くにさくロゴ
1961/10/19 第39回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第039回国会 オリンピック東京大会準備促進特別委員会 第4号
姉妹サイト
 
1961/10/19 第39回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第039回国会 オリンピック東京大会準備促進特別委員会 第4号

#1
第039回国会 オリンピック東京大会準備促進特別委員会 第4号
昭和三十六年十月十九日(木曜日)
   午後三時四分開議
 出席委員
   委員長 島村 一郎君
   理事 伊能繁次郎君 理事 臼井 莊一君
   理事 羽田武嗣郎君 理事 阪上安太郎君
   理事 平岡忠次郎君
      金子 一平君    亀岡 高夫君
      小金 義照君    佐々木秀世君
      田澤 吉郎君    谷垣 專一君
      濱野 清吾君    稲富 稜人君
 出席政府委員
        農林事務官
        (畜産局長)  森  茂雄君
 委員外の出席者
        農林事務官
        (畜産局競馬監
        督課長)    佐藤松寿郎君
    ―――――――――――――
十月一九日
 委員上村千一郎君、大沢雄一君、松澤雄藏君及
 び佐々木良作君辞任につき、その補欠として田
 澤吉郎君、亀岡高夫君、谷垣專一君及び稻富稜
 人君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員亀岡高夫君、田澤吉郎君、谷垣專一君及び
 稲富稜人君辞任につき、その補欠として大沢雄
 一君、上村千一郎君、松澤雄藏君及び佐々木良
 作君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
十月六日
 オリンピック東京大会における朝霞選手村の用地確保に関する陳情書(埼玉県議会議長斉藤徳次郎)(第一七号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 オリンピック東京大会の馬術競技に使用する施設の建設等のための日本中央競馬会の国庫納付金等の臨時特例に関する法律案起草の件
     ――――◇―――――
#2
○島村委員長 これより会議を開きます。
 オリンピック東京大会準備促進に関する件について議事を進めます。
 この際、伊能委員より発言を求められておりますので、これを許し求す。伊能委員。
#3
○伊能委員 この際、お許しを得まして、オリンピック東京大会の馬術競技に使用する施設の建設等のための日本中央競馬会の国庫納付金等の臨時特例に関する法律案の起草につきましてお願いをいたしたいと存ずる次第であります。
 起草案文は、お手元にお配りいたしてありますプリントによってごらんを願うことといたしまして、朗読は省略させていただきます。
 オリンピック東京大会の馬術競技に使用する施設の建設等のための日本中央競馬会の国庫納付金等の臨時特例に関する法律案につきまして、その提案の理由及びおもな内容について御説明いたします。
 オリンピック東京大会の開催については、かねてから国会といたしましても、数次にわたりその準備促進について態度を明らかにして参ったのでありますが、この趣旨に沿い、同大会の馬術競技のために使用する諸施設の整備をはかるため、日本中央競馬会の行なう競馬の開催及びこれに関する国の納付金について特例措置をいたそうとするものであります。すなわち、わが国における馬術競技の健全な発達に寄与することをもその任務とする日本中央競馬会がオリンピック東京大会に協力することは適当であると存ぜられますが、三年後に控えました大会を支障なく開催いたしますには、同競技に使用される諸施設、設備を手抜かりなく建設、整備いたす必要があるのであります。しかして必要施設の建設、整備には多額の資金も必要といたしますので、昭和三十七年一月一日から三年間、全競馬場を通じて年二回の範囲内において農林大国の許可を得て臨時に競馬を開催し、その競馬の国庫納付金についてはその全部または一部を免除することとし、これによりオリンピック東京大会の馬術競技に使用する諸施設の建設、整備をはかろうという目的をもちまして本案を提案いたした次第であります。
 何とぞすみやかに御決定あらんことをお願いいたす次第であります。
#4
○島村委員長 ただいまの伊能委員の趣旨説明に対し御発言はございませんか。――別に御発言もないようでありますから、伊能委員の御提案の案について採決いたします。
 伊能委員より御提案の案を委員会の成案とし、これを委員会提出の法律案とするに賛成の諸君の御起立を願います。
  〔賛成者起立〕
#5
○島村委員長 起立多数。よって、ただいまの案を委員会提出の法律案とすることに決しました。
 なお、提出の手続等に関しましては委員長に御一任を願いたいと存じますが、御了承を願います。
 本日は、これにて散会いたします。
  午後三時八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト