くにさくロゴ
1947/11/14 第1回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第001回国会 文化委員会 第14号
姉妹サイト
 
1947/11/14 第1回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第001回国会 文化委員会 第14号

#1
第001回国会 文化委員会 第14号
昭和二十二年十一月十四日(金曜日)
    午前十一次開議
 出席委員
   委員長 福田 繁芳君
   理事 最上 英子君 理事 鈴木里一郎君
      榊原 千代君    馬場 秀夫君
      森山 武彦君    高橋 長治君
      並木 芳雄君    成島 憲子君
      田口助太郎君    竹尾  弌君
      山名 義芳君    川越  博君
      受田 新吉君
 委員外の出席者
        專門調査員   武藤 智雄君
    ―――――――――――――
本日の開議に付した事件
 觀光事業に關する小委員會報告の件
    ―――――――――――――
#2
○福田委員長 會議を開きます。
 本日は觀光事業に關する高橋小委員長より御報告を求められておりますから、これを許します。小委員長高橋君。
#3
○高橋(長)委員 先日來、委員會におきまして非常に議論がありましたことは、國土計畫委員會の所管になつておりまする國立公園に關する事項は、觀光事業と密接に関連するところが多いのでありまして、當然これは文化委員會の所管に移すことが望ましいという議が起りまして、お諮りいたしましたところが全會一致で文化委員會に移管される方法をとつてほしいということに相なりまして、その理由書につきましては、委員長竝びに專門調査員にお任せになるということに相なりまして、その理由書も作成しておりますので、この場合御報告申し上げ、なお本件につきましては、文化委員長よりさいぜんの方法をとつていただきたいということでありまして、ただいまその具申書竝びにその理由書を御報告申し上げたいと思うのであります。
   具申書
  衆議院規則第九十二條第三號によつて國土計畫委員會の所管事項となつている「國立  公園に關する事項」は、同條第六號による文化委員會の所管事項に屬せしめるのが至  當であると考える。
   このことは文化委員會の發足以來常に問題とせられて来た所であり、曩に私(  文化委員長)から非公式に議長竝びに事務總長まで御申入れをして置いたのであ  るが、何時までも現状のままに放置することはいよいよ事態を曖昧ならしめ、わが文化  委員會本来の所管事項たる觀光事業の取扱にも支障を來さしめる虞があるので、この  際改めて委員會の總意をまとめてここに具申することとしたのである。希くば生等の  意のあるところを諒とせられ、本趣旨の貫徹のために善處せられんことを望みたい。こういう具申書であります。
 次に趣旨でありますが、
  衆議院規則改正の件
   第一 趣旨
  衆議院規則第九十二條第三號による國土計畫委員會所管中「6國立公園に關する事項 」を削り、第六號による文化委員會所管事項中「9觀光事業に關する事項」を「9國立 公園の乃至觀光事業に關する事項」とする。
 以下第二はその理由書でありますが、「國立公園の意義」以下を讀みますることは、たいへん時間を要することでありますから、以上御報告申し上げる次第であります。
#4
○福田委員長 諸君にお諮りいたします。ただいま小委員長の報告にもありましたことくにこの觀光事業と國立公園は、實に密接不可分の關係があることは御承知の通りであります。ついては、いきおい觀光事業を調査しようといたしますれば、どうしても国立公園に關する事項というものを、わが文化委員會の所管に入れないことには行うことができないのであります。それは今小委員長も言われたことくに、國立公園に關する事項が國土計畫委員會にある、こういうような矛盾がありますので、今小委員會の諸君が、慎重審議されてご要望されることは、委員長といたしては實にもつともであろう、かように考えるのであります。それで今の小委員會の作成に委員長の名のもとにおけるところの國會議長に對する具申書を、諸君も御異議がなければ、本委員會の決議として議長に要望いたしたいと、こう思うのでありますが、諸君に御意見ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○福田委員長 御異存がなく、なお萬場一致で御贊意を得たものとみまして、さように決議して、もつて議長に要望いたしたい、かように思います。(拍手)
#6
○馬場委員 文化委員會の所管事項について、次の委員會に、總理大臣、外務大臣及び官房長官に所見を質したいと思いますので、その處置をとられんことをお願いいたします。
#7
○福田委員長 諸君にお諮りいたします。ただいまの馬場君の御説のごとく、わが文化委員會の所管全項目に関連して、片山總理、西尾官房長官、芦田外務大臣その他の關係官僚を招致いたしてお尋ねをいたしたい。こういうお申出でありますが、これに對して御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○福田委員長 これまた御異議ないようでございますから、さようにいたしまして、委員會として各諸大臣に要望して今回の委員會にはさようにいたしたいと存じます。
#9
○高橋(長)委員 ただいまの各大臣の中に、でき得れば商工大臣も一名要望しておきたいと思いますから、どうぞよろしくお願いいたします。
#10
○福田委員長 ただいまの高橋君のお申出には御意見はございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○馬場委員長 異議はありませんが、まず最初に總理、外務大臣、官房長官と順を追つて聽く、こういつた方がいいと思いますが、いかがですか。
#12
○福田委員長 高橋君に申し上げます。まず一應そういたしまして、政府と打合わせをして、その間にどなたかが時間の都合で出席不可能の時分には、順位として商工大臣を招致する、さようにいたしてその取計らいを委員長に御一任されんことをお願いいたします。
#13
○高橋(長)委員 お任せいたします。
#14
○福田委員長 本日の委員會は、これで一應打切りまして散會いたします。
   午前十一時八分散會
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト