くにさくロゴ
1965/10/11 第50回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第050回国会 議院運営委員会 第3号
姉妹サイト
 
1965/10/11 第50回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第050回国会 議院運営委員会 第3号

#1
第050回国会 議院運営委員会 第3号
昭和四十年十月十一日(月曜日)委員長の指名で、
次の通り小委員及び小委員長を選任した。
 国会法改正等に関する小委員
      坪川 信三君    伊能繁次郎君
      佐々木秀世君    久野 忠治君
      草町一郎平君    金丸  信者
      柳田 秀一君    中嶋 英夫君
      安宅 常彦君    鈴木  一君
 国会法改正等に関する小委員長 伊能繁次郎君
 図書館運営小委員
      小渕 恵三君    金丸  信君
      鯨岡 兵輔君    竹内 黎一君
      西岡 武夫君   茜ケ久保重光君
      島口重次郎君    西村 関一君
      鈴木  一君
 図書館運営小委員長      金丸  信君
 院内の警察及び秩序に関する小委員
      宇野 宗佑君    海部 俊樹君
      草野一郎平君    田村 良平君
      服部 安司君    安宅 常彦君
      角屋堅次郎君    藤田 高敏君
      鈴木  一君
 院内の警察及び秩序に関する小委員長
                草野一郎平君
 庶務小委員
      久野 忠治君    草野一郎平君
      佐々木秀世君    田中 六助君
      塚田  徹君    角屋堅次郎君
      中嶋 英夫君    柳田 秀一君
      鈴木  一君
 庶務小委員長         佐々木秀世君
―――――――――――――――――――――
昭和四十年十月十一日(月曜日)
   午後零時三十一分開議
 出席委員
   委員長 坪川 信三君
   理事 伊能繁次郎君 理事 佐々木秀世君
   理事 久野 忠治君 理事 柳田 秀一君
   理事 中嶋 英夫君 理事 安宅 常彦君
   理事 鈴木  一君
      小渕 恵三君    海部 俊樹君
      田中 六助君    竹内 黎一君
      塚田  徹君    服部 安司君
      島口重次郎君    西村 関一君
 委員外の出席者
        議     長 船田  中君
        副  議  長 田中伊三次君
        議     員 林  百郎君
        事 務 総 長 久保田義麿君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 特別委員会設置の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○坪川委員長 これより会議を開きます。
 去る九日の委員会の決定により、本日の本会議において、故高橋等君に対し内海清君が、故池田勇人君に対し和田博雄君が、それぞれ追悼演説を行なうことになっております。
 なお、前例に従い、議長から両君に対する弔詞贈呈が報告され、弔詞を朗読されます。その際は、議員の方及び議場におられる方は御起立を願うことになっておりますから、御了承願います。
    ―――――――――――――
#3
○坪川委員長 次に、特別委員会設置の件についてでありますが、今国会におきましては、とりあえず委員四十人よりなる災害対策特別委員会を設置することとし、木Hの本会議において、その設置を議決するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○坪川委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、委員四十人の各会派割り当て数は、自由民主党二十五人、日本社会党十三人、民主社会党二人と相なります。
    ―――――――――――――
#5
○坪川委員長 次に、今日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#6
○久保田事務総長 まず、高橋先生、池田先生、お二方に対する弔詞を贈呈いたしましたことを議長から報告いたしまして、次に、故議員高橋等君に対する追悼演説を民主社会党の内海清さんが、故議員池田勇人君に対する追悼演説を社会党の和田博雄さんがなさいます。次いで、ただいま御決定になりました災害対策特別委員会の設置をおはかりいたします。次に、日程第一から第四の人事承認の件についておはかりいたします。共産党が反対でございますので、採決は起立でお願いたします。
 以上でございます。
#7
○坪川委員長 それでは、本会議は、午後一時五十分予鈴、午後二時から開会することといたします。
#8
○坪川委員長 次に、次回の次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来たる十三日午後一時から開会することといたします。
 また、次回の委員会は、同日午前十一時理事会、理事会散会後委員会を開会いたします。
 この際、暫時休憩いたします。
   午後零時三十三分休憩
     ――――◇―――――
  〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト