くにさくロゴ
1962/04/26 第43回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第043回国会 議院運営委員会 第18号
姉妹サイト
 
1962/04/26 第43回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第043回国会 議院運営委員会 第18号

#1
第043回国会 議院運営委員会 第18号
昭和三十八年四月二十六日(金曜日)
   午後零時十分開議
 出席委員
   委員長 佐々木秀世君
   理事 福永 健司君 理事 鈴木 正吾君
   理事 小平 久雄君 理事 下平 正一君
   理事 前田榮之助君
      齋藤 邦吉君    田中 榮一君
      細田 吉藏君    安宅 常彦君
      兒玉 末男君    武藤 山治君
      佐々木良作君
 委員外の出席者
        議     長 清瀬 一郎君
        副  議  長 原 健三郎君
        事 務 総 長 山崎  高君
    ―――――――――――――
三月二十九日
 委員肥田次郎君及び井堀繁男君辞任につき、そ
 の補欠として阪上安太郎君及び佐々木良作君が
 議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 元本院副議長岩本信行君逝去につき弔詞贈呈の
 件
 議員小林進君請暇の件
 日本銀行政策委員会委員任命につき同意を求め
 るの件
 緊急質問の取扱いに関する件
     ――――◇―――――
#2
○佐々木委員長 これより会議を開きます。
 まず、元本院副議長岩本信行君逝去につき弔詞贈呈の件についてでありますが、去る五日、元本院副議長岩本信行君が逝去されました。
 ここにつつしんで哀悼の意を表します。
 つきましては、同君に対する弔詞贈呈についてでありますが、前例に従いまして、お手元の印刷物の通りの特別弔詞を、葬儀当日議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
 なお、同君に対する弔詞は、前例に従い、本日の本会議において、議長からこの旨御報告し、弔詞を朗読することになります。その際は、議員の方及び議場におられる方は御起立を願うことになっておりますから、御了承願います。
    ―――――――――――――
 衆議院は多年憲政のため尽力し再度
 本院副議長の要職につきまたさきに
 国務大臣の重任にあたられた正三位
 勲一等岩本信行君の長逝を哀悼しつ
 つしんで弔詞をささげます。
    ―――――――――――――
#3
○佐々木委員長 次に、議員請暇の件についてでありますが、議員小林進君から、海外旅行のため、五月十一日から今会期中請暇の申し出があります。
 本件は、これを許可すべきものとし、本日の本会議において決定するに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○佐々木委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#5
○佐々木委員長 次に、日本銀行政策委員会委員任命につき同意を求めるの件についてでありますが、本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○佐々木委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#7
○佐々木委員長 次に、緊急質問の取り扱いに関する件についてでありますが、日本社会党の帆足計君から、米原子力潜水艦の日本寄港問題に関する緊急質問が提出されました。
 右緊急質問は、本日の本会議において行なうこととし、質疑時間は十五分程度とするに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○佐々木委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、帆足君の要求大臣は、お手元に配付の印刷物の通りであります。
    ―――――――――――――
 米原子力潜水艦の日本寄港問題に関る緊急質問
  総、外、科学、防 帆足計君(社)
    ―――――――――――――
#9
○佐々木委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長から説明を求めます。
#10
○山崎事務総長 まず、冒頭に岩本信行さんの弔詞の報告がございます。先ほどの御決定の通り、御起立をお願いいたします。次に、小林さんの請暇をお願いいたします。次に、日本銀行政策委員任命の同意につきましてお願いいたします。次に、緊急質問でございまして、答弁が終わりましてから散会ということになります。
#11
○佐々木委員長 それでは、本会議は、午後一時五十分予鈴、午後二時から開会することといたします。
    ―――――――――――――
#12
○佐々木委員長 次に、来たる五月七日火曜日午前十一時から理事会、理事会散会後委員会を開会することといたします。
 本日は、これにて散会いたします。
  午後零時十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト