くにさくロゴ
1960/05/18 第38回国会 参議院 参議院会議録情報 第038回国会 運輸委員会 第30号
姉妹サイト
 
1960/05/18 第38回国会 参議院

参議院会議録情報 第038回国会 運輸委員会 第30号

#1
第038回国会 運輸委員会 第30号
昭和三十六年五月十八日(木曜日)
   午前十時五十一分開会
    ―――――――――――――
  委員の異動
五月十七日委員佐野広君辞任につき、
その補欠として迫水久常君を議長にお
いて指名した。
    ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
  理 事
           天埜 良吉君
           金丸 冨夫君
           谷口 慶吉君
           大倉 精一君
  委 員
           重宗 雄三君
           鳥畠徳次郎君
           野上  進君
           平島 敏夫君
           小酒井義男君
           中村 順造君
           松浦 清一君
           加賀山之雄君
  政府委員
   運輸政務次官  福家 俊一君
   運輸大臣官房長 辻  章男君
   運輸省海運局長 朝田 静夫君
   運輸省船舶局長 水品 政雄君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       古谷 善亮君
    ―――――――――――――
 本日の会議に付した案件
○日本開発銀行に関する外航船舶建造
 融資利子補給臨時措置法案(内閣提
 出、衆議院送付)
○モーターボート競走法の一部を改正
 する法律の一部を改正する法律案
 (内閣送付、予備審査)
    ―――――――――――――
#2
○理事(天埜良吉君) ただいまから委員会を開会いたします。
 日本開発銀行に関する外航船舶建造融資利子補給臨時措置法案を議題といたします。
 前回に引き続いて質疑を行ないます。――別に御質疑もなければ、これをもって質疑を終局し、討論に入ることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○理事(天埜良吉君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 御意見のある方は、賛否を明らかにしてお述べを願います。
 なお、附帯決議案も討論中にお述べを願います。
#4
○小酒井義男君 私は、ただいま議題になっております日本開発銀行に関する外航船舶建造融資利子補給臨時措置法案に賛成をいたすものでありますが、賛成をするにあたって、自由民主党、日本社会党、民主社会党、参議院同志会、共同提案にかかわる附帯決議を提出いたしたいと思います。
 まず、決議案の朗読をいたします。
  政府は、本法による外航船舶建造
 に対する利子補給強化措置の効果を
 最高度に確保するとともに海運の国
 際競争力をさらに強化するため、左
 記事項の実施に努めるべきである。
    記
 一 外航船舶建造利子補給制度の強
  化にかんがみ、政府は、海運企業
  に対する監督に遺憾なきを期する
  とともに海運企業がさらに経営の
  自主的合理化努力を徹底するよう
  指導すること
 二 海運の国際競争力を強化するた
  め、国庫負担による造船利子補給
  のみに依存することなく、造船用
  鋼材価格の低廉化等多角的な施策
  を推進すること
 三 わが国経済の急速な成長にとも
  ない、さらに外航船腹を整備拡充
  し、もって国際収支の改善を図る
  必要があるが、これが実施に当つ
  ては、海運企業の経営基盤強化に
  悪影響を及ぼさないよう十分な考
  慮を払うこと
 以上の附帯決議を付して賛成をいたします。
#5
○理事(天埜良吉君) ほかに御発言もなければ討論を終局し、採決を行ないます。
 本案に賛成の方の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#6
○理事(天埜良吉君) 全会一致と認めます。よって本案は全会一致をもって可決すべきものと決定いたしました。
 次に、先ほどの討論中に提出されました附帯決議案について採決を行ないます。
 附帯決議案を本委員会の決議とすることに賛成の方の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#7
○理事(天埜良吉君) 全会一致と認めます。よって附帯決議案は、本委員会の決議とすることに決定いたしました。
 なお、報告書の作成等につきましては、委員長に御一任願います。
#8
○政府委員(福家俊一君) ただいま、日本開発銀行に関する外航船舶建造融資利子補給臨時措置法案の御可決をいただき、まことに感謝にたえません。また、これに関し御決議になりました事項につきましては、当局の感激にたえないところでありまして、十分にその御趣旨を体し、その実施に遺憾なきを期する所存でございます。ありがとうございました。
#9
○理事(天埜良吉君) 次に、モーターボート競走法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 これより本案の提案理由の説明を願います。
#10
○政府委員(福家俊一君) ただいま議題となりましたモーターボート競走法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案の提案理由につきまして御説明申し上げます。
 この法律案は、モーターボート競走法による造船関係事業及び海難防止事業の振興に関する現行の制度を、さしあたり、さらに一年間存続させることを内容とするものであります。
 この制度は、モーターボート競走による売上金の一部を全国モーターボート競走会連合会に交付して、造船関係事業及び海難防止事業の振興のため、造船関連工業の設備資金の貸付、造船関係事業及び海難防止事業に対する補助等を行なうものでありまして、昭和三十二年の一部改正において、モーターボート競走法の中に取り入れられたものであります。その際、この制度の存続期間は一応三年とし、その後の措置につきましては、さらに検討の上、決定するという趣旨から、昭和三十五年十月一日以後は、別に法律で定めるところによるものとされたのでありますが、昭和三十五年七月の第三十五回臨時国会におきましては、すでに、別途、公営競技の現行制度全般について検討を加え、関係諸問題を調査審議するため、総理府に公党競投調交会を設置するとの政府の方針が決定されておりました関係上、とりあえず、それまでの制度の存続期間を一年間延長する改正が行なわれたのであります。
 公営競技調査会は、昭和三十五年十二月二十八日に設置され、昭和三十六年三月に第一回の会合が開かれて以来、公営競走の現行制度全般について鋭意検討を進めておりますが、現在における調査会の審議状況にかんがみ、今国会の会期中に何らかの結論を出すことは困難であると考えられますので、造船関係事業等の振興に関する現行制度を、さしあたり、さらに一年間延長する法難案を提出いたしまして、御審議いただくことにした次第でございます。
 以上が、この法律案を提案する理由であります。何とぞ慎重御審議の上、すみやかに御賛成いただきますようお願いいたします。
#11
○理事(天埜良吉君) 本案に対する質疑は、後日に譲ります。
 本日は、これをもって散会をいたします。
   午前十時五十九分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト