くにさくロゴ
1960/06/08 第38回国会 参議院 参議院会議録情報 第038回国会 大蔵委員会 第31号
姉妹サイト
 
1960/06/08 第38回国会 参議院

参議院会議録情報 第038回国会 大蔵委員会 第31号

#1
第038回国会 大蔵委員会 第31号
昭和三十六年六月八日(木曜日)
  ―――――――――――――
   午後一時一分開会
 出席者は左の通り。
   委員長     大竹平八郎君
   理事
           上林 忠次君
           成瀬 幡治君
           天田 勝正君
           天坊 裕彦君
   委員
           青木 一男君
           大谷 贇雄君
           梶原 茂嘉君
           西川甚五郎君
           堀  末治君
           前田 久吉君
           山本 米治君
           大矢  正君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       木村常次郎君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○継続調査要求に関する件
○委員派遣に関する件
○農民課税に関する請願(第六号)
 (第四六六号)(第四九六号)(第
 七一六号)(第七二八号)(第七四
 六号)(第七七八号)(第三五三
 号)(第七一五号)
○パッケージ型エアーコンディショ
 ナーの非課税存続に関する請願(第
 八九号)
○ラジオ受信機の物品税撤廃に関する
 請願(第五三四号)
○カラーテレビジョン受信機の物品税
 時限免除に関する請願(第五三五
 号)
○漁業に対する適正課税に関する請願
 (第五七三号)
○特別税理士試験制度存続に関する請
 願(第一五七一号)(第一五七二
 号)(第一五七三号)(第二六一一
 号)(第二六七八号)(第二七二三
 号)(第二七三〇号)
○し好飲料、清涼飲料の物品税廃止に
 関する請願(第二七一四号)
○厚生年金還元融資による勤労者社会
 福祉施設充実促進の請願(第三〇九
 号)
○財団法人海洋博物館に対する国有財
 産譲与の立法化に関する請願(第五
 一二号)
○ボーイスカウト会館建設用地払下げ
 に関する請願(第一九九九号)(第
 二〇一〇号)(第二二〇六号)
○終戦前中国において契約した生命保
 険金払もどしに関する請願(第二二
 五一号)
○たばこ販売手数料引上げに関する請
 願(第一八〇号)(第二六七号)
 (第三五二号)(第一五五〇号)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(大竹平八郎君) ただいまから委員会を開きます。
 お諮りいたします。
 租税及び金融等に関する調査につきましては、閉会中も継続して調査を行なうため、継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(大竹平八郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成は、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(大竹平八郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
  ―――――――――――――
#5
○委員長(大竹平八郎君) 重ねて、お諮りいたします。
 閉会中における地方の実情調査のための委員派遣に関しては、委員長及び理事に御一任を願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(大竹平八郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたしました。
  ―――――――――――――
#7
○委員長(大竹平八郎君) 次に、請願の審査に入ります。
 ちょっと速記をやめて。
  〔速記中止〕
#8
○委員長(大竹平八郎君) 速記をつけて。
 請願第六号 農民課税に関する請願外六件、第三百五十三号 農民課税に関する請願外一件、第八十九号 パッケージ型エアーコンディショナーの非課税存続に関する請願、第五百三十四号 ラジオ受信機の物品税撤廃に関する請願第五百三十五号 カラーテレビジョン受信機の物品税時限免除に関する請願、第五百七十三号 漁業に対する適正課税に関する請願、第千五百七十一号 特別税理士試験制度存続に関する請願外六件、第二千七百十四号し好飲料、清涼飲料の物品税廃止に関する請願、第三百九号厚生年金還元融資による勤労者社会福祉施設充実促進の請願、第五百十二号 財団法人海洋博物館に対する国有財産譲与の立法化に関する請願、第千九百九十九号ボーイスカウト会館建設用地払下げに関する請願外二件、第二千二百五十一号終戦前中国において契約した生命保険金払もどしに関する請願、第百八十号 たばこ販売手数料引上げに関する請願外三件、右の請願を採択することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(大竹平八郎君) 御異議ないと認めます。
 なお、諸般の手続等につきましては、先例により、これを委員長に御一任を願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(大竹平八郎君) 御異議ないものと認め、さよう決定いたしました。
 暫時休憩いたします。
  午後一時四分休憩
  〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト