くにさくロゴ
1961/09/28 第39回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第039回国会 外務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1961/09/28 第39回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第039回国会 外務委員会 第1号

#1
第039回国会 外務委員会 第1号
本国会召集日(昭和三十六年九月二十五日)(月
曜日)(午前零時現在)における本委員は、次の
通りである。
   委員長 堀内 一雄君
   理事 北澤 直吉君 理事 竹内 俊吉君
   理事 野田 武夫君 理事 福田 篤泰君
   理事 森下 國雄君 理事 岡田 春夫君
   理事 戸叶 里子君 理事 松本 七郎君
      愛知 揆一君    池田正之輔君
      宇都宮徳馬君    賀屋 興宣君
      椎熊 三郎君    正示啓次郎君
      園田  直君    高碕達之助君
      床次 徳二君    橋本 龍伍君
      松本 俊一君    稻村 隆一君
      勝間田清一君    黒田 壽男君
      帆足  計君    穗積 七郎君
      細迫 兼光君    森島 守人君
      西尾 末廣君    川上 貫一君
    ―――――――――――――
九月二十七日
 堀内一雄君委員長辞任につき、その補欠として
 森下國雄君が議院において委員長に選任された。
―――――――――――――――――――――
昭和三十六年九月二十八日(木曜日)
   午前十一時十八分開議
 出席委員
   委員長 森下 國雄君
   理事 床次 徳二君 理事 野田 武夫君
   理事 福田 篤泰君 理事 松本 俊一君
   理事 岡田 春夫君 理事 戸叶 里子君
   理事 松本 七郎君
      愛知 揆一君    宇都宮徳馬君
      賀屋 興宜君    椎熊 三郎君
      正示啓次郎君    福家 俊一君
      堀内 一雄君
 出席政府委員
        外務政務次官  川村善八郎君
        外務事務官
        (大臣官房長) 湯川 盛夫君
        外務事務官
        (条約局長)  中川  融君
    ―――――――――――――
九月二十七日
 委員園田直君及び竹内俊吉君辞任につき、その
 補欠として竹山祐太郎君及び福家俊一君が議長
 の指名で委員に選任された。
同月二十八日
 理事竹内俊吉君同月二十七日委員辞任につき、
 その補欠として床次徳二君が理事に当選した。
同日
 理事森下國雄君同月二十七日委員長就任につき
 、その補欠として松本俊一君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
九月二十六日
 関税及び貿易に関する一般協定に附属する第三
 十八表(日本国の譲許表)に掲げる譲許を修正
 し、又は撤回するためのアメリカ合衆国との交
 渉の結果に関する文書の締結について承認を求
 めるの件(条約第一号)
 関税及び貿易に関する一般協定に附属する第三
 十八表(日本国の譲許表)に掲げる譲許を修正
 し、又は撤回するためのドイツ連邦共和国との
 交渉の結果に関する文書の締結について承認を
 求めるの件(条約第二号)
 日本国とフィリピン共和国との間の友好通商航
 海条約の締結について承認を求めるの件(条約
 第三号)
 第二次国際すず協定の締結について承認を求め
 るの件(条約第四号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○森下委員長 これより会議を開きます。
 今回はからずも微力をもちまして委員長に選任せられました。まことに非才でございますが、皆様方の特別なる御支援と御叱正によって円満に遂行いたしたいと存じます。何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
 この際松本七郎君から発言を求められております。これを許します。松本七郎君。
#3
○松本(七)委員 新しく委員長が選任されまして、ただいま森下委員長からごあいさつがありましたが、私は野党を代表いたしまして一言ごあいさつを申し上げます。
 森下委員長はすでに当外務委員会においてもベテランでございますし、そればかりではなしに、すでに外務政務次官を勤められ、外交問題についても造詣が深いばかりでなしに、国会全体の運営についても多年の経験者である。しかもそのお人柄きわめて温厚な方でございますので、私どもとしても従来同様な円満な運営がなされることと大きな期待を持っておるのでございます。しかし、今までの例を考えてみますると、委員長そのものは、個人的にはどなたも円満な人格者であったのでございますけれども、国会全体の成り行きに巻き込まれると申しますか、どうかすると、あまり歓迎できないような運営がなされる危険もなきにしもあらず。特にこれからの外交問題は、きわめて重要問題が次々に起こってくることが予想されておる時期でございますので、どうか今まで同様十分に論議を尽くす、討議を尽くすという、この外務委員会の伝統をよく守られて運営をしていただくことをお願いもし、期待もいたしまして、歓迎のごあいさつとする次第でございます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#4
○森下委員長 まことにありがとうございました。御期待に沿うように、皆様とよく協議をいたしまして、最善を尽くす次第でございます。
     ――――◇―――――
#5
○森下委員長 この際お諮りいたします。ただいま理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行ないたいと存じます。これは委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議はございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○森下委員長 御異議ないようでございますから、委員長は理事に
   床次徳二君 松本俊一君を指名いたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○森下委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会といたしましては、国際情勢に関する事項について調査をいたしたいと存じますので、この旨議長の承認を求めたいと存じますが、御異議はございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○森下委員長 御異議がないようでありますから、さよう決定いたします。
     ――――◇―――――
#9
○森下委員長 この際、川村外務政務次官より発言を求められておりますので、これを許します。
#10
○川村政府委員 ごあいさつを申し上げます。
 私は、去る七月二十五日外務政務次官を拝命いたしたのでございますが、もとより浅学非才であると同時に、外務関係には全くのしろうとでございまして、はたしてその職責が全うされるかどうかということについて、一まつの不安を持っているものでございます。幸い皆様方は外務関係には造詣の深い、しかもベテランぞろいでございますので、私に対しましては、手を取り足を取り御指導願いまして、私の職責を全ういたしたいと思いますから、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#11
○森下委員長 本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時二十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト