くにさくロゴ
1961/10/30 第39回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第039回国会 建設委員会 第11号
姉妹サイト
 
1961/10/30 第39回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第039回国会 建設委員会 第11号

#1
第039回国会 建設委員会 第11号
昭和三十六年十月三十日(月曜日)
    午前十時五十分開議
 出席委員
   委員長 二階堂 進君
   理事 加藤 高藏君 理事 木村 守江君
   理事 薩摩 雄次君 理事 瀬戸山三男君
   理事 石川 次夫君 理事 中島  巖君
      逢澤  寛君    大倉 三郎君
      木村 公平君    田村  元君
      徳安 實藏君    廣瀬 正雄君
      岡本 隆一君    兒玉 末男君
      田中幾三郎君
 出席政府委員
        建設事務官
        (計画局長)  關盛 吉雄君
        建 設 技 官
        (道路局長)  高野  務君
 委員外の出席者
        専  門  員 山口 乾治君
    ―――――――――――――
十月二十七日
 水資源の利用開発と災害防除のための恒久的調
 査研究体勢確立に関する請願(前田正男君紹
 介)(第一九二二号)
 同(坂田道太君紹介)(第二一一二号)
 同(船田中君紹介)(第二一一三号)
 水資源開発促進法案及び水資源開発公団法案に
 関する請願(井出一太郎君紹介)(第一九七九
 号)
 同(下平正一君紹介)(第一九八〇号)
 同(中澤茂一君紹介)(第一九八一号)
 同(羽田武嗣郎君紹介)(第一九八二号)
 同(原茂君紹介)(第一九八三号)
 同(松平忠久君紹介)(第二一二二号)
 志賀高原、草津間有料道路建設に関する請願(
 井出一太郎君紹介)(第一九八四号)
 同(下平正一君紹介)(第一九八五号)
 同(中澤茂一君紹介)(第一九八六号)
 同(羽田武嗣郎君紹介)(第一九八七号)
 同(原茂君紹介)(第一九八八号)
 同(中島巖君紹介)(第二〇二八号)
 同(松平忠久君紹介)(第二一二三号)
 長野県天竜村、阿南町間有料道路建設に関する
 請願(井出一太郎君紹介)(第一九八九号)
 同(下平正一君紹介)(第一九九〇号)
 同(中澤茂一君紹介)(第一九九一号)
 同(羽田武嗣郎君紹介)(第一九九二号)
 同(原茂君紹介)(第一九九三号)
 同(中島巖君紹介)(第二〇二九号)
 砂防事業の拡充に関する請願(羽田武嗣郎君紹
 介)(第二〇二七号)
 公営住宅建築基準単価引上げ等に関する請願(
 春日一幸君紹介)(第二一〇一号)
 長野県天竜村、阿南町間有料道路建設に関する
 請願(松平忠久君紹介)(第二一二六号)
 建設行政における部落解放政策樹立に関する請
 願(田原春次君紹介)
 (第二二六五号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
十月二十七日
 明石海岸浸蝕防止対策確立に関する陳情書(明
 石市議会議長石井清三郎)(第六二六号)
 南日本国道の建設促進に関する陳情書(神戸市
 生田区加納町六丁目七番地南日本国道建設促進
 連盟会長原口忠次郎外八名)(第六二七号)
 二級国道山形鶴岡線道路整備促進に関する陳情
 書(山形県西村山郡河北町山形県西村山地方総
 合開発推進委員長市川清矩外四名)(第六二八
 号)
 最上川新吉田地内法師川合流点より碁天橋上流
 間の堤防工事施行に関する陳情書(山形県西村
 山郡河北町山形県西村山地方総合開発推進委員
 会委員長市川清矩外四名)(第六二九号)
 山形県大江町左沢地内最上川改修工事施行に関
 する陳情書(山形県西村山郡河北町山形県西村
 山地方総合開発推進委員会委員長市川清矩外四
 名)(第六三〇号)
 大阪の地盤沈下総合対策確立に関する陳情書(
 大阪府知事左藤義詮外二名)(第六八一号)
 猪名川改修促進に関する陳情書(尼崎商工会議
 所会頭松尾高一外五名)(第六八四号)
 公営住宅の標準建設費引上げに関する陳情書(
 多治見市議会議長加藤宅治)(第七二七号)
 一級国道十七号バイパス路線の早期実現に関す
 る陳情書(埼玉県議会議長斎藤徳次郎)(第七
 二八号)
 道路整備対策確立に関する陳情書(東京都千代
 田区三年町一番地全国道路利用者会議会長南條
 徳男)(第七二九号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 請願
  一 公共工事費の予算措置適正化に関する請
    願(山口喜久一郎君紹介)(第十三号)
  二 同(上村千一郎君紹介)(第八九号)
  三 同(逢澤寛君紹介)(第一七三号)
  四 同外一件(浦野幸男君紹介)(第一七四
    号)
  五 同(仮谷忠男君紹介)(第一七五号)
  六 同(中馬辰猪君紹介)(第一七六号)
  七 同(中垣國男君紹介)(第二七六号)
  八 同(吉田茂君紹介)(第二七七号)
  九 県道人吉川内線の二級国道編入に関する
    請願(池田清志君紹介)(第一七二号)
 一〇 府県道枚方水口線の二級国道編入に関す
    る請願(草野一郎平君紹介)(第二七四
    号)
 一一 主要地方道岐阜小浜線の国道編入に関す
    る請願(草野一郎平君紹介)(第二七五
    号)
 一二 傾斜地等における土木工事の規制に関す
    る請願(橋本龍伍君紹介)(第三四一
    号)
 一三 国道整備費の全額国庫負担に関する請願
    (橋本龍伍君紹介)(第三四二号)
 一四 地方道路線の昇格に関する請願(橋本龍
    伍君紹介)(第三四三号)
 一五 公共工事費の予算措置適正化に関する請
    願外一件(中垣國男君紹介)(第三四四
    号)
 一六 同(春日一幸君紹介)(第三七三号)
 一七 同(池田清志君紹介)(第五二九号)
 一八 水資源開発促進法案等に関する請願(加
    藤高藏君紹介)
    (第三七一号)
 一九 木曽川の水害予防対策に関する請願(江
    崎真澄君紹介)(第四七六号)
 二〇 宅地造成の規制措置法制化に
    関する請願(池田清志君紹介)(第五三
    〇号)
 二一 一級国道三号線串木野、川内間及び川内、
    阿久根間の舗装等に関する請願(池田清
    志君紹介)(第五三一号)
 二二 富士山大沢の崩壊防止対策に関する請願
    (松本一郎君紹介)(第五九八号)
 二三 公共事業の施行に伴う損失補償基準引上
    げに関する請願(松本一郎君紹介)(第
    五九九号)
 二四 首都の交通緩和及び防火都市建設促進の
    ため自動車国道建設等に関する請願(賀
    屋興宣君外三名紹介)(第六〇〇号)
 二五 二号線有料高速道路西部地区予定線反対
    に関する請願(岡崎英城君紹介)(第六
    〇一号)
 二六 鹿児島市地内持木川、野尻川等の河川改
    良に関する請願(上林山榮吉君紹介)(
    第六六三号)
 二七 除雪作業費国庫補助に関する請願(唐澤
    俊樹君紹介)(第六六四号)
 二八 同(松平忠久君紹介)(第六六五号)
 二九 同(井出一太郎君紹介)(第七六二号)
 三〇 同(下平正一君紹介)(第七六三号)
 三一 同(中島巖君紹介)(第七六四号)
 三二 同(増田甲子七君紹介)(第七六五号)
 三三 同(中澤茂一君紹介)(第八二八号)
 三四 同(原茂君紹介)(第八二九号)
 三五 同(羽田武嗣郎君紹介)(第八五九号)
 三六 三郷、上高地間のスカイライン道路建設
    促進に関する請願(唐澤俊樹君紹介)(
    第六六六号)
 三七 同(松平忠久君紹介)(第六六七号)
 三八 同(井出一太郎君紹介)(第七六六号)
 三九 同(下平正一君紹介)(第七六七号)
 四〇 同(中島巖君紹介)(第七六八号)
 四一 同(増田甲子七君紹介)(第七六九号)
 四二 同(中澤茂一君紹介)(第八三〇号)
 四三 同(原茂君紹介)(第八三一号)
 四四 阿佐ヶ谷駅南口改正道路の延長及び特別
    都市計画街路放射補助線に編入の請願(
    花村四郎君紹介)(第六六八号)
 四五 国土開発縦貫九州自動車道の薩摩郡内通
    過に関する請願(池田清志君紹介)(第
    七七二号)
 四六 境港市下の川土地区画整理事業の無期延
    期に関する請願(足鹿覧君紹介)(第八
    三二号)
 四七 三郷、上高地間のスカイライン道路建設
    促進に関する請願(羽田武嗣郎君紹介)
    (第九八三号)
 四八 南日本国道の建設促進に関する請願(瀬
    戸山三男君外六十六名紹介)(第一〇一
    二号)
 四九 大阪、舞鶴間府県道の国道編入に関する
    請願(小島徹三君紹介)(第一二六〇
    号)
 五〇 公共工事費の予算措置適正化に関する請
    願(辻原弘市君紹介)(第一二六一号)
 五一 新潟地区地盤沈下の原因再調査に関する
    請願(西尾末廣君紹介)(第一三五五
    号)
 五二 水資源の利用開発と災害防除のための恒
    久的調査研究体勢確立に関する請願(臼
    井莊一君紹介)(第一四二三号)
 五三 建設行政における部落解放政策樹立に関
    する請願(赤松勇君紹介)(第一五一九
    号)
 五四 同(井手以誠君外一名紹介)(第一五二
    〇号)
 五五 同(太田一夫君紹介)(第一五二一号)
 五六 同(岡本隆一君紹介)(第一五二二号)
 五七 同(下平正一君紹介)(第一五二三号)
 五八 同(田中織之進君紹介)(第一五二四
    号)
 五九 同(田中武夫君外一名紹介)(第一五二
    五号)
 六〇 同(高津正道君紹介)(第一五二六号)
 六一 同(八木一男君紹介)(第一五二七号)
 六二 同(安平鹿一君紹介)(第一五二八号)
 六三 大阪、舞鶴間府県道の国道編入に関する
    請願(原田憲君紹介)(第一五七六号)
 六四 三陸沿岸縦貫国道の整備等に関する請願
    (山本猛夫君紹介)(第一五八九号)
 六五 東京都江戸川区の護岸建設に関する請願
    (島村一郎君紹介)(第一七一三号)
 六六 同(天野公義君紹介)(第一八四二号)
 六七 道路整備に関する請願(丹羽兵助君紹
    介)(第一八四三号)
 六八 除雪作業費国庫補助に関する請願(鈴木
    善幸君紹介)(第一八四五号)
 六九 水資源の利用開発と災害防除のための恒
    久的調査研究体勢確立に関する請願(前
    田正男君紹介)(第一九二二号)
 七〇 同(坂田道太君紹介)(第二一一二号)
 七一 同(船田中君紹介)(第二一一三号)
 七二 水資源開発促進法案及び水資源開発公団
    法案に関する請願井出一太郎君紹介)(
    第一九七九号)
 七三 同(下平正一君紹介)(第一九八〇号)
 七四 同(中澤茂一君紹介)(第一九八一号)
 七五 同(羽田武嗣郎君紹介)(第一九八二
    号)
 七六 同(原茂君紹介)(第一九八三号)
 七七 同(松平忠久君紹介)(第二一二二号)
 七八 志賀高原、草津間有料道路建設に関する
    請願(井出一太郎君紹介)(第一九八四
    号)
 七九 同(下平正一君紹介)(第一九八五号)
 八〇 同(中澤茂一君紹介)(第一九八六号)
 八一 同(羽田武嗣郎君紹介)(第一九八七
    号)
 八二 同(原茂君紹介)(第一九八八号)
 八三 同(中島巖君紹介)(第二〇二八号)
 八四 同(松平忠久君紹介)(第二一二三号)
 八五 長野県天竜村、阿南町間有料道路建設に
    関する請願(井出一太郎君紹介)(第一
    九八九号)
 八六 同(下平正一君紹介)(第一九九〇号)
 八七 同(中澤茂一君紹介)(第一九九一号)
 八八 同(羽田武嗣郎君紹介)(第一九九二号)
 八九 同(原茂君紹介)(第一九九三号)
 九〇 同(中島巖君紹介)(第二〇二九号)
 九一 砂防事業の拡充に関する請願
    (羽田武嗣郎君紹介)(第二〇二七号)
 九二 公営住宅建築基準単価引上げ等に関する
    請願(春日一幸君紹介)(二一〇一号)
 九三 長野県天竜村、阿南町間有料道路建設に
    関する請願(松平忠久君紹介)(第二一
    二六号)
 九四 建設行政における部落解放政
    策樹立に関する請願(田原春次君紹介)
    (第二二六五号)
     ――――◇―――――
#2
○二階堂委員長 これより会議を開きます。
 本日の請願日程全部を一括議題とし、審査を行ないます。
 これらの各請願につきましては、委員各位も文書表等でその内容は御承知と存じますし、先ほどの理事会におきましても、慎重に検討いたしましたので、この際紹介議員よりの説明聴取等は省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○二階堂委員長 御異議なしと認め、これより採否の決定を行ないます。
 日程第一ないし第一一、第一四ないし第一七、第一九、第二一ないし第二四、第二六ないし第四三、第四五、第四七ないし第五二、第六三ないし第七一、第七八ないし第九三、以上の各請願は、いずれもその趣旨は適切妥当なものと認め、衆議院規則第百七十八条の規定によりまして、採択の上、内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○二階堂委員長 御異議なしと認め、さように決しました。
 次に、日程第一二、第一八、第二〇及び第七二ないし第七七の各請願につきましては、すでにその趣旨が達成せられておりますので、議決を要しないものと決するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○二階堂委員長 御異議なしと認め、さように決します。
 なお、以上の各請願に関する報告書の作成等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○二階堂委員長 御異議なしと認め、さように決します。
    ―――――――――――――
#7
○二階堂委員長 なお、本委員会に参考送付されております陳情書は、お手元に配付してあります通り、全部で六十三件でありますので、この際御報告いたしておきます。
     ――――◇―――――
#8
○二階堂委員長 本国会は明日をもって終了いたすことに、なっておりますが、委員各位には熱心に御審議をいただきまして、まことに御苦労さまでした。
 これにて散会いたします。
   午前十時五十二分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト