くにさくロゴ
1962/06/26 第43回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第043回国会 商工委員会 第39号
姉妹サイト
 
1962/06/26 第43回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第043回国会 商工委員会 第39号

#1
第043回国会 商工委員会 第39号
昭和三十八年六月二十六日(水曜日)
   午後一時三十五分開議
 出席委員
   委員長 逢澤  寛君
   理事 小川 平二君 理事 岡本  茂君
   理事 中村 幸八君 理事 南  好雄君
   理事 板川 正吾君 理事 田中 武夫君
   理事 松平 忠久君
      宇野 宗佑君    浦野 幸男君
      遠藤 三郎君    大高  康君
      仮谷 忠男君    佐々木義武君
      正示啓次郎君    田中 榮一君
      中川 俊思君    藤井 勝志君
    早稻田柳右エ門君    岡田 利春君
      小林 ちづ君    中村 重光君
      西村 力弥君
 出席国務大臣
        通商産業大臣  福田  一君
 出席政府委員
        通商産業政務次
        官       廣瀬 正雄君
        通商産業事務官
        (軽工業局長) 倉八  正君
 委員外の出席者
        専  門  員 渡邊 一俊君
    ―――――――――――――
六月二十日
 委員浦野幸男君及び藏内修治君辞任につき、そ
 の補欠として大竹作摩君及び三池信君が議長の
 指名で委員に選任された。
同日
 委員大竹作摩君及び三池信君辞任につき、その
 補欠として浦野幸男君及び藏内修治君が議長の
 指名で委員に選任された。
同月二十一日
 委員正示啓次郎君及び春日一幸君辞任につき、
 その補欠として前尾繁三郎君及び伊藤卯四郎君
 が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員前尾繁三郎君辞任につき、その補欠として
 正示啓次郎君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十四日
 委員藏内修治君辞任につき、その補欠として山
 村新治郎君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員山村新治郎君辞任につき、その補欠として
 藏内修治君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十五日
 委員仮谷忠男君及び田中一榮君辞任につき、そ
 の補欠として星島二郎君及び前尾繁三郎君が議
 長の指名で委員に選任された。
同日
 委員星島二郎君及び前尾繁三郎君辞任につき、
 その補欠として仮谷忠男君及び田中榮一君が議
 長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
六月二十四日
 物価値上げ抑制等に関する請願(島上善五郎君
 紹介)(第四四九一号)
 同外三件(佐野憲治君紹介)(第四五二九号)
 同(八百板正君紹介)(第四五三〇号)
 同(外二件西村関一君紹介)(第四七四四号)
 公共料金等の引上げ政策中止等に関する請願(
 島上善五郎君紹介)(第四五三一号)
 中小企業基本法制定に関する請願外二十五件(
 高田富與君紹介)(第四五三二号)
 同(内藤隆君紹介)(第四五五七号)
 同(小澤太郎君紹介)(第四五七九号)
 同(天野公義君紹介)(第四六六八号)
 同(田中正巳君紹介)(第四六六九号)
 松本、諏訪地区を新産業都市の内陸地帯指定に
 関する請願(増田甲子七君紹介)(第四五五八
 号)
 中小企業基本法案等における消費生活協同組合
 の規制反対等に関する請願外九件(安平鹿一君
 紹介)(第四七四五号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 高圧ガス取締法の一部を改正する法律案(内閣
 提出第一四四号)(参議院送付)
     ――――◇―――――
#2
○逢澤委員長 これより会議を開きます。
 内閣提出の高圧ガス取締法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 発言を求められておりますので、これを許可いたします。板川正吾君。
#3
○板川委員 高圧ガス取締法の一部を改正する法律案について質問をいたしたいのでありますが、きょうは、直後に本会議が開かれることになっておりますので、時間の関係で、法案の内容に入るのは次の機会にいたしたいと思います。
 とりあえず資料の要求をいたしたいと思います。御承知のように、六月二十四日の新聞にプロパンタクシーの火災ですか、爆発事故が出ていた。これは高圧ガスであるプロパンを燃料とした自動車でありまして、とにかく乗客に対する保安装置は完全だ。だから、プロパンのは、とかく問題があったけれども、完全になったから、プロパンを自動車燃料として使うことを認めたいきさつがあると思うのです。ところが、事故がないかと思ったら、実はこういう事故があったので、この事故の内容、原因等を検討して資料を出していただきたい。次会にそれを中心に質問いたしたいと思います。資料要求だけをいたしておきます。
#4
○倉八政府委員 調査いたしまして、提出いたします。
#5
○逢澤委員長 暫時休憩いたします。
   午後一時三十七分休憩
     ――――◇―――――
  〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト