くにさくロゴ
1964/12/03 第47回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第047回国会 農林水産委員会 第1号
姉妹サイト
 
1964/12/03 第47回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第047回国会 農林水産委員会 第1号

#1
第047回国会 農林水産委員会 第1号
本国会召集日(昭和三十九年十一月九日)(月曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次の通
りである。
   委員長 高見 三郎君
   理事 仮谷 忠男君 理事 坂田 英一君
   理事 谷垣 專一君 理事 長谷川四郎君
   理事 本名  武君 理事 赤路 友藏君
   理事 足鹿  覺君 理事 芳賀  貢君
      池田 清志君    宇野 宗佑君
      加藤 精三君    金丸  信君
      亀岡 高夫君    吉川 久衛君
      倉成  正君    小枝 一雄君
      笹山茂太郎君    田邉 國男君
      内藤  隆君    中川 一郎君
      丹羽 兵助君    野原 正勝君
      八田 貞義君    藤田 義光君
      松田 鐵藏君    三田村武夫君
      亘  四郎君    角屋堅次郎君
      栗林 三郎君    東海林 稔君
      中澤 茂一君    楢崎弥之助君
      西村 関一君    野口 忠夫君
      松浦 定義君    湯山  勇君
      稲富 稜人君    中村 時雄君
      林  百郎君
―――――――――――――――――――――
昭和三十九年十二月三日(木曜日)
    午後一時五分開議
 出席委員
   委員長 高見 三郎君
   理事 仮谷 忠男君 理事 坂田 英一君
   理事 谷垣 專一君 理事 長谷川四郎君
   理事 赤路 友藏君 理事 足鹿  覺君
   理事 芳賀  貢君
      池田 清志君    宇野 宗佑君
      金丸  信君    吉川 久衛君
      倉成  正君    八木 徹雄君
      中澤 茂一君    楢崎弥之助君
      西村 関一君    野口 忠夫君
      松浦 定義君    湯山  勇君
      稲富 稜人君    林  百郎君
 出席国務大臣
        農 林 大 臣 赤城 宗徳君
 出席政府委員
        農林政務次官  舘林三喜男君
        農林事務官
        (大臣官房長) 中西 一郎君
 委員外の出席者
       専  門  員 松任谷健太郎君
    ―――――――――――――
十一月十日
 委員三田村武夫君辞任につき、その補欠として
 八木徹雄君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
十一月九日
 学校給食の用に供する牛乳の供給等に関する特
 別措置法案(湯山勇君外二十名提出、第四十六
 回国会衆法第三四号)
 学校給食の用に供する牛乳の供給等に関する特
 別措置法案(小平忠君外一名提出、第四十六回
 国会衆法第五〇号)
同月二十六日
 農業共済保険予算に関する請願(原茂君紹介)
 (第四〇号)
 早場米の時期別格差金制度の存続に関する請願
 (田中彰治君紹介)(第五〇号)
 開拓農家の安定化対策に関する請願(森田重次
 郎君外三名紹介)(第五六号)
 寒冷地帯における農業構造改善事業促進に関す
 る請願(森田重次郎君外三名紹介)(第五七
 号)
 僻地農山漁村電気導入事業に関する請願(森田
 重次郎君外三名紹介)(第五九号)
 消費者米価据え置きに関する請願(西尾末廣君
 紹介)(第一一八号)
 果樹共済制度確立促進に関する請願(井出一太
 郎君紹介)(第二二七号)
 同(小川平二君紹介)(第二二八号)
 同(吉川久衛君紹介)(第二二九号)
 同(倉石忠雄君紹介)(第二三〇号)
 同(小坂善太郎君紹介)(第二三一号)
 同(下平正一君紹介)(第二三二号)
 同(中澤茂一君紹介)(第二三三号)
 同(羽田武嗣郎君紹介)(第二三四号)
 同(増田甲子七君紹介)(第二三五号)
 同(松平忠久君紹介)(第二三六号)
 食料品総合小売市場管理会法案反対に関する請
 願(松平忠久君紹介)(第二九一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
十一月二十六日
 肉用牛の生産基盤及び価格安定対策確立に関す
 る陳情書(中国五県議会正副議長会議代表鳥取
 県議会議長木島公之)(第一五六号)
 野ねずみ及び栗の木喰虫の異常発生による被害
 対策に関する陳情書(中国五県議会正副議長会
 議代表鳥取県議会議長木島公之)(第一五七
 号)
 食糧自給政策確立に関する陳情書(秋田県由利
 郡由利町議会議長木内三治)(第一五八号)
 同(滋賀県甲賀郡甲賀町長荒川金之助)(第一
 五九号)
 同(秋田県雄勝郡皆瀬村議会議長佐藤六右ェ門)
 (第一六〇号)
 同(秋田県平鹿郡雄物川町議会議長大庭一郎)
 (第一六一号)
 同(秋田県仙北郡太田村議会議長加藤米蔵)(
 第一六二号)
 同(愛知県議会議長倉知桂太郎)(第一六三
 号)
 同(秋田県仙北郡田沢湖町議会議長千葉茂)(
 第一六四号)
 同(岩手県胆沢郡金ヶ崎町議会議長菅原貞男)
 (第一六五号)
 食糧自給政策確立等に関する陳情書(京都府北
 桑田郡美山町議会議長佐野徳太郎)(第一六六
 号)
 同(小千谷市議会議長星野利祐)(第一六七
 号)
 同(宮崎県宮崎郡佐土原町議会議長鬼塚武彦)
 (第一六八号)
 同(宮崎県東臼杵郡西郷村議会議長藤田義郎外
 十七名)(第一六九号)
 同(宮崎県北諸県郡高崎町議会議長宇都逸郎)
 (第一七〇号)
 同(宮崎県北諸県郡荘内町議会議長横山新一)
 (第一七一号)
 同(小林市議会議長緒方熊吉)(第一七二号)
 同(宮崎県東臼杵郡門川町議会議長高橋勝義)
 (第一七三号)
 同(日南市議会議長坂元末盛)(第一七四号)
 同(秋田県山本郡山本町長小沢文一郎外一名)
 (第一七五号)
 同(宮崎県西諸県郡須木村議会議長中村鎮己)
 (第一七六号)
 同(宮崎県東臼杵郡東郷村議会議長新名岩喜)
 (第一七七号)
 同(秋田県仙北郡仙南村議会議長鈴屋成順)(
 第一七八号)
 同(秋田県山本郡八竜村議会議長荒谷金一郎)
 (第一七九号)
 同(男鹿市議会議長小坂正治郎)(第一八〇
 号)
 農業構造改善対策に関する陳情書(松山市一番
 町甲十五番地愛媛県農業構造改善対策協議会長
 山本利兵衛)(第一八一号)
 国内産牛乳による学校給食拡大等に関する陳情
 書(水戸市議会議長和知忠雄)(第一八二号)
 農畜産物の価格流通対策確立に関する陳情書
 (関東一都九県議会議長会常任幹事東京都議会
 議長大久保重直外九名)(第一八四号)
 農畜産物価格の相互補償制度並びに流通合理化
 対策に関する陳情書(兵庫県議会議長石井武
 夫)(第一八五号)
 土地基盤整備事業の助成に関する陳情書(関東
 一都九県議会議長会常任幹事東京都議会議長大
 久保重直)(第一八六号)
 甘しよでん粉対策に関する陳情書(全国都県議
 会甘しよ対策協議会長宮崎県議会議長坂元親
 男)(第一八七号)
 沿岸漁業の近代化に関する陳情書(仙台市勾当
 台通二十七番地北海道東北六県町村議会議長会
 長大村庄三郎)(第一八八号)
 国有林野解放特別法の早期制定に関する陳情書
 (宮城県議会議長門伝勝太郎)(第一八九号)
 果樹被害に対する共済制度確立に関する陳情書
 (宮城県議会議長門伝勝太郎)(第一九〇号)
 消費者米価安定に関する陳情書(夕張市議会議
 長奥西利男)(第一九四号)
 土地改良事業の推進に関する陳情書(新潟市川
 片町一丁目新潟県土地改良事業団体連合会長渡
 邊良夫)(第一九五号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国政調査承認要求に関する件
 農林水産業の基本施策に関する説明聴取
     ――――◇―――――
#2
○高見委員長 これより会議を開きます。
 まず、国政調査承認要求に関する件についておはかりいたします。
 すなわち、農林水産業の振興に関する事項、農林水産物に関する事項、農林水産業団体に関する事項、農林水産金融に関する事項、農業災害補償制度に関する事項、以上の各事項について、衆議院規則第九十四条により、議長に対し国政調査の承認を求めることといたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○高見委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
 なお、その手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○高見委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう取り計らいます。
     ――――◇―――――
#5
○高見委員長 この際、農林水産業の基本施策に関する件について、農林大臣より発言を求められておりますので、これを許します。赤城農林大臣。
#6
○赤城国務大臣 このたびの組閣によって、また農林大臣を拝命いたしまして、引き続き農林水産行政をになうことになりました。決意を新たにし、重責を果たしてまいる覚悟でありますので、皆さま方の理解ある御協力をお願いいたしたいと存じます。
 まず、農政の推進について申し上げます。
 農業内外の諸情勢から見て、農業の近代化を一そう積極的に推進するためには、従来からの施策を一そう拡充するほか、新しい考えのもとに施策を講ずべきときにきていると存じ、昨年来構想を練ってまいりましたが、昭和四十年度予算の編成にあたりまして、特に次の施策を重点として鋭意その実現につとめたいと存じております。
 第一は、農業経営規模拡大のための措置であります。
 国民食糧の安定的な供給と農業の他産業に対する格差の是正という農政の目標を実現いたしますために、農業全体の生産を高め、また農家全体の所得を上げることが必要でありますことは申すまでもありませんが、この際、特に生産が高く、農業所得の水準も高い自立家族経営の育成につとめることが重要であると存じます。このためには、農業構造改善事業の推進、農業生産基盤の整備等、各般の施策を進めるほか、農家が農地を手放す場合に自立経営への道を目ざす農家の手に移るよう特別の配慮を行なうことが必要であろうと存じます。
 このような観点から、フランス、西独等の西欧諸国の事例も研究いたしました結果、農地移動を経営規模の拡大の方向へ方向づける制度について検討を進めております。
 これと同時に、農業に対して熱意を失い、離農を希望している農家が構造改善に資する方向で円滑に離農することができますよう、離農者が離農に際し必要とする資金及び資産を円滑に処分するための資金を長期低利に融通し、あわせて政府全体として離農者の就職あっせん等転職を円滑かつ確実にするためのあたたかい措置を構ずるようにいたしたいと考えます。
 第二は、農業生産基盤の整備を推進するための措置であります。
 農業の近代化のための基盤である農業生産基盤の整備につきましては、これを徹底的に推進しなければならないと存ずるのであります。
 このため、農業の機械化に即応して、圃場整備、農道整備、基幹かんがい排水施設等の諸事業を一そう計画的かつ強力に進め、また農業経営規模の拡大と農業生産の選択的拡大に資するように農用地の造成につとめ、さらに八郎潟に新農村を建設するため八郎潟新農村建設事業を強力に推進する考えであります。
 第三は、酪農振興対策であります。
 酪農も従来順調に伸びてきてはおりますものの、将来に問題がないとは申せない状況でありますので、この際、牛乳乳製品の需給の動向及び酪農経営についての長期的観点から飲用乳に重点を置いて、対策の確立をはかる所存であります。
 このため、牛乳乳製品の需要の増大に対応して生産の拡大につとめ、さらに多頭飼養の推進、草地改良の促進、乳牛集団育成事業の充実等により生産性の向上をはかり、一方生乳の学校給食の増大等により市乳化を促進する考えであります。また、開放経済体制への移行に対処しつつ酪農の安定的発展をはかるため、価格安定制度の改善強化をはかるとともに、乳製品の一元的輸入を行なうことも考えております。
 第四は、農業後継者対策であります。
 すぐれた農業後継者を確保するためには、農村の生活環境を改善し、家族関係を近代化することも大切でありますけれども、農業を青少年にとって魅力ある産業として確立することが本格的な道であります。このため前述のように各般の施策を講ずることはもとよりでありますが、より直接的な後継者対策として、農業後継者育成資金及び農家生活改善資金を拡充するほか、民間による農業教育活動を積極的に進めるため、政府及び民間の出資のもとに農業後継者育成振興基金を設置する考えであります。
 第五は、農業金融の改善合理化であります。
 農業の近代化のための諸施策の拡充強化に伴い、制度金融の拡充をはかるとともに、現地において資金融通が円滑かつ迅速に行なわれるよう貸し付け体制の改善措置等を講ずる考えであります。
 林業及び水産業につきましても、その近代化をはかるため、次のような事項を重点として、施策の推進をはかる所存であります。
 まず、林業につきましては、国土保全と森林資源の開発確保のため、新治山五カ年計画による治山事業の拡充実施、林道網の整備促進、造林の推進等に格段の努力を払い、また林業の近代化を推進するため、林業基本法に基づき林業構造改善事業の実施等、生産、流通、構造等各般の施策を総合的に講じてまいる所存であります。
 次に、水産につきましては、沿岸漁業及び中小漁業の近代化をはかるため、沿岸漁業等振興法に基づき、漁業経営の拡大と安定を目ざして、漁港整備、構造改善等の諸施策を拡充し、また水産物の供給と価格の安定、流通、加工の合理化につとめてまいる所存であります。なお、海外遠洋漁業につきましては、各国との協調を旨としてその一そうの発展を期したいと存じます。
 また、本年は年初以来、春の凍霜害、九州、四国における長雨、新潟地震、山陰、北陸の水害、台風二十号、北海道冷害など、例年になく災害が続発しました。その被害額は、農地、農業用等の施設で六百五十億円、農林水産物で千八百五十億円にのぼり、農林水産業関係の総被害額は約二千五百億円に達しております。
 これらの被害の復旧及び被害農林漁家の経営の再建のためには、農業共済金の早期支払いその他農業災害補償の円滑な実施を行なうとともに、国庫補助及び経営資金の融通等、そのつど措置を講じてまいりました。特に、このたびの北海道の冷害を契機として、天災融資法の当面の問題点について所要の改正をいたしたく、本臨時国会に改正法案の提出を予定いたしております。
 本委員会及び委員各位の御支援御協力をお願い申し上げまして、私のごあいさつといたします。(拍手)
#7
○高見委員長 次会は来たる十五日開会することとし、本日はこれにて散会いたします。
   午後一時十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト