くにさくロゴ
1964/12/14 第47回国会 参議院 参議院会議録情報 第047回国会 議院運営委員会 第4号
姉妹サイト
 
1964/12/14 第47回国会 参議院

参議院会議録情報 第047回国会 議院運営委員会 第4号

#1
第047回国会 議院運営委員会 第4号
昭和三十九年十二月十四日(月曜日)
   午前十一時五十八分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         田中 茂穂君
    理 事
                亀井  光君
                堀本 宜実君
                大矢  正君
                中村 順造君
                田上 松衞君
    委 員
                北畠 教真君
                久保 勘一君
                栗原 祐幸君
                竹中 恒夫君
                長谷川 仁君
                日高 広為君
                丸茂 重貞君
        ―――――
       議     長  重宗 雄三君
       副  議  長  重政 庸徳君
        ―――――
   政府委員
       厚生政務次官   徳永 正利君
   事務局側
       事 務 総 長  河野 義克君
       事 務 次 長  宮坂 完孝君
       議 事 部 長  海保 勇三君
       委 員 部 長  小沢 俊郎君
       記 録 部 長  佐藤 忠雄君
       記録部副部長   福地 和正君
       警 務 部 長  渡辺  猛君
       庶 務 部 長  若江 幾造君
       管 理 部 長  佐藤 吉弘君
       渉 外 部 長  森  純造君
   法制局側
       法 制 局 長  今枝 常男君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○議員小西英雄君及び議員原島宏治君逝去につき
 弔詞贈呈等に関する件
○中央選挙管理会委員及び同予備委員の指名に関
 する件
○中央社会保険医療協議会委員の任命同意に関す
 る件
○本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に
 関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(田中茂穂君) 議院運営委員会を開会いたします。
 議員小西英雄君及び議員原島宏治君逝去につき弔詞贈呈等に関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。
#3
○事務総長(河野義克君) 本院議員小西英雄君には、去る十二月八日午後三時四十八分、参議院議員会館の自室において脳溢血のため逝去せられました。また、本院議員原島宏治君には、十二月九日午前八時二十分、自宅において心筋梗塞のため逝去せられました。まことに哀悼の至りにたえません。
 本院といたしましては、弔詞を贈呈し、本会議において哀悼演説が行なわれますとともに、法律の定めるところにより、御遺族に対し弔慰金を差し上げるのでございますが、故小西君に対しましては、一昨十二日の御葬儀に際し、お手元の資料のとおり、例文による弔詞を贈呈いたしました。故原島君に対する弔詞も例文により取り計らうことにいたしたいと存じます。
 本会議における哀悼の辞は、先例により、故人が主として所属せられておりました常任委員会の委員長、すなわち、故小西君につきましては内閣委員長、故原島君につきましては大蔵委員長に、それぞれお願いすることにいたしたいと存じます。
 また、両君の御遺族に対しましては、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律第十二条の規定により、歳費一年分相当の二百十六万円の弔慰金をそれぞれ差し上げるのでございますが、特に故小西君につきましては、同君が議員会館において執務中に逝去されましたことにかんがみ、理事会において御協議の結果、同法第十二条の二に定める職務に関連して死亡した場合として、歳費三ヵ月分相当の五十四万円の特別弔慰金を差し上げることに決定をみた次第でございます。
 なお、右弔慰金は、お手元の資料のとおり、予備金から支出いたしたいと存じますので、国会予備金に関する法律第二条の規定により、本委員会の御承認をお願いいたします。
#4
○委員長(田中茂穂君) 弔詞、哀悼演説及び特別弔慰金支給の件につきましては、ただいま報告のとおりとし、また、弔慰金の予備金からの支出につきましては、これを承認することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(田中茂穂君) 次に、中央選挙管理会委員及び同予備委員の指名に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#7
○事務総長(河野義克君) 去る四日、内閣総理大臣から本院議長あて、中央選挙管理会委員山浦貫一君外四名の者は十二月十八日任期満了となるので、後任者の任命について本院の議決による指名を求める旨の文書が参っております。これに基づきまして、本院は五名の中央選挙管理会委員及び同数の予備委員の指名を行なわなければなりませんが、これは国会における各会派から推薦を受けて、それにつき指名することになっております。
 各会派の推薦者の数は、慣行により両院所属議員数の按分比例によるのでありますが、公職選挙法第五条の二の規定によりまして、同一政党からは三名以上とならないようにしなければならないこととなっておりますので、その委員及び予備委員の数は、それぞれ自由民主党二名、日本社会党二名、民主社会党一名となります。推薦者の氏名並びに履歴につきましては、お手元にお配りしてあるとおりでございます。
#8
○委員長(田中茂穂君) 本件につきましては、ただいま説明のとおり、各党推薦者を指名することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#10
○委員長(田中茂穂君) 次に、中央社会保険医療協議会委員の任命同意に関する件を議題といたします。
 政府委員の説明を求めます。
#11
○政府委員(徳永正利君) 中央社会保険医療協議会の公益を代表する委員有澤廣巳君及び寺尾琢磨君の両君は、六月五日に任期満了となりましたので、その後任として馬場啓之助君及び中西貴君の両君を任命いたしたく、また、同協議会の公益を代表する委員三好重夫君はすでに辞意を表明いたしておりますので、その後任として佐口卓君を任命いたしたく、社会保険審議会及び社会保険医療協議会法第十五条第五項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 主君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、いずれも広い学識と豊富な経験を有する者でありますので、中央社会保険医療協議会の公益を代表する委員として適任であると存じます。
 何とぞ慎重御審議の上、すみやかに御同意されるよう心からお願い申し上げます。
#12
○委員長(田中茂穂君) 別に御発言もなければ、中央社会保険医療協議会委員に佐口卓君、中西貴君及び馬場啓之助君を任命するにつき、同意を与えることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(田中茂穂君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#14
○委員長(田中茂穂君) 次に、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。
 理事会において協議いたしましたところ、先般内閣から送付されました「天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法の一部を改正する法律案」、及び、本日衆議院から予備審査のため送付される予定の、衆議院議員芳賀貢君外十八名発議にかかる「天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法等の一部を改正する法律案」につきましては、本会議においてそれぞれその趣旨説明を聴取するとともに、これに対し、日本社会党一人、十五分の質疑を行なうことに意見が一致いたしました。
 右理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(田中茂穂君) 御提議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午後零時五分休憩
  〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト