くにさくロゴ
1960/12/05 第37回国会 参議院 参議院会議録情報 第037回国会 本会議 第1号
姉妹サイト
 
1960/12/05 第37回国会 参議院

参議院会議録情報 第037回国会 本会議 第1号

#1
第037回国会 本会議 第1号
昭和三十五年十二月五日(月曜日)
   午前十時五十四分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
 議事日程 第一号
  昭和三十五年十二月五日
   午前十時開議
 第一 議席の指定
 第二 会期の件
 第三 内閣総理大臣の指名
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、日程第一 議席の指定
 一、新議員の紹介
 一、常任委員長辞任の件
 一、常任委員長の選挙
 一、日程第二 会期の件
 一、請暇の件
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議長(松野鶴平君) 御報告いたします。
 先刻、池田内閣総理大臣から、議長あて、次の通知に接しました。
  内閣は、日本国憲法第七十条によ
 り、本日総辞職をすることに決定い
 たしましたから、国会法第六十四条
 によって、この旨通知いたします。
 その他第三十六回国会閉会後の諸般の報告は、朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#3
○議長(松野鶴平君) これより本日の会議を開きます。
 日程第一、議席の指定。
 議長は、本院規則第十四条により、諸君の議席をただいま御着席の通り指定いたします。
     ―――――・―――――
#4
○議長(松野鶴平君) この際、新たに議席に着かれました議員を御紹介いたします。
 議席第百五十四番、地方選出議員、埼玉県選出、大泉寛三君。
   〔大泉寛三君起立、拍手〕
    ―――――――――――――
#5
○議長(松野鶴平君) 議席第百五十九番、地方選出議員、千葉県選出、木島義夫君。
   〔木島義夫君起立、拍手]
    ―――――――――――――
#6
○議長(松野鶴平君) 議長は、本院規則第三十条により、大泉寛三君を内閣委員に、木島義夫君を建設委員に指名いたします。
     ―――――・―――――
#7
○議長(松野鶴平君) この際、お諮りいたします。
 予算委員長堀木鎌三君から、常任委員長を辞任いたしたいとの申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(松野鶴平君) 御異議ないと認めます。よって許可することに決しました。
     ―――――・―――――
#9
○議長(松野鶴平君) つきましては、この際、日程に追加して、常任委員長の選挙を行ないたいと存じますが、御異議ございませんか。
  [「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○議長(松野鶴平君) 御異議ないと認めます。
#11
○田中茂穂君 常任委員長の選挙は、その手続を省略し、議長において指名することの動議を提出いたします。
#12
○光村甚助君 私は、ただいまの田中君の動議に賛成いたします。
#13
○議長(松野鶴平君) 田中君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○議長(松野鶴平君) 御異議ないと認めます。
 よって議長は、予算委員長に館哲二君を指名いたします。
   〔拍手〕
 これにて暫時休憩いたします。
   午前十時五十七分休憩
     ―――――・―――――
   午後七時四十八分開議
#15
○議長(松野鶴平君) 休憩前に引き続き、これより会議を開きます。
 日程第二、会期の件。
 本院規則第二十二条により、議長は、衆議院議長と協議の結果、会期を十八日間と協定いたしました。議長が協定いたしました通り、会期を十八日間とすることに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#16
○議長(松野鶴平君) 過半数と認めます。
 よって会期は十八日間と決定いたしました。
     ―――――・―――――
#17
○議長(松野鶴平君) この際、お諮りいたします。二見甚郷君、堀太鎌三君から、いずれも病気のため、会期中請暇の申し出がございました。いずれも許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○議長(松野鶴平君) 御異議ないと認めます。よっていずれも許可することに決しました。
 本日はこれにて延会いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり]
#19
○議長(松野鶴平君) 御異議ないと認めます。
 次会は明日午後一時より開会いたします。議事日程は、決定次第、公報をもって御通知いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後七時五十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト