くにさくロゴ
1961/10/28 第39回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第039回国会 本会議 第17号
姉妹サイト
 
1961/10/28 第39回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第039回国会 本会議 第17号

#1
第039回国会 本会議 第17号
昭和三十六年十月二十八日(土曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第十四号
  昭和三十六年十月二十八日
   午後二時開議
 第一 日本育英会法の一部を改正する法律案(
  内閣提出、参議院送付)
 第二 自作農維持創設資金融通法の一部を改正
  する法律案(農林水産委員長提出)
 第三 社会保険審議会及び社会保険医療協議会
  法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第四 農林省設置法の一部を改正する法律案(
  第三十八回国会内閣提出、参議院送付)
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 日程第一 日本育英会法の一部を改正する法律
  案(内閣提出、参議院送付)
 日程第三 社会保険審議会及び社会保険医療協
  議会法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 日程第四 農林省設置法の一部を改正する法律
  案(第三十八回国会内閣提出、参議院送付)
   午後二時九分開議
#2
○副議長(原健三郎君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 日程第一 日本育英会法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
#3
○副議長(原健三郎君) 日程第一、日本育英会法の一部を改正する法律案を議題といたします。
#4
○副議長(原健三郎君) 委員長の報告を求めます。文教委員長櫻内義雄君。
    ―――――――――――――
  〔報告書は会議録追録に掲載〕
    ―――――――――――――
  〔櫻内義雄君登壇〕
#5
○櫻内義雄君 ただいま議題となりました日本育英会法の一部を改正する法律案について、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案の要旨は、大学、高等専門学校等に優秀な教員を確保する必要上、日本育英会からの貸与金の返還を免除される職の範囲を拡大するとともに、また、貸与金の回収を一そう的確にしようとするものでありまして、その内容は、
 第一に、大学、高等専門学校における貸与金の返還を免除される職は、義務教育の教育職のほか、大学、高等専門学校、高等学校等の教育職と改め、大学院における貸与金の返還を免除される教育職は、大学、高等専門学校、高等学校、中学校等の教育職とすることであります。
 第二に、日本育英会の貸与金の回収は、その的確を期するため、主務大臣の定めるところによるとすることであります。
 その他、沖縄ほおける教育または研究の職についた者、国立工業教員養成所で修業した者、及びこの法律施行の際現に大学、大学院等において奨学金の貸与を受けつつある者も、ひとしく貸与金返還の免除を受け得ることなどを規定しております。
 本案は、参議院先議で、去る十月十人日本院に送付され、即日文教委員会に付託されました。本委員会としては、すでに十月四日予備付託案件として政府から提案理由の説明を聴取、自来慎重審議をいたし、十月二十七日、質疑を終了、討論を省略して採決の結果、全会一致をもって原案の通り可決、続いて貸与金の返還免除範囲をさらに拡大すべき旨の附帯決議が成立いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#6
○副議長(原健三郎君) 採決いたします。
 本案は委員長報告の通り決するに御異議はございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○副議長(原健三郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告の通り可決いたしました。
     ――――◇―――――
#8
○田邉國男君 日程第二は延期されんことを望みます。
#9
○副議長(原健三郎君) 田邉國男君の動議に御異議はありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○副議長(原健三郎君) 御異議なしと認めます。よって、日程第二は延期することに決しました。
     ――――◇―――――
 日程第三 社会保険審議会及び社会保険医療協議会法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 日程第四 農林省設置法の一部を改正する法律案(第三十八回国会内閣提出、参議院送付)
#11
○副議長(原健三郎君) 日程第三、社会保険審議会及び社会保険医療協議会法の一部を改正する法律案、日程第四、農林省設置法の一部を改正する法律案、右両案を一括して議題といたします。
    ―――――――――――――
#12
○副議長(原健三郎君) 委員長の報告を求めます。内閣委員長中島茂喜君。
    ―――――――――――――
  〔報告書は会議録追録に掲載〕
    ―――――――――――――
  〔中島茂喜君登壇〕
#13
○中島茂喜君 ただいま議題となりました両法案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告いたします。詳細は会議録によって御承知を願うこととし、簡潔に要点を申し上げます。
 まず、社会保険審議会及び社会保険医療協議会法の一部を改正する法律案について申し上げますと、
 第一に、社会保障制度審議会の答申の線に沿って、中央及び地方社会保険医療協議会の従前の所掌事務から、療養担当者の保険診療に対する指導監督に関する事項を除き、なお、中央社会保険医療協議会の所掌事務については、健康保険、船員保険の適正な診療報酬額、及びこれと関連の深い療養担当規則関係の事項としたことであります。
 第二は、社会保障制度審議会の答申の趣旨を取り入れて、現在、保険者の利益を代表する委員、被保険者、事業主の利益を代表する委員、医師、歯科医師、薬剤師の利益を代表する委員、及び公益を代表する委員、おのおの六人ずつ、合計二十四人の四者構成となっておりますところの、中央及び地方社会保険医療協議会の組織を、保険者と被保険者及び事業主を一グループにまとめて、三者構成に改め、公益代表を四人とし、他の二グループを八人として、合計二十人としたことであります。
 本案は、去る十月十八日本委員会に付託、二十日政府の説明を聞き、二十七日質疑を終了いたしましたところ、自民、社会両党の共同提案にかかる、中央社会保険医療協議会の公益委員四人の任命については、両議院の同意を必要とする旨の修正案が提出され、石橋政嗣君よりその趣旨の説明がなされた後、討論に入り、民社党を代表して井堀繁雄君より、原案並びに修正案に対し反対の意見が述べられ、採決の結果、多数をもって修正案の通り修正議決すべきものと決定いたしました。
 次に、農林省設置法の一部を改正する法律案は、大臣官房の企画、調査機能を強化すること、農業に関する試験研究の管理事務を、農林水産技術会議をして総括処理せしめること、農業に関する試験研究機関の再編成を行なうことなどであります。
 本案は、前国会において本院を通過した後、参議院において継続審査となり、十月二十五日参議院より本院に送付され、同日当委員会に付託、二十七日参議院で修正議決されました施行期日の点につきまして、政府より説明を聴取し、質疑を終了、討論の通告もなく採決の結果、本案は全会一致をもって原案の通り可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#14
○副議長(原健三郎君) これより採決に入ります。
 まず、日程第三につき採決いたします。
 本案の委員長の報告は修正であります。
 本案を委員長報告の通り決するに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
#15
○副議長(原健三郎君) 起立多数。よって、本案は委員長報告の通り決しました。
 次に、日程第四につき採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告の通り決するに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
#16
○副議長(原健三郎君) 起立多数。よって、本案は委員長報告の通り可決いたしました。
     ――――◇―――――
#17
○副議長(原健三郎君) 本日は、これにて散会いたします。
   午後二時十人分散会
     ――――◇―――――
 出席国務大臣
        文 部 大 臣 荒木萬壽夫君
        厚 生 大 臣 灘尾 弘吉君
 出席政府委員
        農林政務次官  中馬 辰猪君
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト