くにさくロゴ
1947/11/01 第1回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第001回国会 運輸及び交通委員会 第32号
姉妹サイト
 
1947/11/01 第1回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第001回国会 運輸及び交通委員会 第32号

#1
第001回国会 運輸及び交通委員会 第32号
昭和二十二年十一月一日(土曜日)
    午前十一時開議
 出席委員
   委員長 正木  清君
   理事 高瀬  傳君 理事 前田  郁君
      井谷 正吉君    重井 鹿治君
      島上善五郎君    館  俊三君
      成重 光眞君    原   彪君
      堀川 恭平君    矢野 政男君
     岡村利右衞門君    田村 虎一君
      高橋 英吉君    木下  榮君
 出席國務大臣
        運 輸 大 臣 苫米地義三君
 委員外の出席者
        專門調査員   岩村  勝君
    ―――――――――――――
十月三十日
 地方鐵道法の一部を改正する法律案(内閣提
 出)(第八一號)
の審査を本委員會に付託された。
十月二十二日
 澁民信號所を一般驛に昇格の請願(山本猛夫君
 紹介)(第九二四號)
 大絲線全通促進の請願(増田甲子七君紹介)(
 第九三一號)
 甲府・鹽尻間、鹽尻・名古屋間及び鹽尻・長野
 間電化促進の請願(増田甲子七君紹介)(第九
 三九號)
 山形、鶴岡間鐵道敷設の請願(松浦東介君紹
 介)(第九四一號)
 矢島鐵道の損害賠償に關する請願(村上清治君
 外一名紹介)(第九五〇號)
 一戸、岩泉間國營バス運輸開始の請願(山本猛
 夫君紹介)(第九五五號)
 荒谷前驛を一般驛に變更の請願(山本猛夫君紹
 介)(第九五六號)
 柏木平、遠野間改軌工事促進の請願(山本猛夫
 君紹介)(第九五七號)
 直方、福岡間國營バス運輸強化の請願(淵上房
 太郎君紹介)(第九六五號)
 常野線を水戸まで延長の請願(葉梨新五郎君紹
 介)(第九七二號)
 水戸、波崎間竝びに鹿島、佐原間國營バス運輸
 開始の請願(葉梨新五郎君紹介)(第九七五
 號)
 岐阜、根尾間國營バス運輸開始の請願(大野伴
 睦君紹介)(第九七八號)
 楯岡、寒河江間寒河江、荒砥間及び神町、谷地
 間國營バス運輸開始の請願(圖司安正君外一名
 紹介)(第九八三號)
 楯岡、寒河江間左澤、荒砥間及び神町、谷地間
 鐵道敷設の請願(圖司安正君外一名紹介)(第
 九八四號)
 白城線を鳩ヶ谷まで延長の請願(田村虎一君外
 一名紹介)(第九九二號)
 野村町、大内驛間に國營バス運輸開始の請願(
 井谷正吉君外二名紹介)(第九九八號)
十月三十一日
 杉田信號所を一般驛に昇格の請願(大内一郎君
 紹介)(第一〇〇三號)
 二本松、浪江間國營バス運輸開始の請願(大内
 一郎君紹介)(第一〇〇四號)
 常野線を水戸まで延長の請願(葉梨新五郎君紹
 介)(第一〇〇八號)
 水戸、波崎間竝びに鹿兒、佐原間國營バス運輸
 開始の請願(葉梨新五郎君紹介)(第一〇〇九
 號)
 福浪線を二本松まで延長の請願(大内一郎君紹
 介)(第一〇一二號)
 今市、田島間鐵道敷設の請願(高瀬傳君外三名
 紹介)(第一〇一五號)
 水戸・波崎間竝びに鹿島、佐原間國營バス運輸
 開始の請願(葉梨新五郎君紹介)(第一〇一六
 號)
 伊豫日吉、須崎間に國營バス運輸開始の請願(
 井谷正吉君外四名紹介)(第一〇二一號)
 都道府縣會議員にその都道府縣内無賃乗車券交
 付の請願(永井勝次郎君外一名紹介)(第一〇
 四一號)
 江迎、臼ノ浦間國營バス運輸開始の請願(北村
 徳太郎君外二名紹介)(第一〇四三號)
 姫路、若櫻間國營バス運輸開始の請願(大上司
 君紹介)(第一〇五〇號)
 甲府・鹽尻間、鹽尻・名古屋間及び鹽尻・長野
 間電化促進の請願(増田甲子七君紹介)(第一
 ○五二號)
 宇部東線を山口市宮野地區まで延長の請願(中
 嶋勝一君外二名紹介)(第一〇五五號)
 肥薩線電化の請願(吉田安君外九名紹介)(第
 一〇五六號)
 上毛電氣鐵道復舊助成の請願(鈴木強平君外一
 名紹介)(第一〇六〇號)
 伊東、下田間鐵道速成の請願(小松勇次君紹
 介)(第一〇六一號)
 大絲線全通促進の請願(増田甲子七君紹介)(
 第一〇六五號)
 山陰線電化の請願(堀江實藏君紹介)(第一〇
 七二號)
 常總鐵道松戸驛乗入の請願(菊池重作君紹介)
 (第一〇七五號)
 神町・米澤間竝びに仙臺・山形間鐵道電化の請
 願(海野三朗君紹介)(第一〇八一號)
の審査を本委員會に付託された。
十月二十三日
 兵庫縣宍粟郡における省營自動車開設促進に關
 する陳情書(兵庫縣宍粟郡土萬村長岸原徳四郎
 外三十三名)(第四三三號)
 有馬線復活に關する陳情書(兵庫縣有馬郡山口
 村長中尾重三郎外十五名)(第四五八號)
 宮古市小本間國營自動車運輸開設に關する陳情
 書(岩手縣下閉伊郡宮古市長菊地信一外四名)
 (第四六八號)
を委員會に送付された。
    ―――――――――――――
本日の會議に付した事件
 地方鐵道法の一部を改正する法律案(内閣提
出)(第八一號)
    ―――――――――――――
#2
○正木委員長 會議を開きます。
 これより去る十月三十日本委員會に付託になりました地方鐵道法の一部を改正する法律案を議題といたします。まず政府よりその提案理由の説明を聽取いたします。運輸大臣。
#3
○苫米地國務大臣 地方鐵道法の一部を改正する法律案の提案理由を申し上げます。
 索道につきましては、昭和二年遞信省令第三十六號索道事業規則が制定せられておりますが、この規則は、法律に基く省令ではありませんので、昭和二十二年法律第七十二號の規定により、本年末をもつて失效することになるのでございます。政府におきましては、新憲法の施行に伴い、現行の地方鐵道法は、これに索道も含めまして、今日の情勢から見て種々不備な點を是正することに鋭意研究中でありまして、なるべく早い機會に國會に、その改正法律案を提出したいと思つておる次第であります。
 索道による運送は、公共的な事業でありますのに、索道事業規則が本年末をもつて效力を失いますことは、危險防止の點からも、公共の福祉を維持する點からも、放任することができませんので、地方鐵道法の全面的な改正に至るまで、やむを得ず暫定的な措置といたしまして、今囘地方鐵道法の一部を改正する法律案を提出した次第であります。
 なお、第二十九條は、軍供用の義務に關する規定で、新憲法上當然效力のないものでありますから、併せて削除することといたしたいのであります。何とぞ十分御審議くださるようお願いいたします。
#4
○正木委員長 お諮りいたいます。本法案については政府よりの提案の理由を聽取いたしました程度にとどめておきまして、次囘の委員會から質疑にはいりたいと思いますが、いかがですか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○正木委員長 それではさようにいたします。
    ―――――――――――――
#6
○正木委員長 なおこの機會に、運輸大臣より過日當委員會において運賃値上げ等に關する質問に對して答辯があつたのでありますが、本日なお補足的な説明をいたしたいとの申出がありましたから、これを許したいと思います。よろしゆうございますか――なお速記は止めさせますから、その點お含みを願います。
    〔速記中止〕
#7
○正木委員長 何か御廢言がありましようか。なければ本日はこの程度で散會したいと思いますが、いかがでしようか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○正木委員長 御異議がなければ本日はこの程度で散會いたします。次會の日程は追つて公報をもつてお知らせいたします。
    午前十一時二十一分散會
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト