くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第049回国会 議院運営委員会 第4号
昭和四十年七月三十日(金曜日)
   午後三時十五分開会
    ―――――――――――――
 昭和四十年七月三十日左の者は本委員を辞任し
 た。
    委員長         田中 茂穂君
    理 事         亀井  光君
    理 事         山本 利壽君
    理 事         大矢  正君
    理 事         柳岡 秋夫君
    理 事         渋谷 邦彦君
                川野 三暁君
                木島 義夫君
                岸田 幸雄君
                熊谷太三郎君
                後藤 義隆君
                高橋文五郎君
                長谷川 仁君
                林田 正治君
                日高 広為君
                二木 謙吾君
                堀本 宜実君
                森田 タマ君
                山崎  斉君
                瀬谷 英行君
                光村 甚助君
                矢山 有作君
                吉田忠三郎君
                渡辺 勘吉君
    ―――――――――――――
七月三十日議長において本委員を左のとおり指名
した。
                江藤  智君
                亀井  光君
                北畠 教真君
                楠  正俊君
                熊谷太三郎君
                栗原 祐幸君
                田中 茂穂君
                田村 賢作君
                玉置 和郎君
                土屋 義彦君
                鍋島 直紹君
                温水 三郎君
                長谷川 仁君
                丸茂 重貞君
                山内 一郎君
                小野  明君
                大矢  正君
                瀬谷 英行君
                前川  旦君
                森中 守義君
                柳岡 秋夫君
                山崎  昇君
                渡辺 勘吉君
                渋谷 邦彦君
                田代富士男君
 同日議院において左の者を委員長に選任した。
                田中 茂穂君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         田中 茂穂君
    理 事
                亀井  光君
                栗原 祐幸君
                鍋島 直紹君
                大矢  正君
                柳岡 秋夫君
                渋谷 邦彦君
    委 員
                熊谷太三郎君
                田村 賢作君
                土屋 義彦君
                長谷川 仁君
                山内 一郎君
                小野  明君
                瀬谷 英行君
                前川  旦君
                山崎  昇君
                渡辺 勘吉君
                田代富士男君
        ―――――
       議     長  重宗 雄三君
       副  議  長  河野 謙三君
        ―――――
   政府委員
       内閣官房副長官  竹下  登君
       総理府総務副長
       官        細田 吉藏君
       行政管理政務次
       官        中山 榮一君
       厚生政務次官   佐々木義武君
       厚生省保険局長  熊崎 正夫君
       労働政務次官   天野 光晴君
   事務局側
       事 務 総 長  宮坂 完孝君
       事 務 次 長  岸田  実君
       議 事 部 長  海保 勇三君
       委 員 部 長  小沢 俊郎君
       委員部副部長   浅原 喜文君
       記 録 部 長  佐藤 忠雄君
       記録部副部長   福地 和正君
       警 務 部 長  二見 次夫君
       庶 務 部 長  若江 幾造君
       管 理 部 長  佐藤 吉弘君
       渉 外 部 長  荒木外喜三君
   法制局側
       法 制 局 長  今枝 常男君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○議長及び副議長就任のあいさつ
○常任委員会理事の各会派に対する割当に関する
 件
○理事の互選
○議事協議員選任の件
○庶務関係小委員会の設置及び小委員選任の件
○図書館運営小委員会の設置及び小委員選任の件
○首都圏整備委員会委員の任命承認に関する件
○中央社会保険医療協議会委員の任命同意に関す
 る件
○労働保険審査会委員の任命同意に関する件
○行政監理委員会委員の任命同意に関する件
○国務大臣の演説に対する質疑に関する件
○請願の受理締め切り期日に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(田中茂穂君) 議院運営委員会を開会いたします。
 一言ごあいさつを申し上げます。
 不肖田中、また議運の委員長に再任されました。まだまだ足らざる点多々あると思いますが、各党の皆さま方の御協力を得まして、院の運営に公正を期したいと考えておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げまして、ごあいさつにかえる次第でございます。(拍手)
    ―――――――――――――
#3
○委員長(田中茂穂君) 議長からごあいさつがございます。
#4
○議長(重宗雄三君) 私、御承知のとおり、再選に相なりまして、いろいろと先般からお話もございましたが、よくその点、肝に銘じまして、今後いままでの経験を生かし、なお強く参議院の運営を助け、そしてよき運営をしていきたいというふうに念願しております。何とぞ御支援、御協力を賜わりまして、全うできますように、ぜひお願いしたいと存じます。
 一言ごあいさつを申し上げます。(拍手)
#5
○委員長(田中茂穂君) 次に、副議長からごあいさつがございます。
#6
○副議長(河野謙三君) 先ほど本会議の席上でもごあいさつをさしていただきましたが、私、きわめて至らぬ者でございますけれども、皆さんの御期待に沿うべく、きびしくおのれを反省いたしまして、中正、中立の立場を堅持して御期待にこたえたいと、かように決意しておる次第でございまして、この就任にあたりまして、一言皆さんにごあいさつをいたします。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#7
○委員長(田中茂穂君) 常任委員会理事の各会派に対する割当に関する件についておはかりいたします。
 常任委員会理事の各会派に対する割り当ては、従来、さきに本委員会が決定いたしました常任委員会理事の互選基準に基づき、理事総数を各会派の所属議員数の比率により按分して決定してまいったのでありますが、理事会において協議いたしました結果、この際、理事は、所属議員数十名以上の会派に対し、従前の方式によって割り当てることとすることに意見が一致いたしました。
 なお、議院において選挙する、いわゆる各種委員の割り当てにつきましても同様とすることに意見の一致を見たのでありますが、右理事申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#9
○委員長(田中茂穂君) 次に、理事の互選を行ないます。
 常任委員会理事の互選基準によれば、本委員会の理事の数は五人でありますが、理事会において協議の結果、本委員会の特殊性にかんがみ、理事の数を特に六人とし、その各派に対する割り当ては、自由民主党三人、日本社会党二人、公明党一人とすることに意見が一致いたしました。
 右申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 それでは割り当て会派推薦者の氏名を報告いたします。
#11
○参事(小沢俊郎君) 理事に、自由民主党から鍋島直紹君、亀井光君、栗原祐幸君、日本社会党から大矢正君、柳岡秋夫君、公明党から渋谷邦彦君が、それぞれ推薦されております。
#12
○委員長(田中茂穂君) ただいま報告のとおり理事を選任することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#14
○委員長(田中茂穂君) 次に、議事協議員選任の件を議題といたします。
 議事協議員八人の会派別割り当てにつき、理事会において協議いたしました結果、自由民主党五人、日本社会党二人、公明党一人とすることに意見が一致いたしました。
 右理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 それでは、先例により、割り当て会派推薦者の氏名を報告いたします。
#16
○参事(小沢俊郎君) 議事協議員といたしまして、自由民主党から鍋島直紹君、亀井光君、栗原祐幸君、温水三郎君、丸茂重貞君、日本社会党から大矢正君、柳岡秋夫君、公明党から渋谷邦彦君が、それぞれ推薦されております。
#17
○委員長(田中茂穂君) ただいま報告のとおり議事協議員を選任することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#19
○委員長(田中茂穂君) 次に、小委員会の設置に関する件を議題といたします。
 理事会において協議の結果、今期国会においても従前どおり、本院の庶務関係事項審査のため、委員九人からなる庶務関係小委員会を、また、国立国会図書館の運営に関する事項について審査するため、委員九人からなる図書館運営小委員会を、それぞれ設置すること。その会派別構成は、いずれも、自由民主党五人、日本社会党三人、公明党一人とすることに意見が一致いたしました。
 右理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 それでは先例により、割り当て会派推薦者の氏名を報告いたします。
#21
○参事(小沢俊郎君) 庶務関係小委員といたしまして、自由民主党から鍋島直紹君、亀井光君、栗原祐幸君、江藤智君、熊谷太三郎君、日本社会党から柳岡秋夫君、瀬谷英行君、山崎昇君、公明党から渋谷邦彦君が、また、図書館運営小委員といたしまして、自由民主党から鍋島直紹君、亀井光君、栗原祐幸君、北畠教真君、長谷川仁君、日本社会党から大矢正君、渡辺勘吉君、前川旦君、公明党から渋谷邦彦君が、それぞれ推薦されております。
#22
○委員長(田中茂穂君) ただいま報告のとおり、小委員を選任することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、小委員の方は、本委員会散会後御参集の上、小委員長の互選を行なわれるようお願いいたします。
    ―――――――――――――
#24
○委員長(田中茂穂君) 次に、首都圏整備委員会委員の任命承認に関する件を議題といたします。
 政府委員の説明を求めます。
#25
○政府委員(細田吉藏君) 首都圏整備委員会委員の任命につき、両議院の事後承認を求める件につき、御説明申し上げます。
 首都圏整備委員会委員金子源一郎、友末洋治、工藤昭四郎及び島田孝一の四君は六月八日任期満了となりましたが、翌六月九日付をもって友末洋治君を再任し、また、金子源一郎君の後任として大沢雄一君、工藤昭四郎君の後任として大來佐武郎君、島田孝一君の後任として西畑正倫君を任命いたしましたので、首都圏整備法第八条第三項の規定により、両議院の事後の承認を求めるため、本件を提出いたしました。
 四君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、いずれも首都圏整備委員会委員として適任であると存じます。
 何とぞ慎重御審議の上、すみやかに御承認くださるようお願いいたします。
#26
○委員長(田中茂穂君) 別に御発言もなければ、首都圏整備委員会委員に大來佐武郎君、大沢雄一君、友末洋治君及び西畑正倫君を任命したことにつき、承認を与えることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#27
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#28
○委員長(田中茂穂君) 次に、中央社会保険医療協議会委員の任命同意に関する件を議題といたします。
 政府委員の説明を求めます。
#29
○政府委員(佐々木義武君) 中央社会保険医療協議会の公益を代表する委員の任命につき、両議院の同意を求める件につき、御説明申し上げます。
 中央社会保険医療協議会の公益を代表する委員磯部喜一君及び佐口卓君は六月五日任期満了となりましたので、その後任として東畑精一君及び美濃部亮吉君の両名を任命いたしたく、また、同協議会の公益を代表する委員馬場啓之助君及び中西實君の両名は、すでに辞意を表明いたしておりますので、その後任として鈴木武雄君及び圓城寺次郎君の両名を任命いたしたく、社会保険審議会及び社会保険医療協議会法第十五条第五項の規定により、両議院の同意を求めるため、本件を提出いたしました。
 四君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、いずれも深い学識と豊富な経験を有する者でありますので、中央社会保険医療協議会の公益を代表する委員として適任であると存じます。
 何とぞ慎重御審議の上、すみやかに御同意くださいますようお願いいたします。
#30
○委員長(田中茂穂君) 別に御発言もなければ、中央社会保険医療協議会委員に、圓城寺次郎君、鈴木武雄君、東畑精一君及び美濃部亮吉君を任命するにつき、同意を与えることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#31
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#32
○委員長(田中茂穂君) 次に、労働保険審査会委員の任命同意に関する件を議題といたします。
 政府委員の説明を求めます。
#33
○政府委員(天野光晴君) 労働保険審査会委員の任命につき、両議院の同意を求める件につき、御説明申し上げます。
 労働保険審査会委員伊藤京逸君は本年六月三十日任期満了となりましたが、同君を再任いたしたく、労働保険審査官及び労働保険審査会法第二十七条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため、本件を提出いたしました。
 同君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、同君は人格が高潔であって、労働問題に関する識見を有し、かつ労働保険に関し豊富な学識経験を有する者でありますので、同審査会委員として適任であると存じます。
 何とぞ慎重御審議の上、すみやかに同意されるようお願いいたします。
#34
○委員長(田中茂穂君) 別に御発言もなければ、労働保険審査会委員に伊藤京逸君を任命するにつき、同意を与えることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#35
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#36
○委員長(田中茂穂君) 次に、行政監理委員会委員の任命同意に関する件を議題といたします。
 政府委員の説明を求めます。
#37
○政府委員(中山榮一君) 行政監理委員会委員として安西正夫、江口俊男、太田薫、佐藤功、橘善守及び寺尾一郎の六君を任命いたしたく、行政監理委員会設置法第七条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため、本件を提出いたしました。
 六君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、いずれも行政の改善問題に関してすぐれた識見を有する者でありますので、同委員会委員として適任であると存じます。
 何とぞ慎重御審議の上、すみやかに同意されるようお願いいたします。
#38
○委員長(田中茂穂君) 別に御発言もなければ、行政監理委員会委員に安西正夫君、江口俊男君、太田薫君、佐藤功君、橘善守君、及び寺尾一郎君を任命するにつき、同意を与えることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#39
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#40
○委員長(田中茂穂君) 次に、国務大臣の演説に対する質疑に関する件を議題といたします。
 本日行なわれます国務大臣の演説に対しましては、理事会において協議の結果、来たる八月三日に、次の要領により質疑を行なうことに意見が一致いたしました。すなわち、
 時間は日本社会党六十分、公明党二十分。人数は日本社会党二人、公明党一人。順序は日本社会党、日本社会党、公明党の順とすること。
 以上のとおりでありますが、右理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#41
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#42
○委員長(田中茂穂君) 次に、請願の受理締め切り期日に関する件を議題といたします。
 議事部長の説明を求めます。
#43
○参事(海保勇三君) 請願の受理締め切り期日に関しましては、従来の例にならいまして、会期終了日の八日前、すなわち八月三日(火曜日)をもって請願書の受理を締め切りたいと存じます。御了承願います。
#44
○委員長(田中茂穂君) 本件につきましては、ただいま説明のとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#45
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午後三時三十一分休憩
  〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト