くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第049回国会 体育振興に関する特別委員会 第3号
昭和四十年八月十日(火曜日)
    午前十時三十七分開議
 出席委員
   委員長 大石 武一君
   理事 島村 一郎君 理事 田中 榮一君
   理事 田邉 國男君 理事 泊谷 裕夫君
   理事 前田榮之助君
      伊能繁次郎君    上村千一郎君
      海部 俊樹君    佐藤洋之助君
      砂田 重民君    橋本龍太郎君
      栗山 礼行君
 出席国務大臣
        文 部 大 臣 中村 梅吉君
 委員外の出席者
        文部事務官
        (体育局長)  西田  剛君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 オリンピック競技種目の追加に関する件
     ――――◇―――――
#2
○大石委員長 これより会議を開きます。
 体育振興に関する件について調査を行ないます。
 この際、前田榮之助君から、オリンピック競技種目の追加に関する件について発言を求められておりますので、これを許します。前田榮之助君。
#3
○前田(榮)委員 私は、自由民主党、日本社会党及び民主社会党を代表して、オリンピック競技種目の追加に関する件について決議をされたいとの動議を提出いたします。
 まず、案文を朗読いたします。
    オリンピック競技種目の追加に関する件
  本委員会は、きたる千九百六十八年メキシコ市で開催される第十九回オリンピック競技大会の競技種目に、国民が多大の関心を寄せ且つ期待を有する「柔道」および「女子バレーボール」を追加するため、その促進運動を強力に推進すべきものと認める。
 次に、その趣旨について申し上げます。
 さきのオリンピック東京大会は、非常な成功裏に終了し、国際親善に多大の寄与をなしたることは、オリンピック参加各国のひとしく認めるところであります。
 御承知のとおり、オリンピックの実施競技は二十二競技でありますが、少なくとも十五、最大限十八競技が行なわれることになっております。メキシコ大会の競技種目については、昭和三十八年の十月IOC第六十回総会において委員による投票の結果、バレーボール、弓、ハンドボール、柔道の四競技が落ち、他の十八競技に決定しました。その後、昭和三十九年第六十一回IOC総会は、水泳・飛び込みと水球を一競技とすることに変更し、男子バレーボールを追加したのであります。しかし女子バレーボールの種目については、同年十月の東京で開催された第六十二回IOC総会の席上、東京大会の実績を見た上で考えることになり、さらに柔道の追加要求についても、東京大会の実績の上で考慮するということで保留になっております。
 さらに憲章を改正して競技を追加する等のことは、来たる九月二十八日ローマで開かれるIOCとNOC百十八カ国との合同会議及び十月にマドリッドで開催されるIOC総会の議題になることが予想されております。
 柔道につきましては、現在国際柔道連盟の加盟国は六十六カ国で、年一回世界選手権大会が行なわれております。また、バレーボールは、七十九カ国が国際バレーボール連盟に加盟し、男女とも世界バレーボール大会が年一回開催されておる現状であります。両競技とも東京大会に際して世界的競技とみなされて、オリンピックの正式競技としてIOCが決定し、オリンピック憲章に加えられたものであります。
 われわれは、オリンピック憲章第三条及び第九条に明記されてあるごとく、光輝ある歴史と高遠な理想にささえられたオリンピック競技大会にわが国の伝統ある柔道が、また、東京大会において全国民的な期待と血をわかせた女子バレーボール競技が、一九六八年の第十九回メキシコ大会に参加できますことを心から切望し、日本国民の強い希望が実現できるよう、関係各位の御理解ある御支援を切望するものであります。
 何とぞ委員各位の御賛同をお願いいたします。(拍手)
#4
○大石委員長 ただいまの前田榮之助君の動議に御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○大石委員長 御異議なしと認めます。よって、本動議は可決いたしました。
 なお、本決議の参考送付等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○大石委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#7
○大石委員長 この際閉会中審査に関する件についておはかりいたします。
 先刻理事会において御協議願いましたとおり、体育振興に関する件について閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○大石委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。
 次に、閉会中の委員派遣に関する件についておはかりいたします。
 閉会中審査案件が付託になり、その審査の必要が生じました場合には、議長に対し委員派遣承認申請をいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○大石委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
 なお、派遣委員の氏名、員数、派遣地、期間その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○大石委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#11
○大石委員長 ただいまの決議に対し、中村文部大臣から発言を求められておりますので、これを許します。中村文部大臣。
#12
○中村(梅)国務大臣 実は競技種目追加に関する件の御決議に際しまして、在席すべきでありましたが、あいにく参議院のほうの関係で不在でございましたが、体育局長から趣旨はとくと説明を聞きましたので、ただいまの御決議に対しましては、政府としてもスポーツ振興の立場及びこれらの種目のわが国における普及度や国民の関心度からもぜひ趣旨の実現できますようにできる限り御協力を申し上げ、努力をいたしたいと思います。(拍手)
#13
○大石委員長 本日はこれをもちまして散会いたします。
   午前十時四十八分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト