くにさくロゴ
1963/12/11 第45回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第045回国会 地方行政委員会 第1号
姉妹サイト
 
1963/12/11 第45回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第045回国会 地方行政委員会 第1号

#1
第045回国会 地方行政委員会 第1号
 本委員は昭和三十八年十二月九日(月曜日)議
長の指名で次の通り選任された。
      大石 八治君    大西 正男君
      亀岡 高夫君    亀山 孝一君
      久保田円次君    篠田 弘作君
      田川 誠一君    武市 恭信君
      渡海元三郎君    登坂重次郎君
      中島 茂喜君    永田 亮一君
      藤田 義光君    三池  信君
      村山 達雄君    森下 元晴君
      森田重次郎君    山崎  巖君
      和爾俊二郎君   茜ケ久保重光君
      秋山 徳雄君    井谷 正吉君
      川俣 清音君    阪上安太郎君
      成田 知巳君    二宮 武夫君
      松井  誠君    和田 博雄君
      栗山 礼行君    門司  亮君
 十二月九日
 森田重次郎君が議院において選挙の結果委員長
に当選した。
    ―――――――――――――
昭和三十八年十二月十一日(水曜日)
 午前十時四十二分開議
 出席委員
   委員長 森田重次郎君
   理事 田川 誠一君 理事 渡海元三郎君
   理事 中島 茂喜君 理事 永田 亮一君
   理事 藤田 義光君 理事 阪上安太郎君
   理事 二宮 武夫君 理事 松井  誠君
      大石 八治君    大西 正男君
      亀岡 高夫君    亀山 孝一君
      久保田円次君    武市 恭信君
      登坂重次郎君    村山 達雄君
      森下 元晴君    山崎  巖君
      和爾俊二郎君   茜ケ久保重光君
      秋山 徳雄君    井谷 正吉君
 出席政府委員
        自治政務次官  金子 岩三君
 委員外の出席者
        自治事務官
        (大臣官房長) 松島 五郎君
        自治事務官
        (財政局長)  柴田  護君
        自治事務官
        (財政局交付税
        課長)     山本  悟君
        専  門  員 越村安太郎君
    ―――――――――――――
十二月十日
 委員 川俣清音君辞任につき、その補欠として
 伊藤よし子君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
十二月十一日
      田川 誠一君    渡海元三郎君
      中島 茂喜君    永田 亮一君
      藤田 義光君    阪上安太郎君
      二宮 武夫君    松井  誠君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十二月十日
 昭和三十八年度分の地方交付税の単位費用の特
 例に関する法律案(内閣提出第六号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
 昭和三十八年度分の地方交付税の単位費用の特
例に関する法律案(内閣提出第六号)
     ――――◇―――――
#2
○森田委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。
 今回、はからずも私が地方行政委員長に就任することになりました。本委員会の使命にかんがみまして、その職責まことに重大でありますが、幸いに練達たんのうなる委員諸君の御協力を賜わりまして、本委員会の運営には特に公正を期し、大過なきよう念願する次第でございます。何とぞ各位の御指導と御協力をお願い申し上ぐる次第でございます。
 簡単でございますが、就任のごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○森田委員長 これより理事の互選を行ないます。
#4
○田川委員 動議を提出いたします。
 理事はその数を八名とし、先例によりまして、委員長において指名せられんことを望みます。
#5
○森田委員長 ただいまの田川誠一君の動議に御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○森田委員長 御異議なしと認めます。よって、理事はその数を八名とし、委員長において指名することに決しました。それでは理事に
   田川 誠一君  渡海元三郎君
   中島 茂喜君  永田 亮一君
   藤田 義光君  阪上安太郎君
   二宮 武夫君  松井  誠君
 を指名いたします。
     ――――◇―――――
#7
○森田委員長 次に、国政調査承認要求に関する件につきましておはかりいたします。
 すなわち、衆議院規則第九十四条の規定に基づき、本会期中、当委員会の所管に属する事項につき、国政に関する調査を行ないたいと存じます。つきましては地方行政の実情を調査し、その健全なる発展に資するため、小委員会の設置、関係各方面よりの説明聴取及び資料の要求等の方法により、地方自治、地方財政、警察及び消防に関する事項について、国政に関する調査を行なうこととし、議長に対しその承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○森田委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#9
○森田委員長 この際、金子自治政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。金子自治政務次官。
#10
○金子政府委員 この席より、高うございますが一言ごあいさつ申し上げます。
 昨日再び自治政務次官に任命されました。どうかひとつ、皆さん方の御協力によりまして大任を果たしたいと考えます。今後一段と御指導賜わらんことを切にお願い申し上げましてごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#11
○森田委員長 昨十日付託になりました内閣提出の昭和三十八年度分の地方交付税の単位費用の特例に関する法律案を議題といたします。
#12
○森田委員長 まず政府から提案理由の説明を聴取することといたします。金子自治政務次官。
#13
○金子政府委員 ただいま議題となりました昭和三十八年度分の地方交付税の単位費用の特例に関する法律案の提案理由とその要旨を御説明申し上げます。
 今回、政府は人事院の勧告に基づき本年十月一日から国家公務員の給与改定を実施することといたしましたが、これに伴いまして地方団体においても、国家公務員に準じ地方公務員の給与改定を実施することができるよう、その必要な財源を保障することといたしたいのであります。これがためには、給与改定に要する経費を普通交付税の額の算定に用いる基準財政需要額に算入しなければなりませんので、その基礎となる単位費用について、本年度分の特例を法定する必要が出てまいります。
 以上がこの法律案を提出した理由であります。
 次に、この法律案の内容の要旨につき御説明申し上げます。
 ただいま申し上げましたように、地方公務員の給与改定に要する経費を基準財政需要額に算入するためには、その積算に用いられる単位費用を改むる必要があります。
 そこで、現行単位費用算定の基礎となっております職員給与費について、本年十月一日から国家公務員に準じて給与改定を実施した場合の経費によって単位費用を再算定し、これを本年度の特例単位費用として現行地方交付税法に規定する単位費用にかえて適用することといたしたのであります。
 この結果、基準財政需要額は、すでに決定した額よりも総額においては三百八十九億円、そのうち地方交付税の交付を受ける団体分においては二百八十五億円の増加となる見込みであります。
 この法律案に基づいて、新たな単位費用を用いて算定した基準財政需要額が法人事業税並びに道府県民税及び市町村民税法人税割について最近の実績に基づき再算定した基準財政収入額をこえる額を基準として、本年度の普通交付税の額を決定する予定であります。
 したがいまして、本年八月に決定し、各地方団体に交付した地方交付税は、昭和三十八年度分の普通交付税の額の概算交付額とみなすこととし、その旨を附則に規定した次第であります。
 以上が昭和三十八年度分の地方交付税の単位費用の特例に関する法律案の提案理由及びその要旨であります。
 何とぞ慎重御審議の上、すみやかに御可決あらんことをお願い申し上げます。
#14
○森田委員長 以上で提案理由の説明は終わりました。
 本案に対する質疑は、次会に譲ることといたします。
 次会は公報をもってお知らせすることとし、本日はこれにて散会いたします。
       午前十時五十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト