くにさくロゴ
1962/07/06 第43回国会 参議院 参議院会議録情報 第043回国会 商工委員会 第37号
姉妹サイト
 
1962/07/06 第43回国会 参議院

参議院会議録情報 第043回国会 商工委員会 第37号

#1
第043回国会 商工委員会 第37号
昭和三十八年七月六日(土曜日)
   午前十一時十四分開会
  ―――――――――――――
  委員の異動
   辞任      補欠選任
    向井 長年君 田畑 金光君
  ―――――――――――――
  出席者は左の通り。
    委員長    赤間 文三君
    理事
           川上 為治君
           岸田 幸雄君
           近藤 信一君
           田畑 金光君
    委員
           上原 正吉君
           剱木 亨弘君
           吉武 恵市君
           中田 吉雄君
           奥 むめお君
  政府委員
   通商産業政務次
   官       上林 忠次君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       小田橋貞壽君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事の補欠互選の件
○競走事業労働者の保障に関する請願
 (第五八号)(第四四三号)(第五
 七五号)(第五七六号)(第五七七
 号)(第五七八号)(第五九〇号)
 (第六〇七号)(第六〇八号)(第
 六〇九号)(第六一〇号)(第六四
 〇号)(第六九八号)(第七〇三
 号)(第七一二号)(第九一二号)
 (第九一三号)(第一一〇四号)
 (第一一〇五号)(第一一〇六号)
 (第一一〇七号)(第一一〇八号)
 (第一一〇九号)(第一一一〇号)
 (第一一一一号)(第一一一二号)
 (第一一一三号)(第一一一四号)
 (第一一一五号)(第一一一六号)
 (第一一一七号)(第一一一八号)
 (第一一一九号)(第一一二〇号)
 (第一一二一号)(第一一二二号)
 (第一一二三号)(第一一二四号)
 (第一一二五号)(第一一二六号)
 (第一一二七号)(第一一二八号)
 (第一一二九号)(第一一三〇号)
 (第一三六八号)(第一四九一号)
 (第一五六一号)(第一八四〇号)
 (第二二一一号)
○プロパンガス容器に計量器必置に関
 する請願(第二四九号)(第二七八
 〇号)
○重機償却促進のため重機賃貸共同企
 業振興の法制化に関する請願(第二
 一五九号)
○中小企業基本法制定に関する請願
 (第二六五四号)(第二六六〇号)
 (第二六六六号)(第二七三六号)
 (第二七三七号)(第二七七三号)
 (第二七七四号)(第二八一〇号)
 (第二八五五号)(第二八八四号)
 (第二八八五号)(第二八九五号)
 (第二八九六号)(第二八九七号)
 (第二九〇五号)(第二九〇八号)
 (第二九〇九号)(第二九一五号)
 (第二九三四号)(第二九四六号)
 (第二九五二号)(第二九五八号)
 (第二九九〇号)(第三〇一八号)
 (第三〇六四号)(第三〇九八号)
 (第三〇九九号)(第三一八二号)
 (第三四一一号)
○中小企業工場集団化制度に関する請
 願(第二七九号)(第五七四号)
 (第二一六五号)
○環境衛生同業組合連合会を中小企業
 振興資金等助成法による資金貸付対
 象とするの請願(第二四七三号)
○栃木県宇都宮市に中小企業金融公庫
 支店設置に関する請願(第三三七七
 号)(第三三七八号)(第三三七九
 号)(第三五〇七号)(第三五七八
 号)(第三七五二号)
○信用組合の出資者保護に関する請願
 (第三四一五号)
○ガソリン価格値上げ反対に関する請
 願(第四二号)(第七〇号)(第七
 一号)(第九四号)(第一〇五号)
 (第一八四号)(第二四八号)(第
 二九七号)(第四二二号)(第四四
 二号)(第九一一号)(第一一七八
 号)
○物価値上げ反対に関する請願(第二
 一六八号)(第二一六九号)(第二
 一七〇号)(第二一七一号)(第二
 一七二号)(第二一七三号)(第二
 一七四号)(第二一七五号)(第二
 一七六号)(第二一七七号)(第二
 一七八号)(第二一七九号)(第二
 一八〇号)(第一二八一号)(第二
 一八二号)(第二一八三号)(第二
 一八四号)(第二一八五号)(第二
 一八六号)(第二一八七号)(第二
 一八八号)(第二一八九号)(第二
 一九〇号)(第二一九一号)(第二
 一九二号)(第二一九三号)(第二
 一九四号)(第二一九五号)(第二
 一九六号)(第二一九七号)(第二
 一九八号)(第二一九九号)(第三
 五〇三号)(第三五〇四号)(第三
 五〇五号)(第三五〇六号)(第三
 六〇六号)(第三六〇七号)(第三
 六〇八号)(第三六〇九号)
○物価値上げ反対等に関する請願(第
 三二三七号)(第三五七七号)
○政府のインフレ助長政策及び公共料
 金値上げ認可反対に関する請願(第
 二二〇〇号)(第二二〇一号)(第
 二二〇二号)(第二二〇三号)(第
 二二〇四号)(第二二〇五号)(第
 二二〇六号)(第二二〇七号)(第
 二二〇八号)(第二二〇九号)(第
 二二一〇号)(第三六一五号)(第
 三六一六号)(第三六一七号)(第
 三六一八号)
○上水道事業用の電力料金の特別料金
 設定に関する請願(第三三一二号)
○埼玉県川口市全域を工業立地調整法
 案の適用範囲から除外するの請願
 (第六九九号)
○長野県松本、諏訪地区の新産業都市
 指定に関する請願(第二六二九号)
 (第三〇〇二号)(第三三八六号)
 (第三三八七号)(第三四一〇号)
 (第三四五六号)(第三四六二号)
 (第三五七九号)(第三六八五号)
 (第三六八六号)
○宮城県仙台湾臨海地域の新産業都市
 指定に関する請願(第三〇二四号)
○石油鉱業政策確立に関する請願(第
 五九号)
○バナナ自由化に対する合理化資金の
 特別融資と貸出順位に関する請願
 (第一三三三号)
○継続調査要求に関する件
○委員派遣承認要求に関する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(赤間文三君) ただいまから商工委員会を開会いたします。
 まず、委員長及び理事打合会の協議事項について御報告を申し上げます。
 打ち合わせましたことは、本日の委員会の案件については、請願の審査、継続調査要求書の決定、閉会中委員派遣を行なう場合はその決定、理事補欠五選の件を行なうことになりました。
 なお、閉会中の委員会の開催の日時につきましては、七月三十一日と八月一日にきめました。七月三十一日は午後一時、八月一日は午前十時から開会することに決定をいたしました。
  ―――――――――――――
#3
○委員長(赤間文三君) まず、委員の異動について御報告をいたします。
 本日向井長年君が辞任をされ、その補欠として田畑金光君が選任せられました。
  ―――――――――――――
#4
○委員長(赤間文三君) 次に、ただいまの委員の異動に伴い、理事が一名欠員となりましたので、直ちにその補欠互選を行ないます。互選は慣例により、その指名を委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(赤間文三君) 御異議ないと認めます。それでは田畑金光君を理事に指名をいたします。
  ―――――――――――――
#6
○委員長(赤間文三君) 次に、本委員会に付託をせられました請願百七十六件を一括して議題といたします。
 本請願につきましては、従来の慣例にならいまして、本日委員長及び理事打合会を開きまして慎重に検討をいたしました。お手元にあげておりまするこの請願の表によって理事打合会の結果を報告をいたします。
 まず第一の重工業・軽工業の関係におきましては、第五八号外四十八件は、これはすでにもう済みましたので、保留を適当と決定をいたしました。それからまた第二四九号外一件は、これは採択を適当と認めました。それから第二一五九号は採択を適当と認めました。
 二の中小企業関係四十件ございまするが、まず第二六五四号外二十八件は、すでにこの問題は済みましたので、保留を適当と決定をしました。二七九号外二件は採択を適当と決定をしました。二四七三号も採択を適当と決定をいたしました。次のページの第三三七七号外五件は採択を適当と認めました。第三四一五号も採択を適当と認めました。
 三の物価の関係におきまして、第四二号外十一件は、これはすでに済みましたので、事柄が済んだので、保留とすることを適当と認めました。第二一六八号外三十九件、第二二〇〇号外十四件は十分調査をいたしましたが、これは保留が適当であろう。かように決定をいたしました。それから第三二三七号外一件は採択を適当とすることに決定をいたしました。それから第三三一二号は保留することが適当であると決定をいたしました。
 次の四の地域開発関係は、第六九九号はこれは保留を適当と認めることに決定いたしました。それから第二六二九号外九件は採択を適当と認めることに決定いたしました。それから第三〇二四号は採択を適当と認めました。
 五のその他の分の第五九号及び第一三三三号は、いずれも採択が適当であるということに理事会において決定をいたしたのでございます。
 ただいま報告どおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(赤間文三君) 御異議ないと認め、さよう決定をいたしました。
 なお、報告書の作成等につきましては、慣例によりまして委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(赤間文三君) 御異議ないと認め、さよう決定をいたしました。
  ―――――――――――――
#9
○委員長(赤間文三君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りをいたします。
 産業貿易及び経済計画等に関する調査につきましては、会期中に調査を完了することが困難でありますので、本院規則第五十三条によりまして継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じまするが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(赤間文三君) 御異議ないと認め、さよう決定をいたしました。
 なお、要求書の作成等は委員長に御
 一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(赤間文三君) 御異議ないと認め、さよう決定をいたしました。
  ―――――――――――――
#12
○委員長(赤間文三君) 次に、委員派遣承認要求に関する件についてお諮りをいたします。
 閉会中に産業貿易及び経済計画等に関する調査のため委員派遣を行ないたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(赤間文三君) 御異議ないと認め、さよう決定をいたしました。
 なお、その内容及び手続等につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(赤間文三君) 御異議ないと認め、さよう決定をいたしました。
 以上をもって、委員会は散会をいたします。
  午前十一時十九分散会
   ――――・――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト