くにさくロゴ
1963/12/12 第45回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第045回国会 文教委員会 第1号
姉妹サイト
 
1963/12/12 第45回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第045回国会 文教委員会 第1号

#1
第045回国会 文教委員会 第1号
 本委員は昭和三十八年十二月九日(月曜日)議
長の指名で次の通り選任された。
      石田 博英君    上村千一郎君
      臼井 莊一君    小澤佐重喜君
      加藤 精三君    久野 忠治君
      熊谷 義雄君    坂田 道太君
      椎名悦三郎君    田川 誠一君
      谷川 和穗君    床次 徳二君
      中村庸一郎君    橋本龍太郎君
      長谷川 峻君    原田  憲君
      松田竹千代君    松山千惠子君
      三田村武夫君    南  好雄君
      川崎 寛治君    桜井 茂尚君
      沢田 政治君    重盛 寿治君
      前田榮之助君    三木 喜夫君
      村山 喜一君    柳田 秀一君
      山中 吾郎君    鈴木  一君
十二月九日
 久野忠治君が議院において、選挙の結果委員長
 に当選した。
―――――――――――――――――――――
昭和三十八年十二月十二日(木曜日)
   午前十時二十四分開議
 出席委員
   委員長 久野 忠治君
   理事 上村千一郎君 理事 坂田 道太君
   理事 南  好雄君 理事 三木 喜夫君
   理事 村山 喜一君 理事 山中 吾郎君
      臼井 莊一君    加藤 精三君
      床次 徳二君    中村庸一郎君
      橋本龍太郎君    松山千惠子君
      桜井 茂尚君    前田榮之助君
      鈴木  一君
 出席国務大臣
        文 部 大 臣 灘尾 弘吉君
 出席政府委員
        文部政務次官  八木 徹雄君
 委員外の出席者
        専  門  員 田中  彰君
    ―――――――――――――
十二月十二日
      上村千一郎君    小澤佐重喜君
      坂田 道太君    長谷川 峻君
      南  好雄君    三木 喜夫君
      村山 喜一君    山中 吾郎君
が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○久野委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび皆さまの御推挙によりまして、私が文教委員長に選任をされました。本委員会の使命はまことに重大でございます。私は大へんふなれなものでございますが、練達たんのうなる皆さまの御支援によりまして、本委員会の円満な運営を期したい、さように考えておる次第でございまして、皆さまの今後の御指導と御協力を切にお願いを申し上げる次第でございます。
 簡単ではございますが、一言をもちまして就任のごあいさつにかえさせていただきたいと思うのでございます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○久野委員長 これより理事の互選を行ないます。
 理事の員数は、その数を八名とし、委員長において指名するに御異議ありませんか、
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○久野委員長 御異議なしと認めます。
 それでは
   上村千一郎君  小澤佐重喜君
   坂田 道太君  長谷川 峻君
   南  好雄君  三木 喜夫君
   村山 喜一君  山中 吾郎君
をそれぞれ理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○久野委員長 次に、国政調査承認要求に関する件につき、おはかりいたします。
 一、学校教育に関する事項
 二、社会教育に関する事項
 三、体育に関する事項
 四、学術研究及び宗教に関する事項
 五、国際文化交流に関する事項
 六、文化財保護に関する事項
以上、各事項についてその実情を調査し、対策を樹立するため小委員会の設置、関係各方面よりの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中国政に関する調査を行ないたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○久野委員長 御異議なしと認め、そのように決定いたしました。
     ――――◇―――――
#7
○久野委員長 次に、灘尾文部大臣より発言を求められておりますので、これを許します。文部大臣。
#8
○灘尾国務大臣 一言ごあいさつをさせていただきたいと存じます。
 去る七月の第二次池田内閣の改造に際しまして、また文部省の仕事を担当することに相なった次第であります。その後本委員会においてごあいさつを申し上げる機会もなく打ち過ぎておりましたような次第でございます。続いてまた先般の衆議院の総選挙後の第三次池田内閣の組閣に際しまして、引き続いて文部省の仕事を担当することに相なりました。本日、本委員会において皆さま方にごあいさつを申し上げることをまことにしあわせに存ずるものでございます。
 申すまでもなく、文教行政の使命はまことに重大であると考えておるのでございます。それにつきましても、御承知のような不調法者でございますので、この重責を全うし得るやいなや、まことに心配をいたしておる次第でございます。誠心誠意、文教の発展のために努力させていただきたいと存じておりますので、どうぞ格別の御協力また御鞭撻をいただきたいと存じます。心からお願いを申し上げまして、ごあいさつにかえる次第でございます。(拍手)
#9
○久野委員長 次に、文部政務次官に御就任になりました八木徹雄君より発言を求められておりますので、これを許します。八木徹雄君。
#10
○八木政府委員 ただいま大臣からごあいさつのありましたように、私も七月三十日に政務次官に就任をし、今回引き続きまた再任されたわけでございます。自来相当の月日がたっておるのに、まだごあいさつもいたしておりません。まことに御無礼を重ねておるわけでございます。どうぞひとつお許しをいただきたいと思います。
 これから後、もうごらんのとおりの未熟な男でございますので、十分に皆さまの御期待に沿うような活動ができるかどうか、非常に心配をいたしておりますが、皆さまの御愛顧をいただきながら職責を全ういたしたいと考えております。どうぞ今後ともひとつよろしくお願いを申し上げます。
#11
○久野委員長 次会は公報をもってお知らせすることとしし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時二十九分散会へ
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト