くにさくロゴ
1963/12/17 第45回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第045回国会 商工委員会 第2号
姉妹サイト
 
1963/12/17 第45回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第045回国会 商工委員会 第2号

#1
第045回国会 商工委員会 第2号
昭和三十八年十二月十四日(土曜日)委員長の指
名で、次の通り小委員及び小委員長を選任した。
 金属鉱山に関する小委員
      内田 常雄君    小川 平二君
      始関 伊平君    中村 幸八君
      長谷川四郎君    田中 武夫君
      多賀谷真稔君    松平 忠久君
      麻生 良方君
 金属鉱山に関する小委員長
                始関 伊平君
 石油及び天然ガスに関する小委員
      浦野 幸男君    小川 平二君
      小沢 辰男君    神田  博君
      小平 久雄君    始関 伊平君
      中川 俊思君    長谷川四郎君
    早稻田柳右エ門君    板川 正吾君
      久保田 豊君    田中 武夫君
      多賀谷真稔君    松平 忠久君
      伊藤卯四郎君
 石油及び天然ガスに関する小委員長
                小川 平二君
 繊維に関する小委員
      浦野 幸男君    小川 平二君
      海部 俊樹君    小平 久雄君
      中村 幸八君    長谷川四郎君
      南  好雄君    山手 滿男君
    早稻田柳右エ門君    板川 正吾君
      久保田鶴松君    久保田 豊君
      田中 武夫君    中村 重光君
      麻生 良方君
 繊維に関する小委員長
                中村 幸八君
―――――――――――――――――――――
昭和三十八年十二月十七日(火曜日)
   午前十時五十二分開議
 出席委員
   委員長 二階堂 進君
   理事 小川 平二君 理事 小平 久雄君
   理事 始関 伊平君 理事 中村 幸八君
 理事 早稻田柳右エ門君 理事 板川 正吾君
   理事 田中 武夫君
      内田 常雄君    浦野 幸男君
      小沢 辰男君    海部 俊樹君
      神田  博君    佐々木秀世君
      佐々木義武君    田中 六助君
      野見山清造君    長谷川四郎君
      栗林 三郎君    沢田 政治君
      多賀谷真稔君    中村 重光君
      西宮  弘君    鈴木  一君
      加藤  進君
 出席政府委員
        通商産業政務次
        官       田中 榮一君
        通商産業事務官
        (大臣官房長) 川出 千速君
 委員外の出席者
        通商産業事務官
        (鉱山局長)  加藤 悌次君
        専  門  員 渡邊 一俊君
    ―――――――――――――
十二月十四日
 委員野間千代三君辞任につき、その補欠として
 松原喜之次君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員松原喜之次君辞任につき、その補欠として
 野間千代三君が議長の指名で委員に選任された。
同月十七日
 委員海部俊樹君、久保田豊君、野間千代三君及
 び麻生良方君辞任につき、その補欠として佐々
 木義武君、栗林三郎君、沢田政治君及び鈴木一
 君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員佐々木義武君、栗林三郎君、沢田政治君及
 び鈴木一君辞任につき、その補欠として海部俊
 樹君、久保田豊君、野間千代三君及び麻生良方
 君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
十二月十三日
 独占価格の引き下げ並びに公共料金、消費者物
 価の値上げ反対等に関する請願外十五件(重盛
 寿治君紹介)(第四〇号)
同月十四日
 小売商業調整特別措置法の改正に関する請願外
 一件(押谷富三君紹介)(第八九号)
 消費者物価引き下げ等に関する請願(中澤茂一
 君紹介)(第九〇号)
同月十六日
 消費者物価引き下げ等に関する請願(實川清之
 君紹介)(第四〇一号)
 物価値上げ反対に関する請願(川上貫一君紹
 介)(第四五五号)
 同(加藤進君紹介)(第四五六号)
 同(志賀義雄君紹介)(第四五七号)
 同(谷口善太郎君紹介)(第四五八号)
 同(林百郎君紹介)(第四五九号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
十二月十四日
 水質汚濁防止等に関する陳情書(十都道府県議
 会議長会北海道議会議長岩本政一外九名)(第
 七七号)
 公害対策基本法の早期制定に関する陳情書(東
 海北陸七県議会議長会代表三重県議会議長里中
 政吉)(第九〇号)
 物価の値上げ反対に関する陳情書(福岡県三井
 郡小郡町大字西島千二百六十五番地田中定義外
 十九名)(第一〇七号)
 同(赤平市字平岸多田一雄外七十一名)(第一
 〇八号)
 同(北海道磯谷郡蘭越町蘭越地区労働組合協議
 会議長石田勇外十五名)(第一〇九号)
 同(富山県中新川郡上市町法音寺五十一番地安
 井完二外五十名)(第一八四号)
 天然ガス及び石油鉱業政策確立に関する陳情書
 (秋田市議会議長鈴木伝八)(第一一〇号)
 同(男鹿市議会議長小坂正治郎)(第一一八三
 号)
 秋田県の天然ガス開発促進に関する陳情書(秋
 田市議会議長鈴木伝八)(第一一一号)
 中小企業育成のための税制改正に関する陳情書
 (大阪市東区南本町五丁目十六番地大阪府工業
 協会長江崎利一)(第一一二号)
 近代化資金の対象外企業の設備投資積立金の特
 例措置に関する陳情書(兵庫県議会議長寺井弥
 三市)(第一一三号)
 未開発地域の経済開発促進に関する陳情書(北
 海道・東北六県議会議長会長山形県議会議長加
 藤富之助外七名)(第一一五号)
 東北開発株式会社の事業に関する陳情書(北海
 道・東北六県議会議長会長山形県議会議長加藤
 富之助外七名)(第二六号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 小委員の補欠選任
 閉会中審査に関する件
 秋田県における天然ガス不足解消に関する件
 請願
  一 独占価格の引き下げ並びに公共料金、消
   費者物価の値上げ反対等に関する請願外十
   五件(重盛寿治君紹介)(第四〇号)
  二 小売商業調整特別措置法の改正に関する
   請願外一件(押谷富三君紹介)(第八九
   号)
  三 消費者物価引き下げ等に関する請願(中
   澤茂一君紹介)(第九〇号)
  四 同(實川清之君紹介)(第四〇一号)
  五 物価値上げ反対に関する請願(川上貫一
   君紹介)(第四五五号)
  六 同(加藤進君紹介)(第四五六号)
  七 同(志賀義雄君紹介)(第四五七号)
  八 同(谷口善太郎君紹介)(第四五八号)
  九 同(林百郎君紹介)(第四五九号)
     ――――◇―――――
#2
○二階堂委員長 これより会議を開きます。
 この際、前委員長の逢澤寛君より発言を求められております。これを許します。逢澤寛君。
#3
○逢澤議員 退任にあたりまして、一言、ごあいさつを申し上げます。
 本委員会の委員長といたしまして一年数カ月間つとめさしていただいたのでありまするが、その間、各方面の非常な御支援をいただきました。特に本委員会の与野党の諸君、また関係の通産省の大臣をはじめ各局長並びに関係の各位、また企業庁のそれぞれの方方、さらに本専門員の方並びに国会の委員部の諸君からは、きわめて適切なる御指導をいただきまして、大過なく一年数カ月を過こさしていただきましたことは、ひとえに申し上げた諸君の御支援のたまものであると深く感謝をいたしております。
 私は、この際、当委員会からは席を離れまして、建設委員のほうへまた逆戻りをいたしておるのでありますが、何かと皆さま方のお世話になることが多々あると存じますので、何とぞ従来のように御指導をいただきたいと存じます。
 一言お礼を申し上げまして、私のごあいさつにかえたいと思います。ありがとうございました。(拍手)
#4
○二階堂委員長 次に、板川正吾君より発言を求められております。これを許します。板川正吾君。
#5
○板川委員 委員を代表しまして、逢澤前委員長に謝意を表したいと思います。
 逢澤委員長には、三十七年七月から三十八年十月まで一年三カ月間にわたりまして、当商工委員会の委員長として重任を果たされてまいりました。この間、四十一回、四十二回、四十三回と、三つの会期を無事に商工委員長としての重責を果たして退任されるに至りましたことは、まことに惜しい限りであります。
 逢澤委員長が任期中の大きな案件といいますと、何といいましても中小企業基本法の制定であります。この中小企業基本法は、多年中小企業者の要望であったのでありますが、これが四十三回国会の混乱の中に、ともかく野党の意見も十分取り入れられて成立を見たということは、商工委員長の多年にわたる識見と、そうして公正な委員会の運営が、そうした重要な法案をあの混乱の中にまとめ得たものと思うのであります。逢澤前委員長には、当初商工行政には全くふなれだというふうなことを就任の際言われたのであります。しかし、ふなれでありましても、こうした委員会をいま振り返って見ますると、無事に大任を果たされたということは、何といいましても長年の経験がものをいったのだろうと思うのであります。その実績が、今回の総選挙には高点で当選されたということになったのだろうと思うのであります。(拍手)
 どうか今後とも御健康に注意されまして、国家のために御尽力あられんことをお願い申し上げまして、一言もって謝辞といたします。御苦労さまでございました。(拍手)
     ――――◇―――――
#6
○二階堂委員長 本日の請願日程の請願九件を議題とし、審査をいたします。
 以上の各請願につきましては、先刻の理事会におきまして御検討願いましたので、直ちに採決するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○二階堂委員長 御異議なしと認め、直ちに採決いたします。
 日程第二の請願は、その趣旨を妥当なものと認め、採択の上、内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○二階堂委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 なお、本請願に関する委員会の報告書の作成に関しましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○二階堂委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
    ―――――――――――――
#10
○二階堂委員長 なお、本委員会に参考送付されております陳情書は、十三件であります。
     ――――◇―――――
#11
○二階堂委員長 閉会中審査申し出の件についておはかりいたします。
 明十八日をもって今国会の会期は終了いたしますので、理事会において御協議願いましたとおり、小笠公韶君外六名提出の電源開発促進法の一部を改正する法律案について、閉会中審査の申し出をいたすことに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○二階堂委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#13
○二階堂委員長 この際、小委員の選任に関しておはかりいたします。
 前回設置いたしました石油及び天然ガスに関する小委員会等三小委員会の小委員の辞任の許可は、委員長に一任願うこととし、欠員を生じた場合の補欠選任に関しましては、委員長において指名するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○二階堂委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 この際、暫時休憩いたします。
   午前十時五十八分休憩
     ――――◇―――――
   午後四時六分開議
#15
○二階堂委員長 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 鉱業に関する件について調査を進めます。
 石油及び天然ガスに関する小委員長代理より発言を求められておりますので、これを許可いたします。石油及び天然ガスに関する小委員長代理早稻田柳右エ門君。
#16
○早稻田委員 石油及び天然ガスに関する小委員会の審議の経過並びに結果につき、御報告を申し上げます。
 石油及び天然ガスに関する小委員会は、十二月十三日設置され、本十七日小委員会を開会いたしました。本日の小委員会で議題になりましたことは、石油問題並びに秋田県下の天然ガスの不足解消に関する件であります。
 あらためて申し上げるまでもなく、秋田県はわが国有数の天然ガス資源の豊富な地域であり、従来まで県下において産出される天然ガスは、原料、燃料として大いに利用されてきたのでありますが、県下最大の産出量を見ていた帝国石油株式会社八橋油田が最近急速に激減したため、関係工場は危機にさらされ、さらに家庭燃料ガスの確保についてもきわめて困難となり、大きな社会不安を惹起しつつるあるのであります。
 よって、本小委員会といたしましては、慎重に審議した結果、秋田県下の天然ガス不足問題を早急に解決するための措置を強く政府に要請する必要を認め、お手元に配付いたしました案文、すなわち秋田県における天然ガス不足解消に関する決議(案)でございます。
   秋田県における天然ガス不足解消に関する件
  秋田県の天然ガスは、最近八橋油田の産出量が急速に激減したために大巾に減少し、天然ガスに依存している関係工場は、危機にさらされ更に家庭燃料についてもガスの確保が困難となり、大きな社会不安を惹起しつつある。
  よって政府は、最悪の事態を回避するため、速やかに有望地区を試掘する等適切な措置をとり天然ガスの不足に万遺憾なきを期すべきである。
  右決議する。
 ただいま申し上げた決議を商工委員会においても可決すべきであるとの結論に達した次第であります。したがって、委員長においてしかるべく御配慮を賜わらんことをお願いいたしまして、小委員会の報告といたします。(拍手)
#17
○二階堂委員長 ただいまの早稲田君の発言は、本件について決議すべきものとの動議であります。ただいまの動議のとおり決議するに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○二階堂委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
 なお、本決議の取り扱いに関しましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○二階堂委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 この際、通商産業政務次官より発言を求められておりますので、これを許します。田中政務次官。
#20
○田中榮政府委員 ただいま本委員会におきまして決議せられました秋田県における天然ガス不足解消に関する決議の内容につきましては、通産省といたしましても、十二分に御趣旨の線に沿いまして努力いたしたいと考えております。
#21
○二階堂委員長 本日はこれにて散会いたします。
   午後四時十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト