が皆の頭によくはいるという説があつたが、それも一案かと思いますので御考慮願います。
#5
○加藤委員長 都合によりましては再開後の委員會においてはそれをも考えてはおりますが、なおそれは諸君が鋭利な頭をもつてひとつ檢討しておいていただきますればさらに好都合かと思いますから、どうかお含みおきを願います。
#6
○小島委員 私實はうつかりしておつたが、委員長の方から請求された十四項目の調査資料ですが、その中に商工省あるいは内務省の方で、一旦自分の方に囘收しておいて、それを拂下げられた團體の名前だとか數量というものの資料は要求されておつたのですか。
#7
○加藤委員長 それはこういうことになつております。内務省の調査局、主としてこれは特殊物件を扱つておる。ここの處理状況が要求してあるわけであります。まだこれは來ておりません。一部來ておるところもあるがまだ全部資料は集まつておりません。休會中といえどももちろんわれわれは政府に嚴重に督促して、少くとも請求した資料が全部、整うように嚴重に督促するつもりであります。
#8
○小島委員 それを拜見すれば、大體においていくらのものがどの團體あるいは統制會社に渡されたということがわかる。
#9
○加藤委員長 わかることになつておりますが、まだその資料は來ておらぬようであります。
#10
○徳田委員 こういう資料が出ましても、本帳簿が散逸したり、あるいはこれを隱匿したりする危險が十分ある。殊に復員局方面ではなかなか危險な状態にあると思われますから、これらの原簿及び關係書類を豫め押えておく必要があると思うのであります。内務省の調査局もやはり同一であると思いますから、そういう現に活動しないまた今後活動し得ない状態にある官廳のこれらの書類を全部、この委員會から要求をいたしまして押えておくようにしたいと思うのであります。これを委員會の決議によつて、ひとつ議長を通じまして要求せられんことを希望する次第であります。
#11
○加藤委員長 ただいま徳田君から御提議のありました復員局あるいは内務省調査局の關係書類を、散逸を防ぐために、何らかの方法で保管を嚴重にせしむる。押えると言うと語弊がありますが、保管を嚴重にせしむる責任を負うように政府に求める。こういう御提議でありますが、これはいかがいたしますか。
#12
○加藤委員長 それはこの前のときに、復員局の方においては、いつでももつてこいということならばもつてまいりますが、非常に厖大な書類ですから、とうていもつてきてもめんどうだと思いますので、私の方は保管をします。だからいつでも來ていただけるならば、ごらんに入れるようにします。こういうことにはなつておりますが、ただいま徳田君から御提議がありまして、委員會で決定しますれば、委員會からあらためて政府の方へ通達して、都合によれば私みずから行つて、現在何部あるかという部數のあり方だけでも調べておきたいと思います。それでよろしゆうございますね。
#13
○加藤委員長 そのように取計らいます。
 そのほかに御意見はございませんか。
#14
○山本(猛)委員 今までお話が出ておるかもしれませんが、戰争中に貿易をやつていた交易營團には相當の物資があつたと聞いております。交易營團が戰争の終末當時に持つていた物資に對して、資料を提供していただきたいと思います。このことをひとつお願いいたします。
#15
○加藤委員長 ただいま山本君から御提議のありました終戰當時に交易營團がもつておつた物資のリストを、參考資料として提出せしめたいという御意見でありますが、御異議ございませんか。
#16
○鍛冶委員 さらにその處分をも續けて願いたい。ただあつたものでなくて、どう處分されたか。
#17
○加藤委員長 山本君の請求の所在物資のリストばかりでなく、さらにその後に處分した處分内容をも同時に請求することにいたします。
 ほかに御意見はございませんか。
#18
○加藤委員長 それでは今日はこれをもつて散會いたします。どうか休會中、さつき申し上げたごとく、重ねてお願いいたします。なお次會はあらためて公報で通知することにいたします。
   午後二時十四分散會
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト