くにさくロゴ
1947/12/08 第1回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第001回国会 運輸及び交通委員会 第43号
姉妹サイト
 
1947/12/08 第1回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第001回国会 運輸及び交通委員会 第43号

#1
第001回国会 運輸及び交通委員会 第43号
昭和二十二年十二月八日(月曜日)
    午後二時五分開議
 出席委員
   委員長 正木  清君
   理事 高瀬  傳君 理事 佐伯 宗義君
   理事 前田  郁君
      井谷 正吉君    島上善五郎君
      成重 光眞君    原   彪君
      堀川 恭平君    矢野 政男君
      山崎 岩男君    内海 安吉君
     岡村利右衞門君    高橋 英吉君
      飯田 義茂君    木下  榮君
      前田 正男君 
 出席政府委員
        運輸事務官   秋山  龍君
        運 輸 技 官 西村 英一君
 委員外の出席者
        運輸事務官   石井 昭正君
        運輸事務官   川村 二郎君
        運 輸 技 官 小森 純三君
        運 輸 技 官 根本  近君
        專門調査員   岩村  勝君
        專門調査員   堤  成威君
    ―――――――――――――
本日の會議に付した事件
 一 寶積寺、市塙間鐵道敷設の請願(山口好一
   君外一名紹介)(第四號)
 二 戰時中強制買上の建物等を舊所有者に優先
   拂下の請願(山口好一君紹介)(第五號)
 三 黒松内、靜狩間省營バス竝びにトラツク運
   輸開始の請願(小川原政信君紹介)(第一
   三號)
 四 井野信號所を一般驛に變更の請願(小峯柳
   多君紹介)(第二三號)
 五 各縣縣會議員にその縣内無賃乗車券交付の
   請願(山口好一君外三名紹介)(第二四
   號)
 六 海運國家管理法制定に關する請願(正木清
   君紹介)(第二七號)
 七 嬉野、川棚間國營バス運輸開始の請願(西
   村久之君紹介)(第二九號)
 八 柳井驛より三路線に、及び田布施驛より二
   路線に省營バス運輸開始の請願(中嶋勝一
   君紹介)(第三一號)
 九 沼宮内驛改築促進の請願(山本猛夫君紹
   介)(第三二號)
一〇 葛巻、落合間竝びに沼宮内、盛岡間省營バ
   ス運輸開始促進の請願(山本猛夫君紹介)
   (第三三號)
一一 御堂信號所を一般驛に昇格の請願(山本猛
   夫君紹介)(第三四號)
一二 長岡鐵道買收に關する請願(清澤俊英君外
   三名紹介)(第四九號)
一三 古樋、上札鶴間鐵道敷設の請願(飯田義茂
   君紹介)(第五一號)
一四 大畑、大間間鐵道速成の請願(山崎岩男君
   外二名紹介)(第五三號)
一五 福知山、舞鶴間竝びに福知山、宮津間國營
   バス運輸開始の請願(大石ヨシエ君紹介)
   (第五七號)
一六 人吉市より三路線に國營バス運輸開始の請
   願(福永一臣君紹介)(第五九號)
一七 要田村に停車場設置の請願(山下春江君紹
   介)(第六三號)
一八 鐵道運賃値上を國會に付議その他に關する
   請願(相馬助治君紹介)(第六四號)
一九 濱田、今福間鐵道速成の請願(木村小左衞
   門君外三名紹介)(第六五號)
二〇 南廣信號所を一般驛に昇格の請願(世耕弘
   一君紹介)(第六七號)
二一 三國線を三國港まで運轉延長の請願(坪川
   信三君紹介)(第七四號)
二二 武生、上池田間國營トラツク運輸開始の請
   願(坪川信三君紹介)(第七八號)
二三 村崎野信號所を一般驛に昇格の請願(高田
   弥市君外三名紹介)(第八一號)
二四 大野、白鳥間國營自動車運輸開始の請願(
   長谷川政友君外一名紹介)(第八四號)
二五 高知縣下における三路線に國營バス運輸開
   始の請願(長野長廣君紹介)(第九三號)
二六 浦幌、本別間國營バス運輸開始の請願(森
   三樹二君紹介)(第九八號)
二七 稲荷山、姨捨兩驛間に停車場設置促進の請
   願(坂東幸太郎君紹介)(第一一八號)
二八 古江・佐多間、大根占・田代間及び鹿屋・
   大根占間に國營自動車運輸開始の請願(前
   田郁君紹介)(第一一九號)
二九 岩川、古江間國營バス運輸開始の請願(前
   田郁君紹介)(第一四五號)
三〇 鹿屋、岸良間國營バス運輸開始の請願(前
   田郁君紹介)(第一四七號)
三一 稚内驛から抜海驛の間に鐵道連絡工事施行
   の請願(坂東幸太郎君紹介)(第一四八
   號)
三二 具田信號所を一般驛に昇格の請願(庄司一
   郎君紹介)(第一五七號)
三三 川棚、有田間國營バス運輸開始の請願(西
   村久之君外一名紹介)(第一五八號)
三四 湯本、石川間國營バス運輸開始の請願(關
   内正一君紹介)(第一六五號)
三五 白石、上ノ山間國營バス運輸開始の請願(
   庄司一郎君外十名紹介)(第一七二號)
三六 高瀬村に停車場設置の請願(松浦東介君紹
   介)(第一七三號)
三七 山陰線經由東京下關間直通列車運轉の請願
   (庄司彦男君外三名紹介)(第一九〇號)
三八 新庄より金山・眞室川・酒田餘目・清川・
   八向を經て新庄に通ずる國營トラツク運輸
   開始の請願(圖司安正君紹介)(第二〇〇
   號)
三九 久栗坂に停車場設置の請願(山崎岩男君紹
   介)(第二〇七號)
四〇 木原線全通工事施行促進の請願(片岡伊三
   郎君紹介)(第二二七號)
四一 舊鶴見臨港鐵道外三鐵道拂下に關する請願
   (金光義邦君外二名紹介)(第二三〇號)
四二 大垣、垂井兩驛間に簡易停車場設置の請願
   (武藤嘉一君紹介)(第二三七號)
四三 日本通運株式會社の現業を解放の上舊關係
   業者にその營業權竝びに設備返還の請願(
   山崎岩男君紹介)(第二四七號)
四四 宇和より三瓶を經て八幡濱に至る間に國營
   バス運輸開始の請願(高橋英吉君外八名紹
   介)(第二五二號)
四五九州、四國間連絡國營航路開設の請願(高橋
   英吉君外十三名紹介)(第二五三號)
四六 常呂、中佐呂間鐵道速成の請願(飯田義茂
   君紹介)(第二六〇號)
四七八幡濱からの三路線に國營バス運輸開始の請
   願(高橋英吉君外八名紹介)(第二六一
   號)
四八五條、新宮間鐵道速成の請願(前田正男君紹
   介)(第二六三號)
四九 柏崎驛附近鵜川鐵橋等の徑間擴張工事施行
   の請願(田中角榮君紹介)(第二六四號)
五〇 山陰線餘部鐵橋補強修理施行の請願(庄司
   彦男君外三名紹介)(第二六七號)
五一 鐵道運賃の學生優待に關する請願(佐々木
   更三君紹介)(第二六八號)
五二 幸崎、中判田兩驛間に國營自動車運輸開始
   の請願(安田幹太君紹介)(第二七三號)
五三 博多、壱岐對馬間國營連絡航路開設の請願
   (本田英作君外一名
   紹介)(第二八二號)
五四 鐵道運賃の學生優待に關する請願(正木清
   君紹介)(第三〇七號)
五五 愛冠簡易停車場を一般驛に昇格の請願(伊
   藤郷一君紹介)(第三一七號)
五六 足寄、阿寒湖畔間國營バス運輸開始の請願
   (伊藤郷一君紹介)(第三一八號)
五七 松戸、土浦間電化促進の請願(原彪君紹
   介)(第三二四號)
五八 北陸線電化促進の請願(坪川信三君外二名
   紹介)(第三二六號)
五九 松戸、水戸間電化促進の請願(原彪君外二
   名紹介)(第三二七號)
六〇 納田終、鶴ヶ岡間の道路を國營バス運行路
   線に認定の請願(坪川信三君紹介)(第三
   三〇號)
六一 江差、東瀬棚間國營バス運輸開始の請願(
   館俊三君紹介)(第三三五號)
六二八橋驛に貨物取扱開始の請願(堀江實藏君紹
   介)(第三三七號)
六三 舊小倉鐵道拂下に關する請願(長尾達生君
   外二名紹介)(第三三八號)
六四 松戸、水戸間電化促進の請願(原彪君外九
   名紹介)(第三三九號)
六五 鐵道運賃の學生優待に關する請願(松本淳
   造君紹介)(第三四〇號)
六六 邊富内線速成竝びに十勝側分岐點を清水と
   するの請願(高倉定助君外二名紹介)(第
   三四一號)
六七 天鹽沿岸鐵道速成の請願(坂東幸太郎君紹
   介)(第三六七號)
六八 直方、福岡間國營バス運輸開始の請願(淵
   上房太郎君紹介)(第三七〇號)
六九 牛深町に中央氣象臺出張所設置の請願(園
   田直君外一名紹介)(第三七四號)
七〇 高松、鬼無兩驛間郷東踏切附近に停車場設
   置の請願(成田知巳君紹介)(第八八六
   號)
七一 沼津、濱松間電化促進の請願(神田博君外
   九名紹介)(第三九一號)
七二 達布、添牛内間鐵道敷設の請願(坂東幸太
   郎君紹介)(第三九六號)
七三 九州、四國間連絡國營航路開設の請願(井
   谷正吉君外八名紹介)(第三九七號)
七四 九州、四國間連絡國營航路開設の請願(村
   上勇君外六名紹介)(第四〇九號)
七五 濱原、十日市間鐵道速成の請願(木村小左
   衞門君外三名紹介)(第四一三號)
七六 喜々津より現川を經て浦上に至る間に鐵道
   敷設の請願(若松虎雄君紹介)(第四一四
   號)
七七 宇都宮、大宮間小山、高崎間及び宇都宮、
   日光間電化促進の請願(栗田英男君紹介)
   (第四一五號)
七八 但馬地區内における國營トラツク運營中止
   その他に關する請願(小島徹三君紹介)(
   第四一九號)
七九 舊播丹鐵道拂下に關する請願(増田甲子七
   君紹介)(第四二〇號)
八〇 岩手縣内各道路上に國營自動車運輸開始の
   請願(小澤佐重喜君外七名紹介)(第四二
   一號)
八一 福岡、戸田間國營自動車運輸開始の請願(
   山本猛夫君紹介)(第四三三號)
八二 沼田、浦臼間鐵道復活の請願(北二郎君外
   五名紹介)(第四五七號)
八三 氣仙沼より津谷、志津川を經て前谷地に至
   る間に鐵道敷設竝びに高田、石巻間國營バ
   ス運輸開始促進の請願(角田幸吉君外六名
   紹介)(第四六二號)
八四 高崎、横川間電化促進の請願(小峯柳多君
   外一名紹介)(第四六五號)
八五 北福岡驛復舊工事施行の請願(山本猛夫君
   紹介)(第四六八號)
八六 松戸、平間電化促進の請願(菊池重作君紹
   介)(第四七二號)
八七 直江津、六日町間鐵道敷設等の請願(塚田
   十一郎君外三名紹介)(第四八三號)
八八 今和泉、頴娃間國營バス運輸開始の請願(
   上林山榮吉君紹介)(第四九四號)
八九 國營バス高田、遠野線を廣田港まで延長の
   請願(小澤佐重喜君紹介)(第四九六號)
九〇 舊豐川鐵道及び鳳來寺鐵道拂下の請願(高
   瀬傳君紹介)(第五〇八號)
九一 松戸、我孫子間電化促進の請願(松谷天光
   光君紹介)(第五三六號)
九二 興澤南線を下幌内まで延長の請願(飯田義
   茂君外一名紹介)(第五三八號)
九三 榮丘簡易乗降場に貨物取扱開始の請願(飯
   田義茂君外一名紹介)(第五三九號)
九四 谷地中信號所を一般驛に昇格の請願(只野
   直三郎君紹介)(第五四一號)
九五 舊南海鐵道山手線拂下の請願(細川八十八
   君紹介)(第五五一號)
九六 小運送業を戰時統制より解放の上新制度制
   定の請願(八並達雄君紹介)(第五五二
   號)
九七 川棚、有田間國營バス運輸開始の請願(北
   村徳太郎君紹介)(第五五六號)
九八 大牟田驛復興促進の請願(古賀喜太郎君外
   三名紹介)(第五五七號)
九九 足寄、阿寒湖畔間國營バス運輸開始の請願
   (森三樹二君外二名紹介)(第五六四號)
一〇〇 興澤南線を下幌内まで延長の請願(坂東
   幸太郎君紹介)(第五七六號)
一〇一 宮崎より綾町を經て小林に至る間に國營
   バス運輸開始の請願(押川定秋君外一名紹
   介)(第五八一號)
一〇二 川崎驛に東海道線列車及び横須賀線電車
   停車竝びに同驛改築促進の請願(白井佐吉
   君紹介)(第五八五號)
一〇三 山田線電化の請願(山本猛夫君外二名紹
   介)(第五九一號)
一〇四 舊産業セメント鐵道拂下の請願(長尾達
   生君紹介)(第五九四號)
一〇五 緒方、長井間鐵道敷設の請願(金光義邦
   君紹介)(第六〇三號)
一〇六 清水川驛に貨物取扱開始の請願(山崎岩
   男君紹介)(第六〇四號)
一〇七 大野、八戸間國營バス運輸開始の請願(
   山崎岩男君紹介)(第六〇五號)
一〇八 瀧根町菅谷に停車場設置の請願(原孝吉
   君紹介)(第六〇八號)
一〇九八代、集人間電化促進の請願(福永一臣君
   紹介)(第六一〇號)
一一〇 遠州地區内における國營トラツク運營中
   止に關する請願(鈴木里一郎君紹介)(第
   六二一號)
一一一 二俣、佐久間間鐵道速成の請願(竹山祐
   太郎君外一名紹介)(第六二九號)
一一二 松本よりの二路線に、明科よりの二路線
   に、及び山清路・上田間に國營バス運輸開
   始の請願(増田甲子七君紹介)(第六三七
   號)
一一三 奈良、上野間國營バス運輸開始の請願(
   前田正男君紹介)(第六六四號)
一一四 西彼杵半島内に國營バス及び航路開設の
   請願(本田英作君外一名紹介)(第六六五
   號)
一一五 羽後鐵道災害復舊費國庫補助の請願(根
   本龍太郎君紹介)(第六六六號)
一一六 久慈、白山間及び久慈、玉ノ脇間國營バ
   ス運輸開始の請願(山本猛夫君紹介)(第
   六六七號)
一一七 滯貨亞炭の輸送増強に關する請願(庄司
   一郎君紹介)(第六七二號)
一一八 角館、阿仁合兩驛間鐵道速成の請願(根
   本龍太郎君紹介)(第六七三號)
一一九 沿岸荷役業者に貨物自動車營業認可の請
   願(八並達雄君紹介)(第七一五號)
一二〇 新制中學校生徒の通學鐵道運賃減額に關
   する請願(西山冨佐太君紹介)(第七一九
   號)
一二一 横須賀市沼間に停車場設置の請願(小暮
   藤三郎君外一名紹介)(第七二七號)一二二 城端、西赤尾間國トラツク運輸開始の請
   願(橘直治君外一名紹介)(第七三八號)
一二三 古津信號所を一般驛に昇格の請願(高岡
   忠弘君紹介)(第七四一號)
一二四 七尾、氷見管國間バス運輸開始の請願(
   橘直治君外二名紹介)(第七四二號)
一二五 羽咋、氷見間鐵道敷設の請願(橘直治君
   外二名紹介)(第七四四號)
一二六 若江本線を金居原まで延長の請願(森幸
   太郎君紹介)(第七五六號)
一二七 省線電車を小田原まで延長の請願(鈴木
   雄二君紹介)(第七五八號)
一二八 都農町に停車場設置の請願(片島港君紹
   介)(第七六三號)
一二九 近畿日本鐵道會社線法隆寺、平端間復活
   の請願(細川八十八君紹介)(第七六八
   號)
一三〇 東京、島羽間直通列車復活の請願(石原
   圓吉君紹介)(第七七〇號)
一三一 川之江、大杉間國營バス運輸開始の請願
   (馬越晃君外八名紹介)(第七九〇號)
一三二 姫路市より新宮、山崎を經て曲里に至る
   間に國營バス運輸開始の請願外四件(佐々
   木盛雄君紹介)(第七九一號)
一三三 川之江、池田間鐵道敷設の請願(馬越晃
   君外八名紹介)(第七九三號)
一三四 熊本より山鹿を經て大牟田の至る間に電
   車敷設の請願(宮村又八君紹介)(第七九
   八號)
一三五 久慈、岩泉間國營バス運輸開始の請願(
   石川金次郎君紹介)(第八〇〇號)
一三六 下呂、飯田間國營トラツク運輸開始の請
   願(伊藤恭一君紹介)(第八〇四號)
一三七 沼津、濱松間電化促進の請願(神田博君
   外十一名紹介)(第八〇七號)
一三八 三田、有馬間鐵道復活の請願(後藤悦治
   君紹介)(第八〇九號)
一三九 右左府、御影間鐵道敷設の請願(森三樹
   二君紹介)(第八一四號)
一四〇 四國循環鐵道の全通竝びに九州、四國間
   連絡國營航路開設の請願(井谷正吉君外二
   名紹介)(第八一六號)
一四一 油津港に臨港鐵道敷設の請願(川越博君
   外二名紹介)(第八二〇號)
一四二 笹島驛、名古屋港間に貨物線敷設の請願
   (辻寛一君紹介)(第八三六號)
一四三 穴吹、白地間國營バス運輸開始の請願岡
   田勢一君外四名紹介)(第八四五號)
一四四 姫路市より新宮、山崎を經て曲黒に至る
   間に國營バス運輸開始の請願外五件(佐々
   木盛雄君紹介)(第八六〇號)
一四五 神戸市長田區に停車場設置の請願(佐々
   木盛雄君紹介)(第八九九號)
一四六 桃ノ川、彼杵間鐵道敷設の請願(中村又
   一君外一名紹介)(第九〇三號)
一四七 澁民信號所を一般驛に昇格の請願(山本
   猛夫君紹介)(第九二四號)
一四八 大糸線全通促進の請願(増田甲子七君紹
   介)(第九三一號)
一四九 甲府・鹽尻間、鹽尻・名古屋間及び鹽尻
   ・長野間電化促進の請願(増田甲子七君紹
   介)(第九三九號)
一五〇 山形、鶴岡間鐵道敷設の請願(松浦東介
   君紹介)(第九四一號)
一五一 矢島鐵道の損害賠償に關する請願(村上
   清治君外一名紹介)(第九五〇號)
一五二一戸、岩泉間國營バス運輸開始の請願(山
   本猛夫君紹介)(第九五五號)
一五三 荒谷前驛を一般驛に變更の請願(山本猛
   夫君紹介)(第九五六號)
一五四 柏木平、遠野間改軌工事促進の請願(山
   本猛夫君紹介)(第九五七號)
一五五 直方、福岡間國營バス運輸強化の請願(
   淵上房太郎君紹介)(第九六五號)
一五六 常野縁を水戸まで延長の請願(葉梨新五
   郎君紹介)(第九七二號)
一五七 水戸、波崎間竝びに鹿島、佐原間國營バ
   ス運輸開始の請願(葉梨新五郎君紹介)(
   第九七五號)
一五八 岐阜、根尾間國營バス運輸開始の請願(
   大野伴睦君紹介)(第九七八號)
一五九 楯岡、寒河江間寒河江、荒砥間及び神町、
   谷地間國營バス運輸開始の請願(圖司安正
   君外一名紹介)(第九八三號)
一六〇 楯岡、寒河江間左澤、荒砥間及び神町、
   谷地間鐵道敷設の請願(圖司安正君外一名
   紹介)(第九八四號)
一六一 白城線を鳩ケ谷まで延長の請願(田村虎
   一君外一名紹介)(第九九二號)
一六二 野村町、大内驛間に國營バス運輸開始の
   請願(井谷正吉君外二名紹介)(第九九八
   號)
一六三 杉田信號所を一般驛に昇格の請願(大内
   一郎君紹介)(第一〇〇三號)
一六四二本松、浪江間國營バス運輸開始の請願(
   大内一郎君紹介)(第一〇〇四號)
一六五 常野線を水戸まで延長の請願(葉梨新五
   郎君紹介)(第一〇〇八號)
一六六 水戸、波崎間竝びに鹿島、佐原間國營バ
   ス運輸開始の請願(葉梨新五郎君紹介)(
   第一〇〇九號)
一六七 福浪線を二本松まで延長の請願(大内一
   郎君紹介)(第一〇一二號)
一六八 今市、田島間鐵道敷設の請願(高瀬傳君
   外三名紹介)(第一〇一五號)
一六九 水戸・波崎間竝びに鹿島・佐原間國營バ
   ス運輸開始の請願(葉梨新五郎君紹介)(
   第一〇一六號)
一七〇 伊豫日吉、須崎間に國營バス運輸開始の
   請願(井谷正吉君外四名紹介)(第一〇二
   一號)
一七一 都道府縣會議員にその都道府縣内無賃乗
   車券交付の請願(永井勝次郎君外一名紹
   介)(第一〇四一號)
一七二 江迎、臼の浦國營バス運輸開始の請願(
   北村徳太郎君外二名紹介)(第一〇四三
   號)
一七三 姫路、若櫻間國營バス運輸開始の請願(
   大上司君紹介)(第一〇五〇號)
一七四 甲府・鹽尻間、鹽尻・名古屋間及び鹽尻
   ・長野間電化促進の請願(増田甲子七君紹
   介)(第一〇五二號)
一七五 宇部東線を山口市宮野地區まで延長の請
   願(中嶋勝一君外二名紹介)(第一〇五五
   號)
一七六 肥薩線電化の請願(吉田安君外九名紹
   介)(第一〇五六號)
一七七 上毛電氣鐵道復舊助成の請願(鈴木強平
   君外一名紹介)(第一〇六〇號)
一七八 伊東、下田間鐵道速成の請願(小松勇次
   君紹介)(第一〇六一號)
一七九 大絲線全通促進の請願(増田甲子七君紹
   介)(第一〇六五號)
一八〇 山陰線電化の請願(堀江實藏君紹介)(
   第一〇七二號)
一八一 常總鐵道松戸驛乗入の請願(菊池重作君
   紹介)(第一〇七五號)
一八二 神町・米澤間竝びに仙臺・山形間鐵道電
   化の請願(海野三朗君紹介)(第一〇八一
   號)
一八三 青森、蟹田間鐵道速成の請願(山崎岩男
   君紹介)(第一〇九〇號)
一八四八百津、鵜沼兩驛間國營バス運輸開始の請
   願(安東義良君紹介)(第一一二一號)
一八五 太田から御嵩、土岐津を經て端浪に至る
   間に國營バス運輸開始の請願)安東義良君
   紹介)(第一一二二號)
一八六 柳井、岩國兩驛間に國營バ
   ス運輸開始の請願(守田道輔君外二名紹
   介)(第一一二八號)
一八七 山北、冨士吉田間鐵道敷設の請願(高橋
   長治君外二名紹介)(第一一四一號)
一八八 國鐵電氣工事開放に關する請願(前田榮
   之助君外二名紹介)(第一一四六號)
一八九 大樹、豐頃間國營バス運輸開始の請願(
   高倉定助君紹介)(第一一七六號)
一九〇 長野原、嬬戀間鐵道敷設の請願(中曽根
   康弘君外一名紹介)(第一一八九號)
一九一 財部、古江間國營バス運輸開始の請願(
   前田郁男君紹介)(第一二一〇號)
一九二 舊宮城電氣鐵道拂下に關する請願(庄司
   一郎君紹介)(第一二一五號)
一九三 千葉、成東間電化促進の請願(片岡伊三
   郎君外二名紹介)(第一二一八號)
一九四 東川手村花見に停車場設置の請願(増田
   甲子七君紹介)(第一二二〇號)
一九五三笠町彌生に停車場設置の請願(岡田春夫
   君紹介)(第一二三一號)
一九六 佐原、山倉間國營バス運輸開始の請願(
   寺島隆太郎君紹介)(第一二四二號)
一九七 釜石線全通促進の請願外二件(志賀健次
   郎君外七名紹介)(第一二四六號)
一九八 犬飼、佐伯兩驛間に國營バス運輸開始の
   請願(梅林時雄君紹介)(第一二五〇號)
一九九 苫前、瀧ノ上間鐵道敷設の請願(坂東幸
   太郎君紹介)(第一二五九號)
二〇〇 東鹽尻信號所を一般驛に昇格の請願(増
   田甲子七君紹介)(第一二六〇號)
二〇一 大糸線全通促進の請願(増田甲子七君紹
   介)(第一二六一號)
二〇二 瑞浪、深澤間鐵道敷設の請願(長谷川俊
   一君紹介)(第一二六三號)
二〇三 釜石線全通促進の請願(志賀健次郎君外
   七名紹介)(第一二七〇號)
二〇四 大澤假停車場昇格の請願(神山榮一君紹
   介)(第一二八五號)
二〇五 富山港線拂下に關する請願(鍛冶良作君
   紹介)(第一三〇五號)
二〇六 大糸線全通促進の請願外一件(増田甲子
   七君紹介)(第一三一四號)
二〇七 甲府・鹽尻間、鹽尻・名古屋間及び鹽尻
   ・長野間電化促進の請願外一件(増田甲子
   七君紹介)(第一三一五號)
二〇八 荒尾市増永に停車場設置の請願(寺本齋
   君外一名紹介)(第一三二九號)
二〇九 右左府、御影間鐵道敷設の請願(山中日
   露史君外三名紹介)(第一三三四號)
二一〇 網代驛の驛名變更反對の請願(足立梅市
   君紹介)(第一三三九號)
二一一 水澤・花泉間及び高田、瑞山間國營バス
   運輸開始の請願(淺利三朗君外三名紹介)
   (第一三五〇號)
二一二 中込、高崎間鐵道敷設の請願(井出一太
   郎君外二名紹介)(第一三六一號)
二一三 釧路、北見相生間鐵道敷設の請願(伊藤
   郷一君外四名紹介)(第一三六八號)
二一四 前澤、高田間國營バス運輸開始の請願(
   淺利三朗君紹介)(第一三八五號)
二一五 中河村下河端に停車場設置の請願(坪川
   信三君外一名紹介)(第一三八六號)
二一六 木材の輸送増強に關する請願(圖司安正
   君外二名紹介)(第一三九二號)
二一七 山田線電化竝びに改良工事施行の請願(
   淺利三朗君紹介)(第一三九七號)
二一八 青森、三厩間鐵道敷設の請願(山崎岩男
   君外一名紹介)(第一四一〇號)
二一九 石巻、雄勝間國營バス運輸開始の請願(
   内海安吉君紹介)(第一四三五號)
二二〇 石川、豐間間國營バス運輸開始の請願(
   小澤專七郎君外一名紹介)(第一四四一
   號)
二二一 富岡・平谷間竝びに富岡・阿瀬比間國營
   バス運輸開始の請願(岡田勢一君外四名紹
   介)(第一四七〇號)
二二二 小川郷、川前兩驛間に停車場設置の請願
   (齋藤晃君外一名紹介)(第一四八五號)
二二三 岩内町に測候所設置の請願(椎熊三郎君
   紹介)(第一五〇四號)
二二四 魚成橋、野村間國營バス運輸開始その他
   に關する請願(井谷正吉君外二名紹介)(
   第一五一〇號)
  陳情書
 一 海運經營方式竝びに船員管理に關する陳情
   書(全日本海員組合組合長小泉秀吉)(第
   四號)
 二 小運送復數制反對の陳情書(東京都港區芝
   留全日通勞働組合大野健三)(第一四號)
 三 高崎、熊谷間鐵道電化に關する陳情書(熊
   谷市長鴨田宗一外五名)(第三七號)
 四 鐵道運賃値上反對に關する陳情書(物價引
   下運動中央懇談會)(第四五號)
 五 野岩羽鐵道延工事豫定線變更竝びに速成の
   陳情書(栃木縣鹽原町長代理助役佐治洋之
   介外二十名)(第六一號)
 六 九州四國間省營連絡に關する陳情書(愛媛
   縣西宇和郡町村長會長兵頭傳兵衞外二名)
   (第八四號)
 七 海運業民營還元反對の陳情書(關門地區船
   員大會)(第八七號)
 八 日本通運株式會社の現業解體に關する陳情
   書(青森縣舊丸通復元期成同盟會委員長鈴
   木武)(第八八號)
 九 釧網線古樋驛上札鶴驛間新線建設促進に關
   する陳情書(北海道斜里郡小清水村長藤原
   教)(第九〇號)
一〇 山陰線八鹿驛濱坂驛間新線建設に關する陳
   情書(兵庫縣美方郡濱坂町長仲山茂義外十
   名)(第九五號)
一一 常磐線松戸我孫子間電車化促進に關する陳
   情書(常磐線柏驛通勤通學者連盟委員長弓
   削榮吉)(第二〇二號)
一二 被買收鐵道民營還元に關する陳情書(被買
   收鐵道還元期成同盟會長山田胖)(第二三
   八號)
一三 元鳥取氣象觀測所の拂下又は貸下の陳情書
   (鳥取縣氣高郡松保村海外引揚者援護同志
   會森本邦五郎)(第二四六號)
一四 鳥取市八鹿町間國營自動車開設に關する陳
   情書(兵庫縣美方郡濱坂町長仲山茂義外十
   名)(第二四八號)
一五 鹿兒島市種子ケ島間國營航路開設に關する
   陳情書(鹿兒島市會議長増田靜)(第二四
   九號)
一六 造船技術の振興方策に關する陳情書(東京
   都港區芝田村町日本海事振興會外十名)(
   第二七一號)
一七 茅野驛伊那北驛間等に國營自動車運行に關
   する陳情書(長野縣上伊那郡高遠町長黒河
   内義夫外四名)(第三〇一號)
一八 兵庫縣宍粟郡における省營自動車開設促進
   の陳情書外七件(兵庫縣宍粟郡魚谷村中田
   淺治外二百四十七名)(第三三五號)
一九 兵庫縣宍粟郡における省營自動車開設促進
   に關する陳情書外二件(兵庫縣宍粟郡富栖
   村長小林善郎外百三十名)(第三八三號)
二〇 兵庫縣宍粟郡における省營自動車開設促進
   に關する陳情書(兵庫縣宍粟郡土萬村長岸
   原徳四郎外三十三名)(第四三三號)
二一 有馬線復活に關する陳情書(兵庫縣有馬郡
   山口村長中尾重三郎外十五名)(第四五八
   號)
二二 宮古市小本間國營自動車運輸開設に關する
   陳情書(岩手縣下閉伊郡宮古市長菊地信一
   外四名)(第四六八號)
二三 九・四連絡航路に對し民營事
   業強化に關する陳情書(豫上西南部鐵道速
   成同盟會長宇和島市長國松福祿外四名)(
   第四九〇號)
二四 足尾線復舊工事に促進に關する陳情書(栃
   木縣上都賀郡足尾町長小林禮治)(第四九
   一號)
二五 水戸松戸間電化促進に關する陳情書(常磐
   線電化促進連合委員長茨城縣土浦市長大谷
   丑之助)(第五二〇號)
二六 野村町大内町間省營自動車開設に關する陳
   情書(愛媛縣東宇和郡野村町長渡邊百三外
   五名)(第五三三號)
二七 都道府縣議會議長に國有鐵道無賃乗車證下
   付の陳情書(石川縣議會議長岡島友作)(
   第五七〇號)
二八 大糸線全通促進に關する陳情書(社團法人
   松本商工會議所會頭渡邊榮藏)(第五七二
   號)
二九 甲府・鹽尻間竝びに鹽尻・名古屋間及び鹽
   尻・長野間鐵道電化に關する陳情書(社團
   法人松本商工會議所會頭渡邊榮議)(第五
   七三號)
三〇 西國循環線の全通竝びに九四連絡民營強化
   に關する陳情書外一件(高知縣幡多郡津大
   村長門田穀外九名)(第五九八號)
三一 四國循環線の全通竝びに九四連絡民營強化
   に關する陳情書(高知縣幡多郡宿毛町長河
   野一)(第五九九號)
三二 三田山崎町間省營自動車開設に關する陳情
   書(兵庫縣加東郡上福田村長大西龜太郎外
   十四名)(第六〇五號)
三三 奥羽本線神町米澤間竝びに仙山線仙臺山形
   間の電化に關する陳情書(山形縣議會議長
   加藤富之助)(第六三四號)
三四 九・四連絡航路に對し民營事業強化に關す
   る陳情書(愛媛縣南宇和郡西外海村長藤原
   勘一外六名)(第七〇七號)
    ―――――――――――――
#2
○正木委員長 會議を開きます。
 これより去る五日本委員會に付託されました日程第二一一ないし日程第二二四の各請願につき審査いたします。
 まづ日程第二一一、水澤、花泉間及び高田、瑞山間國營バス運輸開始の請願、淺利三朗君ほか三名紹介、文書表第一三五〇號。日程第二一四、前澤、高田間國營バス運輸開始の請願、文書表第一三八五號。日程第二一九、石巻、雄勝間國營バス運輸開始の請願、文書表第一四三五號を一括議題に供します。説明代理者、井谷正吉君。
#3
○井谷委員 まづ日程第二一一の請願の要旨は、岩手縣胆澤郡水澤町を起點として、姉體、黒石、田河津、長坂、猿澤、澁民、摺澤、磐清水、千厩、八澤、藤澤、黄海、日形、老松、花泉の各町村に至る路線及び氣仙郡高田町を起點として氣仙、矢作、大原、澁民、摺澤、長坂、松川、舞川、眞瀧、一關、山目、嚴美の各町村に至る路線の沿道一帶は、各種特殊物資の生産が多量であるが、現在運輸機關としては一關、盛岡間を連絡する大船渡線のみで、物資の輸送竝びに經濟文化の進展に大なる障害をなしている。ついては該兩路線に國營バスの運輸を開始されたいというのであります。
 次の日程二一四請願の要旨は、岩手縣は生活の全體にわたつて東北本線沿線と海岸方面とでは非常な相違があり、その緩和をはかることは、國家の政治文化の上に偉大な貢獻をなし得るのであるが、その方策として兩者の交通網の完璧に待つよりほかはない。そのうち特に前澤、高田間は、その最短距離で、無限の海産物と豐富な農産物の交流、竝びに觀光事業の發展上最も重要な路線である。ついては該路線に國營バスの運輸を開始されたいというのであります。
 最後の日程第二一九の請願の要旨は、石巻市は當地方における政治行政の中心であるのみならず、經濟的にも文化的にも中心地であつて、關係地方民の同市に往來する者は多數に上つている。しかるに現在交通機關として利用し得るものは絶無であるという状態である。ついては速やかに石巻、雄勝間に國營バスの運輸を開始されたいというのであります。
#4
○正木委員長 これら各請願に對する政府側の意見を聽取いたします。
#5
○川村説明員 ただいま日程二一一の請願の路線は、延長一五〇キロ餘りの厖大なものでありますので、目下の情勢では豫算、資材、其の他の關係で早急なる實施は困難であります。さしあたり既設路線の増強や現在運行中の民營自動車を助長することによつて輸送の圓滑をはかりたいと考へております。しかし一關を中心に槻木平及び花泉、千厩間におきましては、今同の輸入車により省營トラツクの區間事業を實施することに、現地で業者との協定が整つた旨、鐵道局より報告がありましたから、近くこれは實現することと思います。
 日程二一四の請願中の路線については、まだ調査いたしておりませんので、詳細申上げられませんが、目下の情勢では國營自動車の新線については、早急實施は困難であります。
 最後の日程二一九の請願につきましては、現在仙北鐵道のバスが運輸いたしておりますので、さしあたりこれを育成助長して、輸送力を確保したいと考へておる次第であります。
#6
○正木委員長 これら各請願に對する質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#7
○正木委員長 次に日程二二〇、石川、豐間間國營バス運輸開始の請願、小澤專七郎君ほか一名紹介、文書表第一四四一號。日程二二一、富岡、平谷間竝びに富岡、阿瀬比間國營バス運輸開始の請願、岡田勢一君ほか四名紹介、文書表第一四七〇號。日程二二四、魚成橋、野村間國營バス運輸開始その他に關する請願、井谷正吉君ほか二名紹介、文書表第一五一〇號。右三件を一括上程いたします。井谷正吉君。
#8
○井谷委員 先づ日程二二〇の請願につき紹介説明をいたします。本請願の要旨は、福島縣石城郡石川町、湯本町間は國營バス運輸實施の豫定線に決定されましたが、湯本町に東隣する小名濱町、江名町及び豐間町は本縣最大の漁港でありまして、小名濱港は目下商港としてその装備を整えつつあり、各町間の交流は逐日激増しつつある。しかるに現在の交通機關は民營バスと私鐵のみで、とうてい地方の交通需要に應じ得ないのであります。ついては前記豫定線を小名濱町、江名町を經て豐間町まで延長されたいというのであります。
 次に富岡、平谷間竝びに富岡、阿瀬比間國營バス運輸開始の請願について御説明申し上げます。徳島縣那賀郡の交通状態を見ると、牟岐線が海岸線に沿つて郡の東端を走つているため、經濟文化の發達は同沿線のみに限られた感が強く、停車場より遠距離にある部落民及び通學通勤者の不便はもとより、丹生谷町村、海部郡木頭村の豐富なる林産資源の開發も遲々として進まない。ついてはこれが打開策として富岡町より中木頭村平谷に至る路線竝びに富岡町より大野村を經て桑野町阿瀬比に至る路線に國營バス運輸を開始されたいというのであります。
 次に日程二二四、魚成橋、野村間國營バス運輸開始その他に關する請願につきまして紹介説明をいたします。本請願の要旨は、愛媛縣東宇和郡魚成村は、交通機關の恩惠に浴すること少く、野村町、宇和町、八幡濱はもとより、東西各地との連絡交流、文化、交通、産業の振興促進上、遺憾な點が多い。ついては速やかに魚成橋を起點として野村町に至る間に國營バスの運輸を開始されるとともに、これが實現の曉は、これを利用するものがきわめて多いと思われるので、魚成村の中央部に職員配置驛を設置し、卯之町線に接續する定期自動車の便を魚成橋より開始されたいというのであります。以上三件につき何とぞ速やかに御審議の上、御採擇を御願いいたします。
#9
○正木委員長 これら各請願に對する政府側の意見を聽取いたします。川村説明員。
#10
○川村説明員 先ず日程二二〇の請願について政府側の意見を申し述べます。本年一月二一日湯本町に於て自動車協議會開催の結果、國營自動車運行方について大多數の贊成を得ましたが、バス業者の猛烈な反對のため實施を見ません、かような状態でありますので、實現はきわめて困難であります。しかし貨物自動車については、輸入車により區間營業を實施することに業者との協定が結ばれましたのでただいま準備中であります。
 次に日程二二一の請願について政府側の意見を申し述べます。國營自動車の新線開業は目下の豫算、資材その他の事情から見て早急實施は困難であります。さしあたり現在運輸中の民營自動車を強化育成して輸送の圓滑をはかりたいと存じます。
 次に日程二二四の請願について政府側の意見を申し述べます。本路線に國營を開始することは目下の情勢より見て早急實施は困難でありますので、現在の民營業者を育成助長することを考へております。
#11
○正木委員長 おれら各請願に對する質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#12
○正木委員長 では日程第二一二、中込、高崎間鐵道敷設の請願、文書表第一三六一號。日程第二一三、釧路、北見相生間鐵道敷設の請願、文書表第一三六八號。及び日程第二一五、中河村下河端に停車場設置の請願、文書表第一三八六號を一括議題といたします。説明代理者井谷君。
#13
○井谷委員 説明いたします。日程第二一二の請願の要旨は、信越線確氷の難關は十五分の一の勾配で、現在の交通運輸の頻繁には適しない。殊に隧道の腐朽はなはだしく、危險な状態にある。しかるに長野縣の中込驛から内山峠を經て高崎驛に通ずる線は、沿線一帶に豐富な林、鑛資源を有し、繭の産出も多い。またハイキングの好適地でもあり、長野縣南佐久郡と群馬縣との唯一の捷路となつているのであります。ついては確氷に集まる貨客を緩和させるとともに、沿線の物資輸送に使するため、中込、高崎間に鐵道を敷設されたいというのであります。
 次の日程第二一三の請願の要旨は、北海道釧路港を起點として阿寒湖畔を經て北見相生に至る鐵道の敷設は、當地方經濟の開發と過剩人口對策かつ貿易再開による農林資源の輸送、竝びに海外よりの受入れ等に關して重要であり、また沿線町村は現在交通の便なく豐富な資源も地元の消費の域を出ず、文化、厚生上の施設も實施できなく、生産意欲を減退し、移民はもちろん住民の定著をも困難に陥れているのであります。ついては速やかに本線を敷設されたいというのであります。
 次に日程第二一五の請願の要旨は、福井縣今立郡中河村下河端は、北陸線鯖江驛と大土呂驛の中間に位し、昭和十年にガソリンカー停車場設置方を請願したが、時局のため中止となり今日に至つたのであります。しかるに最近神明村が町制を實施されるに及んで、交通運輸上特に重要性を加えたのであります。ついては附近五箇町村の開發のため現在保線詰所のある地に停車場を設置されたいというのであります。何とぞ御審議の上、採擇されんことを望みます。
#14
○正木委員長 まず日程二一二、日程二一三に對する政府側の意見を聽取いたします。小森説明員。
#15
○小森説明員 まず日程二一二の請願の區間のうち、中込、下仁田間は鐵道敷設法豫定線になつて居りません。線路延長は約三十七キロありまして、經過地は一貫して山間部でありまして、線路は馬蹄形あるいは螺旋形を畫いても千分の三十となり、内山峠には約五キロのトンネルができる豫定であります。次に下仁田、高崎間の延長は約三十四キロあり、上信電氣鐵道が開業しています。なお現在のトンネルは腐朽はなはだしく危險状態であるとのお話ですが、第六號トンネルに漏水はありますけれども、危險は絶對にありません。また高崎、小諸間の現在線と比較しますと、約二十キロの増長となる見込みであります。當局といたしましては現在横川、輕井澤間は電化しておりますが、高崎、横川間の電化については目下計畫中でありまして、豫算、資材の許す限り適當な時期に電化したいと考えております。信越本線の線路改良については、數線の比較線がありまして目下のところ研究中であります。從つて本請願の急速な實現は困難であります。
 次に日程二一三の請願の路線は鐵道敷設法豫定線であります。經過地は釧路川、阿寒川、網走川の流域を通過いたしますので、地形は大體良好であります。また釧路寄りに二、三の比較線がありますが、どこを通るとも決しておりません。目下の國内情勢では急速な敷設は困難であります。
#16
○正木委員長 次に日程二一五に對する政府側の意見を聽取いたします。石井説明員。
#17
○石井説明員 では日程二一五の請願に對する政府側の意見を申し上げます。中河村下河端に停車場設置の請願でありますが、當局としてはいろいろ事情を調査してみましたが、豫算、資材その他の關係から早急實現は困難であります。
#18
○正木委員長 これら各請願に對する質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#19
○正木委員長 日程二一六、木材の輸送増強に關する請願、圖司安正君ほか二名紹介、文書表第一三九二號。日程二一八、青森、三厩間鐵道敷設の請願、山崎岩男君ほか一名紹介、文書表第一四一〇號。日程二二二、小川郷、川前兩驛間に停車場設置の請願、齋藤晃君ほか一名紹介、文書表第一、四八五號。右三件を一括して上程いたします。説明代理者井谷正吉君。
#20
○井谷委員 まづ日程二一六、木材の輸送増強に關する請願について御説明申し上げます。本請願の要旨は、山形縣最上郡は製材業をもつて代表的産業とし、終戰以來戰災復興用材竝びに進駐軍用材の生産に、また最近は水害復舊資材の生産に、大いに成果をあげてきたが、最近水害その他の事情から輸送力を激減し、これに伴う資金囘收の不能によつてその經營はますます困難となつた。ついては木材搬出臨時列車の特發と竝びに生産量に適合する輸送計畫を樹立してこれを實施されたいというのであります。
 次に日程二一八、青森、三厩間鐵道敷設の請願について説明申し上げます。本請願の要旨は、青森縣は森林縣といわれ、他の追隨を許さないのでありますが、特に楮はわが國三大美林にあげられていますが、輸送の利便が悪いためこれら豐富な資材が山元に滯貨している。また同方面の水産加工品、林産加工品も同様な状態にある。ついては青森市から東津輕郡三厩に至る津輕半島環状鐵道の敷設をされたいというのであります。
 次に日程二二二、小川郷、川前兩驛間に停車場設置の請願であります。本請願の要旨は、福島縣磐城郡小川郷、川前兩驛間は、距離の上からも、また山間の文化開發のためにも、驛を設置する必要がある。ついては該兩驛間に江田停車場の新設を促進されたいというのであります。以上三件を何とぞ愼重に御審議の上、速やかに御採擇あらんことを御願い申し上げまして、私の説明を終ります。
#21
○正木委員長 ではまず日程二一六、日程二二二に對する政府側の意見を聽取いたします。石井説明員。
#22
○石井説明員 まず日程二一六の請願について申し上げます。鐵道の輸送量は漸次上昇しておりますが、まだ輸送要請の七〇%程度であり、目下食糧、薪炭等の輸送に時節柄努力しております。木材の輸送は要請の五〇%を輸送し得ることとなつておりますが、限られた輸送力をもつてしてはこれ以上木材輸送に力を割くことは出來ません。しかしながらその重要性に鑑み計畫輸送量の範圍内において極力努力いたします。
 次に日程二二二の請願の地點は千分の二十という急勾配のため驛の設置は非常に困難であります。かりに設置するとしても、停車場の前後の勾配がなお急になりますので、輸送力にも甚大の影響を與えますし、工事費、資材等も少からず要しますので、實現は困難であります。
#23
○正木委員長 次に日程二一八の請願に對する政府側の意見を聽取いたします。小森説明員。
#24
○小森説明員 日程二一八の請願は、第六十九帝國議會において資源開發のため建設豫定線に掲上された青森、五所川原間鐵道の一部でありまして、青森、蟹田間の路盤工事は竣工しております。蟹田、三厩間も相當路盤工事はできておりますが、資材等の關係で一時中止しております。二十二年度は青森、蟹田間の土工工事を施行しておりますが、二十三年度は資金、資材の關係から開業は困難であります。
#25
○正木委員長 これら各請願に對する質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#26
○正木委員長 次に日程二一七、山田線電化竝びに改良工事施行の請願、文書表第一三九七號を議題に供します。説明代理者井谷正吉君。
#27
○井谷委員 ただいまの請願の要旨は、山田線は東北本線盛岡を起點として三陸沿岸に通ずる樞要路線で、同地方一帶に散在する觀光適地の發展、豐富なる資源の開發、三陸漁場の飛躍的發展の上に重大使命をもつているが、急勾配、急曲線の箇所多く、敷設規格が最劣であるため、輸送力がきわめて乏しく、かつ多數の隧道が連續しているため、煤煙が車内に充滿して保健上憂うべき状態にある。ついては該線の電化竝びに輸送力増強の改良工事を施行されたいというのであります。
#28
○正木委員長 本請願に對する政府側の意見を聽取いたします。西村政府委員。
#29
○西村(英)政府委員 山田線はトンネル、急勾配の連續せる特殊路線で、將來當然考慮さるべき區間として優先的に調査計畫しているが、豫算、資材等の關係もあり、目下實施困難であります。
#30
○正木委員長 本請願に對する質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#31
○正木委員長 最後に日程二二三、岩内町に測候所設置の請願、文書表第一五〇四號を議題といたします。説明代理者井谷正吉君。
#32
○井谷委員 本請願の要旨を申し上げますと、北海道岩内郡岩内町は、わが國でもまれに見る潮流と氣象の變化が激しい神威岬と辨慶岬の中間に位し、この沿岸近海に出漁又は海運に從事する中、小船舶は、天候の急變を豫知することができないし、また農民は種まきから收穫まで、激變する天候の豫報機關が十分でないため、産業上多大の支障を來しているのであります。ついては速やかに本町に測候所を設置されたいというのであります。
#33
○正木委員長 本請願に對する政府側の意見を聽取いたします。根本説明員。
#34
○根本説明員 では日程第二二三岩内町に測候所設置の請願に對する政府側の意見を申し上げます。本請願の岩内町の特殊事情は、調査しました結果、その御要旨についてはよくわかりますが、目下の財政上より見て實施は困難であります。
#35
○正木委員長 本請願に對する質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕
#36
○正木委員長 これをもつて本委員會に付託されました請願はすべて審査いたしました。
    ―――――――――――――
#37
○正木委員長 ではこれより陳情書の審査に入ります。日程第一、海運經營方式竝びに船員管理に關する陳情書より、日程第三四、九・四連絡航路に對し民營事業強化に關する陳情書までを一括議題として審査に入りますが、これらの各陳情書は、すでに審査濟みの各請願と同一趣旨なものがありますので、これらをすべて了承いたしておくに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#38
○正木委員長 それではさように決します。
    ―――――――――――――
#39
○正木委員長 これより請願の議決に入るのでありますが、その打合せの心要もありますので木委員會としては暫時休憩し、その間に打合せをしたいと思いますが、いかがでしようか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#40
○正木委員長 それでは暫時休憩いたします。
    午後二時四十七分休憩
     ――――◇―――――
    午後五時十二分開議
#41
○正木委員長 再開いたします。休憩中において各委員と協議した通り、請願日程中第一より第二三までの各請願、また日程第二五より日程第一〇九までの各請願及び日程第一一一より日程第二二四の各請願はいずれも採擇の上、内閣へ送付するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#42
○正木委員長 それでは、以上の各請願はいずれも採擇の上、内閣送付に決しました。
 次に日程第二四、日程第七八及び日程第一一〇の三請願は、その議決を留保いたします。
 では今國會における各位の御努力に對して感謝して、本日はこれにて散會いたします。
    午後五時十五分散會
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト