くにさくロゴ
1963/12/13 第45回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第045回国会 懲罰委員会 第1号
姉妹サイト
 
1963/12/13 第45回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第045回国会 懲罰委員会 第1号

#1
第045回国会 懲罰委員会 第1号
 本委員は昭和三十八年十二月九日(月曜日)議
長の指名で次の通り選任された。
      石井光次郎君    内海 安吉君
      大野 伴睦君    川島正次郎君
      岸  信介君    正力松太郎君
      堤 康次郎君    藤山愛一郎君
      前尾繁三郎君    益谷 秀次君
      松村 謙三君    三木 武夫君
      河上丈太郎君    島上善五郎君
      鈴木茂三郎君    原   彪君
      山花 秀雄君    和田 博雄君
      西尾 末廣君    清瀬 一郎君
十二月九日
 内海安吉君が議院において委員に選任された。
    ―――――――――――――
昭和三十八年十二月十三日(金曜日)
   午前十時十一分開議
 出席委員
   委員長 内海 安吉君
   理事 藤山愛一郎君 理事 原   彪君
   理事 山花 秀雄君
      伊東 正義君    竹内 黎一君
      登坂重次郎君    西岡 武夫君
      橋本竜太郎君    藤本 孝雄君
      三木 武夫君    和田 博雄君
    ―――――――――――――
十二月十三日
 委員石井光次郎君、大野伴睦君、岸信介君、正
 力松太郎君、堤康次郎君及び松村謙三君辞任に
 つきその補欠として橋本竜太郎君、竹内黎一君、
 登坂重次郎君、伊東正義君、藤本孝雄君及び西
 岡武夫君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員伊東正義君、竹内黎一君、登坂重次郎君、
 西岡武夫君、橋本竜太郎君及び藤本孝雄君辞任
 につき、その補欠として正力松太郎君、大野伴
 睦君、岸信介君、松村謙三君、石井光次郎君及
 び堤康次郎君が議長の指名で委員に辞任された。
    ―――――――――――――
十二月十三日
      藤山愛一郎君    前尾繁三郎君
      益谷 秀次君    原   彪君
      山花 秀雄君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
     ――――◇―――――
#2
○内海委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 不肖私、このたび、はからずも再度懲罰委員長の重責をになうことになりましたが、何ぶんにもふなれでありますので、この重責を果たし得るかどうかを懸念いたすものでございます。しかし、議院の規律保持に関して当委員会に課せられた任務はまことに重大なものがあると存じますので、委員長に就任いたしましたからには、誠心誠意相つとめたいと存じます。
 委員会の運営につきましてもまた各位の御理解ある御支援と御協力を得まして、大過なきを期したいと存じますので、何とぞよろしく御指導、御鞭撻のほどをお願い申し上げます。
 簡単ではございますが、一言ごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○内海委員長 これより理事の互選を行ないます。
 理事の員数は五名とし、先倒により委員長において指名いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○内海委員長 御異議なしと認めます。
 それでは
   藤山愛一郎君  前尾繁三郎君
   益谷 秀次君  原   彪君
   山花 秀雄君
以上五名の方を現事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○内海委員長 次に、閉会中審査についておはかりいたします。
 本委員会として、その必要があります場合には、議長に対し申し出をいたしたいと思いますが、その申し出書の作成、提出手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○内海委員長 御異議ないものと認めまして、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト