くにさくロゴ
1960/02/09 第38回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第038回国会 本会議 第6号
姉妹サイト
 
1960/02/09 第38回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第038回国会 本会議 第6号

#1
第038回国会 本会議 第6号
昭和三十六年二月九日(木曜日)
    ―――――――――――――
  昭和三十六年二月九日
   午後一時 本会議
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 議員請暇の件
 国立近代美術館評議員会評議員任命につき国会
 法第三十九条但書の規定により議決を求めるの
 件
 結核予防審議会委員任命につき国会法第三十九
 条但書の規定により議決を求めるの件
 文化財保護委員会委員任命につき同意を求める
 の件
 本院法制局長の辞任に関する件
 本院法制局長の任命に関する件
 昭和三十四年度
 昭和三十五年度衆議院予備金支出の件(承諾を
 求めるの件)
   午後一時三十九分開議
#2
○議長(清瀬一郎君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 議員請暇の件
#3
○議長(清瀬一郎君) お諮りいたします。
 議員南條徳男君及び同丹羽兵助君から、オーストラリアにおいて開催の太平洋地区道路会議に出席のため、二月二十四日から三月六日まで十一日間請暇の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。よって、許可するに決しました。
     ――――◇―――――
 国立近代美術館評議員会評議員任命につき国会法第三十九条但書の規定により議決を求めるの件
#5
○議長(清瀬一郎君) お諮りいたします。
 内閣から、国立近代美術館評議員会評議員に本院議員坂田道太君、同佐藤觀次郎君を任命するため、国会法第三十九条但書の規定により本院の議決を得たいとの申し出か拠ります。右申し出の通り決するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。よって、その通り決しました。
     ――――◇―――――
 結核予防審議会委員任命につき国会法第三十九条但書の規定により議決を求めるの件
#7
○議長(清瀬一郎君) 次に、結核予防審議会委員に参議院議員勝俣稔君を任命するため、国会法第三十九条但書の規定により本院の議決を得たいとの申し出があります。右申し出の通り決するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。よって、その通り決しました。
     ――――◇―――――
 文化財保護委員会委員任命につき同意を求めるの件
#9
○議長(清瀬一郎君) 次に、文化財保護委員会委員に河原春作君及び内田祥三君を任命したいので、文化財保護法第九条第一項の規定により本院の同意を得たいとの申し出があります。右申し出の通り同意を与えるに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。よって、同意を与えるに決しました。
     ――――◇―――――
 本院法制局長の辞任に関する件
#11
○議長(清瀬一郎君) さらに、お諮りいたします。
 本院法制局長西沢哲四郎君から法制局長辞任の申し出があります。これを承認するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。よって、承認するに決しました。
     ――――◇―――――
 本院法制局長の任命に関する件
#13
○議長(清瀬一郎君) つきましては、本院の法制局長に三浦義男君を議長において任命したいと存じます。これを御承認願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。よって、承認するに決しました。
     ――――◇―――――
 昭和三十四年度
 昭和三十五年度衆議院予備金支出の件(承諾を求めるの件)
#15
○天野公義君 予備金支出の件上程に関する緊急動議を提出いたします。
 すなわち、この際、昭和三十四年度、昭和三十五年度衆議院予備金支出の件を議題となし、議院運営委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。
#16
○議長(清瀬一郎君) 天野公義君の動議に御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。
 昭和三十四年度、昭和三十五年度衆議院予備金支出の件を議題といたします。
    ―――――――――――――
#18
○議長(清瀬一郎君) 議院運営委員長の報告を求めます。議院運営委員会理事天野公義君。
  〔天野公義君登壇〕
#19
○天野公義君 ただいま議題に供せられました昭和三十四年度及び昭和三十五年度衆議院予備金支出の件について御説明申し上げます。
 今回御承諾をお願いいたしますのは、昭和三十四年十二月二十九日から昭和三十五年十二月二十五日までに本院で支出した予備金六百六十八万円でありまして、その費途は、在職中なくなられました議員の遺族に贈った弔慰金、及び、院議をもってその功労を表彰された永年在職議員の肖像画に要した経費であります。
 以上の経費は、そのつど議院運営委員会の承認を経たものでありますから、御承諾下さいますようお願いいたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#20
○議長(清瀬一郎君) 採決いたします。
 本件は承諾を与えるに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。よって、承諾を与えるに決しました。
     ――――◇―――――
#22
○議長(清瀬一郎君) 本日は、これにて散会いたします。
   午後一時四十四分散会
     ――――◇―――――
 出席国務大臣
        文 部 大 臣 荒木萬壽夫君
        厚 生 大 臣 古井 喜實君
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト