くにさくロゴ
1962/01/26 第43回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第043回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1962/01/26 第43回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第043回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号

#1
第043回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号
本特別委員会は昭和三十八年一月二十五日(金曜
日)議院において公職選挙法改正に関する調査を
なすため設置することに決した。
一月二十五日
 本特別委員は議長の指名で次の通り選任された。
      青木  正君    荒舩清十郎君
      大上  司君    岡崎 英城君
      加藤常太郎君    仮谷 忠男君
      菅  太郎君    藏内 修治君
      薩摩 雄次君    首藤 新八君
      田中 榮一君    辻  寛一君
      丹羽喬四郎君    長谷川 峻君
      林   博君    松本 一郎君
      大原  亨君    太田 一夫君
      島上善五郎君    二宮 武夫君
      畑   和君    堀  昌雄君
      矢尾喜三郎君    山中日露史君
      井堀 繁男君
―――――――――――――――――――――
昭和三十八年一月二十六日(土曜日)
   午前十一時十八分開議
 出席委員
   委員長 辻  寛一君
   理事 青木  正君 理事 岡崎 英城君
   理事 丹羽喬四郎君 理事 畑   和君
   理事 堀  昌雄君
      海部 俊樹君    仮谷 忠男君
      木村 公平君    久野 忠治君
      正示啓次郎君    高橋  等君
      米山 恒治君    山中日露史君
      井堀 繁男君
    ―――――――――――――
一月二十六日
 辻寛一君が委員長に当選した。
同日
      青木  正君    荒舩清十郎君
      岡崎 英城君    菅  太郎君
      丹羽喬四郎君    太田 一夫君
      畑   和君    堀  昌雄君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
一月二十六日
 委員藏内修治君、薩摩雄次君、首藤新八君、田
 中榮一君、長谷川峻君及び林博君辞任につき、
 その補欠として久野忠治君、高橋等君、正示啓
 次郎君、木村公平君、米山恒治君及び海部俊樹
 君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員海部俊樹君、木村公平君、久野忠治君、正
 示啓次郎君、高橋等君及び米山恒治君辞任につ
 き、その補欠として林博君、田中榮一君、藏内
 修治君、首藤新八君、薩摩雄次君及び長谷川峻
 君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
     ――――◇―――――
  〔岡崎委員、委員長席に着く〕
#2
○岡崎委員 ただいまより会議を開きます。
 私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。
 これより委員長の互選を行ないます。
#3
○丹羽(喬)委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、辻寛一君を委員長に推薦いたしたいと思います。
#4
○岡崎委員 ただいまの丹羽喬四郎君の動議に御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○岡崎委員 御異議なしと認めます。よって、辻寛一君が委員長に御当選になりました。
 委員長辻寛一君に本席をお譲りいたします。
  〔辻委員長、委員長席に着く〕
#6
○辻委員長 ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き委員長の重責をになうことになりました。
 本委員会の重大なる使命にかんがみまして、各位の前回にも増しての御協力をいただきまして、大任を全ういたしたいと存じます。何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○辻委員長 これより理事の互選を行ないます。
 理事の員数及び互選の方法についてお諮りいたします。
#8
○丹羽(喬)委員 動議を提出いたします。
 理事の員数は八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。
#9
○辻委員長 ただいまの丹羽喬四郎君の動議に御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○辻委員長 御異議なしと認めます。よって、動議のごとく決しました。
 それでは、委員長は理事に
   青木  正君  荒舩清十郎君
   岡崎 英城君  菅  太郎君
   丹羽喬四郎君  太田 一夫君
   畑   和君  堀  昌雄君
以上八名の諸君を指名いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
   午前十一時二十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト