くにさくロゴ
1964/12/17 第47回国会 参議院 参議院会議録情報 第047回国会 石炭対策特別委員会 第4号
姉妹サイト
 
1964/12/17 第47回国会 参議院

参議院会議録情報 第047回国会 石炭対策特別委員会 第4号

#1
第047回国会 石炭対策特別委員会 第4号
昭和三十九年十二月十七日(木曜日)
   午後一時三十七分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 十二月十五日
    辞任         補欠選任
     山本 利壽君     吉武 恵市君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         剱木 亨弘君
    理 事
                大竹平八郎君
                岸田 幸雄君
                小宮市太郎君
                鬼木 勝利君
    委 員
                江藤  智君
                亀井  光君
                川上 為治君
                野田 俊作君
                二木 謙吾君
                阿部 竹松君
                大河原一次君
                小柳  勇君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        小田橋貞壽君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○連合審査会に関する件
○石炭鉱業の合理化に伴う学校教育対策に関する
 請願(第七八〇号)
○産炭地振興対策の強化に関する請願(第七八七
 号)
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(剱木亨弘君) ただいまから石炭対策特別委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る十五日、山本利壽君が委員を辞任され、その補欠として吉武恵市君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(剱木亨弘君) 連合審査会に関する件についておはかりいたします。
 本日、当面の石炭対策に関する件について商工委員会からの連合審査会開会申し入れを受諾することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(剱木亨弘君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#5
○委員長(剱木亨弘君) この際、御報告いたします。
 先般の委員会で委員長に御一任願いました参考人の出席要求に関する件につきまして、委員長及び理事で協議いたしました結果、電気事業連合会副会長石原武夫君、日本石炭鉱業連合会会長植田勲君、日本石炭協会副会長佐久洋君、日本鉄鋼連盟会長永野重雄君、日本瓦斯協会理事、原料対策委員長安西浩君の方々から、本日予定されております商工委員会との連合審査会におきまして御意見を聴取いたすことになりましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(剱木亨弘君) 次に、請願第七八〇号、第七八七号を議題といたします。
 右二件の請願は、便宜、委員長及び理事においてあらかじめ慎重に検討いたしました結果、いずれも議院の会議に付することを要するものであって、内閣に送付するを要するものと意見の一致を見たのであります。
 この際、おはかりいたします。ただいまの二件の請願を採択いたすことに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(剱木亨弘君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、報告書の作成等につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(剱木亨弘君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#9
○委員長(剱木亨弘君) 継続審査の要求についておはかりいたします。
 当面の石炭対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本院規則第五十三条により、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(剱木亨弘君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(剱木亨弘君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 石炭対策特別委員会はこれで散会いたします。
   午後一時四十一分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト