くにさくロゴ
1947/07/09 第1回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第001回国会 鉱工業委員会 第2号
姉妹サイト
 
1947/07/09 第1回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第001回国会 鉱工業委員会 第2号

#1
第001回国会 鉱工業委員会 第2号
昭和二十二年七月九日(水曜日)
    午前十一時五分開議
 出席委員
   委員長 伊藤卯四郎君
   理事 大矢 省三君    岡田 春夫君
      青柳 高一君    岡部 得三君
      澁谷雄太郎君    早川  崇君
      今澄  勇君    金野 定吉君
      萬田 五郎君   生悦住貞太郎君
      生越 三郎君    庄  忠人君
      長尾 達生君    西田 隆男君
      淵上房太郎君    谷口 武雄君
      前田 正男君
七月九日理事深津玉一郎君及び淵上房太郎君理事
辞任につき、その補欠として今村長太郎君及び澁
谷雄太郎君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 一理事互選
 一石炭問題に関する、國政調査承認要求の件
 一委員派遣承認申請の件
 一軽工業小委員選定の件
 一化学工業小委員選定の件
 一金属工業小委員選定の件
    ―――――――――――――
#2
○伊藤委員長 これより会議を開きます。議事に入る前にまずお諮りいたすことがあります。理事の深津玉一郎君と理事の淵上房太郎君より、それぞれ理事辞任の申出がありましたが、両君の辞任を許可することに御異議ありませんか。
#3
○伊藤委員長 御異議なしと認めます。よつて両君の理事辞任を決しました。それではこれより理事二名の補欠選挙を行いたいと思います。
#4
○岡田(春)委員 互選の手続を省略して、委員長において指名せられるよう望みます。
#5
○伊藤委員長 ただいまの岡田君の意見に御異議ありませんか。
#6
○伊藤委員長 御異議なしと認めます。それでは今村長太郎君、澁谷雄太郎君を理事に指名いたします。
#7
○岡田(春)委員 本委員増員に伴いまして、理事を一名増加いることとし、その互選は省略して、委員長において指名せられるよう望みます。
#8
○伊藤委員長 ただいまの岡田君の意見に御異議ありませんか。
#9
○伊藤委員長 御異議なしと認めます。それでは理事を一名増加することとし、早川崇君を理事に指名いたします。
    ―――――――――――――
#10
○伊藤委員長 これより議事に移ります。私より石炭小委員長といたしまして、昨日の石炭小委員会の決定事項を御報告申し上げます。石炭小委員会では、現在の石炭事情の重大性に鑑みまして、増産の隘路はどこにあるか、本年度三千万トン達成の方策いかんの二点を目的といたしまして、現地炭鉱の実地調査を行い、関係各方面より廣く意見を聴取することとし、調査資料を要求するという方法によりまして、本会期中にわたり石炭問題に関し調査を行いたいということを決議いたしたいと思います。つきましては、本件は本日の委員総会に付議してその承認を得て、議長あてに石炭問題に関する國政調査の承認要求を行うという運びにいたしたいのであります。以上をもちまして石炭小委員会の報告を終ります。
 ただいまより石炭小委員会の報告により、石炭問題に関する國政調査の件につきお諮りいたしたいと思います。ただいまの報告通り計らうことに御異議はありませんか。
#11
○伊藤委員長 それではそのように計らうことに決しました。それでは後刻ただちに書面をもつて議長あてに國政調査承認要求をいたすことといたします。なお石炭問題に関する國政調査に伴う委員の現地派遣の件は、議長より國政調査承認がありましてから委員会を開いて、委員の派遣承認要求をいたすことを決しまして、議長に要求書を提出、承認を求めるという順序となるのでありますが、この煩瑣な手続を省略する意味で、本日これより委員派遣承認申請の件を協議決定し、國政調査承認要求と一括して申請いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
#12
○伊藤委員長 異議がなければそのようにいたします。それではこれより委員派遣承認申請の件を議題といたします。まず派遣の目的でありますが、それは先ほど石炭小委員会等におきましてその目的を協議決定してありまする。石炭増産の隘路はどこにあるか。本年度三千万トン目的達成する方法いかん。この二点について現地派遣委員の調査を行つていただくことのいたしたいと思います。派遣委員の数及び指名でありますが、これは石炭小委員の各位にそれぞれ手わけをして行つていただくということにいたしていかがでございましようか。
#13
○伊藤委員長 ではそういうように決定いたしたいと思います。
 次は派遣の期間でありますが、これも本会期中に本会議等において支障のない範囲内において行いたいと思いますが、いかがでしようか。
#14
○伊藤委員長 大体の予定といたしましては、昨日小委員会等でも二週間ときめておりましたけれども、なおその間に本会議等のことがあり、本鉱工業常任委員会等に政府から法律案等がまわつてくるような場合がありますれば、期間を切り上げて帰つてもらわなければならぬということもあると思いますから、大体におきましては二週間という程度を石炭小委員会ではきめたようなわけであります。
#15
○長尾委員 そうすると、委員会並びに小委員会はその間はどうするのですか。
#16
○伊藤委員長 それは鉱工業常任委員会は定数がございますから、この会議を開かなければならぬ緊急問題がありました場合には、鉱工業常任委員会を開催いたしたいと思います。それから石炭小委員会は、御承知の通り現地派遣をいたしておりますから、これは小委員の各位が帰つてこられますまで開かないことにいたします。
#17
○長尾委員 わかりました。
#18
○早川委員 この石炭小委員以外の者で希望あれば、そこは多少彈力性をもたして御考慮願えるかどうか、その問題を一つ……
#19
○伊藤委員長 委員長といたしましては、開会中でありますので、石炭小委員に任命されておる各位も忙しい仕事をもたれておりますので、その派遣期間をあけられるということは容易でないということもあろうと思いますのでその代理としてお話合いの上で代りの人を行つていただくというような便宜の扱い等も考慮いたしまして取扱いをいたしたい、こう考えております。
 それから派遣の地域でありますが、東、北の方は常磐、北海道炭田地区を一般現地視察をしていただく、それから西の方といたしましては、山口、九州炭田一円を現地視察をしていただく、こういうように考えておりますが、別に御異議等はありますまいか。
#20
○伊藤委員長 それではさように決定をいたします。うことに御異議はありますまいか。
#21
○伊藤委員長 御異議がなければ、以上の三小委員会を設けることといたします。つきましてはこれより各小委員の選定を行います。
#22
○岡田(春)委員 軽工業小委員は七名とし、化学工業小委員及び金属工業小委員はおのおの六名とし、委員長において指名せられるよう望みます。
#23
○伊藤委員長 ただいまの岡田君の意見に御異議はありませんか。
#24
○伊藤委員長 御異議がなければこれより指名をいたします。
 軽工業小委員に
   松本 七郎君  村尾 薩男君
   岡部 得三君  長谷川俊一君
   今村長太郎君  平島 良一君
   前田 正男君
を指名いたします。
 化学工業小委員に
   今澄  勇君  生越 三郎君
   三好 竹勇君  有田 二郎君
   澁谷雄太郎君  高倉 定助君
を指名いたします。
 金属工業小委員に
   金野 定吉君  萬田 五郎君
  生悦住貞太郎君  青柳 高一君
   神田  博君  早川  崇君
を指名いたします。
 ほかに御意見はございませんか――ほかに御意見等がなければ、本日の委員会はこの程度で散会いたします。
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト