くにさくロゴ
1964/11/27 第47回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第047回国会 内閣委員会 第1号
姉妹サイト
 
1964/11/27 第47回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第047回国会 内閣委員会 第1号

#1
第047回国会 内閣委員会 第1号
本国会召集日(昭和三十九年十一月九日)(月曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次の通
りである。
   理事 伊能繁次郎君 理事 佐々木義武君
   理事 辻  寛一君 理事 内藤  隆君
   理事 永山 忠則君 理事 石橋 政嗣君
   理事 田口 誠治君 理事 山内  広君
      井原 岸高君    大平 正芳君
      壽原 正一君    高瀬  傳君
      塚田  徹君    綱島 正興君
      坪川 信三君    野呂 恭一君
      八田 貞義君    福田  一君
      藤尾 正行君    保科善四郎君
      前田 正男君    湊  徹郎君
     茜ケ久保重光君    稻村 隆一君
      大出  俊君    中村 高一君
      村山 喜一君    山田 長司君
      受田 新吉君    山下 榮二君
十一月九日
 河本敏夫君が議院において委員長に選任された。
―――――――――――――――――――――
昭和三十九年十一月二十七日(金曜日)
    午前十時三十二分開議
 出席委員
   委員長 河本 敏夫君
   理事 伊能繁次郎君 理事 佐々木義武君
   理事 辻  寛一君 理事 内藤  隆君
   理事 永山 忠則君 理事 石橋 政嗣君
   理事 田口 誠治君 理事 山内  広君
      井原 岸高君    塚田  徹君
      綱島 正興君    野呂 恭一君
      藤尾 正行君    保科善四郎君
     茜ケ久保重光君    稻村 隆一君
      中村 高一君    村山 喜一君
      受田 新吉君    山下 榮二君
 委員外の出席者
        専  門  員 加藤 重喜君
    ―――――――――――――
十一月九日
 委員壽原正一君辞任につき、その補欠として河
 本敏夫君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
十一月二十六日
 公務員賃金に関する請願(河野正君紹介)(第
 一号)
 旧軍人等の恩給に関する請願外三件(亀山孝一
 君紹介)(第二号)
 同外一件(田口長治郎君紹介)(第三号)
 同(田中伊三次君紹介)(第四号)
 同外一件(中島茂喜君紹介)(第五号)
 同外十件(森下元晴君紹介)(第六号)
 同(秋田大助君紹介)(第二二号)
 同(上村千一郎君紹介)(第二三号)
 同外三百六十件(黒金泰美君紹介)(第二四
 号)
 同外一件(進藤一馬君紹介)(第二五号)
 同外二件(田中彰治君紹介)(第二六号)
 同外三十八件(谷垣専一君紹介)(第二七号)
 同(内藤隆君紹介)(第二八号)
 同(中島茂喜君紹介)(第二九号)
 同外十二件(前田正男君紹介)(第三〇号)
 同外四件(渡海元三郎君紹介)(第三一号)
 同外一件(荒木萬壽夫君紹介)(第六四号)
 同外九件(有田喜一君紹介)(第六五号)
 同(池田清志君紹介)(第六六号)
 同外三件(大久保武雄君紹介)(第六七号)
 同外九件(大坪保雄君紹介)(第六八号)
 同(金子岩三君紹介)(第六九号)
 同外二十一件(田中龍夫君紹介)(第七〇号)
 同外十一件(武市恭信君紹介)(第七一号)
 同外十三件(二階堂進君紹介)(第七二号)
 同(野見山清造君紹介)(第七三号)
 同(福井勇君紹介)(第七四号)
 同(三原朝雄君紹介)(第七五号)
 同外四件(渡辺栄一君紹介)(第七六号)
 同(渡辺美智雄君紹介)(第七七号)
 同外二件(赤城宗徳君紹介)(第九三号)
 同(池田清志君紹介)(第九四号)
 同外七件(小笠公韶君紹介)(第九五号)
 同(小川半次君紹介)(第九六号)
 同外一件(川野芳滿君紹介)(第九七号)
 同(小金義照君紹介)(第九八号)
 同外二件(小坂善太郎君紹介)(第九九号)
 同外三件(進藤一馬君紹介)(第一〇〇号)
 同外四十五件(砂原格君紹介)(第一〇一号)
 同(高橋清一郎君紹介)(第一〇二号)
 同外六件(千葉三郎君紹介)(第一〇三号)
 同外二十八件(床次徳二君紹介)(第一〇四
 号)
 同外一件(古井喜實君紹介)(第一〇五号)
 同(増田甲子七君紹介)(第一〇六号)
 同外百九十六件(松澤雄藏君紹介)(第一〇七
 号)
 同外三件(三池信君紹介)(第一〇八号)
 同(池田清志君紹介)(第二六七号)
 同(今松治郎君紹介)(第二六八号)
 同外四件(小川平二君紹介)(第二六九号)
 同(小沢辰男君紹介)(第二七〇号)
 同外三件(坊秀男君紹介)(第二七一号)
 同外一件(加藤高藏君紹介)(第二七二号)
 同外一件(唐澤俊樹君紹介)(第二七三号)
 同外六件(河本敏夫君紹介)(第二七四号)
 同外十七件(細田吉蔵君紹介)(第二七五号)
 同(森下國雄君紹介)(第二七六号)
 同(小川平二君紹介)(第二九二号)
 同外十七件(高瀬傳君紹介)(第二九三号)
 同外十七件(谷川和穗君紹介)(第二九四号)
 恩給(共済年金)の格差是正に関する請願外三
 件(砂田重民君紹介)(第七号)
 同外五件(渡海元三郎君紹介)(第三二号)
 同(堀川恭平君紹介)(第一一〇号)
 在外私有財産補償促進に関する請願(天野光晴
 君紹介)(第八号)
 特高罷免及び武徳会追放等による警察退職者救
 済に関する請願(亀山孝一君紹介)(第九号)
 恩給法の改正に関する請願(田中彰治君紹介)
 (第四五号)
 憲法改正に関する請願(金子岩三君紹介)(第
 七八号)
 同(綱島正興君紹介)(第七九号)
 公務員の給与改定に関する請願(沢田政治君紹
 介)(第一〇九号)
 国立大学教官の待遇改善に関する請願(坂田道
 太君紹介)(第二七七号)
 公務員賃金引き上げに関する請願(湯山勇君紹
 介)(第二七八号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
十一月二十六日
 在外資産の補償に関する陳情書(岡山県邑久郡
 牛窓町議会議長元浜貫一)(第一号)
 同(岡山県児島郡藤田村議会議長槇尾隆)(第
 二号)
 同(岡山県久米郡久米町議会議長黒田義夫)(
 第三号)
 水戸対地射爆撃場の早期返還等に関する陳情書
 (茨城県議会議長本沢彦)(第四号)
 同(水海道市議会議長沼尻茂)(第五号)
 同(結城市議会議長奥沢庄平)(第六号)
 憲法調査会の最終報告に関する陳情書(京都市
 上京区同志社大学憲法政治学研究会田畑忍)(
 第七号)
 同(東京都新宿区戸塚町早稲田大学憲法懇話会
 長有倉遼吉)(第八号)
 憲法の改正に関する陳情書(北海道中川郡幕別
 町札内百五十七番地江崎洋洲)(第九号)
 憲法の改正反対に関する陳情書(芦別市議会議
 長林義政)(第一〇号)
 同(三笠市議会議長藤本智)(第一一号)
 同(北海道空知郡上砂川町議会議長森幸三郎)
 (第一二号)
 同(赤平市議会議長細川義則)(第一三号)
 同(美唄市議会議長尾崎茂)(第一四号)
 同(鳥取市寺町百二十三番地憲法擁護鳥取県連
 合議長山崎季治)(第一五号)
 旧軍人の恩給改善に関する陳情書(埼玉県議会
 議長三ツ林弥太郎)(第一六号)
 同(上野市議会議長鳥本由男)(第一七号)
 恩給(共済年金)の格差是正に関する陳情書
 (近畿二府六県議会議長会代表福井県議会議長
 山本宇平外七名)(第一八号)
 恩給改善に関する陳情書(熊本市大江町大江三
 百九十四番地熊本県軍恩連盟会長千田貞雄)(
 第一九号)
 恩給額の改定に関する陳情書(尼崎市七松昭和
 五十八番地高橋竹二郎)(第二〇号)
 恩給格差の是正に関する陳情書(関東一都九県
 議会議長会常任幹事東京都議会議長大久保重直
 外九名)(第二一号)
 基地周辺住民の移転補償適用基準等拡大に関す
 る陳情書(神奈川県知事内山岩太郎)(第二二
 号)
 元県議会議員在職者に対する生存者叙勲基準の
 引き上げに関する陳情書(関東一都九県議会議
 長会常任幹事東京都議会議長大久保重直外九
 名)(第三八号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○河本委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 私は、このたび内閣委員長の重責をになうことになりました。本委員会に課せられました任務はまことに重大であると存じますので、誠心誠意力を尽くしてその職務の完遂を期する所存でございます。
 また、委員会の運営につきましては、まことにふなれでございますので、練達たんのうの皆様の特別なる御協力によりまして、本委員会の円満なる運営を行なってまいりたいと存じます。何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○河本委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についておはかりいたします。
 すなわち、国の行政の改善をはかり、公務員の制度及び給与の適正を期するため、本会期中
 一 行政機構並びにその運営に関する事項
 二 恩給及び法制一般に関する事項
 三 国の防衛に関する事項
 四 公務員の制度及び給与に関する事項
 五 栄典に関する事項以上の各事項につきまして、小委員会の設置、関係各方面より説明聴取及び資料の要求等の方法によりまして、国政調査を実施することとして、議長にその承認を求めることといたしたいと存じます。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○河本委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#5
○河本委員長 次に、前国会の閉会中、行政機構並びにその運営、自衛隊及び公務員制度の実情調査のため、議長の承認を得て各地に委員を派遣いたしたのでありますが、その調査報告につきましては、参照として会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○河本委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次会は、来たる十二月三日午前十時理事会、十時三十分委員会を開会することとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時三十五分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト