くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第049回国会 法務委員会 第1号
本国会召集日(昭和四十年七月二十二日)(木曜日)
(午前零時現在)における本委員は、次の通りであ
る。
   委員長 濱田 幸雄君
   理事 上村千一郎君 理事 大竹 太郎君
   理事 小島 徹三君 理事 田村 良平君
   理事 坂本 泰良君 理事 細迫 兼光君
   理事 横山 利秋君
      綾部健太郎君    賀屋 興宣君
      鍛冶 良作君    唐澤 俊樹君
      小金 義照君    四宮 久吉君
      高橋  等君    千葉 三郎君
      中垣 國男君    馬場 元治君
      濱野 清吾君    早川  崇君
      森下 元晴君    赤松  勇君
      井伊 誠一君    神近 市子君
      長谷川正三君    山本 幸一君
      西村 榮一君    志賀 義雄君
      田中織之進君
―――――――――――――――――――――
昭和四十年八月二日(月曜日)
   午前十時三十一分開議
 出席委員
   委員長 濱田 幸雄君
   理事 上村千一郎君 理事 大竹 太郎君
   理事 鍛冶 良作君 理事 小島 徹三君
   理事 田村 良平君 理事 坂本 泰良君
   理事 細迫 兼光君 理事 横山 利秋君
      四宮 久吉君    馬場 元治君
      森下 元晴君    神近 市子君
      長谷川正三君    志賀 義雄君
      田中織之進君
 出席国務大臣
        法 務 大 臣 石井光次郎君
 出席政府委員
        法務政務次官  山本 利壽君
 委員外の出席者
        判     事
        (最高裁判所事
        務総長)    岸  盛一君
        判     事
        (最高裁判所事
        務次長)    守田  直君
        専  門  員 高橋 勝好君
    ―――――――――――――
七月二十六日
 委員綾部健太郎君辞任につき、その補欠として
 椎熊三郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十七日
 委員椎熊三郎君が死去された。
八月二日
 理事草野一郎平君六月三日委員辞任につき、そ
 の補欠として鍛冶良作君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
七月二十二日
 会社更生法の一部を改正する法律案(春日一幸
 君外一名提出、第四十八回国会衆法第一一号)
 会社更生法の一部を改正する法律案(田中武夫
 君外二十二名提出、第四十八回国会衆法第二四
 号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○濱田委員長 これより会議を開きます。
 理事の補欠選任の件についておはかりいたします。
 去る六月三日、理事草野一郎平君の委員辞任に伴い、理事が一名欠員になっております。その補欠選任を行ないたいと存じますが、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○濱田委員長 御異議なしと認めます。よって、鍛冶良作君を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#4
○濱田委員長 国政調査承認要求に関する件についておはかりいたします。すなわち、裁判所の司法行政、法務行政及び検察行政等の適正を期するため、本会期中において
 一、裁判所の司法行政に関する事項
 二、法務行政及び検察行政に関する事項
 三、国内治安及び人権擁護に関する事項以上の各事項につきまして、小委員会の設置、関係各方面よりの説明聴取及び資料の要求等の方法によりまして、国政調査を行なうこととし、規則の定むるところにより、議長の承認を求めることにいたしたいと存じます。これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○濱田委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
     ――――◇―――――
#6
○濱田委員長 国会法第七十二条の規定による最高裁判所の長官またはその指定する代理者の出席説明に関する件についておはかりいたします。
 今会期中におきまして、本委員会の審査または調査に関し、最高裁判所の長官またはその指定する代理者から出席説明の要求がありましたとき、その承認に関する決定につきましては、その取り扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○濱田委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
     ――――◇―――――
#8
○濱田委員長 この際、石井法務大臣、山本法務政務次官、岸最高裁判所事務総長及び守田最高裁判所事務次長から発言を求められておりますので、順次これを許します。法務大臣石井光次郎君。
#9
○石井国務大臣 ただいま御紹介にあずかった石井光次郎でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 今度、はからずも法務大臣の重大な職責をになうことになりました。御承知のように、法務省の仕事につきましては、従来全く私は無経験でございますので、法務委員会の皆様方の格段の御協力をお願いいたしたいところであります。
 なお、この機会に、就任にあたりましての私の心持ちを、ごあいさつがわりに少しく申し上げたいと思うのでございます。
 まず第一に、国家の法秩序を維持して平和な国民生活を確保することは、あらゆる国政の根本であることは申すまでも一ないことでございますので、法を尊重する精神をさらに徹底させるために、格段の努力をいたしていきたいと考えておるのでございます。
 第二には、検察庁の運用につきましてはあくまでも不偏不党、公正な態度をもちまして検察の伝統を尊重するとともに、さらに検察の威信を高めることに意を用いたいと存じております。特に国政全般の運営を真に実効あらしめるためには、これに携わる者がみずからの姿勢を正すことが根本の要請であります。これなくしてはいかなる施策を講じようとも、とうてい国政に対する国民各層の理解と協力を得ることはできないと考えるのであります。この意味で、この際公務に奉仕する者の綱紀の粛正については特に留意いたしたいと考えておるのでございます。
 最後に、民法、商法、刑法、司法試験法の基本的な法典の改正につきましては鋭意検討を進めておりますが、これらの法典の重要性にかんがみまして、今後とも十分な研究を重ねまして、成案を得次第に逐次国会の御審議を願いたいと存じておるのでございます。その節は何分ともよろしくお願いする次第でございます。
 まことに簡単ではございますが、以上私の気持ちを申し上げまして、就任のごあいさつといたします。(拍手)
#10
○濱田委員長 法務政務次官山本利壽君。
#11
○山本(利)政府委員 このたび、石井法務大臣のもとで、政務次官をつとめるようにとの命令を受けました。まことに浅学非才でございますが、ひとえに皆さん方の御指導と御協力によりまして、この任を全うすることができますように念願するものでございます。
 初めにあたりまして、ごあいさつ申し上げます。(拍手)
#12
○濱田委員長 最高裁判所事務総長岸盛一君。
#13
○岸最高裁判所長官代理者 先般福岡高裁長官に転出されました関根前総長のあとを受けまして、六月十八日最高裁判所事務総長を命じられました岸でございます。
 憲法でいかに法の支配や基本的人権を強調いたしておりましても、それを担保する裁判所が弱体であっては、それは絵にかいたもちにひとしいものでございます。幸いにして当委員会の皆様の深い御理解と強い御支援を受けまして、裁判制度はますます改善を加えられてまいりましたが、昨今はまたいろいろ、臨司意見書を中心に難問をかかえておるわけでございます。どうぞ従前どおり強い御支援をお願いいたしまして、私のごあいさつといたします。(拍手)
#14
○濱田委員長 最高裁判所事務次長守田直君。
#15
○守田最高裁判所長官代理者 ただいま御紹介にあずかりました守田直でございます。
 去る七月一日付をもちまして事務次長の職に就任いたしました。事務総長を助けまして、未熟者でございますが、できるだけ司法行政の円滑な運営のために努力をいたしたいと思っております。どうぞ何分よろしく御支援のほどをお願いいたします。(拍手)
#16
○濱田委員長 次会は公報をもってお知らせすることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時四十分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト