くにさくロゴ
1964/12/17 第47回国会 参議院 参議院会議録情報 第047回国会 地方行政委員会 第5号
姉妹サイト
 
1964/12/17 第47回国会 参議院

参議院会議録情報 第047回国会 地方行政委員会 第5号

#1
第047回国会 地方行政委員会 第5号
昭和三十九年十二月十七日(木曜日)
   午前十一時四十五分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 十二月十七日
    辞任         補欠選任
     竹中 恒夫君     重政 庸徳君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         高野 一夫君
    理 事
                西郷吉之助君
                西田 信一君
                松本 賢一君
    委 員
                小林 武治君
                沢田 一精君
                鈴木  壽君
                林  虎雄君
                光村 甚助君
                二宮 文造君
                市川 房枝君
   政府委員
       自治政務次官   高橋 禎一君
       自治大臣官房長  松島 五郎君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        鈴木  武君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○質屋営業の譲渡に関する請願(第五号)
○領置目録若しくは領置証書の交付に関する請願
 (第六号)
○質屋に対する有価証券の占有回復請求権に関す
 る請願(第七号)
○人事院勧告に基づく給与改定の財源措置に関す
 る請願(第一〇号)(第二八七号)
○県営大規模圃場整備事業の補助率引上げに関す
 る請願(第一七号)
○人・車の左側統一通行制緊急実施に関する請願
 (第八九号)(第一一〇号)(第一五八号)
 (第一七一号)(第二一九号)(第二五四号)
 (第二五六号)(第二七五号)(第三一七号)
 (第三三二号)(第三四五号)(第三八一号)
 (第三八八号)(第四四五号)(第五一〇号)
 (第五六〇号)(第六五六号)(第七六六号)
 (第八三九号)
○地方公務員の給与改定に伴う所要財源に関する
 請願(第一〇二号)(第八二三号)
○自動車取得税創設等反対に関する請願(第一〇
 九号)(第二九七号)
○地方議会議員退職一時金制度の法制化等に関す
 る請願(第一二四号)
○農林業に基盤を持つ町村の財政確立に関する請
 願(第一二五号)(第一九四号)
○新産業都市建設に伴う国の財政措置に関する請
 願(第一三四号)(第二〇三号)
○地方交付税の算定における発電水利使用料算入
 の撤廃に関する請願(第一三五号)(第二〇四
 号)
○地方財政の窮乏打開に関する請願(第一三六
 号)(第二〇五号)
○地方財政計画の早期策定に関する請願(第一三
 七号)(第二〇六号)
○新産業都市建設事業促進に関する請願(第二二
 八号)(第八二四号)
○質屋を大蔵大臣の免許を要する金融機関とする
 の請願(第三三九号)
○質屋営業法の改称及び質屋の商号統一に関する
 請願(第三四〇号)
○質物引渡債権の債務者たる質屋の保護に関する
 請願(第三四一号)
○有価証券の質屋営業法第二十条第二項適用除外
 に関する請願(第三四二号)
○自動車取得税反対に関する請願(第四五九号)
○地方交付税の税率引上げに関する請願(第五四
 七号)(第五八三号)(第五八四号)(第五八
 五号)(第六一三号)(第六一四号)(第六一
 五号)(第六二二号)(第六四三号)(第六四
 四号)(第六四五号)(第六五九号)(第六七
 三号)(第六七四号)(第六七五号)(第六七
 六号)(第六七七号)(第六七八号)(第六七
 九号)(第六八〇号)(第六八一号)(第六八
 二号)(第六八三号)(第六八四号)(第六八
 五号)(第六八六号)(第八四二号)(第八四
 三号)(第八四四号)(第八四五号)(第八四
 六号)(第八四七号)(第八四八号)(第八四
 九号)(第八五〇号)(第八五一号)(第八五
 二号)(第八五三号)(第八五四号)(第八五
 五号)(第八五六号)(第八五七号)(第八五
 八号)(第八五九号)(第八六〇号)(第八六
 一号)(第八六二号)(第八六三号)(第八六
 四号)(第八六五号)(第八六六号)(第八六
 七号)(第八六八号)(第八六九号)(第八七
 〇号)(第八七一号)(第八七二号)(第八七
 三号)(第八七四号)(第八七五号)(第八七
 六号)(第八七七号)(第八七八号)(第八七
 九号)(第八八〇号)(第八八一号)(第八八
 二号)(第八八三号)(第八八四号)(第八八
 五号)(第八八六号)(第八八七号)(第八八
 八号)(第八八九号)(第八九〇号)(第八九
 一号)(第八九二号)(第八九三号)(第八九
 四号)(第八九五号)(第八九六号)(第八九
 七号)(第八九八号)(第八九九号)(第九〇
 〇号)(第九〇一号)(第九〇二号)(第九〇
 三号)(第九〇四号)(第九〇五号)(第九〇
 六号)(第九〇七号)(第九〇八号)(第九〇
 九号)(第九一〇号)(第九一一号)(第九一
 二号)(第九一三号)(第九一四号)(第九一
 五号)(第九一六号)(第九一七号)
○町村職員の低賃金改善に関する請願(第五四八
 号)(第五四九号)(第五五〇号)(第五五一
 号)(第五六一号)(第五六二号)(第五六三
 号)(第五六四号)(第五六五号)(第五六六
 号)(第五六七号)(第五六八号)(第五六九
 号)(第五七〇号)(第五七一号)(第五七二
 号)(第五七三号)(第五七四号)(第五七五
 号)(第五七六号)(第五七七号)(第五七八
 号)(第五七九号)(第五八〇号)(第五八一
 号)(第五八二号)(第六一七号)(第六一八
 号)(第六一九号)(第六二〇号)(第六二一
 号)(第六五七号)(第六五八号)(第六八七
 号)(第六八八号)(第八四〇号)(第八四一
 号)
○退職市町村職員の処遇改善に関する請願(第七
 四九号)
○交付税率引上げ等による町村税財源の拡充強化
 に関する請願(第七八六号)
○内陸工業団地造成事業に対する資金的助成の強
 化に関する請願(第八〇六号)
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(高野一夫君) これから本日の地方行政委員会を開会いたします。
 委員の変更について報告いたします。
 本日付をもって竹中恒夫君が辞任され、その補欠として重政庸徳君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(高野一夫君) 質屋営業の譲渡に関する請願外百八十八件の請願を、便宜一括して議題といたします。便宜調査室長から報告いたさせます。
#4
○専門員(鈴木武君) 簡単にお手元に差し上げてありまする順序に従いまして請願の趣旨を御説明申し上げます。
 地方行政関係一二四号、地方議会議員退職一時金制度の法制化等に関する請願、これは地方議会議員の退職一時金の制度が、現在十二年以内の場合は掛け捨てになりますので、これを何らかの形において認めてもらいたい、ということは、町村議長会その他多年の要望になっておりますが、第一の点はそれでございます。それから、そのほかに四点ばかりございます。それは、給与改定の所要財源の完全措置、あるいは町村道の整備をよくしてもらいたい。あるいは国民健康保険事務に要する経費を全額国で持ってもらいたい。それから議会の議決にかかる契約及び財産の取得処分の基準を、議会の権限を侵さないようにしてもらいたい。こういうふうな五項目にわたる請願でございます。いずれも今日の情勢から見まして、当然なことのようにも思われるのでございます。なお、議会の議決にかかる契約等の問題について多少検討の余地があろうかと存じますが、請願の趣旨は、ただいま申し上げるような点でございます。
#5
○委員長(高野一夫君) これは採択……。
#6
○専門員(鈴木武君) これは採択して差しつかえないような内容かと存じます。なお、実施のやり方につきましては、検討の余地が十分にあると思います。
#7
○委員長(高野一夫君) ちょっと速記をとめて。
  〔速記中止〕
#8
○委員長(高野一夫君) 速記を始めて。
 ただいまの御協議によりまして、お手元に配付いたしました請願の整理表のうち、行政関係の請願、地方議会議員退職一時金制度の法制化等に関する請願外三十八件全部、財政関係の請願、人事院勧告に基づく給与改定の財源措置に関する請願外百二十件全部について採択することに意見の一致を見ましたが、さよう決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(高野一夫君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じます。御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(高野一夫君) 御異議ないと認めてさように決定します。
    ―――――――――――――
#11
○委員長(高野一夫君) 次に、継続調査要求についておはかりいたします。
 地方行政の改革に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本院規則第五十三条により、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じます。御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(高野一夫君) 御異議ないと認めてさように決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じます。御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(高野一夫君) 御異議ないと認めて、さように決定いたします。
 本日はこれをもって散会いたします。
   午後零時二分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト