くにさくロゴ
1962/08/15 第41回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第041回国会 農林水産委員会 第1号
姉妹サイト
 
1962/08/15 第41回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第041回国会 農林水産委員会 第1号

#1
第041回国会 農林水産委員会 第1号
本国会召集日(昭和三十七年八月四日)(土曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次の通
りである。
   委員長 野原 正勝君
   理事 秋山 利恭君 理事 小山 長規君
   理事 田口長治郎君 理事 丹羽 兵助君
   理事 山中 貞則君 理事 足鹿  覺君
   理事 石田 宥全君 理事 片島  港君
      安倍晋太郎君    伊藤  幟君
      飯塚 定輔君    大野 市郎君
      金子 岩三君    仮谷 忠男君
      草野一郎平君    倉成  正君
      小枝 一雄君    坂田 英一君
      田邉 國男君    谷垣 專一君
      綱島 正興君    寺島隆太郎君
      内藤  隆君    中山 榮一君
      福永 一臣君    本名  武君
      松浦 東介君    米山 恒治君
      角屋堅次郎君    栗林 三郎君
      東海林 稔君    中澤 茂一君
      楢崎弥之助君    西宮  弘君
      安井 吉典君    山田 長司君
      湯山  勇君    稲富 稜人君
      玉置 一徳君
    ―――――――――――――
八月十日
 野原正勝君委員長辞任につき、その補欠として
 長谷川四郎君が議院において委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和三十七年八月十五日(水曜日)
   午前十時十二分開議
 出席委員
   委員長 長谷川四郎君
   理事 秋山 利恭君 理事 小山 長規君
   理事 田口長治郎君 理事 丹羽 兵助君
   理事 山中 貞則君 理事 石田 宥全君
   理事 片島  港君
      草野一郎平君    小枝 一雄君
      坂田 英一君    谷垣 專一君
      中山 榮一君    野原 正勝君
      松浦 東介君    松本 一郎君
      米山 恒治君    角屋堅次郎君
      東海林 稔君    山田 長司君
      湯山  勇君    稲富 稜人君
      玉置 一徳君
 出席国務大臣
        農 林 大 臣 重政 誠之君
 出席政府委員
        農林政務次官  津島 文治君
        農林事務官
        (大臣官房長) 林田悠紀夫君
 委員外の出席者
        専  門  員 岩隈  博君
    ―――――――――――――
八月四日
 委員飯塚定輔君、福永一臣君及び本名武君辞任
 につき、その補欠として亀岡高夫君、松本一郎
 君及び長谷川四郎君が議長の指名で委員に選任
 された。
    ―――――――――――――
八月四日
 沿岸漁業振興法案(角屋堅次郎君外十二名提出、
 第三十九回国会衆法第一四号)
 水産物の価格の安定等に関する法律案(角屋堅
 次郎君外十二名提出、第三十九回国会衆法第一
 五号)
 水産業改良助長法案(角屋堅次郎君外十二名提
 出、第三十九回国会衆法第一六号)
 南九州防災営農振興法案(川村継義君外二十一
 名提出、第四十回国会衆法第二号)
 南九州防災営農公団法案(川村継義君外二十一
 名提出、第四十回国会衆法第三号)
 土地改良区の財政の再建に関する特別措置法案
 (石田宥全君外十四名提出、第四十回国会衆法
 第五号)
 漁業基本法案(角屋堅次郎君外十一名提出、第
 四十回国会衆法第三六号)
 漁業法の一部を改正する法律案(角屋堅次郎君
 外十一名提出、第四十回国会衆法第三八号)
 水産業協同組合法の一部を改正する法律案(角
 屋堅次郎君外十一名提出、第四十回国会衆法第
 四一号)
 漁業法の一部を改正する法律案(第四十回国会
 内閣提出第一三二号、参議院送付)
 水産業協同組合法の一部を改正する法律案(第
 四十回国会内閣提出第一三三号、参議院送付)
 沿岸漁業等振興法案(内閣提出、第四十回国会
 閣法第一四四号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国政調査承認要求に関する件
 農林水産業の基本施策に関する説明聴取
     ――――◇―――――
#2
○長谷川委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 今回、不肖私、皆さんの御選任によりまして名誉ある農林水産委員長になりましたことを心より喜んでおります。
 農林水産委員会といたしましても、昨年農業基本法が誕生いたしましたけれども、いまだの感があり、また、農業全般の上に立ち、さらにまた沿岸漁業等幾多問題が残されておると思うのであります。私は全くこの点はしろうとでありますので、皆さん方の御強力なる協力を得て、その任を果たしたいと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
 前農林水産委員長野原正勝君より発言を求められておりますので、これを許可いたします。野原君。
#3
○野原(正)委員 不肖私、農林水産委員長といたしまして先ごろまで諸兄の非常な御協力をいただきまして、農林水産の問題の推進あるいは審議に当たったのでありますが、長い間皆様の非常なる御協力を得ましたことを心から感謝いたします。農政の重大なる転換期にあたりまして、残されたる問題はまだ山積をしております。この際、私の後任として老練なる、りっぱな長谷川委員長を迎えたことは、われわれといたしましても非常に心強く感ずるのでありまするが、どうぞ私同様に、新委員長に対しまして皆様の御協力のほどを切にお願いいたします。長い間の御協力を心から感謝いたします。これをもって私のごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#4
○長谷川委員長 国政調査承認要求に関する件につきましてお諮りをいたします。
 今会期におきましても、農林水産業の振興に関する事項、農林水産物に関する事項、農林水産団体に関する事項、農林水産金融に関する事項、農業災害補償に関する事項の各事項について、国政に関する調査を行ないたいと存じます。これについて議長に対しまして承認方を申請いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○長谷川委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
 なお、本承認要求書の作成並びに提出手続につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○長谷川委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#7
○長谷川委員長 この際 農林大臣並びに農林政務次官より発言を求められております。順次これを許可いたします。重政農林大臣。
#8
○重政国務大臣 今回、私、農林大臣の重職を拝命いたし、その責任の重大なることを痛感いたしておるのであります。浅学非才でありますが、皆様方の御理解ある御協力のもとに、全力をあげて国家国民のために、また農家諸君のために御奉公をいたす決意でおるのであります。何とぞ皆様方の御理解ある御協力を切望いたしてやみません。
 私の当面やりたいと思っておりますことにつきまして、その主要なる事柄を簡単に申し述べたいと思うのであります。
 第一に、農業につきましては、さきに制定せられました農業基本法は新農政の方向を明示したものでありまして、いわば農政の道しるべとも申すべきものであると考えるものであります。私は、あるいは法律制度の制定により、あるいは財政的裏づけによりまして、可及的すみやかに農業基本法の内容を実現、実施いたして参る所存でおるのであります。
 まず第一は、農業生産の選択的拡大を進めたいと存ずるのでありますが、特に需要の増加に対応して畜産物、果実等につきましては、その生産の伸展をはかるための施策を講ずることとし、その際適地道産と主産地形成に十分配慮して参る所存であります。この場合、畜産につきましては、飼料自給基盤の確立、多頭羽飼育の促進、家畜の改良増殖等の施策を中心としてその振興に努めることとし、果樹等につきましては、適地における生産の向上をはかることといたしたいと存ずるのであります。
 次に、農業技術の向上をはかるとともに、農業の生産性の向上三経営の近代化をはかるため、土地改良、区画整理等による土地の生産力の増大、草地の改良造成等農業基盤の整備事業を促進する所存であります。
 さらに、本年度より着手をいたしております農業構造改善事業は、各地方の特殊性、すなわち各地の立地条件を重視いたしまして、これに即応しつつ、さきに述べました方針を取り入れて計画を樹立し、その実現を促進して参りたいと考えておるのであります。
 次に、流通機構の改善につきましては、特に蔬菜、果実、牛乳、食肉等の生鮮食料品の最近における消費者価格の動向等にかんがみ、国民の食生活の安定をはかるためにも流通過程の合理化、中央卸売市場の整備、生産出荷体制の確立等の諸施策をすみやかに講じたいと考えております。
 さらに、農産物の価格安定方策につきましては、農産物価格安定法その他によって実施せられつつありますが、さらに検討を加え、その内容を拡充いたしたいと考えております。
 次に、国内甘味資源の開発を強力に推進をいたし、一面におきましては農業経営の合理化に資するとともに、他面におきましては外貨の節約をはかりたいと考えております。
 農業金融につきましては、農業投資を多からしめるためには資金量、融資の条件、すなわち長期低利の資金を獲得する要があり、これがためには現在の農業金融制度を根本的に検討をいたし、これを合理化する必要があると考えておるのであります。
 次に、食糧管理制度の改善につきましては、現行制度は御承知の通り米が少ないときに制定実施をせられたものでありますが、現在のごとく需給が均衡を得つつある現状におきましては、はたしてこれが適当であるかどうか、検討の要があると存じます。松村懇談会の意見を聞くとともに、さらに各方面の意見を聞きまして、慎重に対処をいたす所存でおります。
 さらに貿易自由化の促進につきましては、さきに前内閣におきまして本年十月から実施する品目を閣議で一応決定を見ておるようでありますが、さらにこれが検討を各品目について慎重にいたしまして、いやしくも農業経営等に重大な悪影響の及ばないような方法も講じ、またそういうおそれのあるようなものにつきましてはさらに慎重に対処をいたさなければならぬ、こう考えておる次第であります。
 第二に、林業につきましては、まず国土保全対策として、治山十カ年計画に基づき、治山事業を引き続き総合的に実施し、災害の防除に万全を期することといたしたい所存であります。
 次に、今後の経済成長に伴う木材需要の増大に対処して、その供給確保のため林道網の整備をはかるとともに、森林資源の長期的な維持培養のため人工造林事業の計画的実施を進めて参る所存であります。
 さらに、林業経営の近代化と林業所得の増大をはかるため、林業機械の導入、林業技術の改良普及、森林組合の整備強化等の諸施策を総合的に実施して参りたいと考えます。
 第三に、水産業について申し上げます。
 まず沿岸漁業振興対策につきましては、全国的に地域を定め、漁場改良造成事業及び漁業近代化促進事業等の沿岸漁業構造改善に関する事業を総合的かつ計画的に実施することといたし、これが積極的拡充をはかる所存であります。
 次に、遠洋漁業につきましては、沿岸漁業等の振興と相待ってその推進をはかる考えでありますが、特に国際的に関係のある漁業につきましては、関係国との協力のもとに資源保護に十分留意を払いつつ、その生産性の確保に努めるため、必要な措置を講じて参りたいと考えます。
 なお、水産物の価格流通対策につきましては、従来主として多獲性の魚種の価格の安定措置を実施してきたのでありますが、最近における消費者価格の動向等にかんがみ、より強力な施策が必要であると考えられます。
 さらに、漁港の整備につきましては、漁港修築事業の早期完成を重点的に促進するとともに、漁業の実態の推移に伴い、漁港整備計画について検討を加えて参る所存であります。
 農林水産業の最近における動向は、地域的に相当の分化が見られますので、それぞれの地域の動向に即応したきめのこまかい農政を展開することが必要であります。これがため、農林省の機構の再編整備を企図している次第であります。
 なお、本臨時国会におきましては、まず第一に、前国会において継続審査になりました漁業の基本的法制についての改正及び沿岸漁業等の振興等を目的とする水産関係法案並びに行政機構の整備等をはかるための農林省設置法改正案について皆様の御協力を得て、早期にその成立をはかりたいと考えておるのであります。
 最後に、本年発生災害に対する対策でありますが、六月の長雨、七月の豪雨等による被害は相当の額に達しております。これらの災害に対する対策としましては、農作物関係及び漁業関係等については天災融資法の発動等による資金の融通、農業共済金等の仮渡しまたは概算払い、施設の復旧については農林水産業施設災害復旧暫定措置法等による助成措置、その他被害の実情に応じ適切な対策を講じていく所存であります。
 なお、本国会において激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律案が継続審査になっておりますが、その成立を待って、特に被害の激甚な災害について特別の助成措置を講ずることといたしたいと存じます。
 以上、私が当面考えております主要な方針につきましてその概要を申し述べたのでありますが、今後の施策が円滑に行われますよう、皆様方の御協力をお願いいたす次第であります。(拍手)
#9
○長谷川委員長 次に、農林政務次官津島君。
#10
○津島政府委員 私、はからずも農林政務次官の重職を拝することになったのでございます。もとより浅学非才の者でございます。しかして、現下の農政は、ただいま大臣から御所信が表明せられました通り、非常に重大でございます。このときにあたりまして、いかにして私の任務を尽くすか非常に心配にたえないものがあるのでございますが、私は自分の職責のためにどこまでも最善を尽くす所存でございますので、何とぞ各位の一段の御指導と御援助のほどを賜わりますように切にお願いを申し上げまして、私のごあいさつとする次第であります。(拍手)
#11
○長谷川委員長 次会は来たる二十一日開会することといたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時二十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト