くにさくロゴ
1962/05/07 第43回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第043回国会 商工委員会 第22号
姉妹サイト
 
1962/05/07 第43回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第043回国会 商工委員会 第22号

#1
第043回国会 商工委員会 第22号
昭和三十八年五月七日(火曜日)
   午前十一時六分開議
 出席委員
   委員長 逢澤  寛君
   理事 岡本  茂君 理事 白浜 仁吉君
   理事 中村 幸八君 理事 板川 正吾君
   理事 田中 武夫君 理事 松平 忠久君
      小沢 辰男君    藏内 修治君
      小平 久雄君    笹本 一雄君
      田中 榮一君    田中 龍夫君
      中川 俊思君    南  好雄君
      村上  勇君    山手 滿男君
      北山 愛郎君    久保田 豊君
      多賀谷真稔君    中村 重光君
      西村 力弥君
 出席国務大臣
        通商産業大臣  福田  一君
 出席政府委員
        公正取引委員会
        委員長     渡邊喜久造君
        通商産業事務官
        (通商産業大臣
        官房長)    渡邊彌榮司君
        通商産業事務官
        (軽工業局長) 倉八  正君
        中小企業庁長官 樋詰 誠明君
 委員外の出席者
        専  門  員 渡邊 一俊君
    ―――――――――――――
四月二十四日
 委員石村英雄君辞任につき、その補欠として久
 保田鶴松君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
三月二十七日
 高圧ガス取締法の一部を改正する法律案(内閣
 提出第一四四号)(参議院送付)
 輸出硫安売掛金経理臨時措置法案(内閣提出第
 一五四号)
同月二十八日
 中小企業者に対する資金の確保等に関する特別
 措置法案(向井長年君提出、参法第二三号)(
 予)
 官公需の中小企業者に対する発注の確保に関す
 る法律案(向井長年君提出、参法第二五号)(
 予)
同日
 競走事業労働者の保障に関する請願(足鹿覺君
 紹介)(第三〇八〇号)
四月九日
 公共料金等の値上げ政策中止に関する請願(戸
 叶里子君紹介)(第三一一六号)
 物価値上げ抑制等に関する請願(石田宥全君紹
 介)(第三三三三号)
 同(岡田春夫君紹介)(第三三三四号)
 同(田中武夫君紹介)(第三三三五号)
同月二十日
 中小企業基本法案等における消費生活協同組合
 の規制反対等に関する請願外十九件(板川正吾
 君紹介)(第三五四一号)
 同外九件(久保田豊君紹介)(第三五四二号)
 同外十一件(田中武夫君紹介)(第三五四三
 号)
 同外三十一件(板川正吾君紹介)(第三五七二
 号)
 同外十五件(田中武夫君紹介)(第三五七三
 号)
 同外三十五件(松平忠久君紹介)(第三五七四
 号)
 同外十一件(西村力弥君紹介)(第三六六五
 号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員派遣承認申請に関する件
 輸出硫安売掛金経理臨時措置法案(内閣提出第
 一五四号)
     ――――◇―――――
#2
○逢澤委員長 これより会議を開きます。
 まず、申し上げたいことがございます。
 長らく本商工委員であられました石村英雄君が、去る四月二十四日逝去されました。この際、委員会といたしましても、つつしんで哀悼の意を表したいと存じます。
 つきましては、ここに黙祷の上、御冥福を祈りたいと存じます。御起立をお願いいたします。
  〔総員起立、黙祷〕
#3
○逢澤委員長 御着席下さい。
     ――――◇―――――
#4
○逢澤委員長 次に、今般公正取引委員会の委員長に就任されました渡邊喜久造君を御紹介いたします。
#5
○渡邊(喜)政府委員 ただいま御紹介にあずかりました渡邊でございます。
 去る三月二十五日付をもちまして、公正取引委員会委員長を拝命いたしました。公正取引委員会の仕事は、いわば一般的な常識こしましては、ある程度存じておりますが、その専門的な問題につきましては、正直なところ、目下勉強の最中でございます。御承知のようなむずかしい時期でございます。私といたしましては、職責の重大なことにかんがみ、最善を尽くしたいと存じます。皆さん方の御指導と御鞭撻をお願いいたしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#6
○逢澤委員長 この際、委員派遣承認要求に関する件についておはかりいたします。
 すなわち、現地に委員を派遣いたし、金属鉱山等の実情を調査するため、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○逢澤委員 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、派遣委員の員数、人選、派遣地、派遣期間等は、すべて委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○逢澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#9
○逢澤委員長 次に、去る三月二十七日に付託になりました内閣提出、輸出硫安売掛金経理臨時措置法案を議題とし、審査に入ります。
    ―――――――――――――
#10
○逢澤委員長 まず、通商産業大臣より、趣旨の説明を聴取することにいたします。福田通商産業大臣。
#11
○福田国務大臣 輸出硫安売掛金経理臨時措置法案につきまして、その提案理由及び要旨を御説明申し上げます。
 硫安問題につきましては、御承知のとおり、昭和二十九年以来、肥料二法に基づきまして、国内価格の決定を行なうとともに、輸出については日本硫安輸出株式会社を通ずる一手輸出体制をとることとしたのでありますが、輸出価格と国内価格との差額、いわゆる輸出赤字につきましては、運用上、これを硫安生産業者の輸出会社に対する売掛金として処理することとしてまいったのであります。しかるに、ここ数年来、硫安の国際的な輸出競争は一段と激しさを加え、その結果、硫安生産業者の合理化努力にもかかわらず輸出赤字が年々増加し、今後における硫安工業の合理化の円滑な遂行をはかるためにも、この問題の解決が強く要請されるに至ったのであります。
 このため、政府といたしましては、昨年末、硫安工業対策を決定し、硫安の輸出赤字問題を解決して硫安工業の再建の基礎を確立するとともに、今後における合理化と体質の改善を強力に推進するため、適切なる財政的措置を講ずることとしたのでありますが、同時に、これと見合いまして、今後における硫安の輸出については売掛金の計上をしないこととするとともに、過去の累積売掛金については、これを硫安生産業者において償却させることとした次第であります。
 以上の措置によりまして、当面肥料二法は法定期間内存置する方針のもとに、硫安工業を再建し、健全な輸出産業として育成いたしたいと考えておりますが、輸出硫安売掛金の償却につきましては、その額が巨額でありますため、これを一期に償却させることになりますと、硫安生産業者の経営上大きな負担となり、その再建にも支障を生ずるおそれがありますので、特に繰り延べ償却ができるよう、輸出硫安売掛金の経理に関する臨時措置として、この法律案を提案した次第であります。
 この法律案の内容は、硫安生産業者の経理の適正化をはかるため、取り立て不能見込みの輸出硫安売掛金については、これを特に貸借対照表の資産の部に計上し、十年以内に繰り延べ償却することができるようにするとともに、株主、債権者の保護にも十分留意いたしまして、売掛金の貸借対照表への計上にあたっては、表示上それが繰り延べ損失であることを明らかならしめることとし、また配当についても適正なる限度を設けるよう配慮いたしております。
 以上が、この法律案の提案理由及びその要旨であります。
 何とぞ慎重御審議の上、御賛同下さるようお願い申し上げます。
#12
○逢澤委員長 以上で説明は終わりました。
 なお、本案についての質疑は、後日に譲ることといたします。
 次会は、来たる十日金曜日午前十時より開会することといたしまして、本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト