くにさくロゴ
1962/01/30 第43回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第043回国会 法務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1962/01/30 第43回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第043回国会 法務委員会 第1号

#1
第043回国会 法務委員会 第1号
本国会召集日(昭和三十七年十二月二十四日)(
月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次
の通りである。
   委員長 高橋 英吉君
   理事 池田 清志君 理事 小島 徹三君
   理事 田中伊三次君 理事 林   博君
   理事 牧野 寛索君 理事 井伊 誠一君
   理事 坪野 米男君 理事 松井  誠君
      一萬田尚登君    稻葉  修君
      上村千一郎君    小川 半次君
      唐澤 俊樹君    岸本 義廣君
      小金 義照君    河本 敏夫君
      竹山祐太郎君    千葉 三郎君
      馬場 元治君    松本 一郎君
      阿部 五郎君    赤松  勇君
      猪俣 浩三君    河野  密君
      田中織之進君    松井 政吉君
      片山  哲君    志賀 義雄君
―――――――――――――――――――――
昭和三十八年一月三十日(水曜日)
   午前十一時十四分開議
 出席委員
   委員長 高橋 英吉君
   理事 池田 清志君 理事 小島 徹三君
   理事 林   博君 理事 牧野 寛索君
   理事 坂本 泰良君 理事 坪野 米男君
      稻葉  修君    小川 半次君
      岸本 義廣君    小金 義照君
      竹山祐太郎君    千葉 三郎君
      猪俣 浩三君    久保田鶴松君
      田中幾三郎君
 委員外の出席者
        専  門  員 小木 貞一君
    ―――――――――――――
昭和三十七年十二月二十五日
 委員河野密君、田中織之進君、坪野米男君及び
 松井誠君辞任につき、その補欠として畑和君、
 飛鳥田一雄君、久保田鶴松君及び坂本泰良君が
 議長の指名で委員に選任された。
昭和三十八年一月二十二日
 委員畑和君辞任につき、その補欠として坪野米
 男君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十三日
 委員阿部五郎君が死去された。
同月三十日
 委員片山哲君辞任につき、その補欠として田中
 幾三郎君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員田中幾三郎君辞任につき、その補欠として
 片山哲君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 理事坪野米男君及び松井誠君昭和三十七年十二
 月二十五日委員辞任につき、その補欠として坪
 野米男君及び坂本泰良君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
一月二十二日
 水戸家庭裁判所庁舎新築に関する請願(塚原俊
 郎君外六名紹介)(第三六号)
 新潟県村上裁判所庁舎新築に関する請願(稻葉
 修君紹介)(第九六号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
 小委員会設置に関する件
 参考人出頭要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○高橋委員長 これより会議を開きます。
 まず理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 理事の坪野米男君及び松井誠君が去る十二月二十五日委員を辞任されましたので、理事が二名欠員になっております。この際、理事の補欠選任を行ないたいと存じますが、これは先例により委員長において指名するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○高橋委員長 御異議ないものと認めまして、坪野米男君及び坂本泰良君を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#4
○高橋委員長 次に国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 すなわち、裁判所の司法行政、法務行政及び検察行政等の適正を期するため、本会期中において、
 一、裁判所の司法行政に関する事項
 二、法政行政及び検察行政に関する事項
 三、国内治安及び人権擁護に関する事項以上の各事項につきまして、小委員会の設置、関係各方面より説明聴取及び資料の要求等の方法によりまして、国政調査を実施することとし、規則の定むるところにより、書面をもって議長に対しその承認を求めることといたしたいと存じます。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○高橋委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#6
○高橋委員長 次に、国会法第七十二条の規定による最高裁判所の長官またはその指定する代理者の出席説明に関する件についてお諮りいたします。
 今会期中におきまして、本委員会の審査または調査に関し、最高裁判所の長官またはその指定する代理者から出席説明の要求がありましたとき、その承認に関する決定につきましては、その取り扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○高橋委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#8
○高橋委員長 本委員会の委員でありました阿部五郎君が去る二十三日逝去されました。まことに哀惜の念にたえません。
 ここに哀悼の意を表し、黙祷をささげたいと存じます。御起立を願います。
  〔総員起立、黙祷〕
#9
○高橋委員長 御着席を願います。
     ――――◇―――――
#10
○高橋委員長 この際、参考人出頭要求の件についてお諮りいたします。
 検察行政、暴力行為等の防止に関する問題について参考人の出頭を求め、その意見を聴取することといたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○高橋委員長 御異議なしと認め、さように決しました。
 なお、日時は来たる二月八日とし、人数及び人選は委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○高橋委員長 御異議なしと認め、さように取り計らいいたします。
     ――――◇―――――
#13
○高橋委員長 この際、小委員会設置の件についてお諮りいたします。
 再審制度について調査をなすため、小委員十名よりなる再審制度調査小委員会を設置いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○高橋委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。
 なお、小委員及び小委員長の選任につきましては、委員長より後刻公報をもって御指名いたします。
 なお、指名後における小委員の辞任の許可及び小委員に欠員を生じた場合の補欠選任につきましても、委員長に御一任願っておきたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○高橋委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト