くにさくロゴ
1965/12/13 第50回国会 参議院 参議院会議録情報 第050回国会 文教委員会 第4号
姉妹サイト
 
1965/12/13 第50回国会 参議院

参議院会議録情報 第050回国会 文教委員会 第4号

#1
第050回国会 文教委員会 第4号
昭和四十年十二月十三日(月曜日)
   午後六時六分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         山下 春江君
    理 事         北畠 教真君
                松永 忠二君
    委 員         近藤 鶴代君
                内藤誉三郎君
                中上川アキ君
                中村喜四郎君
                秋山 長造君
                小野  明君
                小林  武君
                鈴木  力君
                柏原 ヤス君
                辻  武寿君
   政府委員
       文部大臣官房長  安嶋  彌君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        渡辺  猛君
    ―――――――――――――
 本日の会議に付した案件
○派遣委員の報告に関する件
○「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定
 数の標準に関する法律」の一部改正に関する請
 願(第一三四号)(第四七八号)(第一〇七〇号)
 (第一五五一号)(第一五九四号)
○「公立高等学校の設置、適正配置及び教職員定
 数の標準等に関する法律」附則改正に関する請
 願(第一四九号)
○高等学校のすしづめ解消と教職員定数の増員に
 関する請願(第一五五八号)(第一六〇一号)
○高等学校のすしづめ解消、教職員定数の増員及
 び父母負担軽減に関する請願(第四五号)(第一
 三三号)(第一〇六九号)
○義務教育費国庫負担法第二条改正に関する請願
 (第四三号)(第一三一号)(第四七六号)(第一〇
 六七号)(第一五五〇号)(第一五九二号)
○幼稚園教員の給与国庫負担に関する請願(第一
 五〇二号)(第一五五四号)(第一五九七号)
○養護教諭必置等に関する請願(第一五〇一号)
 (第一五五三号)(第一五九六号)
○学校警備員の設置に関する請願(第四四号)(第
 一三二号)(第四七七号)(第一〇六八号)(第一五
 九三号)
○教職員の時間外勤務手当支給制度確立に関する
 請願(第一五〇四号)(第一五五六号)(第一五九
 九号)
○教職員の研修手当支給制度確立に関する請願
 (第一五五七号)(第一六〇〇号)
○教育予算増額に関する請願(第二三五号)(第三
 〇二号)(第三六二号)(第三七四号)(第三九九
 号)(第四〇六号)(第四〇七号)(第四二八号)(第
 四二九号)(第四三五号)(第四四四号)(第四四五
 号)(第四六〇号)(第四七四号)(第四八九号)(第
 四九一号)(第五〇〇号)(第五〇一号)(第五〇
 二号)(第五〇三号)(第五二〇号)(第五二一号)
 (第五二二号)(第五四五号)(第五四六号)(第五
 四七号)(第五四八号)(第五七〇号)(第五七一
 号)(第五七二号)(第五七三号)(第五八八号)(第
 五八九号)(第五九〇号)(第六〇九号)(第六一〇
 号)(第六一一号)(第六五七号)(第六六四号)(第
 六六五号)(第六六六号)(第六六七号)(第七〇五
 号)(第七一七号)(第七二四号)(第七二六号)(第
 七四九号)(第七五〇号)(第七五三号)(第八一二
 号)(第八一八号)(第八一九号)(第八二一号)(第
 八二六号)(第八二七号)(第八三六号)(第八三七
 号)(第八六二号)(第八六三号)(第八六四号)(第
 九五五号)(第九五六号)(第九五七号)(第九六
 五号)(第九六六号)(第九八九号)(第一〇七二
 号)(第一〇七三号)(第一〇七四号)(第一一〇四
 号)(第一一〇五号)(第一一〇六号)(第一一二二
 号)(第一一二三号)(第一一四二号)(第一二二六
 号)(第一二四一号)(第一二四六号)(第一二五八
 号)(第一二五九号)(第一二九七号)(第一二九八
 号)(第一三三六号)(第一三六九号)(第一三七〇
 号)(第一四三二号)(第一四三三号)(第一四四六
 号)(第一四四八号)(第一四四九号)(第一四五〇
 号)(第一四九七号)(第一四九八号)(第一五四七
 号)
○教科書の国家統制排除等に関する請願(第三〇
 一号)(第三七三号)(第四〇五号)(第四四六号)
 (第四五九号)(第四七五号)(第五〇四号)(第五
 二三号)(第五七四号)(第六九六号)(第八二〇
 号)(第八三八号)(第八六五号)(第九六七号)(第
 一〇七五号)(第一二四二号)(第一二六〇号)(第
 一二九九号)(第一四五一号)(第一五四八号)
○へき地教育振興法の一部改正に関する請願(第
 三三号)(第四二号)(第一五四九号)(第一五九一
 号)
○産炭地教育振興臨時措置法制定促進等に関する
 請願(第五四九号)(第一〇七一号)(第一五五二
 号)(第一五九五号)
○昭和四十一年度学校給食予算増額に関する請願
 (第二九九号)
○「学校給食法の一部を改正する法律案」及び「学
 校給食用国産牛乳に関する特別措置案」に関す
 る請願(第一五〇三号)(第一五五五号)(第一五
 九八号)
○国立電波高等学校の高等専門学校昇格に関する
 請願(第八九号)
○高等学校に衛生看護科を設置することの請願
 (第三八八号)
○国立九州産業芸術大学(仮称)設置に関する請願
 (第二七三号)
○滋賀大学工学部新設に関する請願(第二八七号)
○国立新居浜工業高等学校金属工学科設置に関す
 る請願(第三四五号)
○信州大学繊維学部繊維農学科廃止反対に関する
 請願(第四〇四号)(第四二七号)
○国立室蘭工業大学建築工学科新設に関する請願
 (第六七五号)
○山形県立村山農業高等学校の危険校舎改築に関
 する請願(第五八七号)
○公共図書館の予算増額に関する請願(第四八八
 号)(第四九五号)(第五三一号)
○著作権法改正に関する請願(第六〇八号)
○明治維新百年記念祝典に関する請願(第二五〇
 号)
○北海道に国立冬季競技場設置に関する請願(第
 六七四号)
○千葉市加曽利貝塚の保存に関する請願(第二号)
 (第三号)(第三四号)(第六二号)(第二二三号)
 (第二三四号)
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(山下春江君) これより文教委員会を開会いたします。
 派遣委員の報告に関する件を議題といたします。
 先般、当委員会が行ないました委員派遣の報告につきましては、口頭報告を省略して、報告書を本委員会の会議録に掲載することとし、これにより御承知願うことといたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(山下春江君) 御異議ないと認め、さよ
 う決定いたします。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(山下春江君) これより請願の審査を行
 ないます。
 本委員会に付託になっております第二号千葉市加曽利貝塚の保存に関する請願外百七十九件を議題といたします。
 ちょっと速記をとめてください。
  〔午後六時八分速記中止〕
  〔午後六時三十一分速記開始〕
#5
○委員長(山下春江君) 速記を起こしてくださ
 い。
 それでは、ただいまの御審査の結果、採択すべきものとされました請願の件名を専門員より報告をいたさせます。
#6
○専門員(渡辺猛君) 採択すべきものとされました請願は、一、公立学校の学級編制及び教職員定数に関する件のうちでは、(2)の「公立高等学校の設置」、「適正配置及び教職員定数の標準等に関する法律」附則改正に関する請願第一四九号、(3)、高等学校のすしづめ解消と教職員定数の増員に関する請願第一五五八号外一件、(4)高等学校のすしづめ解消、教職員定数の増員及び父母負担軽減に関する請願第四五号外二件。二の教員給与の国庫負担に関する件の中では、(2)の幼稚園教員の給与国庫負担に関する請願第一五〇二号外二件。それから三の教職員の設置及びその待遇等に関する件の中では、(1)の養護教諭必置等に関する請願一五〇一号外二件、(2)の学校警備員の設置に関する請願第四四号外四件。次に、六の学校給食に関する件の中では、(1)の昭和四十一年度学校給食予算増額に関する請願二九九号。それから七の国立学校に関する件の中では、(2)の高等学校に衛生看護科を設置することの請願三八八号、それから(5)の国立新居浜工業高等専門学校金属工学科設置に関する請願三四五号、それから(7)の国立室蘭工業大学建築工学科新設に関する請願六七五号。八のその他の中では、(2)の公共図書館の予算増額に関する請願四八八号外二件、(3)の著作権法改正に関する請願六〇八号、(5)の北海道に国立冬季競技場設置に関する請願六七四号、(6)の千葉市加曽利貝塚の保存に関する請願二号外五件、
 以上でございます。
#7
○委員長(山下春江君) ただいま専門員より報告のありました三十二件の請願は、議院の会議に付するを要するものにして、内閣に送付するを要するものと決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(山下春江君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(山下春江君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#10
○委員長(山下春江君) 継続調査要求についておはかりいたします。
 教育、文化及び学術に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本院規則第五十三条により、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(山下春江君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(山下春江君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
   午後六時三十五分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト