くにさくロゴ
1957/11/14 第27回国会 参議院 参議院会議録情報 第027回国会 文教委員会 第6号
姉妹サイト
 
1957/11/14 第27回国会 参議院

参議院会議録情報 第027回国会 文教委員会 第6号

#1
第027回国会 文教委員会 第6号
昭和三十二年十一月十四日(木曜日)
   午後五時五十一分開会
    ―――――――――――――
  委員の異動
十一月十二日委員下條康麿君辞任につ
き、その補欠として松岡平市君を議長
において指名した。
十一月十三日委員中野文門君、田中茂
穂君及び後藤義隆君辞任につき、その
補欠として大野木秀次郎君、近藤鶴代
君及び郡祐一君を議長において指名
した。
本日委員大野木秀次郎君辞任につき、
その補欠として西岡ハル君を議長にお
いて指名した。
    ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     秋山 長造君
   理事
           野本 品吉君
           林田 正治君
           矢嶋 三義君
   委員
           川村 松助君
           近藤 鶴代君
           左藤 義詮君
           西岡 ハル君
           松岡 平市君
           三浦 義男君
           安部 清美君
           高田なほ子君
           松永 忠二君
           湯山  勇君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       工楽 英司君
  説明員
   文部大臣官房総
   務参事官    斎藤  正君
   文部省大学学術
   局長      緒方 信一君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○継続調査要求の件
○委員派遣承認要求の件
○義務教育学校の学級編成基準等に関
 する請願(第二〇号)(第二八一
 号)(第三五一号)
○公立義務教育施設費半額国庫負担制
 度確立に関する請願(第二一号)
 (第二二号)(第一〇四号)(第一
 〇五号)(第一〇六号)(第一〇七
 号)(第一〇八号)(第一〇九号)
 (第一一〇号)(第一一一号)(第
 一一二号)(第一一三号)(第一一
 四号)(第一一五号)(第一一六
 号)(第一一七号)(第一一八号)
 (第一一九号)(第二一〇号)(第
 二一一号)(第一二二号)(第一二
 三号)(第一二四号)(第一二五
 号)(第一二六 号)(第一二七
 号)(第一二八号)(第一二九号)
 (第一三〇号)(第一三一号)
 (第一三二号)(第一三三号)(第
 一三四号)(第一三五号)(第一三
 六号)(第一三七号)(第一三八
 号)(第一三九号)(第一四〇号)
 (第一四一号)(第一四二号)(第
 一四三号)(第一四四号)(第一四
 五号)(第一四六号)(第一四七
 号)(第一四八号)(第一四九号)
 (第一五〇号)(第一五一号)(第
 一五二号)(第一五三号)(第一五
 四号)(第一五五号)(第一五六
 号)(第一五七号)(第一五八号)
 (第一五九号)(第一六〇号)(第
 一六一号)(第一六二号)(第一六
 三号)(第一六四号)(第一六五
 号)(第一六六号)(第一六七号)
 (第一六八号)(第一六九号)(第
 一七〇号)(第一七一号)(第一七
 二号)(第一七三号)(第一七四
 号)(第一七五号)(第一七六号)
 (第二九七号)(第二九八号)(第
 二九九号)(第三〇〇号)(第三〇
 一号)(第三〇二号)(第三〇三
 号)(第三〇四号)(第三〇五号)
 (第三〇六号)(第三五四号)(第
 三五五号)(第三五六号)(第三五
 七号)(第三五八号)(第三五九
 号)(第三六〇号)(第三六一号)
 (第三六二号)(第三六三号)(第
 三六四号)(第三六五号)(第三六
 六号)(第三六七号)(第三六八
 号)(第三六九号)(第三七〇号)
 (第五七三号)(第五七四号)(第
 五七五号)(第五七六号)(第五七
 七号)(第五七八号)(第五七九
 号)(第五八〇号)(第五八一号)
 (第五八二号)(第五八三号)(第
 五八四号)(第五八五号)(第五八
 六号)(第五八七号)(第五八八
 号)(第五八九号)(第五九〇号)
 (第五九一号)(第五九二号)(第
 五九三号)
一、へき地教育振興予算に関する請願
 (第二三号)(第六〇号)
一、へき地教育振興法の一部改正に関
 する請願(第二九号)(第四九七
 号)
一、柔道振興に関する請願(第三〇
 号)
一、義務教育学校の学級編成基準に関
 する請願(第六八号)
一、義務教育学校統合特別助成費予算
 増額に関する請願(第六九号)
一、公立義務教育施設費半額国庫負担
 制度確立等に関する請願(第一〇三
 号)
一、教育施設復旧費国庫補助増額に関
 する請願(第一八一号)
一、公民館等の災害復旧費国庫補助に
 関する請願(第一八二号)
一、準要保護児童、生徒に学用品無償
 給付の請願(第一八三号)
一、義務教育教材費国庫負担増額等に
 関する請願(第二八二号)
一、国旗記念日制定に関する請願(第
 二九六号)
一、公立学校教職員の病気休職期間を
 復職後昇給期間に換算するの請頒
 (第三八四号)
一、北海道大工学部に精密工学科設
 置の請願(第三八五号)
一、福岡市板付基地周辺の学校教育対
 策に関する請願(第三八六号)
一、学校給食振興に関する請願(第三
 八七号)
一、PTAの公費負担額軽減に関する
 請願(第三八八号)
一、義務教育学校等の学級編成基準に
 関する請願(第三八九号)
一、公立文教施設整備に対する国旗補
 助金交付の時期決別の請願(第四六
 四号)
一、統合学校建設国庫補助増額等に関
 する請願(第四六五号)
一、併設中学校の独立校舎建築は資格
 坪数全体を国庫補助対象とするの請
 願(第四六六号)
一、栃木県宇都宮第二操縦学校の飛行
 騒音による被害補償の請願(第五一
 二号)
一、福岡学芸大学充実促進に関する請
 願(第五一六号)
一、昭和三十三年度教育予算増額等に
 関する請願(第五一七号)
一、東京大学北海道演習林内の開発適
 地開放に関する請願(第五一八号)
一、勤務評定実施反対に関する請願
 (第五二〇号)
一、危険校舎改築促進臨時措置法を恒
 久法とするの請願(第五五三号)
一、高等学校定時制課程の育英資金増
 額に関する請願(第五五四号)
一、高等学校の定時制教育及び通信教
 育振興法の一部改正に関する請願
 (第五五五号)
一、麓山大学に夜間大学設置の請願
 (第五五六号)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(秋山長造君) これより文教委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。十一月十二日下條康麿君がまた十三日には中野文門君、田中茂穂君、後藤義隆君がそれぞれ委員を辞任され、補欠として松岡平市君、大野木秀次郎君、近藤鶴代君、郡祐一君が選任されました。また本日大野木応次郎君が辞任され、その補欠として西岡ハル君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(秋山長造君) まず、継続調査要求についてお諮りいたします。教育、文化及び学術に関する調査については、今期国会開会以来、教職員の勤務評定、明年度文教予算等について鋭意調査を行なって参りましたが、会期中に調査を完了することは困難でありますので、本院規則第五十三条によりまして継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(秋山長造君) 御異議ないと認めます。
 なお、要求書の内容及びその手続等は、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(秋山長造君) 御異議ないと認めます。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(秋山長造君) 次に、委員派遣要求についてお諮りいたします。本委員会においては、すでに閉会中委員派遣を行うことについて決定を行い、派遣地、派遣期間、派遣委員の数等は御承諾をいただいているのでありますが、派遣委員の人選、期間等については、手続等とあわせてこれは委員長及び理事に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(秋山長造君) 御異議ないと認めます。
#8
○委員長(秋山長造君) 次に、当委員会に付託されております請願第二十号ほか百五十六件を便宜一括して議題といたします。審査の順序はお手許に配付してございます整理表の順序によることといたします。調査員から説明を求めます。
 速記をとめて。
   午後五時五十三分速記中止
     ―――――・―――――
   午後六時三十四分速記開始
#9
○委員長(秋山長造君) 速記を起して。
 ただいまの審査の結果、請願第二十号外百四十九件の請願はいずれも議院の会議に付し、内閣に送付を要するものと決定して御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(秋山長造君) 御異議ないと認めます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後六時三十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト