くにさくロゴ
1960/12/21 第37回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第037回国会 本会議 第10号
姉妹サイト
 
1960/12/21 第37回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第037回国会 本会議 第10号

#1
第037回国会 本会議 第10号
 昭和三十五年十二月二十一日(水曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第九号
  昭和三十五年十二月二十一日
    午後一時開議
第一 皇室会議予備議員の選挙
第二 皇室経済会議予備議員の選挙
第三 裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員の選挙
第四 裁判官訴追委員及び同予備員の選挙
第五 検察官適格審査会委員及び同予備委員の選挙
第六 中央青少年問題協議会委員の選挙
第七 国土総合開発審議会委員の選挙
第八 東北開発審議会委員の選挙
第九 九州地方開発審議会委員の選挙
第十 四国地方開発審議会委員の選挙
第十一 離島振興対策審議会委員の選挙
第十二 国土開発縦貫自動車道建設審議会委員の選挙
第十三 台風常襲地帯対策審議会委員の選挙
第十四 首都圏整備審議会委員の選挙
第十五 北海道開発審議会委員の選挙
第十六 日本ユネスコ国内委員会委員の選挙
第十七 飼料需給安定審議会委員の選挙
第十八 海岸砂地地帯農業振興対策審議会委員の選挙
第十九 湿田単作地域農業改良促進対策審議会委員の選挙
第二十 畑地農業改良促進対策審議会委員の選挙
第二十一 積雪寒冷単作地帯振興対策審議会委員の選挙
第二十二 鉄道建設審議会委員の選挙
第二十三 議院運営委員長の国立国会図書館法第十一条第二項による審査の結果報告
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
日程第一 皇室会議予備議員の選挙
日程第二 皇室経済会議予備議員の選挙
日程第三 裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員の選挙
日程第四 裁判官訴追委員及び同予備員の選挙
日程第五 検察官適格審査会委員及び同予備委員の選挙
日程第六 中央青少年問題協議会委員の選挙
日程第七 国土総合開発審議会委員の選挙
日程第八 東北開発審議会委員の選挙
日程第九 九州地方開発審議会委員の選挙
日程第十 四国地方開発審議会委員の選挙
日程第十一 離島振興対策審議会委員の選挙
日程第十二 国土開発縦貫自動車道建設審議会委員の選挙
日程第十三 台風常襲地帯対策審議会委員の選挙
日程第十四 首都圏整備審議会委員の選挙
日程第十五 北海道開発審議会委員の選挙
日程第十六 日本ユネスコ国内委員会委員の選挙
日程第十七 飼料需給安定審議会委員の選挙
日程第十八 海岸砂地地帯農業振興対策審議会委員の選挙
日程第十九 湿田単作地域農業改良促進対策審議会委員の選挙
日程第二十 畑地農業改良促進対策審議会委員の選挙
日程第二十一 積雪寒冷単作地帯振興対策審議会委員の選挙
日程第二十二 鉄道建設審議会委員の選挙
 運輸審議会委員任命につき同意を求めるの件
 昭和三十六年分の給与所得等に対する所得税の源泉徴収の臨時特例に関する法律案(内閣提出)
 製造たばこの定価の決定又は改定に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第二十三 議院運営委員長の国立国会図書館法第十一条第二項による審査の結果報告
    午後二時六分開議
#2
○議長(清瀬一郎君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 日程第一 皇室会議予備議員の選
  挙
 日程第二 皇室経済会議予備議員
  の選挙
 日程第三 裁判官弾劾裁判所裁判
  員及び同予備員の選挙
 日程第四 裁判官訴追委員及び同
  予備員の選挙
 日程第五 検察官適格審査会委員
  及び同予備委員の選挙
 日程第六 中央青少年問題協議会
  委員の選挙
 日程第七 国土総合開発審議会委
  員の選挙
 日程第八 東北開発審議会委員の
  選挙
 日程第九 九州地方開発審議会委
  員の選挙
 日程第十 四国地方開発審議会委
  員の選挙
 日程第十一 離島振興対策審議会
  委員の選挙
 日程第十二 国土開発縦貫自動車
  道建設審議会委員の選挙
 日程第十三 台風常襲地帯対策審
  議会委員の選挙
 日程第十四 首都圏整備審議会委
  員の選挙
 日程第十五 北海道開発審議会委
  員の選挙
 日程第十六 日本ユネスコ国内委
  員会委員の選挙
 日程第十七 飼料需給安定審議会
  委員の選挙
 日程第十八 海岸砂地地帯農業振
  興対策審議会委員の選挙
 日程第十九 湿田単作地域農業改
  良促進対策審議会委員の選挙
 日程第二十 畑地農業改良促進対
  策審議会委員の選挙
 日程第二十一 積雪寒冷単作地帯
  振興対策審議会委員の選挙
 日程第二十二 鉄道建設審議会委
  員の選挙
#3
○議長(清瀬一郎君) 日程第一ないし第二十二に掲げました各種議員及び委員の選挙を行ないます。
#4
○田邉國男君 各種議員並びに委員の選挙は、いずれもその手続を省略して議長において指名することとし、皇室会議予備議員、皇室経済会議予備議員、裁判官弾劾裁判所裁判員の予備員、裁判官訴追委員の予備員の職務を行なう順序については議長において定められんことを望みます。
#5
○議長(清瀬一郎君) ただいまの田邉國男君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。よって動議のごとく決しました。
 議長は、皇室会議予備議員に
    益谷 秀次君  椎熊 三郎君を指名いたします。
 なお、その職務を行なう順序は、ただいま指名した順序によることといたします。
 次に、皇室経済会議予備議員に
    加藤鐐五郎君  中村 高一君を指名いたします。
 なお、その職務を行なう順序は、ただいま指名いたしました順序によることといたします。
 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員に
    松永  東君  花村 四郎君
    綾部健太郎君  佐々木秀世君
    伊藤 五郎君  木原津與志君
    山中日露史君を指名いたします。
 また、裁判官弾劾裁判所裁判員の予備員に
    丹羽 兵助君  田中 榮一君
    畑   和君  上村千一郎君を指名いたします。
 なお、予備員の職務を行なう順序は、ただいま指名いたしました順序によることといたします。
 次に、裁判官訴追委員に
    伊藤 郷一君  高橋 英吉君
    牧野 寛索君  森田重次郎君
    尾関 義一君  林   博君
    細田 義安君  坂本 泰良君
    飛鳥田一雄君  黒田 寿男君を指名いたします。
 また、裁判官訴追委員の予備員に
    金丸  信君  倉成  正君
    小松  幹君  渡邊 本治君
    坪野 米男君を指名いたします。
 なお、予備員の職務を行なう順序は、ただいま指名いたしました順序によることといたします。
 次に、検察官適格審査会委員に
    塚田十一郎君  川村善八郎君
    松本 俊一君  井伊 誠一君を指名いたします。
 また、飯塚定輔君を塚田十一郎君の予備委員に、毛利松平君を川村善八郎君の予備委員に、岡田修一君を松本俊一君の予備委員に、河野正君を井伊誠一君の予備委員に指名いたします。
 次に、中央青少年問題協議会委員に
    天野 公義君  竹下  登君
    阪上安太郎君を指名いたします。
 次に、国土総合開発審議会委員に
    上林山榮吉君  瀬戸山三男君
    三和 精一君  草野一郎平君
    服部 安司君  大竹 作摩君
    滝井 義高君  田中 武夫君
    淡谷 悠藏君を指名いたします。
 次に、東北開発審議会委員に
    志賀健次郎君  保科善四郎君
    松澤 雄藏君  佐々木更三君
   石山 權作君を指名いたします。
 次に、九州地方開発審議会委員に
   馬場 元治君  床次 徳二君
   西村 英一君  川村 継義君
   有馬 輝武君を指名いたします。
 次に、四国地方開発審議会委員に
   秋田 大助君  坊  秀男君
   濱田 正信君  森本  靖君
   辻原 弘市君を指名いたします。
 次に、離島振興対策審議会委員に
   大橋 武夫君  綱島 正興君
   高橋  等君  二階堂 進君
   高橋清一郎君  加藤 勘十君
   石橋 政嗣君を指名いたします。
 次に、国土開発縦貫自動車道建設審議会委員に
   益谷 秀次君  保利  茂君
   福田 赳夫君  今松 治郎君
   山村新治郎君  楯 兼次郎君
   中島  巖君  山中 吾郎君を指名いたします。
 次に、台風常襲地帯対策審議会委員に
   田口長治郎君  中馬 辰猪君
   吉田 重延君  兒玉 末男君
   阿部 五郎君を指名いたします。
 次に、首都圏整備審議会委員に
   小泉 純也君  塚原 俊郎君
   細田 義安君  平岡忠次郎君を指名いたします。
 次に、北海道開発審議会委員に
   松浦周太郎君  佐々木秀世君
   高田 富與君  横路 節雄君
   芳賀  貢君を指名いたします。
 次に、日本ユネスコ国内委員会委員に
   長谷川 峻君  安倍晋太郎君
   田邉 國男君  岡  良一君を指名いたします。
 次に、飼料需給安定審議会委員に
   小枝 一雄君  小山 長規君
   野原 正勝君  日野 吉夫君
   安平 鹿一君を指名いたします。
 次に、海岸砂地地帯農業振興対策審議会委員に
   大森 玉木君  徳安 實藏君
   倉成  正君  中村 英男君
   小林  進君を指名いたします。
 次に、湿田単作地域農業改良促進対策審議会委員に
   内海 安吉君  佐藤洋之助君
   寺島隆太郎君  小川 豊明君
   稻村 隆一君を指名いたします。
 次に、畑地農業改良促進対策審議会委員に
   松浦周太郎君  羽田武嗣郎君
   内田 常雄君  東海林 稔君
   久保 三郎君を指名いたします。
 次に、積雪寒冷単作地帯振興対策審査会委員に
   黒金 泰美君  内藤  隆君
   柳谷清三郎君  石田 宥全君
   西村 力弥君を指名いたします。
 次に、鉄道建設審議会委員に
   益谷 秀次君  保利  茂君
   福田 赳夫君  今松 治郎君
   矢尾喜三郎君  島上善五郎君を指名いたします。
     ――――◇―――――
 運輸審議会委員任命につき同意を
  求めるの件
#7
○議長(清瀬一郎君) お諮りいたします。
 内閣から、運輸審議会委員に相良千明君を任命したいので、運輸省設置法第九条第一項の規定により本院の同意を得たいとの申し出があります。右申し出の通り同意を与えるに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。よって、同意を与えるに決しました。
     ――――◇―――――
 昭和三十六年分の給与所得等に対
  する所得税の源泉徴収の臨時特
  例に関する法律案(内閣提出)
 製造たばこの定価の決定又は改定
  に関する法律の一部を改正する
  法律案(内閣提出、参議院送付)
#9
○田邉國男君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。
 すなわち、この際、内閣提出、昭和三十六年分の給与所得等に対する所得税の源泉徴収の臨時特例に関する法律案、製造たばこの定価の決定又は改定に関する法律の一部を改正する法律案、右両案を一括議題となし、委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。
#10
○議長(清瀬一郎君) 田邉國男君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加せられました。
 昭和三十六年分の給与所得等に対する所得税の源泉徴収の臨時特例に関する法律案、製造たばこの定価の決定又は改定に関する法律の一部を改正する法律案、右両案を一括して議題といたします。
    ―――――――――――――
#12
○議長(清瀬一郎君) 委員長の報告を求めます。大蔵委員会理事毛利松平君。
    ―――――――――――――
    〔報告書は会議録追録に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔毛利松平君登壇〕
#13
○毛利松平君 ただいま議題となりました二法案について、大蔵委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。
 まず、昭和三十六年分の給与所得等に対する所得税の源泉徴収の臨時特例に関する法律案について申し上げます。
 政府は、税制調査会の答申を基礎として、平年度一千億円以上の減税を内容とする税制改正を昭和三十六年度に実施いたしたいということでありますが、この法律案は、特に給与所得及び退職所得については、あらかじめ明年一月以降に源泉徴収を受ける税額から減税の利益を及ぼすことが適当であると考えて提案いたされたものであります。
 すなわち、明年度の税制改正におきましては、配偶者控除を創設して九万円の控除を行なうこととし、また、扶養控除を引き上げて、十五才以上の扶養親族については現行の控除三万円を五万円に引き上げることとし、また、給与所得控除を拡充して、新たに一万円の定額控除を設けることとし、また、税率を緩和して、七十万円未満の所得に適用される税率を軽減することとし、さらに、退職所得の特別控除額については百万円の限度を廃止することを予定いたしておりますので、明年一月―三月間に支給される給与所得及び退職所得につきましては、これらの改正を織り込んで計算した源泉徴収税額により源泉徴収をすることといたそうとするものであります。なお、以上の改正により、源泉徴収の所得税は本年度において約五十八億円の減収となる見込みとされております。
 次に、製造たばこの定価の決定又は改定に関する法律の一部を改正する法律案について申し上げます。
 この法律案は、日本専売公社製造たばこの最高価格を定めている価格表の一部を改正しようとするものでありまして、すなわち、現在試製販売中の両切り紙巻きたばこスリーエー及びフィルター付紙巻きたばこハイライトは、いずれも売れ行きが良好でありますので、今後継続して販売するため、これらを価格表に追加しようとするものであります。なお、ピース、光及びホープにつきましても、品質を若干引き上げることといたしております。
 以上の両法律案につきましては、審議の結果、本二十一日質疑を終了し、直ちに採決いたしましたところ、いずれも全会一致をもって原案の通り可決となりました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#14
○議長(清瀬一郎君) 両案を一括して採決いたします。
 両案は委員長報告の通り決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○議長(清瀬一郎君) 御異議なしと認めます。よって、両案は委員長報告の通り可決いたしました。
     ――――◇―――――
 日程第二十三 議院運営委員長の
  国立国会図書館法第十一条第二
  項による審査の結果報告
#16
○議長(清瀬一郎君) 日程第二十三、議院運営委員長の国立国会図書館法第十一条第二項による審査の結果報告を求めます。議院運営委員会理事鈴木正吾君。
    〔鈴木正吾君登壇〕
#17
○鈴木正吾君 国立国会図書館法第十一条第二項の規定により、昭和三十四年度の図書館業務の経過に関して、議院運営委員会における審査の結果を簡単に御報告申し上げます。
 第一点は、昭和三十四年六月一日付で全面的な組織の改正を行ない、また、これに関連する人事異動を行なって図書館機能の調和発展をはかったこと、第二点は、国会に対する奉仕について、特にその体制の充実迅速化に努め、昨年度の調査件数は二千百六件に達していること、第三点は、図書館資料の国際交換業務として、諸外国の政府出版物並びに民間出版物との交換をさらに一そう活発に行ない、そのため必要な諸協定を締結いたしたこと、第四点は、新庁舎の建築については、三十四年度の新庁舎予定工事は諸般の事情によって相当おくれましたが、昭和三十六年十月に新庁舎を開館するという方針を貫徹するため全工事のスピード・アップを行なうこと等であります。
 以上申し述べました通り、国立国会図書館の業務は漸次改善を加えて参っておりますので、この上とも議員各位の御協力をお願いいたしまして、報告を終わる次第であります。(拍手)
     ――――◇―――――
#18
○議長(清瀬一郎君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後二時二十四分散会
     ――――◇―――――
 出席政府委員
    大蔵政務次官 大久保武雄君
    運輸政務次官 福家 俊一君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト